トップ 最新 追記

でんでん雑記ver2.0


2008/07/01 [火] 

[野球] 【阪神】アッチソン5回途中で降板 [nikkansports.com]

今日の試合はなんというか、お互い先発ピッチャーの制球が悪すぎたな(;´Д`)

とりあえず、後ろのピッチャーが持ちこたえた分勝ったけど、なんともアレな試合だった。

まぁ、なんだ、明日はもうちょっとピリッとした展開になってもらいたいところだな。

[特撮][キバ] 仮面ライダーキバ#22「序曲・運命の交差点」

・合コンの続き。

・現代編。前回渡と意気投合したドジっ娘店員との仲が進展。どうせドジっ娘店員が死ぬ前触れに違いない。ファンガイアに殺されるか本人がファンガイアかは判らんけど。次回クイーンが出るようなので、正体がファンガイアでクイーンに粛清されるというのもアリか?いや、クイーン=渡の母ちゃんだとすると、本人が既に粛清されてそうなもんだし、現代編ではなく過去編に出てくる可能性が高そうだけど。

・過去編。音也は幼馴染に騙されて貢君扱い。あと、ゆりがザンキさんのプロポーズを断った。

[アニメ][キュア] Yes!プリキュア5GoGo!#21「友情たっぷりみんなでお弁当!」

・両親不在で弁当を自前で用意しなくちゃいけなくなったのぞみのために皆で料理の勉強をする話。

・アバン。両親が忙しいために自分の弁当が白米のみになってしまったため、皆のおかずを掠め取る気満々ののぞみ。「分けてくれ」とか言わずに「今日は皆のお弁当を少しづつ食べる日」とか貰って当たり前的な発想になってるのが酷い。てか、前によくやってたように、おタカさんとこで何か買って食え。うららの弁当のサイズが控えめすぎるのも含めて、何か違和感のある導入だな。

・のぞみの家で料理の特訓開始。相変わらず料理勘の全く無い(りんとくるみ以外の)メンバーだが、のぞみが普通に失敗してるだけなのに対して、かれん、うらら、こまちは常識レベルで既におかしい。というか、サンクルミエール学園には家庭科とかないのか?

・報告書の件でアナコンディさんにいびられたネバタコスが腹いせに襲来。戦闘に。それはさておき、フライ返しに取り付いただけなのに、お玉やフライパンまで意匠に取り込むホシイナーはどうなんだ。

・戦いながら「料理の大切さ」について説くプリキュア5。なんだか凄く違和感があるわけですが、まぁ、最近の若いお母さんは料理できない人も多いみたいだし、いいのか。

・のぞみの作った「ちゃんと切れてないたくあん」というベタネタから新しいアクセサリーを思いつくりん。その割にはちっともっぽくないのがなんとも。

・のぞみの作ってきた「びっくり茶巾玉子焼き」を頬張る面々のロングショットで終了、なのだが、ここのシーンの作画が(;´Д`)今回は全体的にテンション低めだったけど、ここはあまりにも酷すぎる(;;;´Д`)せめて正面向いてるのぞみとくるみの顔ぐらい修正しておいて欲しかったなぁ。

・お、今週りんとのぞみメインだったのに、来週もそうなのか。こりゃ珍しいこともあったもんだな。

・エンドカード笑った。ブンビーさんは転職した方がいいよな。このままだといつかプリキュアに殺されるし。まぁ、もし5に3期があるのなら、また戦死せずに次の組織に転職してそうだけど。


2008/07/02 [水] 

[野球] 【阪神】葛城がプロ初のサヨナラ打 [nikkansports.com]

葛城おめでとう!!

今の阪神の代打成功率は本当に異常だな!

と、それはさておき。

今日の試合もなんかこうピリッとしない感じだったなぁ。

まぁ、向うのミスのおかげで勝てたんだから贅沢はいえないけど。

[雑誌] 週刊少年サンデー31号

「アーティストアクロ」桜井亜都の特殊能力バトルマンガ新連載。自ら「芸術」などと名乗ってしまう特殊能力の描写が非常にハードル高いような気がしてならないが大丈夫だろうか。

「月光条例」「スピード狂」と「シンデレラ」を結ぶ意図が読めないが、この作者のことなのでその辺もなんか考えてやってることなんだろうなぁ。

「MY SWEET SUNDAY」ジョージ秋山。「うちのスタッフは馬鹿ばかりですけど、少年マガジンは優れ者ぞろいなんです」笑った。

「金剛番長」夜子ヤバイ。と、それはさておき、23区計画ってどういう基準で人材選んでるんだ。日本をどうしたいんだ金剛父。

「魔王」腹話術は口を借りるだけじゃなくて意識を乗っ取る技ってことだろうか?そういや今までも喋らされた奴はその間の意識が無いようだったもんな。で、マスターの意識を乗っ取って、マスターの念動力でマスター自身を攻撃させるとかそんな感じ?

「LOST+BRAIN」最終回。まぁなというか、最後までピリっとしなかった印象。原作読んでないので、原作のせいなのかどうかはわからないけど、そもそも計画そのものが無理ありすぎというか、主人公に「頭よさそうな感じ」が微塵も感じられなかったのは痛いのではないだろうか。


2008/07/03 [木] 

[野球] 【阪神】金村暁が移籍初登板6回1失点 [nikkansports.com]

勝ち星こそつかなかったけど、金村はなかなか良かったね。

この調子で投げてくれるんなら今後もローテーションの一角を担ってくれそう。

出遅れた分これから頑張れ。

と、それはさておき。

なんというか、昨日今日はウッズに勝たせてもらったみたいな感じだなぁ(;´Д`)

荒木もポロポロやってたし、どうしたんだ中日。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン31号

「範馬刃牙」マッハ抜き手は間違いなく自分の指がえらいことになると思う。ましてやピクルの筋繊維は超硬いそうだし。普通に拳で打って当てる部位を工夫すべきなんではあるまいか。

「天国遊戯」2週連続読みきり後編。弟の存在が上手くオチにつながってていい感じだった。が、それだけに先週空気過ぎたのが残念。


2008/07/04 [金] 

[野球] 【阪神】ベテラン下柳が好投で8勝目 [nikkansports.com]

なんでテレビ中継しないのか!!!!!

というわけでラジオで聴いてたので詳しいことは判らん。

点取られなかったし、きっと下柳の調子も悪くなかったんだろう。

終盤にまとめて点取れたし、打線もよくつながってたんだろう。

……

つーまーんねー!!!!!

アナウンサー大げさすぎて本当にいい当たりか判らんし、ファインプレーとかも同じ。

畜生、テレビでちゃんとやれよ!!!

[アニメ] マクロスF#13「メモリー・オブ・グローバル」

・ちゃんと見てあれこれ書いたのに、そういう時に限って消えてしまう罠。というわけでもう一度見て書き直す気力がないのでうろ覚えで。

・えーと、前回ラストで登場したのはマクロス4番艦「グローバル」。昔ランカが所属してて、バジュラに襲われた調査船団の旗艦だったが、今はバジュラの巣。中にはバジュラの標本とかもあるよ。

・ランカがバジュラにさらわれた。んで、ランカとマザーバジュラ(仮)は感覚がリンク(?)してるみたい。

・「アイモ」はランカの母ちゃんから教わった(?)曲。地球の歌ではないらしい。ブレラも知ってるのはランカと近親関係にあるからか?

・アルトとブレラの空中戦。いつもみたいな派手さはないけどかっこいい。

・病み上がりをおしてアルト救出に駆けつけてみれば、恋敵のランカの救出を頼まれるシェリル。前回おいしいところを全部持ってかれて腸煮えくり返る思いをしたところだというのに、毅然とした態度で快諾するシェリルが実にかっこいい。かっこいいよシェリル。

・シェリルのマネージャーが「ディメンションイーター」という爆弾で全部吹っ飛ばして次回に続く。目的は、シェリルと傭兵部隊を皆殺しにして、人類の(?)バジュラに対する(?)憎しみをあおるため。本人も爆心地にいたのに自爆したつもりはまるで無さそうなあたり、あれは爆弾ではなく(初代マクロスが最初の暴走でやったみたいな)広範囲フォールド装置なのかもしれない。

・ミシェルとシェリルはランカを追ってバジュラ艦のフォールドに同行。「ディメンションイーター」の効果範囲から逃れるが、アルトは生死不明、で次回に続く。いや次回予告にアルト映ってたけどな。


2008/07/05 [土] 

[野球] 【阪神】安藤復帰登板は5回無失点 [nikkansports.com]

5回ってのは物足りないけど、まぁ、真夏のデーゲームなんで良し。

それよりもだな、太陽がなぁ。

少なくとも江草、渡辺を抜かないといつまでたっても勝ちパターンでの起用はないし、とにかく投手が豊富な阪神のこと、いつまた2軍に送り返されるかわからないというのに、何かそういう危機感を感じないとゆーか。

いや、本人は真剣にやってるんだろうけど、なんというか歯がゆいなぁ。

もっと頑張ってくれよ。

アニメ新番組。スレイヤーズもながら観してたが、「ああ、スレイヤーズだなぁ」という感じだったので、しっかり観るのはパス。

[アニメ] 鉄腕バーディ DECODE#01「ONE PLUS ONE」[新]

・原作は旧版新版とも既読。でもアニメ版はオリジナル展開なのね。

・第1話。宇宙人の捜査官のバーディが誤って千川つとむを殺害、一心同体になるまで。という大まかな流れは原作の通りだが、細かい展開は全然違う。

・OP。輝度が高すぎてうちのテレビだと白飛びしてる。いや輝度調整で見えるようになるだろうけど、わざわざこの番組のために調整するのもな。

・逃亡犯を追って地球にやってきたバーディは、地球人(アキバ系アイドル「有田しおん」)に扮して捜査を開始。このアイドル設定は、新版の巻末おまけマンガからのインスパイアだと思うがこの設定を残したままだとただでも大きい行動制約がさらに面倒くさくなって大変だと思うのだけど、大丈夫なんだろうか?いや、芸能プロデューサーに化けたギーガーを追うための手段なので、ギーガー片付けた後は「有田しおん」は芸能界から消えるのかもしれないが。

・代わり、というわけでもないだろうけど、つとむの両親と姉が別居状態でつとむが一人暮らしに。同居(?)に際しての障害を排除したということか。

・宇宙船の人工知能に明確なキャラクタと姿(しおんのマネージャーに化けている)を与えたのは、良いようなそうでもないような。

・キャラクタデザイン/総作画監督がりょーちもということで、そっち方面に力を入れる気に違いないと期待していたアクションだが、あちこち面白い動きや絵が混じってていい感じ。今後山場の回などに期待が持てるんじゃないだろうか。

・予告編を見る限り、「有田しおん」の設定は最後まで通すっぽいな。しおんの話し方はなんか癇に障るんだがなぁ。でもまぁ、予告編の合間に意味無く飛び跳ねてるバーディが何かイイので良し。

[アニメ] ストライクウィッチーズ#01「魔法少女」[新]

・ビジュアルは観たことあるけど、設定とかストーリーは知らん。スカイガールズとはまた違うんだな、ということは知ってる。

・えーと。突如異空間から飛来した「ネウロイ」という謎の敵に対抗するために、レシプロ戦闘機を模した機械のブーツ(?魔法の杖?箒?の代わり)を履いた魔法少女達が戦う。という内容らしい。

・それは判ったが、魔力を使うと生えてくる獣耳や尻尾はどうしたものか。

・あとヒロインの学校の制服、スク水+セーラー服(スカートなし)というのもどうしたものか。

・パンツも出し惜しみなしだぜ!清清しいアニメだなぁ。

・一応、内容は「普段はパッとしないが、実は特殊な才能を備えたヒロインが、特殊部隊にスカウトされ、父の残した決戦兵器で人類の敵と戦うことになる。」という定番のストーリーになっており、多少時間を圧縮しすぎているような気がしなくもないものの、特に過不足無く描いてあって出来は悪くない。胃もたれ胸焼けを起こしそうな無理やりな萌え要素が気にならないなら問題なく観れそうか。あと坂本少佐の笑い声の違和感にも耐えなきゃな。普段の喋りはそう気になるほどでもないのに、なぜ笑い声だけあんなにもわざとらしいのだろう。


2008/07/06 [日] 

[野球] 負けない阪神 9回に逆転し50勝到達(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今日の試合は凄かったな(;´Д`)

8回裏にウィリアムスが3点取られたときはもう終わったと思ったんだが、まさかそこから逆転勝ちするとはなぁ。

しかも9回表2アウト、ランナー1塁から、関本2塁打、新井2塁打、金本HRとか出来すぎにも程があるっちゅーか。

で、

これで6連勝だけど、こう、安泰かっちゅーと逆に不安要素も増えてきてる気がしなくもない。

今日だって本当にいいなら渡辺とウィリアムスがきっちり抑えて4-2で勝ってたはずだし、今後オリンピックで球児や新井や矢野、もしかしたら久保田と赤星も連れて行かれたときに、ドドッとツケが回ってきたりしそうな気がしなくも無いっちゅーか。

うーむ。

[野球] ネット上でニュースの記事を見つけられなかったのだけど

今日、ファームで若竹が中日相手にノーヒットノーランを達成したらしい。

投手力は阪神の生命線なので、こういう若いのが伸びてきてるってのはうれしい限り。

早く上で活躍する選手になって欲しいなぁ。

[特撮][トミカ] レスキューフォース#14「新たな敵だ まにあうのか響助」

・新しい敵とR2用の新ビークルが登場する話。

・ちうか、OPの映像に映ってる敵が安田大サーカスのままなんですが。

・新しい敵は人類が地球を汚してるのが気に入らないとかいうエコ野郎っぽい。ゴーオンのガイアークとは真逆な立ち位置なんだな。

・新たな敵は「クライシスメーカー」ではなく、「テラリセッタ」という装置で超災害を起こす。効果は効果範囲内の人間を昏倒させることと、「タキオニウム発電」という新型発電機の実験機を暴走させること。んー?なんちゅーか、漠然としてるというか、よく判らん効果だなぁ。しかも、ノックアウト効果はなぜか効かない人間もいるし。

・と思ったら、「テラリセッタ」の本当の効果は、効果範囲内の物体を粉砕して砂に変えてしまうことっぽい。なんちゅーか、つくづく漠然としてるなぁ。最初からこの効果一本でよかったんじゃないのか?

・R2専用新ビークル「レスキューセイバー」登場。ファイナルレスキューでテラリセッタを撃破してめでたしめでたし。と、それはさておき、前回ぐらいからR2ノリノリすぎやしないだろうか。一時あったR3の馬鹿笑いキャラとか、レスキューフォースは今ひとつキャラが固まってない印象だなぁ。

[特撮][轟音] 炎神戦隊ゴーオンジャー#20「兄妹バトル!?」

・シスコンのゴールドが妹のために数々のオファーを蹴ってヒーローをやってると知ったブラコンのシルバーが、自分は一人でもやれると意地を張って空回りする話。シルバーはかわいいなぁ。

・新登場のジャンボエールは、ゴールドから「教官」と呼ばれている。ウィングスの指導者的立場にあるということだろうか。それはさておき、そのまんまジェット機のフォルムだが、鯨の顔が良く似合ってて意外とかっこいい。今まで出てきた炎神の中では一番好きかな。

・セイクウオーはイマイチ。なんかこう、雑魚メカっぽい。

・セイクウオーに倒されたチェーンソーバンキが「♪夜霧よ今夜もありがとうー」とか歌いつつ爆死するのが意味不明で笑った。

・ゴールドがヒーローをやってる理由を「兄が合体好きだったから」と勘違いしたシルバーが暴走する様が、やけに可愛い。シルバーは可愛いなあ。

・ってか、「合体好き」ってなんだシルバー(;´Д`)そりゃ兄も噴くわ。

[特撮][キバ] 仮面ライダーキバ#23「変奏曲・永遠の逃亡者」

・ファンガイアと人間の恋愛など許さーん、とクイーンが再登場したりする話。

・ゆりに惚れたらしいフランケンに拡声器でアドバイスを押し売りしようとする音也が可笑しい。その後のクイーンとの絡みの踏み切りコントといい、音也は絶好調だな。

・現代編では、ドジ子さんが恵の紹介でモデルの仕事に挑戦したりとか。

・ザンキさんが音也をボコって川に捨てて引き。井上はなんでそんなに主人公を川に落とすのが好きなのだろうか?お約束としてやらなきゃイカンと思い込んでいるのだろうか?

[アニメ][キュア] Yes!プリキュア5GoGo!#22「のぞみ先生大いに頑張る!」

・教師志望ののぞみがりんの弟と妹の先生役を買って出るという話。あと、「人に頑張れというばかりでお前は何もしてねぇだろ」とシロップに罵倒されてココが凹んだりとか。

・ナイトメアが集めてるモノの価値がさっぱり理解できないブンビーさん。アナコンディさんの命令でコレクションの目利きの勉強中に館長と遭遇。そうと気付かないまま愚痴を垂れ流し一気に大ピンチに。相変わらずブンビーさんは面白いなぁ。

・夏木弟&妹に分数を教えるのぞみ。せんべいを使った実例提示の様子がNHK教育すぎる。

・それはさておき、双葉を見たことがないという兄妹に「実際の双葉を見てみよう」というところまではいいとして、「そのためなら、明日までの期日の宿題を待ってくれる」と教えるのは間違ってる。教師のタイプにもよるだろうし、それ以前の問題として、決められた期日を守らないというのはマズイだろ。

・館長の前でやっちゃった分を挽回するためにナッツハウスを襲撃するブンビーさん。苦労がにじみ出てるようで、それでいてなんか達観した感もあったりして、やっぱりいい味出してるね。

・上手くローズパクトの奪取に成功するブンビーさん&ヒマワリ。だったらもうさっさと撤収すればいいのに、なぜそこでプリキュアと戦おうとするのか。この辺は(最近の)ブンビーさんらしくないよなー。

・「ヒマワリが太陽を追う」という性質を利用して(?)プリキュア快勝。ファイヤーストライクを空中に撃って太陽と誤認させるとか、なんかイマイチ納得イカンけど、まぁ。良し。

・夏木弟&妹に勉強する意味を教えるのぞみ。たとえ受け売りでもその成長っぷりは実に頼もしい。が、のぞみの著しい成長を目の当たりにして「応援」以外に何もしていない自身のふがいなさを省みたココは駄々凹み。そんな時、ローズパクトからパルミエ王国の王冠が出現して、ってな感じで、どうやら次のパワーアップ、あるいは合体必殺技は(以前ミルクがそうだったようなパターンで)ココが関係してるっぽいな、という前フリで次回に続く。

・ってCMで思いっきり新アイテムバレしてるし(;´Д`)空気嫁バンダイ。


2008/07/07 [月] 

そろそろ冷房のない自室が厳しい季節になってまいりました(;´Д`)まぁ、汗かいて痩せれるかも知れんし悪いことばかりではないか?いや、それ以前に熱中症で倒れたりするかもだが(;;;´Д`)

[雑誌] 週刊少年ジャンプ32号

「ONEPIECE」レイリーがルフィの名前を知ってたのは、シャンクス経由なのか。なんだ。てっきり家系についてなんか新情報があるんだと思ってたのに。

「トリコ」なるほど、「フルコースメニュー」というのは美食屋一人一人にあるものなのか。ゲーム化前提っぽい設定だな。

「天才錬菌術師 花市もんてろ」風間克弥の読みきりギャグ漫画。テンポやノリがよく、何よりうすた臭がしないのが良い。

「バリハケン」下じゃないとはいえ、悪魔ネタだといよいよもってDMCっぽい。

[ムック] 鉄腕バーディー ARCHIVE [amazon]

amazon

鉄腕バーディーのムック。

カラーイラストやアニメの設定なんかが載ってる本だが、なんといっても旧版でコミックスに収録されなかった番外編が収録されてるのがうれしい。

[アニメ] ゲゲゲの鬼太郎#63「日本妖怪全滅!?妖怪反物!!」/#64「もうりょうの夜」

・#63。中国からやってきた妖怪チーが手下の虎男を使って日本妖怪を反物に変えてしまうという話。

・鬼太郎スナックの配達中に襲われるつるべ落とし。ってか、スナック菓子の配達なんかしてるのか。

・つるべ落としの反物を身にまとったとたんつるべ落とし化するアマビエ。頭がでかくなるだけならまだしも眉毛もそれらしくなっててちょっと面白い。

・ねずみ男の策略で鬼太郎とおやじ、アマビエとかわうそ、一反木綿と子泣き爺を除く横丁の主だった住人は一網打尽に。反物の柄がそれぞれ凝ってて面白い。とそれはさておき、最近のねずみ男はなかなかガチで悪党だな。

・反物にされた鬼太郎の追跡を依頼されたアマビエとかわうそのやる気の無さが何かいい。

・久しぶりに本気モードの子泣き爺。一人で虎男2体を相手に大奮戦。5期の子泣きは超強いな。

・着物に仕立てられた鬼太郎だが、井戸仙人の秘薬で意識を取り戻しチーの手から脱出、かわうそに取り憑き反撃開始。鬼太郎の妖力を得ていきなり強気になるかわうそが可愛い。

・ところで、チーは鬼太郎以外にもミイラ男と魔女の着物を着込んでいたが、あれはもしかしてCCOとザンビアなのだろうか?ザンビアがやられたのならなんかそれらしき話になりそうだし、先代?

・かわうその活躍でチーの撃退に成功。横丁の皆も井戸仙人の薬で全員元通りになってめでたしめでたし。かわうそとアマビエに見限られたねずみ男だが、どうせ次回以降何事も無かったように元通りなんだろうな。

・#64。鬼太郎では案外珍しいガチンコ怪談回。

・死んだ人間に怨霊が入り込み夜な夜な暴れだす「死人憑き」という伝説が残る「鹿羽村」で50年ぶりに死人憑きが発生。村民は鬼太郎に依頼して事態を収拾しようとするが、村の近代化を目指す若い科学万能主義の医者がこれに猛反発。恐ろしい目にあうことに。という話。

・正座で足が痺れたねこ娘が実に可愛い。

・なんか鹿羽村で出家してるねずみ男。一応前回の悪行を清算するとかそんな意味合いもあるんだろうか?そうでもないか?

・看護婦に化けて病院に潜入するねこ娘。コスプレは随分久しぶりだな。

・目玉のおやじを見てなお妖怪の存在を受け入れない若先生。そこはもっと大きくリアクションしていいだろ。

・これまた珍しく人間を囮に使って策を弄してだまし討ちで怨霊を一網打尽にする鬼太郎。確かに怪談でいつもみたいなバトル展開になられてもなって感じだし、いいんだけどな。


2008/07/08 [火] 

前にあった特番以降の「コードギアス」を録り溜めて観てなかったのだが、基地外の起こした騒ぎのせいで盛大にネタバレを食らってしまった(;´Д`)なんて迷惑な奴だ!

っちゅーか、さっさと観ろって話か。いやなんかこう、部屋が暑いので、アニメ観る気にならんのですよ。うーむ。

[野球] 阪神CSマジック点灯、巨人自力V消滅 [nikkansports.com]

岩田に勝ちがついて良かった。

関本が絶好調で良かった。

平野が帰ってきて良かった。

7連勝してよかった。

9試合連続2桁安打の球団記録が出て良かった。

クライマックスシーズン進出マジックが点灯して良かった。

巨人のバーンサイドがボークで一点献上してくれて良かった。

……

なんとか逃げ切れて本当に良かった(;´Д`)

っちゅーか、ここのところ異様なペースで勝ててはいるけど、なーんかすんなりと勝てなくなってるよなぁ(;;´Д`)

まさか球児がアレだけ追い詰められるとは(;;;´Д`)

ラミレスのHRはいいんだよ。そりゃ当たれば飛んでくのは判ってんだから。

その後がなぁ(;;;;´Д`)

これで、交流戦後に限っても久保田もウイリアムスも球児もやられてる(球児は負けてないけど)んだよなぁ(;;;;;´Д`)

今は打線が絶好調だからなんとかなってるけど、当たりが止まったらどうなるんだ。

大丈夫か?(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


2008/07/09 [水] 

今日の阪神戦が中止になったのは、もしかしたらラッキーかもしれん。ここのところちと危ない試合が多かったしな。ここで一反リセットして、連勝なんかしなくていいから2勝1敗ペースで順当に勝てるようなペースに戻しといてほしいなぁ。

[雑誌] 週刊少年サンデー32号

「最上の命医」なんちゅーか、いよいよ主人公マンセー以外の内容がなくなってきたな。ジャぱんやWILD LIFEよりも酷い気がする。

「絶対可憐チルドレン」てっきりサザエさん式だと思ってたので、成長したのに驚いた。

「金剛番長」かっこいい展開にごまかされてしまいそうになるが、目をつぶるとか目隠しするとかじゃなくて、目を潰すとか、漢らしいと言うよりも迂闊な気がしなくも無い。相手を正視できないどころか、目をつぶる程度だと誘惑に勝てない、というのもなんだか意志の弱さが透けててちと情けない気もしなくもないし。

「あお高」黒い三兄弟ってアレか、ドムなのか。とトビラ見て今頃気がついた。

「ハイド&クローサー」春平の爺ちゃんがハイドとマルコのことを知ってたのは何故だろう?春平とマルコは感じが似てるので、クローサーはマルコの父ちゃんなんだろうか?父ちゃんはないか?じゃあ、マルコをいじめてたいじめっ子のどれかが若き日のクローサーなのか?それもなさそうだな。

「オニデレ」生徒会の会計の子が「非力すぎて扉を開けられない」というシーン。どうみても、「引いて開ける扉に足をかけて押さえつけながらノブを引っ張っている」ように見えるのだが。そりゃ開くわけねぇ!と誰も突っ込んでいないので、作画ミスなんだろうか?突っ込み無用のボケっぱなしってこと?

「クナイ伝」最終回。ちとメインになる要素を混ぜ込みすぎてたような印象だろうか。というか、「忍者」はあんまり要らない設定だったんじゃないかのう。普通に吸血鬼で良かったんじゃないかというか。「人間に血を与えて化け物にする悪い吸血鬼と戦う」とかそんなんでも十分成り立つ話だったんじゃないかというか。いやまぁ、今サンデーには「ダレン・シャン」も載っているので、そんなに吸血鬼ばっかりってのもどうかと思うけど。逆に忍者に絞って吸血鬼をオミットしたとしても、「忍びの技を悪用する悪い忍者をやっつける」で良かった気がするし。敵の設定を「催眠術だか妖術だが一般人を悪い忍者に仕立て上げつ敵」に変えて、ヒロインを他流の忍者か、同級生という設定はあんまり活きてなかったので、いっそ刑事かなんかにしてしまえば、ほぼ同じ内容に出来たはず。いや同じ展開にしたらやっぱり同じ結果に終わったかもしれないけど。


2008/07/10 [木] 

今日から関西でも「一騎当千GG」が始まるのだが、裏番組が「恋姫†無双」で笑った。
で、せっかくだから両方録画して比較でもしようかと思ったが、今日に限って(スポーツ中継の下手さに定評のあるTBSが性懲りも無く)バレーボール中継とかやってやがって「マクロスF」の放送時間がズレこんでしまったため、W録では同時にフォローできなくなってしまった。(;´Д`)
という訳でとりあえずどっちかは最初から切らなきゃなのだが、「一騎当千」は大体どんな感じか想像つくし、前2度のアニメの時も途中で脱落したのでそっちを切って、「恋姫†無双」の方を録画しとくかのう。まぁ、「恋姫†無双」もおそらく最後まで観ないと思うけど。ってか、最近の調子だと一話目も観ないかもだが。

[野球] 【阪神】10試合連続2ケタ安打を記録 [nikkansports.com]

今日の試合は全然打ててないイメージだったんで、9回の赤星のヒットが出た時二ケタに乗ったと聞いて驚いた。

っつか、二ケタ打っといて3点はないわ。

フォアボールだって結構貰ってたし、エラーもあったのに。

まぁ、今日はそれ以前に点取られすぎだったんだけどな。

やらなくて良い点も多かったし、いろいろ問題の多い試合だったなぁ。

うぅむ。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン32号

「範馬刃牙」音速を超えているなら衝撃波でああもスッパリは切れん気がするな。まぁ郭海皇のことだからなんかのインチキなのかもしれないが。

「イカ娘」俺、小学校3年ぐらいの時に「自分が産まれる前のこと」を考えて恐ろしくなって寝れなくなったことがあったな。死も恐ろしいが、よく考えてみれば産まれる前も同じベクトルで怖くねぇ?とか思いついて。あまりに怯えすぎて寝る(意識を失う)ことすら怖くなったんよ。今となってはむしろ生きてることの方がずっと恐ろしいので、出来ればずっと寝ていたい訳だけどな。

「みつどもえ」ガラスの破片で眉を剃るのは危なすぎるだろういくらなんでも。というか、眉がいいんじゃないか眉が。

「トラベラー」シリーズ読みきり2回目。ってか、前の話の続きじゃなくて、毎回違うネタの読みきりを載せてくシリーズなのか。と、そいれはさておき、前の時も思ったが、あんまり日本的じゃないというか、アジアンテイスト溢れまくりだなぁ。オチのあたりとか特に。

「金縛っておくれよベイビー」シリーズ連載最終回。ヒロインの勢いが非常にいい感じではあった。主人公の変顔は多用したのでインパクトはイマイチになってたが、繰り返し効果もあったと思う。

追記。なんだかんだで起きてたので、「一騎当千GG」をリアルタイム視聴してみた。
とりあえず、軽いノリで普通に楽しめそうな内容なのだが、画面の1/3にも及ぼうかという猛烈な白消しとか、不自然な止めカットとかが頻発してどうにもこうにも冷めてしまう。パンツ売りのアニメなのに、パンツも消してるし。ってか、レイアウトを工夫するとかして自然に隠す気が無いのなら、もう地上波放送やめとけばよかったのに。でもあれ?「ストライクウィッチーズ」ではパンツ思いっきりOKだったような?ってことは、放送局側の規制じゃなく、製作側の自主規制の差なのか?うぅむ??
と、それはさておき、「DD」のアニメを観なかったため、GUM買ってた頃のうろ覚えの原作(とスロ)のイメージしかなかったので、関羽がヘタレ百合妄想キャラになってたのに軽く驚いた&笑った。原作でもこんな愉快なキャラだったっけか?


2008/07/11 [金] 

[野球] 阪神2−1広島/試合終了 [nikkansports.com]

今日は相手の前田健太に全くあってなくて、全然駄目だと思ってたんだが、よくぞ競り勝ったな。

関本えらい。

それにしても、あれだけ打ててない印象でも、終わってみれば9安打。連続二ケタ安打こそ逃したものの、結構打ってて驚いた。

というか、9安打して2点は少ないよな。なんか最近また拙攻が目立ってきてるような(;´Д`)

大丈夫か?

[アニメ] Misson-E#01「OLさん誘拐大作戦!」[新]

・冒頭。胡散臭い男たちに拉致られそうなTYPE-E能力者のOLさんを助けに特殊スーツを着込んだ姉ちゃんが華麗なアクションで大活躍。ってアレ?前作のCODE-Eはアニメも漫画も途中で脱落してしまって最後まで観てないんだが、こんな変身ヒロイン漫画だったっけ?続編じゃなくてスピンオフ企画とかなのか?

・ちうか、アクション意外と格好良くていいなぁ。

・前作ヒロインの眼鏡っ子が妙にアクティブで若干違和感あるが、きっと前作でいろいろあったんだろう。そう思ってこれ単体で観ればなかなかいい感じ。

・アクション担当の新ヒロイン(?)も悪くない。OLさんも良い。

・社長さんは前作に出てたヒロインの恋敵だろうか?お嬢様ゆってるし。

・EDのキャラクタは前作準拠のデザインになってる?というか、前作に出てたキャラだらけだよな、多分。

・提供の踏み台昇降運動が意味不明で笑った。

・意外と楽しく観れそうな感じ。しばらく継続視聴してみようかのう。

[アニメ] 恋姫†無双#01「関羽、張飛と姉妹の契りを結ぶのこと」[新]

・ゲーム未プレイ。内容も知らない。姉ちゃん三国志だということは知っている。

・天涯孤独で寂しん坊で山賊のロリっ子張飛が、世直し旅の途中の関羽に諭されて姉妹の契りを結びました。という話。

・張飛も関羽も「らしい」かどうかはともかく、萌え系アニメの登場人物としては何一つ不足なく描かれてて、まぁ、可愛い。話のほうも、思ってたよりは全然しっかり作られてて悪くない。

・途中、料理とかやってるごく普通のシーンでいきなりキャラがSDになったまま話を進めたのに驚いた。演出なんだろうけど、同じような手法をとってたきらりんやキャベツが作画的にナニだったのを思い起こすに、何ぞ先行きに不安を感じなくもないな。

・視聴継続するのに何の問題もないが、最近の俺のことだから、どうせ途中で観なくなるような気はする。それこそ来週分からいきなり溜め込みそうというか。まぁ、せっかく「一騎当千」切って録画したので一応しばらくは録画してみようとは思う。

[アニメ] マクロスF#14「マザーズ・ララバイ」

・前回フォールドして消えたバジュラの船団は、都合よくフロンティア船団の近海に出現。何事も無かったようにアルトも合流して戦闘開始、という話。

・ナナセに「アルトもミシェルもいないのに、大丈夫なのか」と、思いっきり侮られた事にカチンときたルカ。「帰ってきたら話があります」とか力いっぱい死亡フラグを立てつつ出撃。大丈夫なのか(;´Д`)

・バジュラ艦にくっついてフォールドしたミシェルとシェリルは無事フロンティアに生還。気絶したミシェルに代わってバルキリーを駆り戦場デビューを果たすものの、あっさり撃墜の憂き目に。さらに、フォローに入ったルカも敵に捕捉され絶体絶命。というところで、新型フォールドブースターを拾って追いついてきたアルト登場。正しいヒーローっぷりだな。

・戦場に現れたバジュラ旗艦に総攻撃をかけようとするマクロスを制し、自らランカの救出を申し出て突入するアルト。戦闘シーンの充実っぷりといい、ここの流れは非常に熱い。すっかり好戦的になってるのはランカとの対比だろうか。

・バジュラ艦に突入する際、アルトに「無事に帰ってきて」というシェリルに対し、「ランカを連れて戻ってくる」と言わなくていいことを言うアルト。すっかりランカ中心になってるアルトに愕然とするシェリルが切ないね。

・バジュラ艦の中でランカの母ちゃんっぽい(?)人の映像から、「バジュラには?人類に対して?なんらしか伝えたいことがある」というメッセージを受け取っるランカ。バジュラの今までの行動を見るに、「伝えたいこと」ってのが、穏便な話とは到底思えないのだが、まぁ、それはさておき。アルトがバジュラの親玉を攻撃するのを止めようとしたり、マネージャーの「リトルクイーン」発言などから推測するに、もしかして、あの親玉がランカの母ちゃんそのものだったりして。さらに、ランカもバジュラなんだったりして。

ピクシー小隊のララミアが戦死した(;´Д`)それも物凄くあっさりと(;;;;´Д`)いくら端役だからってもうちょっと尺をさいてあげようよ(;;;;;´Д`)

・ブレアの正体(?)はギャラクシー所属の統合軍少佐なんだそうな。

・マネージャー復活。どうやらどっかにあるスペアボディに意識だけ移して再起動したっぽい。マクロス世界で人と見分けのつかないアンドロイドとか可能なのだろうか?バジュラみたいな生体アンドロイドとかだろうか?ブレアの正体も含めて考えれば、やはりバジュラはギャラクシー船団製ってことか?


2008/07/12 [土] 

[野球] 【阪神】完封負けでマジック点灯ならず [nikkansports.com]

昨日今日とどうも広島の先発ピッチャーを打ててないな阪神は(;´Д`)

まぁ、勝ち負けに関してはまだまだ余裕があるからいいんだけど、こうも完璧に抑え込まれてるとやっぱりちと不安ではあるよなぁ。

とりあえず明日はちゃんと打ってくれればいいんだけど。

[アニメ] 鉄腕バーディーDECODE#02「THE PARTNERED ONE」

・アバン。いきなり早宮の友人の中杉小夜香(アニメ版オリジナルキャラ)が交通事故で死亡。相手の車はギーガーに何か(リュンカ?)を届ける最中だったらしい。あと、その荷物を使ってギーガーになんか仕掛ける気だったらしいカペラはこの偶然を利用してまた別の企みを思いついた様子。「宿主」とか言ってるので、何かを中杉小夜香に寄生させる気っぽい。

・つとむの現状を説明。メギウス警部の声が渋い。

・「有田しおん」の設定が早くもつとむの立場を微妙な感じに。波風は立てやすいけど、扱いが難しそうな設定だよなぁ。まぁ、1クール作品なら、それほどでもないか?

・バーディーvsバチルスの戦闘がなかなかいい感じ。バチルスは絵的に無茶がきいていいよな。

・ギーガーはバチルスに食われてアボン。展開早いねどうも。

・つとむとバーディーの現状について、「呉越同舟」は違う気がしなくも無い。「一蓮托生」とかか?正しい日本語ではないが、予告編で有田しおんが言ってる「二心同体」というのが一番正確な表現だわな。

[アニメ] ストライクウィッチーズ#02「私にできること」

・早くも芳佳と坂本少佐の間に百合百合しい空気が。

・ネウロイとの遭遇戦。レシプロ機のエンジン音や機銃の発射音、ネウロイの砲撃が着弾する際の爆発音、船内に響く船体が軋む音なんかが妙にカッコいい。坂本少佐の空中機動もきっちり尻を強調しつつも滑稽にならない程度にカッコいい。意外とやるなこのアニメ。

・戦闘の最中、何一つ役に立てない事に打ちのめされた芳佳が、己の才能を生かすべく、ストライカーユニットを装備して出撃するシーンは非常に燃える。CM入るタイミングがアレなので若干興を殺がれるが、それでも燃える。

・そこまで(歴戦の勇士のはずの)坂本少佐のバリアの大きさを見てるだけに、芳佳の巨大シールドは結構なインパクト。なかなか上手いみせ方だと思う。

・ネウロイは倒すと小さなガラスの破片のようなものになるのだが、その中を抱き合って飛ぶ坂本少佐と芳佳の絵面はなかなかいい感じ。だが、足元でプロペラがブンブン回っているのが危なっかしくて、そっちばっかり気になったるもしなくもない。ってゆーか、あの装備危ないよな。下手に足動かすとプロペラ同士が接触してすぐにぶっ壊れそうだ。いや、あのプロペラ物理的な物じゃないのかもだけど。

・父の墓標を前に、己の力を人々のために役立てようと決心した芳佳がストライクウィッチーズへ入隊。というところで次回に続く。

[特撮][トミカ] レスキューフォース#15「どうしたヒカル ストライカーのない日」

・なんか思いつめてるっぽいR1を見かねたR3が、R1をデートに連れ出す話。R3のキャラクタは本当に一定してないなぁ。いやまぁ、可愛くて良かったけど。

・安田大サーカス復活。ああ良かった。本当に良かった。

・レスキューセイバーのテーマとか勝手に作って歌い踊るR2。どんどんアホの子になってる気がするな。

・またもやテラリセッタ。人間をノックアウトする衝撃波は、本来の砂漠化機能の起動までのカウントダウン(?)なんだそうな。余剰エネルギーの放出とかそんなんだろうか?

・安田大サーカス戦闘形態。どいつもこいつもイマイチだなぁ。特にマールがちっとも可愛くないのが残念すぎる。アレでクロちゃんの声だと普通にキモイだけじゃないか。

・R1が思いつめてた理由は飼ってたミジンコが死んだから。そうと知ったR3があまりの馬鹿馬鹿しさに激怒してR1にデート代返せと詰め寄って終了。ってか、セコイぞR3。

・あ、内藤。なんだ本編に出るんじゃないのか。


2008/07/13 [日] 

[野球] 阪神8回に3点勝ち越す 久保田が5勝目(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今日も接戦だったな。

ってゆーか広島の先発は打てないなぁ。そんなに凄い球放ってるようには見えないんだがなぁ。

そして、またもや金村は好投しつつも勝ち負けつかず。早く1勝させてやってくれよ。ここまで全く勝ち負けつかずってのは、結構キツイと思うぞ。

あと

この3連戦は赤松にやられまくったな。なんというか、元気そうで何より、と思う気持ちと、守備に打撃に活躍しすぎだろ!という気持ちで非常に微妙な気分になった3日間だったよ。

いやまぁ、赤松はとても期待してた選手なので、ここはブレイクを素直に喜んでおく。これからも頑張れ。


2008/07/14 [月] 

[雑誌] 週刊少年ジャンプ33号

「ROOM303」葦原大介の読みきり。オチの見開きの釈然としない感じ意外は非常に完成度が高いサスペンス。31Pの作品とは思えない内容の濃さだと思う。それだけにラストはもう少しなんとかならなかったのかと。

「ダブルアーツ」ってゆーか、エルレインが片っ端から治療して回れば、キリと手をつなぐのはエルレインだけでいいんじゃないのだろうかとか思うのだがどうだろうか。

「サムライうさぎ」最終回。うーん、正直、バトル展開になってからキツイ感じはしてたかのう。残念。

[特撮][轟音] 炎神戦隊ゴーオンジャー#21「幼稚ナヤツラ」

・ゴーオンジャーがジャンボエール教官の訓練を受ける話。

・フーセンの寅さん笑った。でも、絶対子供に通じてねぇ。

・なんである、アイデアル。もはや一緒に観てるお父さん世代にも通じねぇ。どの世代を対象に脚本書いてんだ。

・セイクウオーは顔が良くないよなぁ、顔が。華奢なシルエットもイマイチだし。

・登場時は大物臭を漂わせていたヒラメキメデスだが、早くも雑魚に転落。次週リストラされる模様。哀れなり。

[特撮][キバ] 仮面ライダーキバ#24「皇帝・ゴールデンフィーバー」

・エンペラーフォーム登場回。あとザンキさんがフラれます。

・現代編。すっかり良い仲になってる渡と深央。いつに無く押しの強い渡の態度もあって、恵の居場所が無くなってる。ってかそういや最近静香を見ないがどうなってんのだろうか。まさかまたもや平成ライダー名物の降板とかじゃないよな?

・過去編。ザンキさんがテンパってゆりを拉致。んでもって、音也の乱入で正体バレした挙句フラれてしまう。哀れなり。

・「クイーン」ってのは特定のファンガイアを示す名称ではなく、階級あるいは役職を示すものらしい。で、どうやら現代では(自覚は無いにせよ)深央がその役割を割り当てられる事になりそうっぽい?

・深央のピンチにキレた渡に呼応してバエ登場。鎖から解き放たれたキバはエンペラーフォームに変身する。……エンペラーフォームのデザインもイマイチだが、バエにしか聞こえないタツロットの声が残念すぎる。

[アニメ][キュア] Yes!プリキュア5GoGo!#23「シロップが裏切った!?」

・アバン。いつも他人を頼って一人で何かを成し遂げたことがないとココを罵って立ち去るシロップ。を、ソファーの陰から覗き見するうららが可愛い。というか、シロップ対応キャラなのに、こういう時に隠れて覗き見とかしててどうするんだ。

映画の宣伝!!!!いや、あれ?もちろん、DVDにも収録するんだよな?映画館は流石にキツイしつけてくれないと!ちうか、タイトルからすると、あれか?ゲームの3D映像を使って、ミュージッククリップみたいな感じにするとかか?だとすると、ようやくS☆Sも参戦ケテーイ?ってか、今ググッたら今年のガンバランスはこの「プリキュアオールスターズ」が歌うことになってるじゃないか!!!じゃあガンバランスのミュージッククリップで決まりっぽい?いやそれより、毎週TVのエンディングでオールスターズの歌流れるんか!?でも、そのノリだと、今年でプリキュア終了っぽい流れだよなぁ。あ、でも歌に関しては別に歴代プリキュア声優が歌うと決まった訳でもないか。五條真由美、うちやえゆか、工藤真由、宮本佳那子の4人で歌うとしてもプリキュアオールスターズと呼べなくもなさそう?まぁ、それはそれでイイ感じだが。うーん、どうなるんだろう。気になる気になる。そわそわ。

・閑話休題。

・ココはシロップにキュアローズガーデン事を調べてやると約束したものの、力及ばず約束を果たすことが出来なかった。シロップはその時のことを根に持っているし、ココは負い目に感じている。ということらしい。ってか、八つ当たりもいいところだなシロップ。調べてないならともかく、調べて判らなかったって言ってんだからどうしょうもないだろ。

・ついにアナコンディさん自ら出動。ローズパクトと引き換えにシロップに関する情報を売ってやろうとかなんとか甘言を弄してシロップをたぶらかす。いつもの攻撃的で短気な調子とはまたちょっとイメージが違って余裕たっぷりな感じがいいね。いまさらながら、こういうクールな女幹部ってのは、プリキュアでは初めてなんでないか?

・ひしゃげた王冠を元に戻す方法として胸を張って自信満々に「お湯で暖めればいいんじゃね?」とか言ってるのぞみが馬鹿で可愛い。

・王冠はパルミエ王国の住人の力を集めて出来ているらしい。それがひしゃげているというころは、ココ、あるいはナッツが王様として国民の信頼を得ていないということだろうか?

・アナコンディに渡すために「ローズパクトを貸してくれ」というシロップだが、唐突な申し出にもかかわらず何の疑いも持たずに手渡すのぞみの態度に逆に激しく動揺することに。このシーン、のぞみとシロップの対比が実に良い。いつものことだが、ここ一番ののぞみの扱われ方はいい感じだよなぁ。

・ちなみにココはシロップの様子から事態をある程度察したようだが何も言えず。最近どんどんヘタレてきてるな。

・ナッツを突き飛ばして去っていくシロップに怒るくるみが無駄に動いてて実に可愛い。なぜこのシーンをこれだけ動かした。

・ヘタレのココに代わってくるみがシロップを直撃。シロップを探してはしごを上り鐘楼に現れた際の顔のどアップのままくるくる変わる表情が実に可愛い。そして、くるみに追い詰められたシロップが時計塔かあr飛び降り、変身して飛び去るあたりの動きが実に気持ちいい。今回良い動きが多いね。

・変身バンクが長かった分なのか、戦闘シーンかっちょええ。ミサイル発射シーン使いまわしだったけど。

・逃げ帰ろうとするネバタコスにいきなりプリズムチェーンを巻きつけるレモネードの意外かつみもふたもない行動笑った。体裁も減ったくれも無くプリズムチェーンにしがみついてエターナルに向かう面々の絵面がまたさらに笑かす。ヒロインなのに顔踏みつけられてるドリームがいい味出してる。

・結局土壇場で踏みとどまったシロップから力ずくでローズパクトを奪おうとするアナコンディさん。やっぱりそうなるのか。スマートじゃないなぁ。

・ネバタコスにくっついてプリキュアがエターナルにたどり着いて次回に引き。そして次回合体技登場っぽい。わざわざココがついていくような展開になったのは、やはりココが去年ミルクがやってた役を担う事になるからっぽいか?


2008/07/15 [火] 

「忍者部隊月光」の歌が欲しくてCD買ったらTV録音(TVサイズ&SEつき)でガッカリ。リアルタイム世代じゃないからそこはあんまり嬉しくないんだよコンチクショウ。収録曲が持ってる歌ばっかりだったんで避けた「忍者グレイテスト・ヒッツ」の方買っとけばよかった。ちぇっ。

ついでに、「冒険ロックバット」と「行くぞ!BD7」と「戦えイナズマン(アナザーバージョン)」が欲しくて買った「特撮ヒーロー主題歌・挿入歌大全集II」だが、これこそダブりまくりと覚悟していたら「志乃の数え唄(風雲ライオン丸の挿入歌)」が前から持ってたのと別テイクという微妙なサプライズが。というかネットで検索してみると、前から持ってた「ゆうき志乃」と今回手に入れた「宮野涼子」は同一人物であるような記述を見かけるのだけど、別人に聴こえるんだがなぁ。それともやっぱり同一人物の別テイクで、「宮野涼子」名義で録音した方が上手く歌えた(上手く録れた?)って事なんかのう?

[野球] 【阪神】序盤6失点、5度目の完封負け [nikkansports.com]

今日は手も足も出なかったな。

まぁ、こんな日もあるある。中途半端に惜しい試合よりもむしろスッキリするってもんだ。

気持ちを切り替えて、明日頑張れ。


2008/07/16 [水] 

[野球] 藤川8回登場!上園の4勝目を守った!(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今日はキツイが良い試合だったな。投げる方は。

打つ方は新井が欠けてるとはいえ、何度もチャンスを作りながら、結局得点できたのは相手のミスのおかげってのがちといただけない。

広島戦からこっち、しばらく打つほうが苦戦してるよなぁ。まぁ、それでも連敗とかしてないんだから、良しとすべきなのかもしれないけど。

うぅむ。

[雑誌] 週刊少年サンデー33号

「MAJOR」「トラウマイスタ」「三ツ星のスペシャリテ」「ゴールデンエイジ」でヒロインの入浴絵が。タイミング的に「結界師」の影響(アンケート結果とかを踏まえたもの?)ではないかと考えるのは穿ちすぎだろうか。<そうです。

[アニメ] ゲゲゲの鬼太郎#65「呪いの鳥!うぶめが舞う」

・妖鳥うぶめが失った我が子を求めて子供をさらう話。ってか、ねこ娘大活躍する話。

・ねこ娘の新バイト久々にきたっちゅーか、眼鏡キタ―――――ヽ(´ー`)ノ―――――!!!ってか、子供にしか見えない上に学歴だってないねこ娘がよく家庭教師のバイトなんかに就けたな。

・今度の名前は「猫乃塚(?)宏美」か。もう下の名前は「宏美」で固定なんだな。じゃあ4期は「ちなみ」で3期は「ゆう子」で2期は「容子」なのか。

・スーツ姿に鬼太郎のちゃんちゃんこをマフラーにしたような出で立ちで、うぶめを追って夜のビル街を駆けるねこ娘が実にいい感じ。

・死んだわが子を求めて妖怪化したうぶめに同情し涙ながらに説得を試みる姿や、うぶめの妖術で幼児化した鬼太郎に活を入れる姿も良い。5期では散々ヒロイン扱いをされてきたが、メインで本格的に活躍する回というのは、実は珍しいのではあるまいか。アクションも頑張っているのだが、動きはあんまりよくなかったのがちと残念。いや、頑張ってたんだけど。

・ところで、ねずみ男は姿かたちまで幼児化したのに、鬼太郎は顔だけだったな。まぁ、姿かたちまで変わってしまってはねこ娘の喝で元に戻るのは無理そうだし、ということかもしれないが。


2008/07/17 [木] 

「鏡音リン・レンact2」が届いた。ためしに前に作ったデータをそのまま歌わせてみたら、なんかもういろいろアレで聴けたものではなくなったので、act2はact2用に調教してやらないと駄目っぽい。
第一印象は、
・滑舌はかなり良くなっているけど、その分なんかブツブツ音が切れて機械っぽさが増したような気がしなくもない。
・音の抜けが悪くなって篭ったような感じになっててなんか元気がなくなった感じ。
・レンは低音が強くなった気がする。
って感じ。また今度暇な時にでもいろいろいじってみよう。

[野球] 四球、悪送球…久保田ドタバタ独り相撲(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

確かに、フォアボールにあわやワイルドピッチに悪送球と久保田の自爆で負けた試合なんだけど、それよりもヤクルトの鮮やかな攻撃が目立ったな。

まず、1アウト1,2塁からのダブルスチール。1点を争うゲームで終盤になかなか出来ない見事な思いっきりだ。

さらに満塁からスクイズ。ホームがタッチプレイではなくフォースアウトになる場面であの思い切りも凄い。結果的に、久保田の動揺を誘って、暴投まがいの球を引き出し、「ホームスチール」どころか「トリプルスチール」という超珍しいプレイをプロの公式戦で見ることが出来た。これというのもヤクルトベンチの積極性のおかげだな。なかなか出来んぞあんな真似。


いや、なんちゅーか、やるなヤクルト。

この3連戦は大変面白かった。良い野球をありがとう。


2008/07/18 [金] 

[野球] 阪神が逆転勝ち!金本 値千金弾(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

くうう連日連日厳しい投手戦が続くなオイ(;´Д`)

見ごたえはあるけどこうも続くと選手に疲労が溜まりはしないかと心配になるわ。特にリリーフ陣。

なんにしても勝てたのは良かった。これで負けてたら徒労感満点だしなぁ。

とりあえず、ここ数日先発は頑張ってるんだから、打つ方ももう少し頑張ってやれよ。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン33号

「範馬刃牙」キリンの首も象の鼻も成体になった個体が変形した訳じゃないだろう。という話でもないのか。人間思い込みが大事とかそういうことか?

「GAMBLE FISH」エミリー・ドーンがギアスに開眼。そういう漫画だったっけか。まぁ、いいけど。

「ヘラクレススピリッツ」西村ユウタの2週連続読みきり1回目。ジャンプの漫画っぽい設定と内容だなぁ。

[アニメ] マクロスF#15「ロスト・ピース」

・グレイスの計画から外れたシェリルが切り捨てられ、今度はランカが取り込まれる事になる話。

・アバン。グレイス再起動。どうやらマネージャーはただのサイボーグではなく、複数の意思が合議しつつ遠隔で操ってるらしい。普段グレイスを動かしてるメインの人格は、グローバル出身者らしいので、少なくとも元は人間だったっぽいが、今では肉体を失っている?

・グレイス達の計画の一端が明らかに。といってもまだ断片的な情報ばかりで何をやりたいのかは全く不明だが。今回明かされた情報は

1.グレイス達はシェリルを使って何か(フォールド・ストリングス?)の実験をやっていた。

2.マクロスフロンティアの進路が彼らの目的に合致していたため、フロンティアがシェリルを使った計画の最終目的地に選ばれた。

3.バジュラをフロンティアに導いたのもグレイス達。本来なら、もう少しフロンティア船団にダメージを与えるはずであったが、S・M・Sが想定外の戦闘力を有していたため思ったほど進んでいないらしい。

4.シェリルはもともとこの段階で切り捨てられる予定だった。目的はフロンティアの人間を怒らせるため(?)フロンティア船団への直接攻撃のこともあるし、「フォールド・ストリングス」とかいうのが、アルトの無事を願うシェリルとランカの歌声が空間を越えてアルトに届いた現象をさしているのなら、あるいは、「人々の感情をひとつの方向で統一することが目的」とかそんな感じなのかもしれない。

4.ランカ(リトル・クィーン)の生存情報はもともとあったが、それほど重視はされていなかった。しかし、生存を確認した事によって新たな計画が実行に移されつつある模様。ランカにはフォールド・ストリングスを成すために必要な才能がある?あるいは、シェリルのイヤリングは人工的にそれを可能にする機械で、ランカはナチュラルに

といったところ。

・ところで、このあたりの経緯を見るに、シェリルはグレイス達によって「作られたカリスマ」である可能性が高い気がしてきた(;´Д`)プライイドの高いシェリルだけに、もしそれが事実だとすると、そして、間違いなく才能できっかけを掴んだランカとの対比を考えると、かなりの鬱展開になりかねない気も。そこを跳ね返してこそのシェリルという気もするので大丈夫かもしれないが。

・ランカの台頭におびえるシェリルの表情が怖い(;´Д`)

・不貞寝してたところをアルトの声一発でパッと明るくなるシェリルが可愛い。そしてそこが可愛いだけに、ランカの登場で見てるこっちの息が止まる。

・アルトを挟んで火花を散らすシェリルとランカ。こんな時でも余裕を見せようと頑張るシェリルが良い。ちゃんと本当にランカが無事で良かったと思ってる風なのも。ところどころ余裕を出し切れずに素になってるのも。

・素直にアルトにじゃれつくランカと違いストレートに好意を表現できないシェリルが、突然歌いだしその歌に託して感情表現を行うシーンが実に良い。歌っている時のシェリルは非常に積極的で大人びているのだが、ランカが歌い始めた瞬間、我に返って照れたりするのが、なんというか、シェリルのキャラクタを非常によく表現できてると思う。実に可愛い。

・対抗意識を燃やして歌いだすランカや、その後状況を飲み込んでランカのバトルを受けてたつシェリルも、もちろんいい。まだクライマックスには程遠い段階だからなのかもしれないが、二人とも陰惨にならないのがいいよなぁ。

・歌の最中で咳き込み倒れるシェリルだが、大丈夫かと声をかけてくる二人に対し、アルトだけでなくちゃんとランカにも笑顔を返しているのがイイ。いい子だなシェリル。何かこのところシェリルの高感度アップ演出目白押しじゃないか。

・ランカはグレイス主導の対バジュラプロジェクトに組み込まれることに。政府主導プロジェクトということは、グレイスがランカの側につくということは、速ければ来週にもシェリルの耳に入るんだな(;´Д`)大丈夫かシェリル(;;;´Д`)

・アルトがS・M・Sのオーナーのリチャード・ビルラーに呼び出され、次回に続く。どうやらリチャードはグレイス達にマークされている人物らしい。あるいはある程度向うの情報を知っているような人物なのかもしれない?

・EDまでランカに乗っ取られたー!?(;´Д`)いや、そこまでのことでもないのかもだけど、だんだんシェリルが哀れになってきたなぁ。

・どうでもいいけど、クラン・クランがララミアのことなんか知らねぇぐらいの勢いで普通にミシェルといちゃついてたのはどうなんですかって感じだよね。せめて前半にあった被害報告の場面でS・M・Sの面子でララミアの葬式の絵を一枚ぐらい入れてやってもいいだろうに。


2008/07/19 [土] 

[野球] 【阪神】高橋光が古巣中日から2ラン [nikkansports.com]

ようやく一矢報いたな。おめでとう高橋!

ヒーローインタビューも見たかったのに、こんな時に限ってテレビの中継が途中で切れてるのがなんともなぁ。

次は甲子園でお立ち台目指して頑張れ。

[アニメ] 鉄腕バーディDECODE#03「VIEW OF LIFE」

・バーディーとの会話を周囲に奇異な目で見られるつとむだが、旧作の頃ならまだしも今時なら携帯電話でも耳に当てとけば(それどころかハンディフリーのイヤホンマイクでもつけとけば)不審がられることもあるまいに。

・ギーガーと組んでたシャマランとかいうインド人(?)。人形連れ歩いてんのか。それなりに社会的な地位のある人っぽいが、世間的にどう説明してるんだろう?

・つとむの姿のまま戦闘を開始するバーディー。バーディー曰く「つとむくん筋力なさ過ぎ」とのことだが、とすると、あれは単純に姿を模している訳ではなく、内部まで完璧にシミュレートしているということだろうか。いや、漫画版でせんずりこいてたし、当然機能的にシミュレートしてるのはそうとしても、筋繊維を細く(?)する必要なんて無いと思うんだがなぁ。筋力はバーディーのままにしておいて、つとむの意識が体を支配してる時だけ脳からの指示にリミッタをつけておけばいいんじゃないのか?

・対バチルス戦。界面活性剤は無しか。と、それはさておき、バチルスの動きがキモくていい感じ。

・そして、ここでまさかのテュート死亡。かなりキャラ立ててただけに意外だが、「人形の記憶」のテイストを匂わせつつ、バーディーとつとむの相棒関係を手っ取り早く成立させるのにも有効そうな展開で悪くないかもしれない。なんかケータイ捜査官7の導入も似たようなことやってた気もするけど。

[アニメ] ストライクウィッチーズ#03「一人じゃないから」

・芳佳がストライクウィッチーズに入隊。同じく新人のリネットと仲良くなる話。

・ところでこのアニメ、最初っからメインの登場人物多すぎ。一々調べないと名前も判らん。なんとかならんのか(;´Д`)

・アバン。上官に反論する際、ミーナの尻がキュッと締まるシーンでいきなり噴いた。酷いアニメだな<褒めてる。

・支給品の拳銃(゜゜)イラネとかいう軍隊舐めてる芳佳に、怒るどころか爆笑する坂本。ミーナも特に注意しないし、えらく規律の緩い部隊だな。いや、直後の乳揉みなどを見るにそれ以前の問題だと思うが。

・しかし、なんというか、どんなまじめなシーンにも確実にパンツか胸を強調するカットが入っているのは、凄まじいよなぁ。おそらくここまで執拗なのは、空前にして絶後なのではあるまいか。このシュールさは歴史に残るかもしれない。正直そこいらのエロアニメよりよっぽど病的な絵面になってると思うぞ。

・そんなアニメだが、出来の方はかなりアベレージ高めなのがまたなんともいえない。絵のクオリティもだが演出等も含めて全体的に非常に丁寧に作られてるし、見せ場の戦闘シーンの熱さがまたとてもイイ。今回のロケット型ネウロイを撃墜するシーンなんか、滅茶苦茶かっこいいし、かなり燃える。ああ、感じとしては昔「トップをねらえ!」を初めて観た時の感覚に近いのかもしれない。ネウロイが宇宙怪獣に似てるとかそういうことでなく、どうみてもイロモノなのに、意外とキチンと作ってある感じが。

・それはさておき、稼動中のストライカーユニットをつけてるリネットを肩車するのは危険すぎやしないだろうか。やっぱりあのプロペラは実体ではないのだろうか?

[特撮][トミカ] レスキューフォース#16「レイと寿里 火事場の友情パワー」

・ビークルに夢中で女性陣を無視してはしゃぐR1とR2が気に入らないR3とR4が大荒れ。部隊内の不和を懸念した隊長が二人の機嫌を取ったところ、二人揃って隊長に惚れてしまい、隊長をめぐってのバトルが勃発することに。という話。張り合うR3とR4が可笑しくまた可愛い。競泳水着姿のサービスもあるよ。

・2台のビークルの同時ファイナルレスキューはなかなかカッコいい。さらに爆鎮完了を掠め取るR3、R4が可愛い。

・敵の新幹部は隊長のことを知っている模様。先代のレスキューフォースは(確か)ネオテーラと戦闘していないと思うのだが、とすると、正体は先代レスキューフォースの関係者という感じだろうか?


2008/07/20 [日] 

[野球] トラ9回の猛反撃!中日チョー冷や汗勝利(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

惜しい!実に惜しかったな!2回の野口のエラーさえなければなぁ!!

でもまぁ、完全にワンサイドゲームだったのを、最後の最後で落合涙目にしただけでも良しって感じだな。

試合にも勝負にも負けたが、試合後嫌な気分になったのは中日さんの方だろうし。

そもそも別にこの3連戦に負け越した訳でもないしな。

うむ。上出来上出来。

[特撮][轟音] 炎神戦隊ゴーオンジャー#22「最後ノノゾミ」

・エンジンオーG9登場回。

・失敗続きのヒラメキメデスをあっさりと、しかも文字通りの意味で切り捨てるヨゴシュタイン。普段の様子からはあまりにかけ離れた非情っぷりに若干引き気味のキタネイダスとケガレシアがちょっと面白いね。

・負傷しかつての仲間に追われるヒラメキメデスに同情して助太刀に入るゴーオンジャー。だが、お前ら普段、普通に蛮機獣殺してるじゃないか。今更いい人ぶってんじゃねぇ。

・瀕死のヒラメキメデスの最後の望みは最期にゴールドとレースをすること。交換条件として、レースのゴールをガイアークの本拠地にする(ゴーオンジャー側に本拠地の場所をリークする)という条件を出してきたことで、ヒラメキメデスがガイアークと手を切る気であることを信じるゴーオンジャーだが、普通に考えればゴールドをおびき出す罠に決まってるじゃないか。何考えてんだ。バカすぎるぞお前ら。

・ボーセキバンキ。花魁言葉とか「糸おかし」とか「元祖サンギョーカクメー」とかなんか微妙に面白い。

・ウイングスは流石に罠を読んでいたようでシルバーとジャンボエールが援軍として登場。しかし、単独の戦闘力でゴールドに劣るヒラメキメデスが何の策もなくこんな作戦を行うわけもなく。上空に雷雲をまとった島におびき出されたセイクウオーは、得意の空中戦を封じられ絶体絶命の危機に。というか、なんで合体前のウイング族は雷に当たらなかったん?サイズの問題だとしてもジャンボエールとセイクウオーは殆ど差がないだろ。

・空気を全く読まないゴーオンジャーがゴールドとヒラメキメデスを応援するためにエンジンオーとガンバルオーで海を泳いで現場に到着。バカは強し。というわけで、今度こそウイングスと力をあわせてエンジンオーG9にパワーアップしてボーセキバンキを撃破。めでたしめでたしで終了。

・エンジンオーG9は9体ものメカが合体する寄せ集めロボの割には意外と格好いい。まぁテコ入れメカではなく当初から予定されていたのだろうから、当然この形態を前提にデザインされていたのだろうけど。

[特撮][キバ] 仮面ライダーキバ#25「ファンファーレ・女王の目醒め」

・過去編。なんか音也とゆりがいい感じに。しかし、なんだかんだでクィーンとも関わりを持ってしまいさぁ大変。という感じ。

・現代編。渡と深央もどんどんいい感じに。しかし、深央がクィーンに覚醒してしまいさぁ大変。みたいな。

・あ、久しぶりに静香出た。ちょっと留守してるうちに渡と深央がいい仲になってて完全に置いてけぼりになってて、なんだか哀れな感じになってしまってるなぁ(;´Д`)

・少し前まで「チェックメイト・フォー」にキングも含まれていると思い込んでいたのだが、よくよく考えれば「チェックメイト・フォー」ってぐらいだから、連中はキング(=キバ)を殺すための存在なのかも。なんせ「チェックメイト」だし。

・先代のクィーンはかわいいな。

・エンペラーフォームのキックよりノーマル状態のキックの方が映像的に豪勢なのはどうしたもんか。

・音也が記憶喪失になってクィーンに囲い込まれて次回に続く。

・モモタロスいい加減ウザイ。いつまで電王引っ張るんだ。もういいだろ電王。<プリキュアオールスターズの時と態度違いすぎ。

・ってか、もし、アレがモモタロス(ってか、電王ソードフォーム)とカブトと響鬼と剣と555と龍騎とアギトとクウガだったら喜ぶけどな。普通に。なんかこう、電王に頼らなきゃイカン感じがなー。嫌だな。

[アニメ][キュア] Yes!プリキュア5GoGo!#24「プリキュア5新たな力!」

・合体必殺技登場回。

・プリキュアをエターナルに導いた失態を咎められ、クビを宣告されたネバタコスが本性をさらけ出してプリキュア5との決戦に。

・その間シロップを探すためにエターナルに進入しようとするココを援護するために、ミルキィローズはアナコンディさんと一騎打ちを。

・って、まだエターナルにはシビレッタとブンビーさんという戦力が残っているのだが、戦闘力0のココを単独で送り込むのは危険すぎやしないか?

・シロップはエターナルの館長に見覚えがあるらしい。実の父親とかそんなんか?

・ネバタコスにぶっ飛ばされるプリキュア。なぜかレモネードだけアナコンディさんの追い討ちを受けてて悲惨だ。

・シロップに合流したココが久しぶりに教育者っぽいノリに。ここ最近のヘタレっぷりからすれば立派なものだが、すぐそこに敵の親玉がいるのに、超スルー、というか気がついてもいなさそうなのはどうしたものか。

・本気ネバタコスの前にあっさりと全滅させられてるプリキュア5。ミルキーローズ一人にあっさり倒されたスコルプさんの立場っていったい(;´Д`)いや、まぁ、今回ミルキィローズがアナコンディさんに倒されてて参戦してないので、もしかすると、
アナコンディさん>ミルキィローズ>スコルプ、ネバタコス>プリキュア5
ということかもしれないけど。

・素の状態でアナコンディさんの攻撃を受けて無事なココ。防御力(耐久力)だけはたいしたものなのかもしれない。

・ココ覚醒→王冠復活でプリキュアパワーアップ。今度の新装備はまさかの剣。アクアは去年もやってたが、今年は他のメンバーもチャンバラがあるのだろうか?とか、それはさておき、ミント。剣振り回して「やすらぎの光」もないもんだろ(;´Д`)

・必殺技は五人で三銃士ばりに剣を掲げ、巨大な虹色の薔薇を放って敵を圧殺する「プリキュア・レインボーローズエクスプロージョン」。感じとしてはローズの「ミルキィローズ・ブリザード」と似た絵面になっている。青い薔薇の力と赤い薔薇の力が対になっていることを考えれば、もしかすると、威力も同程度なのかもしれない。5人でローズと同等か。うぅむ。

・館長はフローラと面識がある模様。こっちはシロップの母ちゃんで、壮大な夫婦喧嘩だとかそういうオチだったりして。

・シロップがナッツハウスに戻ってきましためでたしめでたし、で終了。次回に続く。


2008/07/21 [月] 

青木ぃいいいい。まさかハンセンとはなぁ。うぅぅむ。

[野球] 【阪神】岩田6回3失点で6敗目 [nikkansports.com]

3点じゃ悪くないだろ。

まぁ、関本の超美技とか高橋光信の3日連続タイムリーとかあったからよし。

それよりだな。

[NEWS] 中国・昆明でバス連続爆発、3人死亡 テロの可能性も 五輪治安に懸念 [MSN産経ニュース]

おいおいおい(;´Д`)

大丈夫かよ北京オリンピック(;;;´Д`)

洒落にならんぞ。


2008/07/22 [火] 

「さよなら絶望先生」の14巻を買った。なんとなくいつもよりネタが攻撃的な気がする。あと、雷句誠問題にはやっぱり反応してるのな。

[野球] 【阪神】矢野「必死のパッチ」でM46点灯 [nikkansports.com]

うむ、今日は3連敗したと思ったな。

これもひとえに小笠原の拙い守備のおかげ…1イニングづつ交代させても次から次に好投手が出てくる阪神の強力中継ぎ陣のおかげだな!!

あと、関本、平野の2大ユーティリティプレイヤーの存在も大きい。

代打陣の好調ぶりも光る阪神だけど、内野ならどこでも守る関本と内野も外野もやれる平野のおかげで後の守備変更をあまり気にせずいつでもどこにでも代打を出せる。

おかげで攻撃の厚みが随分増してる印象だ。また最近はなぜか岡田采配がズバリとはまることも多いしな。

本来、先発の上園が崩れた時点で壊れてたゲームなのに、ここまで見事にリカバリーして、逆に阪神の強さを見せ付けるようなゲームにしてしまうとは。

まさに会心のゲームだったな。

いや、本当にベストなのは先発がガッチリ抑えて勝つことに決まってるんだけど。

ま、今の阪神らしい勝ち方だし、良し。

上園と野口は次頑張れ。

ってゆーか、オリンピックで矢野抜けるんだから、マジで頑張ってくれ野口(;´Д`)


あと、高橋光信。これで4試合連続打点か?いいじゃないか!いいじゃないか!これからも頑張れ!

[雑誌] 週刊少年ジャンプ34号

40周年期年号。「こち亀」の特別編漫画が掲載。村田雄介の描き下ろし歴代ジャンプヒーローポスターがいい感じ。

「SKET DANCE」そういや先週書き忘れたけど、今のゲストヒロインは舞(キュアイーグレット)っぽくて可愛いよね。うふふ。


2008/07/23 [水] 

「はやてXブレード」が移籍したので9ヶ月ぶりにウルトラジャンプを買ったら連載開始は来月号からでガッカリ。9ヶ月ぶりに買ったのに、誌面に大きな変化が見られなかったのにもガッカリ。「バスタード」が気持ちの悪い戯言吐いててゲンナリ。

[野球] 阪神三塁遠く…完敗でもM45に(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

ボーグルソンはなんでいつも5回か6回で崩れるんだろうなぁ。

いや、この前は7回まで抑えたけど。

そして打線はなぜいつもいつもいつもいつもボーグルソンを援護してやれない(;´Д`)

このところちゃんと抑えてるんだから、たまには勝たせてやれよ。助っ人外人なんだから勝ち星あげとかないと来シーズンの契約が微妙になるだろ。

[雑誌] 週刊少年サンデー34号

「MY SWEET SUNDAY」細野不二彦と田辺イエロウ。既にグダグダになってるこの企画だが、田辺イエロウの微妙さ加減ったらない。それにくらべると、細野不二彦は真面目だなぁ。微妙に編集部にもの言いたげなコマもあるが、それはそれとして、サンデーの漫画との思い出を語ったり、嫌味にならない程度に自分語りや自作のエッセンスを混ぜてみたり、漫画の現状を憂いてみたり、オチをつけたりしてちゃんと読み物としての体裁を保って面白く読めるのが偉いっちゅーか。まぁ、今のサンデーの読者にウケるのかどうかは甚だ疑問ではあるのだけど。ってか、それを言い出すとこのコーナー自体読者のニーズにあってるとはとても思えないんだけどな。


2008/07/24 [木] 

[雑誌] 週刊少年チャンピオン34号

「弱虫ペダル」非常に熱い盛り上がりをみせてるが、ここはやっぱり力及ばずリタイヤ、という展開になって欲しいなぁ。なんとなく。

「範馬刃牙」蛇腹関節のロボロボしい克己の骨格(妄想図)がカッコいい。

「GAMBLE FISH」流れ星銀とか思い出した。

「みつどもえ」ひとははええ子やな。

「ヘラクレススピリッツ」後編。敵の電撃棒が主人公に効かない理由が判りにくい。少年漫画の王道らしく根性で耐えているのかとも思ったが、変な形に構えているところを見ると、刀で受けて地面にアースしたのかもしれない。秀才だって話しだし。というか、この場面こそ主人公を光らせる最大の見せ場なんだから、どういう理由で耐えたのかはともかく、もっともっと読者にアピールする絵や仕掛けが必要だったんではないだろうか?

[雑誌] チャンピオンRED9月号[amazon]

amazon

「どきどき魔女神判2」八神健の新連載。というべきかどうかは微妙だけど。とりあえず、ノリは前作と全く同じ。「リスキーにハァハァセイカン・フェノメノン」とか酷すぎる(誉めてる)

「鉄のラインバレル」ロックオン・ストラトスですね。わかります。

「シザーマン」後編。なーんかこう、釈然としないラストだ。お約束といえばそうだし、このB級映画っぽい感じを楽しむ作品なのかもだけど。

「ブラスレイター ジェネテイック」レインの馬鹿差加減が面白い。この漫画はレインで持ってるよね。アニメにもレインを出せばいいのに<無理です。

「フランケン・ふらん」今回は怪獣映画。海からやってくる巨大生物の描写が非常にらしくていい感じ。人を怪獣に変えてしまうという深刻な話をさっくりコメディに落とすのはこの漫画のいいところだ。ところで、斑木博士の正面姿は今回が初公開だっけ?

「ヴァージン・コスチューム」速野悠二。3回目だっけ?もうすっかりシリーズ読みきりになってるっぽい?そういや最近REDはシリーズ読みきり減ったよな。いろんな作家さんの連作を読みたいのでアレはあった方が嬉しいのだけど。


2008/07/25 [金] 

comicREXにたまに載ってる宮城タロウという人の漫画(忍の一)が昔のすがわらくにゆきの漫画(「魔術っ子海堂くん」とか)にしか見えないのは気のせいだろうか。ネタも間の取り方も、それどころか顔のデフォルメの仕方までそのまんまだと思うのだけど。

ルパンはもう観るに(聞くに)耐えないよなぁ(;´Д`)特に銭形と不二子。どうしても続けるなら、もうキャスト総入れ替えぐらいしないと、いい加減晩節を汚してると言っていい有様だと思うぞ。
いやまぁ、声がマシになった程度ではこのグダグダ感はどうにもならんだろうけど。
スタッフにももっと思い切った人間を登用して、「ドラえもん」ばりの思い切った構造改革が必要なんではあるまいか。
いや、いまや「ルパン三世」はそこまでして延命しなきゃいけないコンテンツかどうかすら疑問に思えてきてる訳だけど。

[野球] 関本プロ初満塁ダ〜ン!安藤発奮2季ぶり完投(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

関本は凄いよな。

昔はもっと大味な選手だと思ってたのに、何年か前に極端にバットを短く持つようになって打率も上がったし、バントも昔は失敗ばかりしてたのにいつの間にかとんでもない成功率になってるし、守備も数年前までとは段違いに上手くなっている。いまや、ついこの前まで藤本とスタメン争いをしていたということが嘘のようにスタメンに定着しきっている。文句のつけようがないとはまさにこのことだ。

打つ方はまだ水物という可能性も0ではない(それでもバット短く持つなどの工夫がある分、十分に努力と向上心のあとが見える)けど、バントにせよ守備にせよここまで急激に精度を上げたのは間違いなく練習の成果だろうし、その真面目さと努力が実を結んでの今年の大活躍には、賞賛を贈らずにはいられない。

これからも、頑張ってくれ。


それにしても、可哀想なのは藤本だ。

守備の面でも攻撃の面でも平野や関本に代えて使う理由が見当たらないし、打撃が良い訳でもないので代打での出場機会もないうえ、特に何が悪いという訳でもないので2軍への降格もなく、ずっとベンチで飼い殺し状態になっている(;´Д`)

これは正直かなりキツイのではないだろうか。

変な話、赤松みたいにトレードで他球団に渡ったほうが本人のためになるような気すらしてきた。

いやまぁ、関本がそうだったように、ここで一念発起して平野や関本を蹴落とす実力を身につけてもらえれば、それが一番いいんだけど。

藤本も頑張れ。いやマジで。

[アニメ] マクロスF#16「ランカ・アタック」

・SMSのボスはバジュラの技術を掠め取ってフォールド断層を乗り越える技術を得ようと画策してる様子。というか、その技術、ルカの実家でもう実用化してるんじゃなかったっけか?

・バジュラの死体を回収してる理由についてのオペレーターの軽口で「食用にするんだったりして」というのがあるが、前回の会戦で大量の有機物を失ったフロンティア船団としては、その方法は案外アリなんじゃないだろうか。

・歴史の(?)授業。現在銀河では14の文明跡が発見されていて、その殆どがプロトカルチャー由来の物であると確認されているそうな。ということは、一部に由来のわからない遺跡があるということだろうか?

・ブレラの登場にナーバスになってるアルトを心配するナナセに対し、なんだか妙にテンション低い、というか、攻撃的ですらあるルカ。なんかアルトのことが気に食わなかったりする?前の出撃で全くいいところを見せられなかったから拗ねてるのか?

・グレイス達から渡された「アイモ」のアレンジバージョンがどうもしっくりこず、歌い辛そうにしてるランカ。この「アイモ」という曲が、クィーンからランカに伝えられたものであるなら、変にアレンジなんかしないほうが良さそうな気もするんだが、そういうもんでもないのか?あるいは曲調を変えることでバジュラを効率よく誘導できる?

・グレイスがランカについたことを知ったシェリルはショックのあまり病院を脱走。町でヘタレてるところをアルトに拾われてアルトの部屋に。翌朝正気を取り戻し、部屋に連れ込まれた事に慌てる姿が可愛い。このところのシェリルの確変っぷりったらないな。

・ランカ・アタック発動。どうやら本当に「アイモ」の曲調を(勇ましげに)変化させたのはバジュラの行動を操るためであるっぽい。

・そうとも知らずに戦勝に浮かれるSMSの面々。しかし、ミンメイやバサラと違ってランカの歌に種と仕掛けがある以上、このまますんなりいくとは到底思えず。となると、今打ちのめされてる側のシェリルがその辺の絡みで巻き返して、本当の歌の力がどうのこうの的な展開になる可能性はありそう?

・ブレラの本格参戦でアルトを中心にした三角関係の他に、ランカを中心とした三角関係も発生中。してみると、もう完全にランカがミンメイポジションなんだなぁ。

・次回、何かこう、不吉なサブタイトルが。スカル1は死ぬ定めなのだろうか?


2008/07/26 [土] 

[野球] 虎の“竜との戦い”勝ち越し決定(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

最近は「エラーの出たチームが負ける」ってな展開が多いよね。

それだけ素の戦力は拮抗してて一方的な展開にはなりにくい、とか

今期の阪神は相手のミスを確実に勝敗に結びつける集中力を持っている、とかいう感じでポジティブに捕らえるべきなのか、

そんな印象が残るほど、今季のセ・リーグは頻繁に勝敗に絡むような場面での失策が出てる、とネガティブに捕らえるべきなのか。

まぁ、今期はなんだか異様に一流選手の不調や怪我が多発してるからなぁ。

オリンピック(北京行き)をボイコットしたいという潜在意識が原因だったりしてな。

[野球] 星野監督「おかしいにもほどがある!」(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

2週間前に一方的にルール変更とか、ないわ。

っちゅーか、もうオリンピックなんかどーでもいいやんけ。ボイコットしようぜボイコット。

今の中国なんかにホイホイ出向いて、球界を支える大事な選手に万が一のことがあったらどうすんだ。


2008/07/27 [日] 

んあー。何か駄目。なんだろう。駄目。んあー。

[野球] 【阪神】関本、失策後に3ランも… [nikkansports.com]

やっぱりミスすると点になるなぁ(;´Д`)

というか、そろそろ金村に勝たせてやれよ(;;;´Д`)

毎回好投してるのに、いい加減可哀想だろ。

んあー。


2008/07/28 [月] 

ダメすぐる(;´Д`)

[野球] 守ってミス走ってミス…あきれる岡田監督(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

またもミスが原因で負けてるし(;´Д`)

なんかここ何試合かこんなんばっかりなんですけど(;;´Д`)

とりあえず、3連敗はうまくないので、明日はなんとしてでも勝ってくれ。いやマジで。


2008/07/29 [火] 

[野球] 【阪神】降雨コールドでマジック「41」 [nikkansports.com]

正直、キュウキュウした展開というか、1点差を守りきれるかどうか微妙な雰囲気だったので、コールドはラッキーだった気がするね。

それにしてもあれだな。ヤクルト怖いな。どんだけ走んねん(;´Д`)

ってか、プロが易々とディレイドスチールで本塁落とし込まれてんじゃねーよ(;;;´Д`)大昔のファミスタのCPじゃあるまいし。

何か気が緩んどりゃせんか最近の阪神は(;;;;;´Д`)

[雑誌] 週刊少年ジャンプ35号

「ONE PIECE」このところ新キャラが大量に現れ、それぞれの特殊能力を披露しつつ同時多発的に戦闘に入るという非常にややこしい展開になっているのに、特に混乱もせずに割りとすんなり読めるのは流石という感じ。しかし流石にそろそろ限界点は近いと思うので、ここらでメインの戦闘に収束するべきなんじゃないかのう。いや、最後に出てきた金太郎っぽい奴(戦桃丸とかいう奴?)がそのきっかけになるような空気はあるので心配は無用かもだが。

「ぼくのわたしの勇者学」最終回。鋼野のキャラがそんなに強烈じゃなかったので、あんまりピンとこないオチではある。クローンがどうとかいうような突飛なキャラがアリなのなら、普段の本編にもそれなりの不条理ネタがあれば良かったのに。ファーザー並にすぐ死んで、死んでもさらっと生き返ってるとか。

「FCバルセロナ物語」FCバルセロナの概略と人気選手を紹介してる漫画。面白くない訳ではないが、なぜ今&なぜ少年ジャンプでこの企画?という疑問はぬぐえない。

「ヘタッピ漫画研究所R」目で表情をつけるのは、結構ムズイ。特に(いわゆる萌えキャラ的に)可愛く描こうとすると、思い切って崩しにくい。が、だからといって判子顔にして眉と口とでしか表情を分けないのは上手くない。この辺うまく描けるようになりたいもんだよね。せめて自己満足できる範囲で。いや、それが一番難しいのかもだけど。


2008/07/30 [水] 

[雑誌] 週刊少年サンデー35号

「お坊サンバ」ページによって大坊主がトイレ被ってたり被ってなかったりするのは作画ミス?ギャグにはなってないよな?

「絶対可憐チルドレン」いつぞやのDEATH NOTEネタといいジャンプ大好きだな。暗に移籍したいとアピールしているのだろうか?

「トラウマイスタ」スジャータは可愛いなぁ。


2008/07/31 [木] 

[野球] 全パ逆転サヨナラ勝ち、山崎MVP/球宴 [nikkansports.com]

下柳とか久保田とか打たれとんのん阪神のピッチャーばっかりやんけ(;´Д`)

まぁ、オールスターだから別にいいんだけどな。最後盛り上がったし。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン35号

「釣り屋ナガレ」竹下けんじろうの新連載。勇ましいチビのヒロインとお付の眼鏡メイドが可愛い。が、それよりも二人が乗ってるサイドカー付スクーターが一番可愛い。それはさておき、勇ましいチビのヒロインに虎の意匠とか配置されると、時節柄「とらドラ!」を連想せずにはいられないわけだが、わざとなんだろうか?

「範馬刃牙」刃牙お得意のイメトレだが、見たこと無い生物相手にイメトレは無理だろう常考。いや、ジュラシックパークのイメージでやるのかもしれんけど。

ところで、来週「疵面」が載るらしい。でも、打ち切りの続きじゃなくて、「任客立ちの起源にせまる」とか書いてある。ってか、起源にせまるも何も起源は既に本編で語られてたと思うのだが。

「悪徒」陽虎が第三段階変身して龍(?)に変身して超電磁スピンしてた。と、それはさておき、針塚がヒロインすぎる(;´Д`)普通に可愛いのがまた性質が悪いよな。

「イカ娘」オチのボンヤリ差加減が凄い。新聞4コマのオチかとおもった。

「ヤンキーフィギュア」最終回。終わり方として間違えていないけど、ちょっと物足りない感じもしなくもない。長く続いた話だったので、ちゃんと日常に回帰した後も欲しかったかのう。

「LOOK UP」こちらも最終回。プレイ中の動きの絵とか面白かったので残念。