トップ 最新 追記

でんでん雑記ver2.0


2006/10/01 [日] 

今日の阪神戦が中止になったのは、ラッキー、かなぁ。まぁ、どっちにしても、もう終わったも同然なんだけど、この間で中日の気が緩んでくれるといいなぁ。

それはさておき、例によって例のごとくしばらく縮小更新の方向で。今日のアニメは先送りです。んじゃ。


2006/10/02 [月] 

今日もお休みしますよ。せめて新番組と「うたわれるもの」の最終回ぐらいはとも思ったんだけどー。

それはさておき、ライオンの『冷えピタ 超冷却ジェル』がめっちゃイイ感じ。(不織布が無い分?)一般的な冷感シートと比べて非常に使用感が軽く、また冷却効果も高いのだろう、大変効く。今やコレ抜きでは生きていけないですよ?<言い過ぎ


2006/10/03 [火]  ゴースン魔神と戦って 僕らを助ける強い人

[野球] 【阪神】井川が2度目の完封で13勝目 [nikkansports.com]

遅い、遅いよ井川慶!何で今頃調子上げてきてんだ(;´Д`)

まぁ、上がらないよりは上がったほうがいいけど。

とりあえず

中日の優勝Mは6、最短Vは7日横浜戦 [nikkansports.com]

この最短ってのは阻止しとこう。

一昨日の分の再試合(早くても11、12、13のどこか?)まで粘らないと、最後の一戦が消化試合っぽくなっちゃうじゃないか。

いやまぁ、そこまで粘るのは、多分無理だとしても、こちら側の意地として、これ以上マジック減らさせないように残り全勝したいよな。中日さんには自力優勝してもらおうじゃないか。



そろそろ新番組が始まり始めて、このまま放置すると収拾がつかなくなりそうなので、頑張ってみた。今期も数多いなー。

[特撮][龍剣道] 魔弾戦記リュウケンドー#39「光の翼が星に舞う」

・宇宙から地上を攻撃してくる魔物衛星を迎撃する為に、ライトニングリュウケンドー来神。敵の激しい砲撃の中堅い握手を交わすリュウケンドーとリュウジンオーや、シャドウウィングリュウジンオーをブースター代わりに宇宙に飛び立つライトニングウイングリュウケンドー、役目を終えて地球に向かって落下するシャドウウィングリュウジンオーなど、熱くてカッコいいい展開がステキすぎる。宇宙という舞台装置の使い方として、明らかに劇場版カブトを超えてるよね。絵面も、一位昔前ならテレビでは考えられなかったぐらいのクオリティだし。グレンスターの破壊シーンなんか超カッコイイ。やるなリュウケンドー。

[特撮][冒険] 轟轟戦隊ボウケンジャー#31「亡国の炎」

・さくら姉さんが映士と衝突して判り合う話。パフェのヤケ食いや過去の告白など随所にさくら姉さんの可愛らしい所が随所に出ててちょっとイイ感じ。映士がやられた後、激昂するさくら姉さんもまた大変イイ感じ。

[特撮][甲斗] 仮面ライダーカウト#35

・ザコ山君がコテンパンにされて矢車同様の負け犬根性を染み付かせ、パンチホッパーになるまで。変身後のホッパー兄弟のなんか卑屈な立ち姿がちょっとイイ感じ。

・天道に向かってきたカブトゼクターを手懐け、ワーム狩りが止むと困るとか言い出し、どこからかドレイクゼクター(どころかドレイクグリップまで)召喚してしまう謎の青年登場。「ネイティブ」というのは、ひより同様にワームから生まれたワームで人間に成り代わったりしない(固有の人間形態をもつ?)新種の事とかそんな感じか?

[アニメ][キュア] ふたりはプリキュアSplashStar#34「お月見会はロマンスの香り」

・舞の兄ちゃんが詰まんない事でグダグダ悩んでいるところを咲のポジティブシンキングに救われる話。殆どの場合、一人で悩んでる時間は無駄以外の何ものでも無いよね。

・今回、風月だったので、やっぱり戦闘フィールドでタイプが変わるわけではなさそう。本当に気分の問題なのか。

・今週の「また見てね」はファミコンゲーム風。これをヒントにどこぞでフラッシュか同人ゲーム「プリキュアシスターズ」とか作られそう。いや、根拠は無いけど。

[アニメ][マイメロ] おねがいマイメロディ〜くるくるシャッフル!〜#27「ハッキリしてくれたらイイナ!」

・ちびっ娘の加納さんと森内くんが、相思相愛にもかかわらずお互い上手く気持ちを伝え合えなくて悶々とする話。まーなんともいえない可愛らしい話っちゅーか、青春やねぇ。

・それはさておき、アバンのイクラずきん笑った。

・夢野家は歌ちゃんも奏姉ちゃんも、いや琴ちゃんだってアニメとは思えないぐらい衣装もちで、普段から可愛い服を着ていると思うのだが、どこからあんな奇抜なセンスの服を持ち出したのだろうか。

[アニメ] N・H・Kにようこそ!#13「天国にようこそ!」

・自殺オフ会後編。オフ会メンバーが次々自殺を思い止まる中、逆に色んな希望を打ち砕かれてゆく佐藤が実に哀れだ。そして、山崎がいいこと言った。俺らみたいなダメ人間には自殺みたいなシリアスでドラマチックな幕切れは許されてない。無様に社会の底辺でグダグダしてアニメがどうしたとかつまんない事に喜んだりしるのがお似合いなのさー。

[アニメ] らぶドル!#01「らぶドルですか?」[新]

・女の子がどっさり出てくるアイドルアニメ。「らぶドル」というアイドルグループの3期メンバーがデビュー直前にデビューを延期されて、という滑り出し。この3期メンバー4人と主人公の妹、1話で主人公がすれ違った無名のストリートミュージシャン(これが本命)のサクセスストーリー的な話になるっぽい。のかもしれない。

・そういう話は嫌いではないし、作画もそんなに悪くないし、アホのように大量でしかも無理矢理個性付けられた女の子キャラは、レッスルエンジェルス観てるみたいでこれまた嫌いではないのだけど、なーんかこうピンと来るものが無い。なーんかパンチ力不足っちゅーか、これならまだ(巷ではかなり壊滅的な評判の)「レモンエンジェルプロジェクト」の方が何か来るものを感じたよなぁ。まぁ、今回は顔見世程度で何のエピソードも無かったので、次回以降評価が変わる可能性もあるのでしばらく継続。

[アニメ] 桜蘭高校ホスト部#25「ホスト部解散宣言」

・環の過去や家庭環境を明かしつつ、環に接近してくる謎の少女が登場、(おそらく環の母親の情報と引き換えに)環との婚約を取りつけ、ホスト部解散を宣言させるという話。最終局面を前にした前フリの回で、イマイチスッキリしない話だったが、次回、この作品らしいスカッとした最終回を期待してみたい。

[アニメ] 無敵看板娘#19「働いて勝ち取れ」/#20「激突! 西山勘九郎VS神無月めぐみ」

・Aパート。美輝と戦うために早く仕事を終わらせようと鬼丸飯店の仕事を手伝いまくる勘九郎。真面目で有能なのに、報われないキャラクタだ。

・Bパート。めぐみと勘九郎が協力したり対立したりする話。めぐみはアニメで喋って動くようになって原作版より魅力が増した気がするね。美輝は漫画の方が生き生きしてる気がするけど。

[アニメ] うたわれるもの#26「うたわれるもの」[終]

・最終回。なかなかカッコいい大怪獣決戦に始まり、ハクオロとディーの立ち位置(亜人の進歩を進めるために争いを起こして負荷をかけているとか、その考えに反対だとか)や、アイスマンの過去(解体されたミコトとか、かなり酷い。つか、ハクオロはアルルゥを生き返らせたりしてたが、流石にあそこまでされるともうアイスマンでもどうにもならんのだろうか?)とか、盛りだくさんな割に実にすっきりとまとまっててちょっと感心。ラストも戦いに勝利したハクオロがウルトリィの手で再び封印される道を選び、メインキャラクタとハクオロの別れのシーンから流れるようにエピローグに突入するといもので、実にイイ感じのEDテーマ曲もあって、素晴らしく綺麗に纏まった終わり方だった。なんかユズハがいつのまにか死んでたりするけどな。( ´゜д゜`)えーーーって感じだ。


・「うたわれるもの」は開始前は正直期待していなかった。ゲームもやった事無かったし、どんな話か知らんかったがまぁ、あんまり面白く無いんだろうなぁとか。しかし、そんな自分の不明を恥じ入るばかりの完成度で、とにかく情報量は多いし、ストーリーも結構込み入ってて、本来はかなり長い話なんだろうなぁと思われるものを上手く纏めていたと思う。最後まで楽しく観ていられた。面白かった。ゲームのほうもいずれ機会があったらやってみたいと思う。

[アニメ] D.Gray−man#01「アクマを狩る少年」[新]

・原作の方はシャープな画風のおかげかそれほど気にならなかったのだけど、アニメ版は色味から何から非常にハガレンっぽい。きっと今まで以上にあちこちで劣化ハガレン呼ばわりされているしまうんじゃないかと、要らん心配をしてしまうね。余計な世話ですかそうですか。

・とりあえず、伯爵が滝口順平なのは凄くイイ感じだったよね。

・でもまぁ、継続視聴は微妙な感じ。気が向いたらレベルで。

[アニメ] BLACK LAGOON The Second Barrage#01「The Vampire Twins Comen」[新]

・いーきーなーりーふーたーごーかー(;´Д`)

・えー、色々あってキチガイになった双子の子供が、ロシアンマフィア狩りをする話。斧で腹割いたり頭カチ割ったり、重機関銃で酒場ごとひき肉にしたり、縛り付けて頭に釘打ち込んでみたり。血の映ってないシーンの方が少ないんじゃないかってなありさまですよ。原作読んでなかったら超驚いたろうなぁ。知ってても驚いたけど。最近あちこちでテレビアニメの限界をぶっ千切らんばかりの作品を見かけるようになったなぁ。

[アニメ] パンプキン・シザーズ#01「不可視の9番」[新]

・原作読んだこと無いし、話の内容も知らない。アバンとOPを観る限り戦争アニメっぽい事は判った。といっても、開始早々停戦しえるようだが。

・なるほど、戦後の混乱に乗じて暴れまわる脱走兵とかならず者を相手にする特殊部隊(戦災復興部隊とかいうらしい)の話か。といっても、メインキャラの所属する部隊は斥候が専門(?)のようだけど。

・巨漢で傷面の厳つい風体でさらに寡黙でありながら優しい感じもし、かと思えばいざ戦闘になれば強靭な体(サイボーグ兵とかそんな感じか?)を生かしてノーガードで突っ込むような無骨な戦い方をする主人公は結構イイ感じ。また、真面目で正義漢が強く直情的で頭が悪いヒロイン(隊長)が何気にちょっと可愛いね。

・作画もイイし、キャラも立っててイイ感じ。継続視聴方向で。

・ところで、なんでもいいけど、これもどことはなしにハガレンセンスを感じるね。街(建物)とか服装とかのデザインとか、文化レベルの問題かなぁ?

[アニメ] 少年陰陽師#01「この少年、晴明の後継につき」[新]

・原作は読んだこと無い。安倍清明の孫の少年が主人公で、なんか妖怪とバトるアニメらしいっぽい?アクションが比較的格好良く、作画も良好、初回は前提条件をつらつら説明するだけで相当時間を食われており、台詞もなんか説明ばっかりで、正直つまらない。次回以降に期待かのう?

・と思ったが、次週早くも「ライオン丸G」と「すもももももも」の裏に回るので、視聴できない模様。というわけで、視聴ここまで。この時間帯のアニメは週代わりで時間が移動するので、観れるようならチラチラ観てみるかも。

[特撮] ライオン丸G#01「2011 NEO歌舞伎町ライオン丸TRANSFORMED状態!」[新]

・悪い意味で予想通りだったつД`)・゜・。・゜゜・*:.。..。.:*・゜ いや、予想を上回ったと言ってもいい。こんなのは糞だ。バラエティ番組のおふざけヒーローの方がまだマシだ。誰だこの企画考えた奴。死ねばいいのに。こんな形でライオン丸という名前を使われてしまって、本当に残念だ。本当に残念だ。とりあえず、犬のウンコでも送りつけてやろうか。

・串田アキラ版「風よ光よ」も最悪アレンジ。ツライ。マジでツライ。

・こんなに不快な番組もそうそうないが、まぁ、とりあえず、いくらなんでもこのままって事もないだろうし、そうでなくてもそのうちこっちが慣れるだろうから、バトルが本格化してくるまで我慢してみる。あんまり自信ないけど我慢してみる。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

絹崎 [これまでにも名場面を演出してきたアクセルラーですが、さくら姉さんが火打石のように地面を使って変身する絵面は感情の発露..]

さんとお [あのシーンは滅多に見せないさくら姉さんの激情とあいまって非常に格好よかったですよねぇ。そしてあんな使い方をしても壊れ..]


2006/10/04 [水] 

[NEWS] コミケの代表の米澤嘉博さんがお亡くなりになられたそうです

享年53歳だそうで、まだ全然お若いのに。

これほどまでに巨大化したオタクマーケティング、それを下支えするオタク層の拡大は、コミケが無ければありえなかったと言っていいはずです。

かく言う私も、もしコミケが無ければ、この歳までアニメや漫画を追っかけたりしてないだろうし、絵も描いてなかったでしょう。(それはそれでそっちが正しい気もするけど、それはさておき)

そして、それは私のような超ピコ手だけに留まらず、今現在オタク業界を支える人材のかなり大きな割合の人たちにとっても同じことだと思います。

本当にありがとうございました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

[アニメ] ネギま!?#01「え〜っ!31人って言われても!」[新]

・アバン・OPとまるでサスペンスホラーであるかのようなノリ。ネギまは前作のアニメをチラチラ観てただけで、原作読んだ事もないんだけど、こんな話だったっけかかなぁ?

・かと思えば、主題歌(?)のCMでは、なんか普通にギャルギャルしいノリの映像が出てたんで、多分来週からはあんな感じになるんだろう。

・本編。どうも「前作は無かった事」扱いの模様。そして、折角やり直しなのに、なーんかシーンによってクオリティがバラバラすぎっちゅーか方々に微妙な作画と演出が。前作の時も思ったが、原作はかなり売れててアニメ化(商品化)の素材としてはかなり優良な部類に入るハズなのに、どうしてもうちょっと気合入れてツカミに行かないのだろう。せめて第1話位なんとかならなかったもんか。勿体無いなぁ。

・黒板の「ぱにぽに」っぽい遊びは正直ウザイ。ぱにぽには深夜で、しかも作中のテンションやトーンが統一されていたから面白かったんだと思うぞ。描いてあるネタもこの時間のアニメのネタじゃないし。ラストの岩窟王もだが、夕方枠でなく深夜でやれば良かったのに。

・本編よりバカレンジャーの方がクオリティ高いのはどうだろうか。

[野球] 【阪神】早期登板・藤川が気迫のマウンド [nikkansports.com]

まさに最後の抵抗って感じだ。くどいようだが、この気迫、この負けない阪神が8月に出ていればなぁ。

そして

【中日】代打立浪のサヨナラ打でM5 [nikkansports.com]

中日も負けてねー。本当に土壇場で粘り強い球団だなぁ。

[テレビ] 最強の男は誰だ!筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XXXIII

きんに君は惜しいなぁ。本当に惜しい。どの程度本気なのか知らんけど、ボディビルの世界大会とか目指すなら、今後筋力はさておき総合力(持久力とか俊敏性とか)は失われていくだろうからなぁ。むう、残念だ。

そして、大会恒例特撮ヒーロー俳優だが、今回、不動のオッサンが新規参加。一応、テイルインポッシブルで3位に入ったのに、放送でまるっきり空気扱いだったのが泣ける。次回以降の参加はなさそうだなぁ。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ44号

「HAND’S」新連載ハンドボール漫画。主人公の少年のバカっぷりと勢いがイイ感じ。あとは、どれだけ早く最初の山場を持ってくるかが勝負だと思う。最近ジャンプの漫画は出足に加速し損ねて終わってしまう惜しい漫画が多すぎる気がするので、ちょっとぐらい無理してでも早めにライバルを出して試合に持ち込んだほうがいいんじゃないかのう。

「P2」のっけからヒロインがナニなキャラクタ性を発揮。絵柄やキャラ配置からして、ヒロイン役はこの娘じゃなくて、部員の誰かの男キャラがつとめる事になるのかもだが。

「ネウロ」口の容赦なさっぷりと、気を抜かない徹底ぶりがなんかステキだ。

「エムゼロ」目次コメントの「領空侵犯」というのは、ハーレムモノは「ToLOVEる」の領土だという事だろうか?そして「今更影響も無い」というのは次回の入れ替えで消えることが確定したという事だろうか?

「OVER TIME」どうもスタートダッシュに失敗したっぽい。ここから巻き返す為にも、とにかくさっさとチームを作って、ちゃんとキャラが活きるような戦いに移行した方がいいんじゃないかなぁ。

[雑誌] 週刊少年サンデー44号

「ハヤテのごとく!」すごい真っ当なラブコメだ。少女漫画かと思ったよ。

「佐藤琢磨果てしなき挑戦」事実は小説よりも奇なりというが、「capeta」なんかを見てるととてつもない遥かな頂に見えるF1ドライバーに19歳で思い立ってチャレンジし、しかも成功して表彰台にもあがる人間がいるんだから、世の中侮れないなぁ。どれだけの才能なんだっちゅーか。

「WILD LIFE」人工循環システムは夢があっていいね。ぶっちゃけもはや車もクーラーも工場も牧畜(牛のゲップ)も止められるわけがないんだから、そこは人類の叡智、科学の力でねじ伏せないと。もちろん今と同じ水準を保ちつつ、フロンや二酸化炭素などの排出量を抑える新製品の開発も平行して行うとしても、今更原始人に戻れない以上、気休め的なエコを謳うより、倒れるとしても前倒れに倒れるのが健全ってもんですよ。ええ。

[アニメ] 武装錬金#01「新しい命」[新]

・武装錬金だなぁ。作画も概ね良さ気。武装のエフェクトもちょっといい。全何話か知らないが、既に完結している作品なので、最終和までキッチリ構成してあれば、結構期待が持てるんじゃないだろうか。

・それはさておき、先週までの続きであの声だし、半裸のマッチョはでるしで、いつカズキがぞうさんをさらけ出すかとヒヤヒヤものです。<しません

・でももし、一話目からパピヨンが出るような漫画だったら、原作未読の人に「また変態のアニメなのか」とか思われたかもしれないね。


2006/10/05 [木]  それは衣服か それとも肌か つよいインクだ つよインク

KBS京都で10/6深夜開始予定だった「009-1」がいつのまにか電子番組表から消滅。来週に延びただけならいいんだけど、そもそも番組HPにはキー局のTBSしか書かれてないのでなんとも。デスノもそうだが、在京大手民放局はその辺の態度が気に食わん。つか、テレビ局だけじゃなくて、製作会社も番組HPぐらい立ち上げろ。

ところで、いつの間にか「ホームページ」とか「HP」とかいう表現が平気になって、それどころか日常的に使うようになってしまったなぁ。まぁ、ホームページってのはなーとか、ヒューレットパッカードがどうかしましたか?とか言ってたのはもう10年近く前の話になるのかもしれんか。

[雑談] 「つよインク200」のCMソングが大変カッコいい件

ささきいさおの美声と1分間CMという珍しい形態で、かなりのインパクト。

公式ページでは、CMで使われているOPテーマの他にEDも観れるのだけど、こっちも中々イイ感じ。


それはさておき。

ささきいさおは、最近、こういうパロディ的な仕事が多いような気がするね。

ちゃんと新作アニメとか特撮で使ってくれればいいのに。

いや、デカレンジャーとか銀河鉄道物語とかやってたけど。

[野球] 中日M5で変わらず、最短Vは8日に [nikkansports.com]

今日は阪神は雨で流れて中日は敗退。

この際だから、最後の直接対決までもつれましょうよ。ねぇ。

[アニメ] リトル・アインシュタイン#01「ほしのまわりのわっか」[新]

・ディズニー製作の幼児教育(?)アニメ。NHK教育の番組みたいでちょっとイイ感じなのだが、恐らく対象年齢は幼稚園かそれ以下と思われ、流石に対象年齢じゃないかなー、ということで、視聴終了。

[アニメ] 銀魂#25「鍋は人生の縮図である」

・時間帯変更第1回。アニメ版は半年振りぐらいに観たが、テンポもノリも随分よくなってて面白かった。そして、牛肉争奪戦の大家さんと名前忘れたが不法就労の異星人の動きが驚異的でちょっと驚いた。あの部分の動画枚数を稼ぐ為に前半1分ぐらい放送事故スレスレの画面固定で声だけで進むとかいうネタをやったのだろうか。すげえぜ。

[アニメ] 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2#01「選ばれし少女達」[新]

・途中に休憩を挟んだのに、再開一発目からなーんか微妙な作画でちょっとションボリだが、それはそれとして、何事もなかったかのように再開。前回ラストでモン太に魔法をバラしたので気が緩みまくってるのか、砂沙美はなんだかえらく簡単に魔法を使うようになってる。きっと後々トラブルの種になるに違いない。とか思ったが、違うかもしれない。

・そして、砂沙美の父ちゃんはまだ魔女界から帰ってきてない模様。砂沙美の「ママはパパと一緒のベッドで寝てるんだから(パパが居ないと)寂しい」とかいう発言がナニな感じですな。

・なんか魔女界から強化合宿にスカウトされる5人組。鷲羽の頭を飛び越えて直接話を持ってきたり、親を洗脳してまで合宿を強行しようとする巫女長はあまりといえばあまりにも怪しい。第2期はシリアスな展開になるっぽいなぁ。鬱展開だったらナンだなぁ。

・EDの(いやOPの新規作画分でもそうだったが)ショートカットの美紗緒ちゃんはちょっとイイ。のだが、殆どピンで美紗緒押しになってるのは何故だろうか。後半どう考えても主役の砂沙美とアミちゃんメインになりそうなもんだと思うんだが。



ところで、来月の中旬か下旬の火曜→水曜か、木曜→金曜のどちらか(あるいは両方?)の午前0時から6時とかいう深夜アニメゴールデンタイムに、住んでるマンションが設備工事で全戸停電とかするらしい事が判明。最悪だ(;´Д`)
とりあえず、火曜はブララグとパンプキンシザーズがイイ感じなので、木曜になってくれるとありがたいのだが、その場合でも、以下の新番組が録れなく、というか観るのも無理になるのが確定してしまった。トホホですよトホホ。コードギアスはMBS製なので、また再放送とかしそうな気もするけど。

[アニメ] 護くんに女神の祝福を!#01「恋するビアトリス」[新]

・原作未読。どんな話かも知りません。

・主人公のショタ少年が、学園の有力者の強気なお姉さんヒロインに一目惚れ&大告白されて、なんだかんだでドタバタに巻き込まれるとかいう話っぽい。途中まで全く話が見えなかったが、どうやらこの作品世界には「ビアトリス」とかいう超常能力が存在するらしく、ヒロインはその能力が突出して強いらしい。序盤その辺全く欠片も説明無しで暴れられてもガチなのか、ギャグなのかも上手く把握できず、今ひとつピンと来ないのだが、原作ファン専用という事だろうか。

・ヒロインの主人公に対する猛烈なデレデレっぷりやアクションのキレがちょっとイイ感じ。とにかく突出して強く暴虐無尽なヒロインを恐れもせずにちょっかいをかけてくる生徒会の仲間も好感度高い。ドタバタ具合もなかなか。いきなり「世界の危機」で次回に引くのも悪くない。でも、やっぱり「ビアトリス」とやらはちゃんと説明しておくべきだったと思うな。Bパート中盤で「ビアトリス」という単語をしっかり認識するまでは、まではまだイマイチギャグの効果や演出なのか、ガチで超強いのか読めなかったし。

・まぁ、視聴継続で。停電の日までに切るか切らんか決めれるといいけど。

[アニメ] コードギアス 反逆のルルーシュ#01「魔神が生まれた日」[新]

・ブリタニアとかいう帝国が日本を人型ロボで占領した近未来?が部隊のロボットアニメ。ブリタニアっちゅーからイギリスかと思ってたら、地図見たらアメリカだった。いや、アメリカも大英帝国が占領してるのかも知れんが。

・適度にCLAMPっぽく、適度にCLAMPっぽくないキャラクタがイイ感じ。作画もイイ感じだし、アクションも悪くない。バックグランドストーリーは実に凄くナニでアレな感じだが、とりあえず、割とややこしいストーリーなのに、すっきりと見せているのはイイ感じ。スタートダッシュも割と決まってて、ブリタニア王の力?とかなんとかを手に入れた主人公の邪悪さも何気にイイ感じのヒキになっている。

・とりあえず、題材が題材だけにリアルな地名(日本とか)は避けた方が良かったんじゃないかと思わなくも無いが、あるいは、事前特番で言ってたのは嘘800で、本当のところはやっぱり何らしかの思想を前面に押し出した内容になるのかもしれない。というか、そういったものを読み取るなというのが無理な設定に見えるのだが、その辺は、今後の出来次第という感じか。

・というわけで、継続視聴。とはいえ、来月には早々に1話見れなくなるかもなのだが。

[アニメ] 銀色のオリンシス#01「水色の再生」[新]

・平井絵はどーも苦手だなぁ。

・それはさておき、本編。冒頭の荒野での微妙なデザインのメカと敵の戦闘シーンをみて、なんだろう、80年代に粗製濫造されたOVAみたいな感触を感じたんです。気のせいでしょうか。女性キャラのシャワーシーンとか、酒場のシーンもなんかそんな感じだったゆーか。くりぃむレモンパートなんとかのワンシーンとか言われても信じそうです。多分。

・とりあえず、今回は謎の美少女と主人公で出会い(再会?)と、大まかな世界観と、登場人物の顔見世、恐らく物語の核になるんじゃないかなと思われる時空転移現象「オリンシス現象」の提示、主役メカの起動と、一通りやるべき事はやった感じ。ただ、どうにもこうにもやっただけ感が強く、ツカミが弱い。やっぱり無理してでも1回目で主役メカの戦闘は入れとくべきだったと思うわけですよ。

・っちゅーか、最近の東映動画はどーも第1話を舐めてる事が多い気がする。最初の一回目で客を掴まずしていつ掴むんだ。ガイキングの一話はかなり燃えだったのになぁ。コンスタントにアレが出来ればなぁ。


それはさておき、オリンシスの途中に入る「それぞれの夢」ってCDのCMの「このきょくしってるよね」の超音波っぷりにビビった(;´Д`)
もし身近にあんな喋り方の人間がいたらと思うとゾッとする。居なくて良かった。本当に良かった。


2006/10/06 [金] 

「009-1」は一週間延びただけの模様。良かった。
で、それはさておき、今日はお休みですよ。

[野球] 【中日】福留30号、ウッズ43号、M4! [nikkansports.com]

普通、優勝直前ってのは結構モタつくもんなんだけど、まー負けないねぇ。

一応、明日明後日と阪神が負けなくて、中日が7〜10日までの4連戦のどこかで1回でも負けてくれたら、12日の阪神-中日最終戦は意味のある戦いになるんだけど、下手すれば消化試合になってしまうかもなぁ。

まぁ、M1とかM2で決戦になって甲子園で胴上げされてしまうのも、それはそれでアレだけどな。


2006/10/07 [土] 

とりあえず、今日はメビウスだけ。アニメは先送りで。チラチラ見た感じ、意外と「ときメモ」が良さ気だった気がします(えー

[野球] 【阪神】浜中が10年目で初の20号本塁打 [nikkansports.com]

アブなかったなー(;´Д`)

ウイリアムスも球児もHR打たれとるし。

あるいは、5回表の無死満塁で、原が内海に代打を出すか、そうでなくてもスクイズでも決められてたら、ダメだったかもしれん。

2回の赤星、6回の鳥谷のファンプレーが無かったとしても、やっぱりダメだったろう。

まさに薄氷を踏む勝利ですよ(;´Д`)怖ぇなぁもう。

んでもって

【中日】継投裏目で逆転負け、M4のまま [nikkansports.com]

うっほっほっほ。イイねイイね。

これで明日阪神が負けなければ、直接対決まで縺れるって事だ。

どうせなら甲子園決戦前に中日が4連敗しててくれると、本物の天王山になって面白いんだけどなぁ<ありえません。

[雑談] 最近、BGMを聴くのにiTunes7.0.1.8を使っているのだけど

なんか作業してたら妙に重くなって来たので、不審に思って調べたら、iTunesが常時CPUパワーをバカみたいに食っていた。低い時でも50%前後、酷いときには80%に達する勢いだ。

しかも、再生中だけでなく、再生を停止してもずーっとその調子。

なんだこりゃ?(;´Д`)

ちなみに、一端終了させて、再度起動してみたら、今度は0〜3%ぐらいで安定している。

長時間起動させっぱなし(再生させっぱなし)だと、なんかおかしくなってくるのだろうか?

まさかなぁ?

[特撮][メビウス] ウルトラマンメビウス#27「激闘の覇者」

・アバンやOPが一部変更に。なんだかんだ言ってOPラストのウルトラ兄弟勢ぞろいはゾクゾクするね。6兄弟はもちろん、レオ、80、それどころかアストラまで登場するのかー。

・今回は新マケット怪獣の評価回と称した総集編。とはいえ新作カット満載、それどころか新規の戦闘シーン、しかもvsゼットンとかやってしまう超豪華仕様。こんな話でもGUYSの各キャラの個性を活かし、メビウスとGUYSの関係性を描いていたり、あまり出番の無いミクラスとウインダムとの初の本格的な共闘を描いたりしてるのもステキだ。ウルトラマンの敗戦シーンの再現をやったりとか、小ネタも効いててイイ感じだし。おそらくゼットンならマックスで作った着ぐるみの流用が効くし、仮想空間での戦闘なのでセットも凝らずに済んでいるとはいえ、このサービス精神は流石というしか。

・次回はノーバ。ノーバなのかよ! Σ(゜Д゜)あんなのまで出るのか


2006/10/08 [日] 

[野球] ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン! (参考:プロ野球スコア速報<阪神−巨人> [nikkansports.com])

終わったorz

9回裏の大チャンスをモノにできなかった時点でもうどうにもならんかったな。

っちゅーか、岡田、なんで9回ウイリアムスを下げて球児にしたんだ。

そのつもりなんだったら、8回に濱中を下げた意味が全くなくなるだろ。9回ウイリアムスを下げるんなら、そのまま9番にウイリアムスを入れとけよ。

バカじゃねぇのか。死ね。


2006/10/09 [月] 

[NEWS] 北朝鮮が地下核実験に成功、朝鮮中央通信が報道 [YOMIURI ON-LINE]

ついにやりやがったなぁ。

アメリカがどうでるかにもよるけど、近々なんらしかの動きがあるんだろうなぁ。

テポドン2号が成功してない(米本国は射程距離外だ)から、いきなり武力行使ってな流れにはならんと思うけど。

それより中国韓国ロシアを巻き込んでの経済制裁が始まって本格的に窮した北朝鮮がトチ狂って暴れだしたら嫌だなぁ。

[野球] 【中日】M1、谷繁「あした勝ちたい」 [nikkansports.com]

中日強ぇ(;´Д`)どんな勝ちかただ。

こりゃもう、終わったかなー。トホホー。


2006/10/10 [火]  僕もあなたも願ってる 祈る気持ちで待っている それは一言優勝だ 落合監督の胴上げだ

いいぞ頑張れドラゴンズ燃えよドラゴンズ〜つД`)・゜・。・゜゜・*:.。..。.:*・゜

[野球] 12回一挙6点、竜V決めた [nikkansports.com]

もう絶対引き分けで終わると思ってら、まさかの12回表の大爆発。やっぱり福留とウッズだなぁ。あんな場面であんなに間違いない仕事をしてのけるなんてなぁ。

優勝するチームは違うということか。

おめでとう中日ドラゴンズ。とりあえずこのところパ・リーグに負けっぱなしなので、是非勝ってセ・リーグの面子を立ててください。

[野球] 阪神の片岡が引退へ [nikkansports.com]

うん、まぁ、そうなるんじゃないかとは思ってた。

なんというか、侘しい終わり方ではあるけど、正直全く戦力になってなかったし。

林の台頭で、左の代打としての出番も無くなったし。

お疲れ様でした。

[NEWS] 名脇役、多々良純さん死去 [YOMIURI ON-LINE]

バンドーラに続いてバーザまでも。

相当のご高齢だったとのこと(私が若い頃からお爺さん役でしたし当たり前ですが)で、いたしかたのないことなのかもですが、やはり寂しい話です。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン45号

「ドカベン」新庄の応援垂れ幕とサルが喋った事に対するツッコミが狂ってて流石という感じ。

「ペンギン娘」なんか続きモノの展開に。「キレルくん」もそうだが、ある程度続くとバトルにならなきゃいかんのだろうか?

[雑誌] 週刊少年ジャンプ45号

「ONE PIECE」なんかちょっとナニだが、泣かす(;つД`) 長く続いた作品ならではの説得力だなぁ。

「こち亀」祭りのお返しでジャンプキャラ大集合。今は無き「みえるひと」「謎の村雨くん」もちゃんといるのが物悲しい。

「太臓もて王サーガ」こんなやりたい放題な人気投票みたことねぇ!第2回をやるためだけに連載が続けばいいのに。と、それはさておき、時々出てきて太臓にケチつける2人組がプリキュア(なぎほの)だという事にこの回みてはじめて気がついた。らしくないというか、そのつもりならもっとガッツリ似せればいいのに。<流石に無理っぽいか



それはさておき、アニメはまた今度。って、ヤバイ、またアニメ溜めすぎだ(;´Д`)


2006/10/11 [水]  好きとか嫌いとか 最初に言い出したのは 誰なのかしら

[野球] 日本ハム王手!ダルビッシュが1失点完投 [nikkansports.com]

うむ、こりゃ日ハムが勝ち上がりそうな感じだなぁ。

北海道に移転する前のことを考えれば、ここ数年で劇的に強く、また注目度も上がった気がするね。

これもファンの力なんだろうか。

東京時代は本当に目立たないチームだったもんなぁ。

今、やっぱりあんまり目立ててないオリックスとかも、今更阪神から人気を奪えるとも思えないので、姫路とか岡山とか野球熱が高い高知とかに移転した方がいいのかも。

ちょっと弱くなったぐらいで見向きもされなくなった巨人も、茨城とか群馬、あるいは思い切って新潟辺りで地域密着タイプとして再生を計ってみるってのはどーですか。

このままだとアニメが溜まって酷い事になるので、とりあえず特撮を優先的に消化開始。1.5倍速再生でながら観なので、見落としや事実誤認等あると思います。

[特撮][龍剣道] 魔弾戦記リュウケンドー#40「史上最悪の作戦!?」

・他人に化ける能力をもった魔獣があけぼの町に出現。町民の間に不和を振りまきひと騒動という話。また、久々に兄弟子がしかも矢絣&袴で再登場したのだが、変身魔物が化けたニセ兄弟子の「ケットウケットウケットウ(変身魔物は頭が弱いため、時折意味無く単語を繰り返す)」が大変可愛い。

・ゴッドリュウケンドー同士、マグナリュウガンオー同士の同キャラ対決や、マダンマグナムソードモード、意外とやる剣二と不動のオッサンの頭脳プレイ(鈴に八つ当たりされてたが)など、今回結構面白かったね。白波は完全に蚊帳の外だったけど。

[特撮][冒険] 轟轟戦隊ボウケンジャー#32「ボウケン学校の秘密」

・ダークシャドウ主催のボウケン学校でひと騒動という話。最初講師役で現われたシズカが今日もノリノリで大変可愛かったりとか、冒険者向きでないと言われ入学試験に落ちた明石の凹みっぷりと弄られまくったりっぷりとか、サイレンビルダーをバネ代わりに使って大ジャンプするダイボウケンとか、何気に面白かったね。

・講師役もだけど、シズカは楽しそうな時と時折悪くなる時のギャップが効いてていいなぁ。

・それと、闇のヤイバはもうブラックの事はいいんだろうかね?最近すっかり絡んでこないよな。

・今回のメインゲストのシマダさんも味なキャラクタだけど、もう2度とでてこないんだろうなぁ。

・戦隊紹介コーナー、今回ついにマジまでやってしまったが、来週からどうするんだろう?

[特撮][甲斗] 仮面ライダーカブト#36

・ボウケンが終わった後の、「仮面ライダーカブト、この後すぐ」のキックホッパーのやさぐれっぷりがなんか面白かった。もう歩いてるだけでなんか笑ってしまう。すごいぞやさぐるま。

・ああ、そうか、ネイティブは普通にネイティブなんだ。地球原産って事か。ってことはなんだ、この話はワームの縄張り争いなのか。

・カブトとガタックには装着者の意志を奪って無理矢理ワームを滅するようにしむけるようなシステムが搭載されている模様。しかし、暴走状態のカブトは天道の意志で戦っているときよりも戦闘力が落ちているようにしかみえない。それじゃむしろ返り討ちに会うだろ。

・天道の本当の父親(日下部何某)は、ライダー計画に関わりあいのある人物っぽい。だからネイティブに襲われた(ライダー計画に介入しようと接触してきた?)のか、あるいは日下部何某に成りすましたネイティブがライダー計画をスタートさせたのだろうか?

[特撮] ライオン丸G#02「 タイガーJOE推参UNDERCOVER SAMURAI状態!」

・もうサブタイトルを見ただけで吐き気がします。なにが「UNDERCOVER SAMURAI状態」だ頭腐っとんのか死ね。

・本編。既に先週キツイのを見てしまっているので、インパクトが無くなった分普通につまんねーって感じだ。この作品のギャグは、緩急もなにもなくテンションも内容も1本調子で尚且つ本編よりもわき道のネタの方が多いぐらいの頻度なので見てて飽きる。多分、最初面白がってた連中もこれがあと3回続けば観なくなると思う。

・っつか、勝手に森繁久彌を殺すな。先週の「傷だらけの天使」ネタもそうだが、なぜライオン丸の名前でライオン丸に全く関係ないものを腐す!?アウトロー気取りで悪ふざけのつもりか知らんが、気分悪いにも程があるわ。そもそも旧ライオン丸は快傑も風雲もアウトローでもなければモラルハザードしてもないだろ。この作品のどこにライオン丸の名前が必要だったんだ。ガンダムやライダーやウルトラと違って、商業的なアドバンテージにもなりえない程度の知名度のライオン丸を引っ張り出してきた意味はなんなんだ。嫌がらせか?死ね。



次、先週金曜の新番組

[アニメ] マージナルプリンス 〜月桂樹の王子達〜#01「翠緑のエスクエラ」[新]

・BLもの。多分。アバンのキャラ紹介(まるでゲームのようなノリで、テレビのこっち側に向かってキャラたちが挨拶してくる)を観ただけで、これは俺は視聴対象に入ってないなーと感じたので、ここまで。せめて、そのこっち側(主人公のお姉ちゃん?)が主人公で、可愛かったら、もうちょっと続けて見れたと思うんだけど、主人公も少年だし。

[アニメ] Gift 〜ギフト〜 eternal rainbow#01「虹が宿る町」[新]

・ギャルゲーだかエロゲーだかが原作と思われるが、未プレイにつきどんな話か判らん。とりあえず、音夢みたいなキャラクタとさくらみたいなキャラクタが居て魔法もあるみたいなので、D.C.の続編なのかもしれない。違う気もするが。

・なんだか良く判らないが、「gift」という魔法の贈り物ができる世界が舞台で、それを巡る話になる模様。それはさておき、ずっと掛かりっぱなしの虹(ずっと咲きっぱなしの桜と同じモノか?)とか、「魔法(gift)は素晴らしい」とかいうスタンスでお節介を焼きまくってるらしいD.C.S.Sのアイシアみたいな主人公とか、どうしてもD.Cを思い出すんですが。

・EDのゲーム画面みたいな一枚絵はなんだろう。ってか、あれマジでPS2かなんかのゲーム画面なんじゃあるまいか。

・視聴は、うーん、継続?

[アニメ] ときめきメモリアル Only Love#01「ときめきの出会い」[新]

・ときメモONLINEのアニメ化。

・冒頭、いきなり動物耳をつけた男子生徒の猫耳アイテム争奪戦からスタートしたのに度肝を抜かれた。ナニ?このアニメ「いぬかみっ!」路線なのか?(;´Д`)

・眼鏡の巨乳秘書が喋る度に「ばい〜ん」とかいう効果音が鳴るのに笑った。

・主人公に声をかけてくる男子生徒2名が、学園の情報や女の子の情報を主人公に伝える役割だったりとか、授業でいい点とったりイベントをクリアしたらもらえるレアアイテム(動物耳とか)をつけてると人気者になるとか、生徒会主導の面白イベントとか、なんかもう、まんまゲームっぽい設定だなぁ。変にぼかすより、開き直ってコメディのネタにしてしまった方が良いとの判断だろうか。

・それはさておき、主人公に声をかけてきた男子生徒のうちの片方が、なんかキバヤシみたいな髪型で笑った。

・本編、転校生の主人公が、奇妙極まる学園でドタバタに巻き込まれるという内容。意外というとナンだが、妙なテンションでノリもテンポも実にイイし、奇妙なキャラクター大集合で賑やかだし、作画もいいしで結構イイ感じ。

・というわけで視聴継続。もう恋愛とかはどーでもいいので、このままドタバタしててくれないもんか。

[アニメ] ギャラクシーエンジェる〜ん#01「出撃!天使のスクランブる〜ん」[新]

・キャラクタを一新しての新シリーズ。OPは歌のハッチャケ具合はさておき、絵は大変可愛くていい。

・前作みたいなやりたい放題感はないものの、通常のコメディとしては十分な内容になってると思う。ただ、どうしても前作の事があるのでネタの密度、突拍子も無さで物足りなさを感じる。基本的にそう悪くない作品だと思うので、キャラクタとか番組フォーマットに慣れたら面白くなってくるかもしれない。この話も戦闘シーンの力の入りっぷりはちょっと良かったね。



ラスト、今日(水曜)の番組

[アニメ] ネギま!?#02「うっそ、仮契約ってそんなことすんの!?」by明日菜

・ヤバイ、OP面白い。通常速度に戻して観てしまったじゃないか。作品毎に違った趣向でありながら、毎度凝ったOPを作るなぁ。

・複数の画面をワイプしまくりの会話演出が面白い。エヴァンジェリンvsサウザントマスターの戦闘シーンもステキにカッコいい。今回もしかして、1話めより気合入ってんじゃないのか。

・女生徒キャラ同士の掛け合いはテンポも内容のくだらなさもイイ感じ。コメディもシリアスも若干抑えが利いてて随分気持ちイイ。先週はそう思わなかったのは、体調の問題とかだろうか?まぁ、それでもやっぱり黒板ネタは鬱陶しいわけだけど。中途半端に量が少ないのがまたなんとも。

・EDのメルヘンな絵面に驚いた。あれ?じゃあCMで流れまくってるスカイダイビングだったり水着だったりする映像は何?本編の内容にあわせてOPかEDが変更になるのか?

・バカレンジャー続き物だったのか(;´Д`)

[アニメ] 武装錬金#02「ホムンクルスの正体」

・OP。原作が既に完結しているので、クライマックス付近に登場するキャラまでシレっとでてるのがなんか凄い。ムーンフェイスなんか結構押してるけど、アニメでは活躍の機会が増えるのだろうか?

・どこが悪いというわけではないのだが、なーんかパッとしない印象。せっかくギャグの多い話なんだから、もうちょっとハッチャケてもいいのになぁ。

・どうでもいいけど、「武装錬金」は「いついつまでに何しないと命の危険が」とかそんなのばっかりだよね。

[アニメ] スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ#01「鋼鉄の亡霊」[新]

・冒頭、イングラムvsクヴォレー。あれ?OGにクヴォレーなんか出てたっけ?

・スタート直後の世界観の説明はさておき、その後のリュウセイとクスハの行動が説明不足感満点っちゅーか、しょうもないロボット談義に花を咲かせるぐらいなら、リュウセイ達が見舞いに行く前にせめて一言ぐらいゲーム大会の事とか母親のお見舞いに行くこととか言えばいいのに。それこそリュウセイのロボット好きはゲームの話と連動した方が無難だし、そのゲーム大会が士官学校かなんかの入学に必要なスキルになってる事にすれば、母親との会話で進学を諦める=ロボットへの夢が絶たれるという図式に出来てスッキリするだろうに。

・戦闘シーンも現時点ではなんかションボリな出来。ゾイド(無印、ジェネシス)だって最初はあんまりピンとこなかったし、最初ションボリだったゼーガペインも後半頑張ってたので、そのうちマシになるのかもだけど。

・ところで、この「ゲーム超上手い民間人が本物の戦いにスカウトされる」という「スター・ファイター」系のツカミは、もういい加減古いと思うんですよ。と「メガレンジャー」の時に思ったんだが、あれからさらに10年近く経った今もこのパターンが存在するのだから、もうパターンとして定着しているのかもしれんなぁ。

・まぁ、一応、継続視聴で。あんまり期待できそうな気はしないけどなぁ。ってか、「来週も観てね」画像が、クスハのスペシャルドリンクなのは、「あんまり期待すんな(むしろ酷い事になってる)」という意思表示だろうか?

[アニメ] 蒼天の拳#01「賞金首・閻王」[新]

・原作最初何巻かだけ既読。

・作画はまずまず良好、演出も手堅い。拳志郎(cv.山寺宏一)の戦闘時の声色が何気にケンシロウっぽいのにちょっと笑った。

・が、それはそれとして、すげえ地味だ。まー地味だ。一番インパクトがあったのはEDの荒野で野垂れ死にしてる(?)拳志郎のカットだったよ。

・まぁ、これといった減点要素もないし、一応視聴継続で。


2006/10/12 [木]  右投げ左打ち 実家は檜風呂 リフォーム リフォーム 片岡篤史

とか歌ってた頃(というか2003年)が一番印象に残ってますよ。っちゅーか、その(7割方ヤジみたいな)歌詞はナニとしても、日ハム時代から使ってたというファンファーレはそのまま使ってやればよかったのになぁ。アレ止めてからどーにもこーにもパッとしない感じになっちゃったし。

[野球] 【阪神】片岡が引退試合で2安打1打点 [nikkansports.com]

ラストゲームでフルイニング出場、しかもお飾りやお荷物にならず、何度かあった守備機会も無難にこなし、タイムリーも打ち、思い出の甲子園で5万の大観衆と高校時代からの友人である立浪に送られていく。野球人としてこれ以上を望むのが難しいぐらい恵まれた最後だったんじゃないだろうか。

実に温かい、いい引退試合だった。

おそらく来年からは(コーチ就任は流石に早そうだし)在阪局の野球解説者にでもなるんだろうから、今後ともよく見かけることになると思うのだけど、なんぞ面白いこと言えるように頑張ってくれ。

お疲れさんでした。

[野球] 日本ハム、25年ぶりパ制覇 [nikkansports.com]

日ハム強いなぁ。ここでサヨナラかよ。

これで今年は日ハム-中日かー。

セ・リーグ代表としてここ数年ライバル関係にある中日にも、阪神とは意外と縁深い日ハムにもそれぞれ頑張って欲しいね。


それにしても、相手が日ハムなら、やはり優勝したかったなー。それこそ、新庄と片岡がそれぞれ引退だったんだし、ちょっと特殊な盛り上がり方ができただろうに。

惜しい。実に惜しいなぁ。



アニメ、土日分。「ぷるるんっ!しずくちゃん」は見落とし。噂によると結構ナニだったらしい。また「マイメロ」(第一期1〜4話まで見落としてた)の轍を踏んだのかもしれないなぁ。

[アニメ] 家庭教師ヒットマンREBORN!#01「えぇ!俺がマフィアの10代目!?」[新]

・原作はジャンプの「タルるート」系譜(もっと言えばドラえもん系譜だが)の漫画。既に原作ではひみつ道具(とリボーン)が必要なくなってきており、コメディ要素も殆ど無くなってバトル漫画になりつつあるが、アニメではどの辺りまでやるのだろうか。

・アバンタイトルのラストのリボーンの名乗りとか、京子、ハルの初登場シーン(山本とか了平とかもだが)のおざなり感とか、死ぬ気弾がヒットした時&復活時のエフェクトとか、リボーンの声とか、もの凄く微妙な感じだなぁ。銀魂やアイシールドの時もそうだったが、ジャンプのアニメはなんかスタートが弱いなぁ。

・それはさておき、ツナの母ちゃんは可愛いなぁ。

[アニメ] 天保異聞 妖奇士#01「妖夷、来たる」[新]

・江戸時代の妖怪退治のお話。主人公のキャラクタの顔が濃い。女性キャラの顔は総じて好み。

・ナレーションかと思ったら主人公が視聴者に向けて説明台詞を喋ってたりとか、何気に妙な演出が気にならなくもないが、作画もアクションもキャラクタもイイ感じ。独走的なデザインでなんかもう怪獣みたいな妖怪もイイし、主人公の言霊ならぬ漢字霊?もなんかちょっと面白い。これは継続視聴でいいかなぁ。

・ところで、江戸時代の湯屋は混浴なので、サービスシーンの一つでもあるのかと思ったら、舞台がちょうど天保の改革の真っ只中で、混浴は禁止されていたようだ。残念無念。

[アニメ] 史上最強の弟子ケンイチ#01「梁山泊!豪傑の集いし場所」[新]

・作画そのものもだけど、カット割とか構図とかも実に微妙だなぁ。顔のアップか動きの少ない絵に長々と台詞が被るシーンばっかりだし。

・でも、動くシーンはちゃんと動いてるので、気合の入った回とかになれば、案外イイ感じになる可能性もあるのかも。

・それはそれとして、声優はキャリアのある豪華な面子をそろえている気がするね。っちゅーか、アパチャイの石丸博也とか、ありえないし。どーゆーキャスティングか。

・ところで、梁山泊といえば、美羽の乳首だが、アニメ版では無い模様。それじゃ意味ねーよな。

・一応、視聴継続。気合の入った戦闘シーンが出てくればいいなぁ。

[アニメ] 地獄少女 二籠#01「闇の中の少女」[新]

・必殺風のアバンは健在。しかも新バージョン。シリーズが続けば続くだけ変わるんだったら面白いなぁ。

・前作で語られた地獄少女誕生の切っ掛けとなった一件よりスタート。どうやらあいは人質をとられるような形で地獄少女をやらされているらしい。まぁ、そんな事より、この地獄少女誕生編部分のあいが素敵過ぎてどうしようかと。今回は本編もエロかったし第2期はエロ強化だろうか<違うと思います。

・復帰第一回は、ベタにイジメ問題。やたらと気合の入った作画と陰湿な展開で「地獄少女」という作品の基本フォーマットを復習してみましたというエピソード。後味の悪さも相変わらずだが、作画もシナリオも演出も第一期の頃よりレベルが高くすんなり腑に落ちるような感覚。

・前作中盤以降メインキャラだった柴田親子は既にあいと因縁が切れてしまっているのか、今回全くノータッチ。その代わりなのだろうか、何か新キャラっぽいのがチラッと出てた。観た感じあいっぽい着物を着てたが、地獄少女2号とかそんなんだろうか?

[アニメ] ゴーストハント#01「悪霊がいっぱい!?(1)」[新]

・原作未読。少女漫画のライトホラー?とりあえず、ヒロインは可愛く主役格のナルシスト霊能者との掛け合いも楽しい。次々現われる霊能者もそれぞれ個性をはっきり打ち出しててわかりやすい。ただ、第1話で霊障が全くおきず、本当に心霊現象があるのかどうかもわからないという構成はどうなのだろう?起承転結で言えば、起承で終わってしまった感じ。これがガチの心霊現象にせよ、ガセネタであるにせよ、もっと霊障らしき現象を起こすとかして、山とか谷とか用意しておくべきなんじゃないかなぁ?

・まぁ、とりあえず、ここまでだとなんともいえないので、視聴継続。この調子でずっと続くようなら切ってしまっていいかも。

[アニメ] はぴねす!#01「バレンタイン」[新]

・原作ゲームは未プレイ。月刊コミックアライブでやってる漫画版は読んでるが、今ひとつ印象が薄いかも。

・女の子キャラは総じて可愛く、話の内容や番組のトーン、登場キャラクタの外観や性格設定も良く言えば安定感があり(悪く言えばありがち)、悪くない。今のところ、失点無しで女の子が可愛い分プラス評価という感じか。

・全キャラ一律に顔(額)にグラデの陰があるのが、ちょっと面白い感じ。なんかこう、しっとりした感じに見えていいかも。そうでもないかも。

・本作もまた魔法の杖はインテリジェンスタイプ。でも、今ひとつ萌えんなぁ。やっぱりその辺はなのは3期に期待か。

・んでもって、ヒロインの名前はまたもやハルヒ。なんだか判らんが、メチャクチャ流行ってるなぁ。なんか元になった人かキャラかあるんだろうか?

[アニメ][キュア] ふたりはプリキュアSplashStar#35「いざ決勝!ファイトだ凪中ソフト部!」

・Aパート丸々試合のみ。まるで野球アニメ(ソフトボールだけど)みたいだ。っちゅーか、咲が意外と打ちまくられてたり、チャンスで回ってきた最後の打席で結果を残せなかったりするあたり、むしろ本格野球漫画っぽくてイイ。

・キントレスキーの一言解説がまたなんか野球漫画っぽい。っちゅーか、プリキュアは先代の頃からこういう重要イベントはかならず敵の乱入で中断させられるのがお約束になっていたが、最後までやれたあたりかなりイイ感じ。

・「勝利にしか意味が無い」とかいいつつ、あくまで礼儀正しく、手段を選んでフェアプレーで戦ってる態度もなんかイイ。キントレスキーは善い奴だなぁ。

・今回は、咲の最後の打席とか、夕陽の差し込むグランドでのやりとりとか、戦闘シーンとか、かなりイイ感じだったなぁ。

・ところで、対キントレスキー戦では今回はじめて花鳥だったんだな。なんか逆に意外だ。

[アニメ][マイメロ] おねがいマイメロディ〜くるくるシャッフル!〜#28「ギターが上手くなったらイイナ!」

・ダーちゃんが再び帰還。今度は大臣にとり憑き、城に捕われていた手下を使って宝物庫からメロディギターを盗み出す。基本的に以前のメロディバイオリンと同じモノだが、潤が演奏が下手で尚且つ5分間しか集中力が続かない為、ダークパワーに囚われる事がない、らしい。

・しかし、今回の話は潤がバンドのオーディションを受けるため、ギターの特訓をするという話。とりあえず特訓も虚しくやっぱり集中力(というか体力な気がするが)が続かなかったので、どうにもならなかったが、今後上手くなってくるとやっぱり拙いんじゃないだろうか。

・メロディギターの登場に合わせて、悪夢魔法のバンクと、EDが変更。バンクはともかく、EDがまいめろでぃーずじゃなくなって、しかも絵が本編使いまわしなのはなんとなくションボリ。

[アニメ] 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-#01「お姫様がホームステイ!?」[新]

・原作ゲームは未プレイ。電撃大王の漫画版は読んでる。

・冒頭の戦争シーンが何気にカッチョ良くてイイ感じ。だが、このエピソードはこの後なんか関係してくるんだろうか?

・女の子は可愛いし、今回はまだキャラ紹介程度だけど、それなりに楽しく観れた賑やかなノリも悪くない。

・一応継続視聴の方向で。

[アニメ] RED GARDEN#01「さよなら少女たち」[新]

・スタイリッシュなOPを観ただけで、俺はこの番組についていけないのではないかという予感がヒシヒシと。

・本編もやっぱりスタイリッシュな絵と声優陣の抑えた演技でオサレアニメなのかと思ったら、なんかサスペンス調のオカルト少女戦隊ものだった。いや、キャラクタが悲しみをミュージカルな歌で表現してたりとか、まだ良く判らない部分のほうが多いのだけど。

・あとEDが、なんかもの凄く取ってつけたような感じで、なんだか。アレはオシャレなんだろうか?

・とりあえず、まだなんだか良く判らないのだけど、変なアニメなので、しばらく継続してみる事に。



なんでもいいけど、早見早聴でこんだけ連続でアニメ観てると、ながら観でもなんか熱出てくるよね<じゃあ観るなよと
とまぁそれはさておき、今日の分。

[アニメ] 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2#02「魔女の大釜」

・魔法少女が次々覚醒したり、魔女界でなにやら不穏な空気が流れ始めているのは、過去に魔女たちの悪感情を封じ込めた魔女の大釜が開かれたから。

・かつての魔女狩りの経緯と自身の体験を重ね合わせ感情移入してしまっている美紗緒。攻撃的な魔法の練習や人間を個人ではなくひとくくりの存在として嫌悪感を露にする美紗緒に違和感を感じる砂沙美。EDで美紗緒がプッシュされているのは、この二人の対立が後半の軸になるからなんだったりして。

[アニメ] 護くんに女神の祝福を!#02「アストラル・ファイア奪還作戦」

・相変わらず「ビアトリス」ってなんだか判らん(魔力の元とかそんな感じ?)が、それはさておき、ヒロインの表情変化が可愛いからまぁいいか。

・それはさておき、護くんの魔法は顔に似合わずやたらと物騒だなぁ。やられた相手のその後は会話にちょっと出てくるだけで映像的にはスルーだったが、「犯人の体内のビアトリスを使った」的な説明があったような気もするし、体の内側から燃やされて絶命してるんじゃあるまいか。護くんにショックを与えない為に「警察に引き渡した」とか言ってるだけとか。いや、考えすぎか。

[アニメ] くじびきアンバランス#01「みんな、がっこうでおどろく。7点」[新]

・アフタヌーンの漫画版は読んだ。くじびきでなんでも決めてしまう学校で次期生徒会長のくじを引いてしまった運の悪い主人公が、なんだかんだドタバタに巻き込まれるという話。

・とにかくツキまくってるが頭が緩いヒロインとか、暴虐無尽なオデコとか、オデコの下僕でこれまた頭が超緩いメガネとか、気弱なロリとかのメインキャラの性格を判りやすく描いててイイ感じ。主人公も気弱で押しが弱いが、主にオデコの無茶苦茶な暴虐無尽っぷりのおかげで非常にテンションが高くテンポがよくなっていて、奇妙な動きとあいまって目に楽しいアニメになってる。っちゅーか、今回殆どオデコ(とメガネの漫才)が間を持たせていたような気がするね。あのメンバーだと、残りはボケと気弱しかいないので、もしかして毎回こんな風になるのだろうか?

・予告編の為だけに「げんしけん」の声優を連れてくるのは凄すぎ。こーゆー企画なら、普通声優を共有するだろうに、なんかすげえな。

・問題なく視聴継続。だがしかし、木曜深夜のアニメは来月中旬の電気工事で観れなくなる事が確定している為、全部観ることは出来ないのもまた確定。しかも、関西では「くじアン」はサンテレビとKBS京都でやっているのに、両方とも木曜深夜という間の悪さ。ってか、放送エリアが重なる2局がなんでわざわざ同じ日に放送してんだ(;´Д`)その辺もうちょっと配慮してくれよ。

[アニメ] コードギアス 反逆のルルーシュ#02「覚醒の白き騎士」

・そういえば主人公は日本人じゃないんだな。変なの。

・ランスロットなぁ。やっぱりイギリスなんだよなー。これもなんでなんだろう?変なの。

・兵隊を駒のように用いて策をめぐらし自身は後方で指揮してるだけのるルルーシュと、単騎で圧倒的な戦闘力を発揮し、尚且つ人を殺さないように戦うスザクとランスロット。どうみてもスザクの方が主人公です。なるほど、この裏返し構造がこの作品のミソなのか。

・なんかそのうち赤い色で角付のアーサーとか言う名前のルルーシュ専用機が出てきそうだよね。

・ルルーシュの正体は皇位継承争いに敗れたブリタニアの王子?ということはなんだ、自分を謀殺(いや生きてるけど)した王家への復讐が目的って事か。じゃあアレだな、日本の解放とかそういうヒーロー的な役割はスザクが担うことになるか、途中でスザクが死ぬかなんかしてルルーシュに引き継がれるような形になるんだな。

[アニメ] 銀色のオリンシス#02「茜色の旅立ち」

・第2回目にして既に猛烈に視聴意欲をそがれている本作ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。せめて作画か脚本、演出のどれか一つだけだけでも良かったら観れるんだけど、どれも凄まじい微妙さ加減です。ロボットジャンルのMUSASHIとまでは言わないけど、まるで外国製のアニメ観てるみたいだ。

・正直これはキツイし、ネタアニメにもなりそうにないので、視聴はここまで。朝日放送(テレ朝系の関西局)で放送される深夜枠はヒット率低いなぁ。当たったのは「うたわれるもの」ぐらいじゃないか?いや「FROGMAN SHOW」があったか。あ、「かみちゅ!」はテレ朝だっけか?


2006/10/13 [金]  吹きすさぶ風がよく似合う 9人の戦鬼と人の言う

わお、13日の金曜日ですよ。<だからどうした

[テレビ] 真・聖杯伝説 キリストの暗号

ダ・ヴィンチ・コードの出鱈目さを説明していく所までは良し。

まぁ、くどい上に今更な話ばっかりなんだけど。

そこまではいいんだけど。

その後各地の聖遺物を紹介していき、いつのまにか

「聖骸布は本物だ」

という話になって、しまいには

「聖骸布から採取したDNAサンプルを使ってキリストのクローンを作った秘密結社が」

とかいう話になったのには驚いた。

それはどこの「勇午」の話ですか?



まぁ、それはさておき、アニメ。月火分。

[アニメ] 乙女はお姉さまに恋してる#01「口紅(ルージュ)をひいた王子様」[新]

・原作ゲーム未プレイ。概要はしってる。

・アバンからエロエロでちょっとビビった。

・漫画版舞−乙HiMEのマシロくんよろしく女装して女子校に通うことになった主人公が、その美貌で学園中の生徒の憧れの君になってしまい、とかなんとかいうコメディ。女装ものだったり百合ものだったり寄宿舎女学校ものだったりエロコメだったりのお約束を押さえてあり、華やかで賑やかな絵面と軽快なテンポもあって観てて楽しい。EDなどで使われているSDキャラもイイ感じの崩れ方で味があっていい。

・とりあえず、視聴継続で。

・ところで、OPに出てくる幽霊(?)の娘は「ToLOVEる」に出てませんでしたか?準ヒロイン役で。

[アニメ] NHKにようこそ!#14「現実にようこそ!」

・本来自殺するつもりなんか微塵も無かったのに、周囲に流されあわや自殺一歩手前まで追い込まれたあげく、知りたくもない嫌な現実を突きつけられた佐藤は、尋常ではない怯え方をする岬に直接怒りをぶつける事も出来ず、ちゃっかり婚約者とよろしくやってる柏先輩を始めとしてそれぞれハッピーになっていくオフ会のメンバーや、佐藤をほったらかしてコミケに行ってしまう山崎に一人取り残されるような形になり、ズルズルとテンションを下げていく。という話。これはかなり酷い。こんな目にあってなお先輩を気遣う佐藤は偉い。

・岬との和解(?)でちょっとした救いを見せた、と思ったら、実家から嫌な知らせ(具体的なことは不明)が届いた所で終了。まぁ、来週はネトゲ話になるみたいなので、そう深刻な話ではなさそうだが。「働きなさい」とか言われてたところをみると、仕送り停止とかそんなんだろうか?

[アニメ] らぶドル#02「NGですか?」

・主人公と3期メンバーがデビュー目指して先週のストリートミュージシャンをスカウトする話。3期メンバーが新規メンバーに全く抵抗無く、好意的なのがなんか意外だ。普通こういうアニメだと、メンバー同士で対立とかあるよなぁ。

・主人公の妹が3期のメンバー入りするという(登場人物にとっては)サプライズで次回に引き。視聴者にとってはサプライズでもなんでもない上に、そこにドラマ性もなんにもないので、なんだかなぁ。

[アニメ] 桜蘭高校ホスト部#26「これが俺たちの桜蘭祭」[終]

・攫われたお姫様(環)を奪還すべくホスト部の面々が大活躍。非常にベタな展開を隅々まで行き届きまくったやたらとクオリティの高い作画と演出でガッツリバッチリ描ききりまくり。よくぞまぁ1話分の時間でこれだけ盛上げ、しかも纏めきったもんだと感心することしきり。とにかく、無駄とか捨てカットとかがなかったんじゃないのかってぐらい気合が入ってた(ような気がする)ね。最後までもの凄い完成度のアニメだったなぁ。


・「桜蘭高校ホスト部」は、文句無しで面白かった。ただ面白いだけではなく(いや、面白いだけでも凄いんだけど)、今年やってたアニメの中でも総合力で他を寄せ付けない圧倒的な完成度だったと言って差し支えないと思う。タダでこんなクオリティのアニメが毎週観れたこの奇跡のような幸運に感謝を。終わってしまうのが実に悲しい。まぁ、(関西では)次週からスタートの「DEATH NOTE」も、なんか凄いらしいので、そっちにも期待してみるか。

[アニメ] 無敵看板娘#21「背中で語るあいつ」/#22「喜色満面死闘」」

・Aパート。敏行の背中に乗れる乗れないでひと騒動。

・Bパート。(スマイル)ラーメンガールコンテストに応募しようと美輝とめぐみが笑顔で戦う話。

・何気にようやくイイ感じにキャラが乗ってきた気がするね。もうすぐ終わりだけど。

[アニメ] BLACK LAGOON The Second Barrage#02「Bloodsport Fairytale」

・張大兄が格好よすぎる。常に飄々とした余裕たっぷりの態度とか、vs双子戦でのありえない動きとか。

・ついでに、まさに「作戦」という感じで双子を追い込む「ホテル・モスクワ」も素晴らしい。威嚇とか誘導にしてはあからさまに過剰な火力だけど。

・来週は、双子の片割れが殺られる回か。あの非道な殺害シーンは、テレビでやれるんだろうか?

[アニメ] 金色のコルダ 〜primo passo〜#01「ありえないプレリュード」[新]

・コーエーの乙女ゲーが原作のアニメ。もちろん未プレイ。時全情報も0.

・音楽の妖精が見えるヒロイン(音楽の素人)が、キラキラした男子に囲まれて音楽コンクールとかにチャレンジしてみたりとかそんな話。ヒロインとかその友達とか意外と女子率が高いので、マージナルプリンスよりは全然観れる。

・音楽の妖精に見初められ魔法のバイオリンを授かりながら、体が勝手に動くのを気味悪がって拒絶するヒロインと、てっきり大喜びしてノリノリになると思い込んでいた妖精のやりとりが楽しい。

・それはさておき、コンクールに選ばれたメンバーはそれぞれ違う楽器を使っているのだが、一体どんなコンクールなんだろうか?楽器関係無しの無差別級コンクールなんだろうか?それともこの選抜メンバーでバンド(とは言わんか)を組んで、他校のバンドと競うのだろうか?

[アニメ] パンプキン・シザーズ#02「戦災復興部隊」

・今回の相手は戦車で人間狩りをするド外道貴族。わかり易すぎるぐらい判りやすいド悪役を相手に、パンプキン・シザーズの面々の立ち位置なんかを明確にする話。

・「戦災復興とは名ばかりの、人気取りのためのお飾り舞台」の筈のパンプキン・シザーズだが、熱血正義漢の隊長(ヒロイン)に引き摺られてか、建前をガチで実行する正義の味方部隊だった。構成メンバーもそれぞれ中々骨があったり善い人だったりとかして、好感度が高くてイイ。

・主人公の戦車猟兵は、我が身を省みず一直線に戦車に特攻をかけ、ゼロ距離射撃で戦車兵を倒すというかなり無茶な戦術を基本とする部隊出身らしい。のだが、特にサイボーグとかそんなんじゃなく、ただ単に命知らずの頑丈な人間っぽい。いや、いくらなんでもただ頑丈なだけで戦車砲の直撃食らって生きてるってのはどうかと思うぞ(;´Д`)

[アニメ] ヤマトナデシコ七変化#01「暗闇に射しこむ光」[新]

・原作未読。

・OPの冒頭から男のシャワーシーンでかなりドン引きした。これは毎週こうなのだろうか?(;´Д`)

・まぁ、それはさておき、本編。過去にブス呼ばわりされてふられたことにトラウマを抱えたヒロインをひょんな事から同居することになった美男子4人組がステキなレディに育て上げようと奮戦したりとかする話。

・ブスがコンプレックスのヒロインだが、当たり前にブサイクな顔立ちじゃない。要するに手入れや化粧を全くしていないために肌が荒れてたりとかそんな感じだ。まぁ、それでもかなり徹底して描かれてた方だが、なんかもう普通に化粧の一つでもして鏡見せれば自信もつくんじゃないのかって感じでどうもイマイチ。せめて太ってるぐらいのオプションもあってよかったんじゃないかのう。

・男キャラの唇が赤いのは生理的にキツイが、ヒロインの徹底されまくった暗黒さんぶりが大変可愛いので継続視聴で。監督がナベシンなのもちょっと気になるし。

[アニメ] すもももももも 〜地上最強のヨメ〜#01「地上最強の許婚」[新]

・原作既読。「♪子作りしましょ」で始まるド直球なOPに笑った。

・どうでもいいが、関西では「すもももももも」と「ライオン丸G」の時間がモロかぶりだ。それでいいのかヤングガンガン。

・スゲエ!ってほどではないが作風に見合った感じで十分に良く動くし、声もイメージから遠くない。動きと声が加わった事で原作よりもドタバタ具合もアップしておりイイ感じ。必殺技の妙なCGも原作のイメージからすればアレで正しい感じするし。

・どうでもいいが、決闘に興味ないとか言ってたが、決闘は立派な犯罪なので、そこは興味もっていいと思うぞ。



これでようやく溜めてた分の消化完了。いや、「パワパフガールズZ」と「ふたご姫Gyu!」と「赤ずきん」が2か月分ぐらい残ってるんだけど(;´Д`)あれもう観るの止めるかなぁ。
と、まぁそれはさておき、今日の分。

[アニメ] 009−1#01「潜入者たち Infiltrators」[新]

・あれ?この作品「ぜろぜろくのいち」って読むんじゃないんだ?

・それはさておき、原作未読なんだが、石森原作のセクシースパイアニメ。サイボーグプレイガールとかそんな感じでOKだろうか。OPの映像や歌も微妙に70年代っぽいものを今風にブラッシュアップしたような感じでステキだ。

・紺野直幸の石ノ森ネタは鉄板っちゅーか、キャラクタデザインとかセンスとか超安定だし、第一回目の作画も良ければケレン味とスピード感溢れる演出も文句のつけようも無いカッコ良さだし、音楽も耳に心地よいし、釈由美子の演技も(声優として)素人とは思えないハマリっぷりだしで、とてもイイ感じ。

・もちろん、継続視聴方向で。なんだろう、なんかこう「セクシーアクションもの」というどちらかといえば攻めのジャンルなのに、妙に「癒される感」のある番組だなぁ。

・どうでもいいけど、こういう持っていき方なら、009-1は超能力者じゃないといかんのではないか?

[アニメ] Gift 〜ギフト〜 eternal rainbow#02「帰ってきた妹」

・関西では009-1の直後に同じチャンネルで始まるのだが、そのキャラクタの顔と声のギャップがスゲエ(;´Д`)やたらと彩度が高くけばけばしい色設計とか、異様なまでに巨大で昆虫か何かのような目とか、清水愛のアニメアニメした声が、もの凄く毒々しく神経に突き刺さる感じがしますよ?(;´Д`)あれぇ?むしろこういう絵柄や声の方が馴染みが深いはずなのに、なんだろう?まるで、非アニオタみたいなこと言ってるよ俺(;;;;;;;´Д`)

・まぁ、ここは頭を切り替えて。えーっと、女性キャラがどんどこでてきて、この街には魔法使いがいるらしいこともわかって、この手の作品にしては超珍しく主人公の家に父親がいることがわかった。いや、ラムネにもいたけど。

・んでもって、主人公と妹と幼馴染で三角関係になるのもわかった。決め手は一生に一回しか贈れない「Gift」とかいう魔法?をどちらに贈るのか、というところだろうか。もしあくまでD.C.なら、途中でどちらかに贈ってしまったあと、その「Gift」と「消えない虹」がらみの話になるのかもしれん。

[アニメ] ときめきメモリアル Only Love#02「ときめきの運命」

・今週は体育会系クラブによる主人公争奪戦。この学園は相変わらず変人ばっかりで、演出も明らかにギャグに寄っており、どうやらネタアニメで決まりらしいと判明。ヒロインは地味な容貌とは裏腹に藤崎詩織を凌ぐ伝説キャラらしく、とても恋愛話に降りてくるようには見えないし、このままコメディ路線で突っ走るっぽい。

・とりあえず、乳のでかいキャラが乳を揺らすたびに鳴る効果音と、やさぐれたひよこの(キャラはどうかとおもうが)、声がなんか面白い。

・ベビーフェイス面して、野球部主将との一騎打ち(打たれなければ勝ちというルール)で、臆面も無くビーンボールをぶち当て悪びれもしない主人公の肝の太さに驚いた。意外とイイ性格してるな。

・冒頭に出てきた何気に朝日奈っぽいイメージの子だなぁと思ってた女子バレー部の女生徒。登校中に主人公にぶつかってきてつり橋理論だかなんだかでいきなり主人公に一目惚れ、そのまま恋人宣言とかしてしまうという荒業を披露。朝日奈どころの騒ぎじゃねぇ。これじゃ積極的な館林だ。っちゅーか、こんな序盤でそんな立ち位置に立つということは、真っ当なラブコメなら当て馬確定であり、最終的に報われないのが決まったも同然じゃないですか?哀れなり。

[アニメ] ギャラクシーエンジェる〜ん#02「激安!グラウンドバザーる〜ん」

・そこまで酷くないと思うのだが、どうしても前作と比較されてケチョンケチョンに貶される本作。まるで仮面ライダー剣のようだ。いや剣は序盤マジで酷かったが。

・とりあえず、キャラクタが弱いよなー。今回活躍する男言葉のキャラクタも、もっと「男らしさ」を立ててからメイドに変装させてればパンチも効いたのかもしれないが、どうみても可愛い顔のキャラがメイド服着てもまったくギャップが感じられないと思うんだ。どうせなら、あの「〜なのだ〜」とか言ってるキャラがメイドの格好したら超美少女になって喋りも普通に、とかの方がまだギャップを演出できたんじゃあるまいか。

・オチも超弱い。どうせなら赤ん坊、いやもう受精卵ぐらいまで若返って誰も居なくなったぐらいやっていい。

・つか、主人公怪力キャラなんだ?そんな事もわからなかったよ。どこかにそんな描写あったっけ?


2006/10/14 [土]  かがやく太陽 背にうけて 鉄の巨人の さけび声

[雑談][アニメ] 速報! 横山光輝の『ジャイアントロボ』が生誕40周年を記念し再アニメ化決定 [MYCOMジャーナル]

積んであったコミックガム11月号をみたら、「ジャイアントロボ」のアニメが作られて、そのコミカライズ作品がガムで連載されると描いてあった。

あれ?今川の名前が無いけど、どーなってんだろう?チャンピオンREDでやってる今川-戸田版とコレはどーゆー関係になってんだ?

と思って調べたら、上記の記事を発見。

どうやら次のアニメは今川版とは全く関係ないらしいことが判明。

なんかこう、( ´゜д゜`)えーーーって感じだ。

まぁ、それでも消えずにREDで漫画連載が始まっただけ良かったのかもしれないけど。

なんだかなぁ。

[野球] 【阪神】岩田が1軍デビュー、3回4失点 [nikkansports.com]

【阪神】喜田が今季初先発で初打点 [nikkansports.com]

うむ、今日は赤松も先発して2安打してるようだし、善き哉善き哉。

まぁ、それでも正直野手のほうは相変わらず来期も現行のスタメンを押しのけるまでには至っていないような気もするけど、投手陣は数がいて困る事なんか絶対似ないんだから、どんどん底上げしてきて欲しいなぁ。

[野球] 阪神金本が単年契約も視野に [nikkansports.com]


球団サイドはシーズン終了を待ち、年限は最低2年、額は10億円以上の大型契約を準備する方向だ。仮に単年形式となれば金額は複数年より多くなるのが一般的。5億円を上回る高額な交渉スタートラインも予想される。

元はといえばFAがらみで広島と決裂して阪神に流れてきた金本だが、今度は大丈夫だろうか。ここまでくるともう、金額よりも待遇とか条件の問題が大きそうな気がするけどなぁ。

金本の場合、成績ももちろん素晴らしいんだけど、それよりも選手の意識改革っちゅーか、ユルユルだったチームの雰囲気を戦う集団に変えた(変えつづけている)というのが本当に大きい。

星野仙一ももちろん功労者では有るのだけど、監督やコーチではなく、現役で結果を残し続けている金本はやっぱり説得力が段違いなんだろう、明らかに金本加入後、阪神は生まれ変わっている。

とにかく、戦力的にも精神的にも金本の後継者になりえるような選手が育つまで、金本には阪神で頑張ってもらわなくてはなので、フロント陣はここの交渉だけは本当に頑張ってくれ。マジで頼むぞ。


と、それはさておき。

かつてはケチの代名詞のような球団だった阪神が、2年で10億か。

スゲエぜ、なんか夢でも見ているかのような話だ。

この辺の意識改革は野村のおかげかもしれんなぁ。

[特撮][メビウス] ウルトラマンメビウス#28「コノミの宝物」

・「赤い幽霊」の出現に驚いて遁走するGUYSの面々。しかし、超テクノロジーをもつ宇宙人や、幽霊と大差ないヤプール相手に戦ってる防衛隊のメンバーがそんなことでどうする、という気がするね。仮に本物の幽霊だったとしても、それが社会に害を成すものであるなら戦わなきゃならん立場だろうに。

・それはさておき、本編。今回はコノミのメガネ話。なんかもうメガネがコノミのアイデンテティってことにされてしまっています。どこのメガネマニアの妄想ですか。っちゅーか、こんなエピソードがあったのなら、この前メガネ外そうとしてたのはどうなんだって話になりませんか。

・コノミのファッションショーと、変装して後をつける補佐官&マル。なんちゅーか、東映(戦隊or不思議コメディ)っぽいよね。

・いやそれにしても、ノーバの扱いは酷いね。レオの時は画面がもうちょっと暗く荒かったし、話の内容も怖い感じだったのでまだマシだったのだけど、完全に脇役で全く話から浮いているこの話では、単に手抜きのテルテル坊主だ(;´Д`)せめてガスで人間を狂わすぐらいはやっておけよと。メビウスにしては愛の無い使われかたしたなぁ。

・次回、メビウスがウルトラの星に帰還させられるらしい。予告の会話のやり取りなんかを観てると、まるで最終回のようだし、ミライの啖呵を聞く限り、もしかすると、正体バレもあるのかも?あと、タロウが出るようだけど、東光太郎の出番はあるのだろうか?

[アニメ] 天保異聞 妖奇士#02「山の神堕ちて」

・ここじゃないどこかに自分の居場所がとか、あるわけねーっつーの。って話。いやまさに。

・それはさておき、「妖夷の本質を表す漢字を引き出し、更にそれを転用して武器にする」というアイデアは、頭良さそうでウケも良さそうだが、これを一年単位の番組で通すのはもの凄く大変そうだ。今回ほど綺麗に回せるのは最初のほうだけなんじゃないかなぁ。まぁ、他のキャラクタが目立つ回とかでは漢字ネタ使わなくてもいいのだろうから、そうやって持たせるのかも。

[アニメ] 史上最強の弟子ケンイチ#02「一歩先へ!闘いの始まり」

・作画はナニで顔は似ていないが、先週あったような顔のアップだけで進むラジオドラマが(まだあるけど)減って、動く絵が増えてるのはちょっとイイ感じ。

・競技空手なんだから、打撃が全く効かなくても(KOできなくても)、一発も貰わずに打ちつづけられるのなら勝てるよね。

・あと、歩法。折角アニメなのに、動きが判りづらいのはどうかと思うなぁ。もうちょっと全体の動きを重視してもいいんじゃないだろうか。

・EDが、アニメの絵から原作者のイラストに。「でも流石に乳首は自粛してんのかー」と思ったら、後半おっ立てまくってて驚いた。よくテレ東基準に引っかからなかったな。もしかして、先週は審議中かなにかで間に合わせの絵になってたんだろうか?

[アニメ] ゴーストハント#02「「悪霊がいっぱい!?(2)」

・「神道式の除霊は見たことが無い」というナル。やってる事は地鎮祭とそう変わりないと思うけど。

・霊を感じられない霊能力者がわらわら集まって除霊大会。案の定誰も上手く行かないが、誰もが自信満々。そーいうコメディなんだろうか?

・旧校舎で起る怪異現象、分析の結果ナルは地盤沈下が原因だと断定するが、明らかにそれでは説明のつかない現象が。もし、これがオカルトなんだとしたら、タイミング的に言って、あの思い込みの激しいメガネのサイキックとかいうオチだと思うな。

・っちゅーか、この話まだオチないのかよ!長いよ!SRIを見習え!っちゅーか、いくらなんでも第1エピソードから引っ張りすぎだ。2話観終わって尚まだこの作品がガチのオカルトなのか、怪奇大作戦なのかもわかんねーじゃねーか。

[アニメ] はぴねす!#02「お花見」

・額のグラデが気になる。なんだろう、もの凄く気になる。えらい違和感じゃないかい?

・準が男と知って、主人公の彼女じゃないと安心するハルヒ。いや、そこは主人公の趣味を疑っておくほうが何かと楽しい場面じゃないか?

・ゾロゾロいた女子が、体育館を出たとたん3人になるのはなんの魔法ですか。ってゆーか、何脚並べるのか知らんがたかが入学式の椅子を並べるぐらいで睡眠時間が減るほど時間がかかるってのはナニだよなぁ。

・なーんか、こう所々変にギクシャクしてるシーンがあるよなぁ。動画がとかじゃなくて、音とかも含めて変な間が開くことがあるっちゅーか。


・あと、なんで「ゼロの使い魔」のCMはいつも音が悪いのだろう?謎だ。

[アニメ] 地獄少女ニ籠#02「うたかた」

・OP。可愛いけど、なんかこうあいのPVみたいで違和感が。歌も「逆さまの蝶」の方が好きだなぁ。

・今回の依頼者は、幼女連れ去り事件の被害者家族。正確に言えば連れ去られて殺された本人の霊が連れ去り事件の直前まで一緒にいた姉にとり憑き、自分を連れ去り強姦して殺して捨てた犯人を呪い殺そうとするという話。既に死んでしまった子の為に、駅前で情報を募るビラを配る被害者家族の哀れな様が、かなりエゲツない(;´Д`)今期はなんか妙に飛ばしてる感じするなぁ。

・先週も思ったが、第2期はあいのお供の3匹がなんか妙に人間に同情的だな。今期のクライマックスは、この3匹中心のエピソードになるんかのう?

・今回、やたらと絵が可愛い。エピソードヒロインの子もあいもえれえ可愛い。先週といい今週といいこのペースで最後までいくんだったら、感動ものなんだが。と思ったが、来週は、第一期クオリティっぽいなぁ。


2006/10/15 [日] 

追いついたと思ったら今日は休みですよ。
モチベーション保てねー(;´Д`)

[野球] 町田引退 来季は2軍打撃コーチに [デイリースポーツ]

ありゃ、見落としてた(;´Д`)

今期は、片岡よりも全然期待してましたよ。

とりあえず、お疲れ様です。

そして、今後、若トラの面倒を観てくれるのだそうで。喜田とかガッツリ鍛えてやってくれ。


2006/10/16 [月]  海へ行こうぜ 果てしない海へ 逆巻く波も 子守唄

日曜一日アニメを観なかっただけでこの量か(;´Д`)
色々問題ありすぎる気がするね。

[野球] 【阪神】井川2年ぶり3度目奪三振王 [nikkansports.com]

シーズン中はどうもピリッとしない印象ばかりが目に付くが、なんだかんだで数字だけは残すよなぁ。

とまぁそれはさておき

阪神井川に20億円入札?5球団前後が興味 [nikkansports.com]

この問題。

阪神・井川メジャー行き、球団社長は認めぬ考え [YOMIURI ON-LINE]

正直、やらせてやりゃいいじゃねぇかと思うのだが。

確かに井川が抜けるとコンスタントに10勝前後計算できなくなる可能性もあるけど、その分井川は(前回揉めて以降)コンスタントに10敗ぐらいしてて、差分で観ると決して他の投手で全く補えないって訳でもない(井川と同じ回数投げられる投手は居ないとしても、数で補えないわけでもないし、来期以降、3位まででとりあえず優勝戦線に残れるわけだし、今オフの補強次第でなんとでもできるだろう)し。

それよりなにより。

なんといっても、本人にやる気が無いのに無理に引き止めてもいい結果なんか出ないだろ。

大体、甲子園最後だと思って泣きまで入れたのに、来期も居たら格好つかんじゃないか。

[雑誌] 週刊少年サンデー45号

「Major」野球やってようがやめてようが、現役日本人メジャーリーガー、しかもイチローのサインもらって「しゃーねー」って事はないだろ。

「見上げてごらん」最終回。とても手堅い漫画で、決して面白くなくはなかった。が、面白かったかといわれると、確かに微妙で、どうもパンチ力に欠けていたような気はする。少年漫画だし、もう少しハッタリが必要だったんじゃないかなぁ。あと、折角可愛い幼馴染がいたのに、全く出番がなかったのは残念としか。

[雑誌] 週刊少年時チャンピオン46号

「範馬刃牙」「タキシードがそのまま…ッッ」「まるでセミの抜け殻みたいにッッ」いや、正直意味がわかりません。どゆこと?オリバの着てた服は直立するぐらい堅い素材で出来てたけど、そんな事を感じさせない動きをし、あまつさえそんな堅い服をバンプアップで破いたからスゲエって事か?

「無敵看板娘N」カンナはどんどん存在感を増すなぁ。なんかシリアスなバックグランドもあるし、本当のところ「N」の主役はこっちのつもりなんだったりして。

「涅槃姫みどろ」さり気なくトビラページが狂ってていい。なんだこりゃ。

「ドカベン」似てないダルビッシュがいちびられ倒して散々な扱いに。日本シリーズでナニな事にならなきゃいいけどなぁ。

「優駿の門」ディープインパクトは引退宣言しちゃってるが、作者の巻末コメントを見る限り、この時点ではまだ知らなかった模様。なんというか、間の悪い話だなぁ。

「みつどもえ」ふたばはどんどん顔が可愛くなるが、どんどんバカになるなぁ。いやあるいは確信犯なのかもしれないが。

「いっぽん!」最終回。とても熱くて面白い漫画だったのだが、途中で終わっちゃったなぁ。なんとか北村戦はやっておいて欲しかったところ。残念無念。

「キレルくん」金田テツオはないよなー。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ46号

「LIZARD TAIL」「ポルタ」の人の読みきり。定番ストーリーの無国籍アクションもの。ジャンプはこの手の無国籍(無時代?)ものが多いなぁ。閑話休題。決め手の特殊攻撃法に面白味がなく、キャラクタもイマイチパッとしない。なんかこう、「斬」っぽい。とりあえず、このネタでは連載返り咲きはしない方がいいんじゃないかなぁ。っつーか、そろそろジャンプは無国籍ファンタジーから脱却していいと思います。

[特撮][龍剣道] 魔弾戦記リュウケンドー#41「人形になったリュウジンオー」

・ブラッディの毒薬で人形にされたリュウジンオーといじめられっこの少年の交流とか。弱虫の少年が大好きなリュウジンオーの為に勇気を振り絞るといった王道展開と、普段ニヒルで通しているリュウジンオーがみせる王道ヒーローっぷりが大変イイ感じ。

・それはともかく、ブラッディ死んだ?メカニムーンのこともあるからもっと粘ると思ったんだけど?それとも、使い魔が持ち逃げした(?)ドリル槍が本体で、また復活するのか?

[特撮][冒険] 轟轟戦隊ボウケンジャー#33「レムリアの太陽」

・菜月の正体は人類抹殺の為に未来に送り込まれたレムリア人の生き残りでした、という話。使命に目覚めた(というかなんというか)な菜月と真墨のやりとりもイイ感じだが、アルティメットダイボウケンをもものともしない邪竜一族の恐竜戦艦とか、やけに巨大で強そうなサージェスの戦艦が出てきて戦闘の方の絵面もなかなか豪気でいい。まるで最終決戦のようなノリだなぁ。

・それはいいんだけど、リュウオーンってこの前死んでなかったっけ?

・あと、予告編のダイボイジャーみてなんかダイラガーXV思い出した。

参考:↓機甲艦隊ダイラガーXV[YouTube]

↓超絶轟轟合体DX ダイボイジャー [amazon]

ダイボウジャー


…‥あんまり似てないか?

[特撮][甲斗] 仮面ライダーカブト#37

・何でか判らんけど突然学園編。尺があまって寄り道してるんだろうか?ククルスドアンの島?

・とはいえ、一応本編も進んでて、天道はネイティブの事とかも気にしてたみたいだし、ハイパーカブトの新武装の偽ズバーンも登場。

・しかし、ライダーは1年スパンで物語を作れてないよなぁ。いっそ2クール一本で年に2本作ればいいのに。その方が展開がストレートになって面白くなるんじゃないか?ネクサスだって打ち切りが決まって圧縮されたら面白くなったんだし。続編にして、前期のライダーも後期に引き継げばデザインとか造形の手間も今と同じぐらいでできるだろうし。

[アニメ][キュア] ふたりはプリキュアSplashStar#36「何作る?舞の悩みと文化祭」

・文化祭に向けて準備にいそしむ面々。舞は文化祭のモニュメントのデザイン任されるのだが、プレッシャーでグズグズに。プリキュアをやる方がよっぽど責任重大だと思うのだが、まぁ、それだけ絵(デザイン)に対して真摯なんだろうと好意的に解釈してみる。

・皆が作業にいそしむ様を筋トレしながら見守るキントレスキーがなんか笑える。そして、プリキュアにとってはいつものように準備の腰を折るような形になるのだが、上からの命令でしぶしぶやってるというのがまたなんかイイ。しかし、こ一端こういう形で乱入を余儀なくされてしまうと、結局今後いつものパターンに逆戻りしそうな予感も。

・っちゅーか文化祭の展示物に自分達(咲舞)のラブラブっぷりを皆が祝福しているようなモニュメントを作る舞は半端ねぇよな。

[アニメ][マイメロ] おねがいマイメロディ〜くるくるシャッフル!〜#29「パティシエになれたらイイナ!」

・タイヤキ屋の娘の香取さんが母親と対立しタイヤキを古臭いと見下して洋菓子職人を目指し、さしあたりお菓子作りの鉄人であるマイメロをいてこまそうとする話。オチは対決の結果タイヤキ(というか餡子)の良さに目覚める(母親のほうも香取さんの腕を見直し、お互い歩み寄るような形になる)という定番ネタだが、むくれたりキラキラと夢を語ったりコロコロ変わる表情が大変可愛い香取さんや、いつにも増してテンションが高いラットくん、もの凄いローテンション&エプロン姿でお菓子を作るウサミミ仮面(顔面にピンクのクリームで巻ウンコを作られたりもしていてわらかす)など、中々見所が多くて面白い話だった。

・そしてEDが「おれはウサミミ仮面」に。相変わらず映像が本編切り貼りなのはナニだが、もしかして、毎週変えてくる気だろうか?いっぱい出てるイメージCDの売上を伸ばすための戦略か?とすると、来週はクロミver?歌は「クロミパンク’06」あたりか?

・予告編にぶっ飛んだ。特に後半歌ちゃんが語尾に飽きたらずバクの口調を真似始めてからは何かものすげえ。

[アニメ] 夜明け前より瑠璃色な#02「お姫様は優等生!」

・ここしばらく辻親八の声を聞くともう*作しか思い出せないんです。なので、なんかそれだけでちょっと笑ってしまうわけです。

・その他は、まぁ、特に何も。

[アニメ] RED GARDEN#02「残酷な夜」

・獣のような動きをするサラリーマン風の男に襲われるゾンビ戦隊(?)の少女たち。あわやというところでスーパーパワーを発揮して事なきを得る。というシーンと、その翌日戦いの傷痕も無く違和感を抱えながら日常生活を送る少女たち。というシーンを交互に。まだ詳しい話の内容は良く判らないけど、相変わらず悲しみの表現はミュージカル風。そのうち戦闘シーンを前に鼓舞するような歌をゾンビ戦隊勢ぞろいで歌ったりする日が来るのだろうか?

[アニメ] 結界師#01「右腕の傷」/#02「良守と時音」[新]

・原作既読。

・流石に全国放送ゴールデン枠のアニメの初回だけあって、出来はたいしたもの。実に手堅くアベレージが高いアニメになっている。

・文字テロップがなんかいかにもよみうりのサンデーアニメっぽい。

・#01

・番組のバックグランドを解説する話。本当に丸々1話使って解説しているし、主人公が本編時よりも若い時代の話だしと、SPで2話一挙放送でなければシンドイ話ではある。

・幼時音がとても可愛い。ずっとこうでも良かったのに。

・幼女に擬態した妖も可愛い。それはいいとして、成長後の良守が修行の成果で張れるようになったと言っている結界より、幼少時の方がでかい(木を丸々内包している)のはどうしたもんか。

・#02

・原作ではすっかり学園描写が無くなってきているが、良守や時音のクラスメイトとか結構押しているのはアニメオリジナルの話を作る用だろうか?良守の友人はともかく、時音の方はそもそもあんなお嬢様キャラいたっけ?って感じだし。

・バリア代わりにも使う結界だけど、いつも一息に「方囲」→「定礎」→「結」→「滅」まで一息で言ってるので、ついうっかり「滅」とか言ってしまったりしないのだろうか。<言いません

・まぁ、安定してるし、視聴継続で。

[アニメ] 乙女はお姉さまに恋してる#02「けせない消しゴム」

・いきなり正体バレしてる瑞穂。見破った十条紫苑は、一見清楚なお嬢様に見えてその実やたらと悪ノリする性質らしく、まりやと組んで瑞穂に脅されたとか小芝居打ってみたり、更衣室で二人揃って瑞穂の(偽)乳を揉み倒したりとノリノリで瑞穂を弄り倒して遊んでいる。なかなかステキな性格だ。

[アニメ] N・H・Kにようこそ!#15「ファンタジーにようこそ!」

・父親のリストラで仕送りを半分にされた佐藤。ネトゲのRMTで金を稼ごうとネトゲを始めてネトゲ廃人に。RMTってのがそもそもどうかと思うが、最後のほうだと既に当初の目的を忘れてただゲームに興じてるだけっぽい。なんかもうありとあらゆる意味でダメだなぁ。

・佐藤を深みにいざなうネコミミだが、この作品の事だから間違いなくネカマだろう。山崎がアパートに帰ってきたとたんネットに戻ってきたので、もしかして山崎その人かもしれない。

[アニメ] らぶドル#03「前座ですか?」

・3期メンバーがなりゆきで勢ぞろい、トラブルでライブを定時にスターチできなくなった先輩に代わって前座を務めることに。

・とりあえず、ここまで観てもキャラクタの見分けがつかんというか、名前や顔や個性が頭に入ってこない。コリャ駄目かもなー。

[アニメ] DEATH NOTE#01「新生」[新]

・決してテンポがいいとはいえない抑えの効いた地味な展開を、ハイクオリティな作画とスリリングな構図の取り方や演出でとても緊張感のある話に仕上げている。いや本当に、大半がライトの独り語りで進むこのエピソードでこんなに緊迫感を出せるとはたいしたもんだ。この枠のクオリティの高さは鉄板なのだろうか。恐ろしい。

・中村獅童の演技も実写版よりこなれてていいな。

・平野綾と工藤晴香のコーナーは正直酷いな。特に平野綾の声が、TPOをわきまえてないにも程があるっちゅーか、なんかもう台無しだ(;´Д`)

[アニメ] 無敵看板娘#23「君が壊れたとき」/#24「葬られた宴」[終]

・Aパート。美輝が酒飲んでおしとやかになる話。おしとやかな美輝は結構可愛い。しかし、構成的に次の花見の話とと連続でやることは無いと思うんだが。

・Bパート。引き続き酒飲んで豹変する話。めぐみのエセ関西弁はなんかイマイチ。

・最後は(アニメに出てきた範囲の)オールキャストの乱闘で締め。はいいのだけど、最後の止め絵+「私は無敵だよ!」の台詞は酷い。なんかもう、20年ぐらい前のアニメみたいなセンスだ(;´Д`)


・「無敵看板娘」は、悪くはないんだけど、なんか古臭いアニメだった。もう少し攻めの姿勢があった方が良かったのになぁ。ちと残念。


2006/10/17 [火]  空にそびえる くろがねの城 スーパーロボット マジンガーZ

あいたたた。以前から言ってた自宅の停電、てっきり木曜深夜→金曜早朝だと思ってたのに、どうやら火曜深夜→水曜早朝の線が濃厚になってきた気が(;´Д`)やべぇ木曜日よりなんかダメージデカイ気が。特にブララグが。時期的には日本編やってるあたりか?っつかサンテレビとKBS京都でやってるのに、なんで同じ曜日にやってんだYO!ズラせよ一日でも!!トホホ(;つД`)

ネットをブラブラしてて、「声優の落合祐里香さん、第1回貧乏オフ会終了。ファン達に囲まれて人見知り(ある意味罰ゲーム)[痛いニュース(ノ∀`)]」というのを見かけてちょっと貰い泣きした。
仮にもファンを名乗るのなら、この程度の銭を惜しむなよ(;´Д`)
っちゅーか、若い女の声優さんが、ファン相手にオフ会でナマで一緒にカラオケしようというのに、たった5,000円ぽっちを高いとか言われたら、ガチで凹むだろうなぁ(;;;;´Д`)
この人、よくめげずにオフ会実行したよな。偉い。マジで偉い。ちょっとというか、かなり尊敬するよ。これからもめげずに頑張ってください(´;ω;`)/

[雑談] CRマジンガーZ対グレートマジンガーW

近所の店に「マジンガーZ対グレートマジンガーX」(低確率1/93.4のハネデジタイプ)が入荷するという広告が入っていたので、朝一からいそいそお出かけ。

ところが、いざ席についてみると、何故かそこにあるのは「W」(低確率1/394.6)。

広告ガセネタかよ!(;´Д`)

ありえねぇだろ普通(;;´Д`)

それはさておき。

正直、最近は1/400の台なんて怖くて打てないので逃げようかとも思ったのだけど、


1.睡眠時間を4時間に削ってまで朝一から並んだし

2.この辺りの店、マジンガー全く導入されてないし

3.何よりここ一ヶ月近くバタバタしてて全くパチンコ打ててなかったし


という事で、実戦開始。

そもそもガセネタの広告に騙された、という最悪のスタートもあってか、出足は苦戦ぎみ。

軽く24kを飲まれて526回転で初当たり(単発)

そのまま全部飲まれて更に11k追加投資をしたところで、突確から9連(玉あり5+突確4)

3箱飲まれて単発、時短引き戻しから17連(玉あり14+突確3)

終了後43回転目に突確→単発

1箱飲ませて実戦終了。+33k

初期投資の大きさと換金率の悪さが悔やまれるなぁ。まぁ換金率は承知の上で行ってるんだけど。


で、感想。

[通常時]

・予告は基本的にロケットパンチ役物以外は全部ガセ。ロケットパンチも激熱かというとそうでもなく結構外れるが、動かないと例えマジンガー群が出てても普通に外れる。

・Wマジンガーリーチは(役物が動かなくても)たまに(5回に1回ぐらい?)当たる。

・その他のリーチはチャンスアップしてるように見えても役物が動いてなければ全然駄目。グレートマジンガーで4ラインになっても普通に外れる。

・さやかチャンスは俺は寝巻きで1回出て外れたが、隣の人は寝巻きでも当たっていたたので、多分それなりに熱いと思う。

・全く熱くもなんともないが、予告キャラにピグマン子爵が出てきたのは驚いた。ゴーゴン大公ぐらいはまだいいとして、(「大男(マサイ族)の首の部分から別の小男(ピグミー族)の上半身が生えている。」byWikiPedia)ピグマン子爵とはなぁ。すげえぜ。

[確変時]

・ダブラスM2以外なら、ボロットやアフロダイAでも意外と成り上がる。

・ダブラスM2が出ると、通常絵柄でリーチ(確変終了)か突確なので、突確になると嬉しい。確変中の突確が嬉しいなんてのはかなり前代未聞で上手い演出だなぁとちょっと感心。

・確変中に登場するグレンダイザーのリーチ、大当たり確定時に出る脇キャラがちゃんと団兵衛などのグレンダイザーキャラになってたりするのがちょっとイイ。

・リーチはスーパーに発展してグレンダイザーが出た時点でほぼ当たるが、暗黒大将軍には比較的よく負ける。また、予告は、ボロットよりもアフロダイ&ヴィーナスの方がよく外れる気がする。

・ちなみに、デュークフリードの声が誰かは周りの音が五月蝿くて判らなかった。故富山敬でない事は確実だが、山寺宏一でも無かったような?

[大当たりラウンド中]

・「マジンガーZ」も「おれはグレートマジンガー」も最近の気持ち悪い水木節。特にグレートの冒頭「ダッシュダッシュ」の部分が酷すぎる。

・「マジンガーZ」を選択して、あまり成り上がりナビが発生しない時はよく成り上がる気がする。まぁ、セグを調べればそもそもそんなあやふやな基準に頼らなくても良いんだろうけど。


ってな感じ。

とりあえず、意外と細かい部分で拘ってる感じがしていいのだが、通常時の演出が(用意されてる量が多いのに)ほぼ無意味なのは残念。

ハネデジの「X」ならもう少し色んな演出を楽しめる気がするので、やっぱりそっち探して打つしか。

ってか、1/400はシンドイですよマジでマジで(;´Д`)


[アニメ] BLACK LAGOON The Second Barrage#03「Swan Song at Dawn」

・おおおおお、やってるよ!?普通に子供を狙撃してなぶり殺しにしてる映像を流してるよ!?なんか銃創もバッチリ描いてあるよ!?信じられねぇ(;´Д`)これ本当に地上波でやって大丈夫なのか?

・双子が演じてる役割でcvも入れ替えているのはちょっと面白いね。

・原作のときも思ったが、「そうならなかった」ってのは身も蓋もなくていいなぁ。もの凄く絶望的な言葉だけど、安い同情よりよっぽど納得行く。

・スペシャルエンディングは、なんか綺麗にまとめすぎ。まぁ、アレで行き着く先が血の海で延々殺し合いしてたら救いが無いにも程があるけど。

[アニメ] 金色のコルダ#02「前途多難なガヴォット」

・前回妖精から授かった魔法のヴァイオリン。自動演奏機能がついていて音符は自動でなぞる事ができるが、感情は自分で載せなきゃイカンのだとか。判ったような判らないような話だが、まぁ、いいか。とか。

・それにしても、コンクールって何のコンクールなんだかさっぱりわからん。楽器無差別で課題曲も無し?それともやっぱりメンバー全員でセッションするのか?

・LaLaのCMで男キャラが「随分遅くまで起きてるんだね」とか視聴者を労わってくるのに笑った。やっぱこう対象視聴者的にはここでキャーキャーいうものなんだろうか?

[アニメ] 働きマン#01「 女の働きマン」[新]

・原作未読。俺が安野モヨコみたいなコジャレた作風の漫画を読むわけあるまい。

・いかにもOLさん向けな内容で、THE「ノイタミナ」といった感じ。まぁ、仕事をバリバリこなす際(「働きマン」化した際)に「男性ホルモンが活性化し」とかいうナレーション(ちょっと違う)が入るので、ファミニストの皆さんはカチンときてるかもしれないが。

・まー、基本的に21時台のドラマ枠に全く興味が沸かないので、この作品も同様に。ってか、題材的に「のだめ」の方がアニメ向きっちゅーか、あっちを先にアニメにして、こっちをドラマにすりゃ良かったんじゃないのかのう?

・ってか、全員カッコよすぎてなんかムカツキます。ええムカツキます。なんかこいつらの作ってる週刊誌、スッゲエ高級紙にフルカラー印刷で有名デザイナーのデザインしたそっけないロゴとかつけて一冊3000円とかしそうだよね<そうか?

・とりあえず、「パンプキン・シザーズ」と「ヤマトナデシコ七変化」の真裏なので、視聴はここまで。

[アニメ] パンプキン・シザーズ#03「其は尊きものなりて」

・世間知らずで理想主義者の正義の味方のヒロインの真っ直ぐっぷりを再確認する話。物語の登場人物はコレぐらいバカなほうが好感度が高くてイイ。せめてフィクションの中ぐらい善人が居て欲しいものなぁ。

[アニメ] ヤマトナデシコ七変化#02「鉄のカーテンを攻略せよ!」

・風呂場で男女が鉢合わせ、男が悲鳴をあげて女が鼻血噴いて倒れるのはなんかすげえですな。

・標本相手に自己紹介してるヒロインのとっ外れっぷりがステキだ。

・そして、ザコの女子キャラの確信犯的おざなり作画がなんかすげえ。っちゅーか、あからさまにヒロインよりブスじゃねーか。

・んで、ヒロインは早くも普通に美人顔に。もはや「眩しい生き物」と見分けがつきません。説得力ねー。せめてもう少し努力をしてからでいいんじゃないかのう。

[アニメ] すもももももも#02「天然爆裂少女」

・委員長登場。いきなりウマ仮面が話題になってて素敵だ。流石に新コスはアニメには出てこないだろうけど。多分。

・「ツンデレラ」はないよなー。

・何気にもも子の動きが可愛かったり気持ちよかったりとかしていいなぁ。

[特撮] ライオン丸G#03「偽スカルアイ事件発生TROUBLE ADDICT状態!」

・錠之介vs偽スカルアイの売人とか、錠之介vs果心居士とか。

・後は顔芸。


2006/10/18 [水] 

なんか薬が効きすぎて異様に眠いので一回休み。 (つ∀-)オヤスミー


2006/10/19 [木] 

脳が上手く働かないので雑記タイトルはなし。今シーズンのタイガースを振り返ったり、新番組の期待度なんかも書こうと思っていたが、脳がナニな感じで時期も逸してしまった感があるので、スルーかのう。いや、阪神は書いとこうか。

[野球] 今シーズンの阪神とか。(思いつきをダラダラとやっつけ暫定版)

とりあえず、阪神は良く頑張ったと思います。普通80勝超えたら優勝する。

敗因はナゴヤドームでの散々な戦績。とりあえず、憲伸と山本昌対策はしとかなきゃ駄目だ。駄目だ。

あと、攻め手や守備が雑だったりするのもダメだ。これはどちらも終盤向上してたので、この調子で来シーズンに向けて(攻撃をつなぐ/守備を大切にする)意識を高くもって頑張って欲しい。以上。

[雑誌] 週刊少年サンデー46号

「ハヤテのごとく!」連載100回記念回。とりあえず、オチは全く予想してなかったのでかなり意表を突かれたんじゃよー!?

「金色のガッシュ!!」ティオの新技「チャージル・セシルドン」発動。バオウと互角に打ち合うゼオンの術を防ぐとはちょっと考え難いんだが、ここで防がないとどうしょうもないし、防いじゃうんだろうなぁ。あるいは、バオウの制御に一枚噛む技なのかもなぁ。

「助けて!フラワーマン」短期集中連載。実はヤンキーの花屋の兄ちゃんの人情話。って書くとなんかマガジンっぽいなぁ。まぁ絵とかネームが凄くサンデーっぽいんで、読んでてそんな感じはしないが。どちらかというとちゃんと患畜見てるときの「WILD LIFE」っぽい。

で、その「WILED LIFE」は52号まで休止。相当準備しなきゃならないネタなのか、行き詰まってきてるのか。なんかこう、サンデーは時々連載が(作者が?)行き詰まって続かなくなるケースが散見されるからなぁ。「うえき」とか「MAR」とか「きみのカケラ」とか。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン47号

「椿ナイトクラブ」変態がAVコーナーで大集合。槙さんはスゲエよね。

「オールスターギャグ祭り 笑いの力」チャンピオンに乗ってるギャグ漫画の書き下ろしフルカラー4コマを集めた企画。一番笑ったのは「涅槃姫みどろ」がギャグに分類されていたという事実だったりとか。ちなみに「範馬刃牙」とか「ドカベン」もギャグ漫画だと思うが載っていなかった。残念。

「サルの子ペペ」尾玉なみえの(短期集中)新連載。実に尾玉なみえな漫画で安心する。

「優駿の門」ディープインパクト、今度は薬物使用疑惑なんかも出てるみたいで。なんかもうこの企画グダグダやな(;´Д`)

「ショーバン」もの凄く険悪な雰囲気のまま、見事「友情の三連打」でサヨナラを決めた涼山中。それはいいとしても、この雰囲気を一体どうするつもりなのかと思ったら、ショーバンの「な〜んてね(ハートマーク)」で一発解決。なんだそりゃ(;´Д`)

「ポスティア」読みきり。以前「ポストマン」という映画があったが、あれを羽の生えた美少女アンドロイド(組織だっているが)でやったような話。絵が可愛く、ヒロインの一人称で語られていて、また表情がしっかり描かれているため感情移入もしやすくてイイ感じ。

[アニメ] ねぎま!?#03「ほー、仮契約カードはそうやって使うのか」 byエヴァ

・前回のアニメでは赤貧の勤労少女だったような気がする明日菜だが、今作は朝も弱ければ夜遊びもするし、金にもだらしないんだなぁ。

・しかも空気読まない人だ。エヴァンジェリンが作ったシリアスな空気を一発でコメディに変えてるし。タカミチの事を気にかけても居ないようだし、全般的に子供っぽいデザインと演技になってる気もするし、お子様イメージでキャラクタを作り直した感じだろうか。

・紙芝居で1学年進級したのは驚いた。もう、大概有名な作品なので、誰と誰の仲がどういう経緯で良くなったりとか、そういう前提はすっ飛ばして結果だけ見せればいいやって事なのか。すげえ。

・バカレンジャーまだ続いてるのか(;´Д`)このまま最終回までやるんだろうか?

[アニメ] 武装錬金#03「キミは少し強くなった」

・主人公のカズキのランスの特性が今ひとつ伝わり難いのが、ちょっとした失敗だったんじゃないかなぁという気がするね。飾り布ではなく、ランス自身が燃えるとか電撃を帯びるとか、変形して後方にジェット噴射でもしながら突撃するとか、そういうバカっぽい豪快さがあった方が伝わりやすいし絵的にも映えたような気が。

[アニメ] スーパーロボット大戦OG#02「目覚める念」

・早送りで見てても全然違和感の無いのんびりしたテンポにガッカリ。

・T-LINKリッパー、リュウセイが狙ってるわけでもなんでもない敵に向かってオートで突っ込んでくのはどうなんだ。アレでは自動迎撃装置かなんかで撃ったかのようじゃないか。せめて敵を倒そうとする意志かなんかに反応したように演出しておくべきじゃないかなぁ。

[アニメ] 砂沙美☆魔法少女クラブ#03「初恋の人」

・どんどんと魔女界側の価値観に感化され取り込まれてゆく美紗緒。そんな美紗緒の変貌に違和感を募らせる砂沙美。ああ、なんかこう、鬱々しい展開が目に浮かぶ。

・アミちゃんは捕われている本体(?)と、魔女界をうろついている分身に分裂しているとかそんな感じっぽい。とりあえず、うろついている方も体温などはあるようなので、意識体とかそんなんではなさそうだが。あるいは双子とか別人とかなのかもだけど。

・そして、アミちゃんは砂沙美の父ちゃんの関係者な模様。見た目どおりの年齢なら子供(砂沙美の兄)だったりとかするのかもしれない。あるいは、サブタイトルからして、実はミスリードを狙った構成で、アミちゃんは女性で、父ちゃんの昔の彼女という線も十分ありそうだ。それとも巫女長が父ちゃんの元彼で、アミちゃんの母親とかか?

・今回の所は鷲羽先生の真剣な態度に(納得してないまでも)説得されたような形で人間界に帰る魔法少女一同。ただ、美紗緒以外は鷲羽を信用しているように見えるが、美紗緒だけは魔女界に未練タラタラのご様子。いったん人間界に戻る事で、モン太を始めとする人間界側の関係者の入り込む余地が出来て鬱展開回避の目もでてきたけど、逆にもっと酷い事にならないとも限らなくなったわけで。はてさて、どうなりますやら。

[アニメ] 護くんに女神の祝福を!#03「青春のかくれんぼ」

・護くんの妹!風呂上りにパンツ一丁で兄の部屋で雑談って!なんだそのケシカラン習慣は!!

・つか、護くんが絢子にまだ「好き」と言っていない、という場面のリアクションはなんだろう?既にカップル成立してると思って、わざわざ際どい格好で誘惑してみようとしたのに、まだカップル成立していないと知って、急に恥ずかしくなった?

・まさに漫画のお金持ち。な絢子の家。ベタだなぁ。

・生徒会主催のかくれんぼ大会。裸婦像に扮してる(護くんにつつかれる)能登麻美子とか、絨毯に擬態してるマッチョとか、一度撃退された後、包帯でミイラになって復活し、天上からぶら下がってる女子陣とか、酷い変態っぷりだ。

・「(強大な異能の力が原因で)人に嫌われる事に慣れてる」とかいう絢子だが、少なくとも視聴者的には周囲の誰からも好かれている絢子しか見てないわけで。大体デフォで人に嫌われてると思い込んでる人間が一目惚れしたからといって(むしろ一目惚れなんかした日には絶対に)自分から告白なんぞするものか。ってな感じで、なんぞ説得力に欠ける場面だなぁ。とか。

[アニメ] コードギアス#03「偽りのクラスメイト」

・学園生活内に出てくる学友は普通の学園ものに出てきそうな陽性なキャラばかりでちょっと和む。が、番組の性質上、かならずナニな事態に巻き込まれるのだろうなぁ。

・一見、ドライなようでいて、銃殺した兄のことを思い出して吐くルルーシュ。悪人面はポーズだけか。ちっ。

・キャラを作って学内に潜伏しているレジスタンスのカレン。なんか良い家の出らしいが、日本人とのハーフだそうで。ルルーシュの力はブリタニアの血がどの程度混ざっていれば効くのだろうか?ってゆーか、キャラ作って眠たそうな目つきしてるカレンはなんか妙に可愛いね。

・ルルーシュの目的は、盲目の妹(父母共に同じ)を、ブリタニアの権力争いやなんやの闘争に巻き込まずにすむように、地慣らしをしておくこと、とかそんな感じっぽい。まぁ、それはそれで手段を選ばないのなら。

・ルルーシュの力は、同じ人間には1度しか効かない。これは相当強い縛りだなぁ。自殺さえ命じる事ができる切り札だけど、他に何の能力も無いルルーシュは使いどころを間違うと一発で殺されそうだ。

・カレンはエロいね!なんだあの乳は!けしからん、まったくけしからん。

・あれ?日本人のメイドにも力効いてるね?なんかブリタニア人にしか効かないと思い込んでたよ。人種関係ナシか。凄いぞブリタニア王。

・あれ?スザク捕まってるんでやんの。ってか、もしかしてスザクこんなに早く味方につくのか?えーなんかつまんねー。知らず知らずでも知っててもいいから、人を人とも思わない非道な戦略と策略で戦うルルーシュと単騎で力押しするスーパーヒーロー状態のランスロットの戦いを描こうよ。

[アニメ] くじびきアンバランス#02「やくそくをまもれないとだめだ。2点」

・千尋の姉ちゃんの動きはなんか面白くてイイなぁ。

・購買部で上石神井に土台にされてる山田が。ってか、山田は描かれ方や動きがなんか逐一エロくていいなぁ。

・自動ネズミ捕り気にネズミの条件を言ってる最中に簡単に予想されたように、ネズミと認識され襲われる上石神井。テンションの高いマシンガントークもさることながら、動きがまた気持ちよくてイイ。このアニメ、動きに関して意外とイイ感じだなぁ。

・Aパートのネズミ捕りの話だけでもドタバタやってるだけで1話潰せそうだが、Bパートに会長暗殺テロの話を持ってきて、密度とテンポを上げているのもちょっとイイ。かと言って煩雑になってるわけでもないし。

・2話終了時点で結構な数が存在するメインキャラ(次期生徒会+1と現生徒会の計8人)の基本的な性格描写を済ませているのは凄い。元々判りやすい設定だったとしても、なかなかこうは行かないはず。「説明します」という話だった訳でもなく、それぞれコメディとして楽しめる出来だったし。やるなぁ。



ちなみに、「銀色のオリンシス」もチラッと見たが、どんどん酷くなってるなぁ(;´Д`)


2006/10/20 [金]  夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない その二つがちょうど交わる場所に心が望む未来がある

明日(土曜)は一身上の都合でお休みです。明後日(日曜)は体調と気分次第で。

[NEWS] 松本零士氏、槙原敬之に歌詞パクられた [nikkansports.com]


松本さんが無断使用と指摘したのは、歌詞の「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」というサビの部分。「約束−」は女優長沢まさみが出演するCMにも起用され、この部分が流れている。松本さんは、この詞が「銀河鉄道−」に使った「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」と合致すると主張している。

ググった所によると熊本のSLイベントの記念で使ってたり、鉄郎が何度も口にしたり(?)、本人が大学の公演とかで好んで使うフレーズだったようなので、有名な言葉なのかもしれないけど、俺は全く知らん台詞だなぁ。

使い始めたのはごく最近(1990年代にビッグコミックでやってた「エターナル編」という奴)っぽい?

子供の頃に見たのを漠然と、というのならともかく、そんな時期の999を槙原何某が知ってるかなぁ?

そして知ってたとすると、年齢からしてかなり意識的にパクったという事になるけど、相手(松本零士)もかなりの有名人&有名漫画だし、こういうトラブルは容易に予想できたはず。そんなリスクを犯してまでパクったりするもんだろうか?

まぁ、エターナル編はマイナー漫画だと判断してパクったのかもしれないけど。

あと


松本さんは「ここ10年ほど、私の講演テーマとして、若者に何度も何度も語りかけてきた言葉を、第3者によって世間に紹介されるのは腹が立つ。謝罪さえあれば、今からでもいい」としている。

これはちっちぇえなぁ。言い分がメチャクチャちっちゃい。

もっと独走的な発想の「発明」といっていい言葉ならともかく、啓蒙が目的みたいな言葉なんだし、誰が語ろうが若者に浸透して夢を目指す若者が増えるんなら、それでもいいという気がしたりはしないもんだろうか。

ヒット作に恵まれない3流作家ならともかく、大概「御大」とかそういうレベルの立場なんだし、もう少し懐大きくてもいいような気がするよねっつーか。

[アニメ] 009−1#02「聖夜 Holy night」

・冒頭からこりゃまたカッコいいアクションで魅せる9-1姐さん。このアニメ良いアクション描くなぁ。なんだったら009よりもカッコいいんじゃないか。

・どうやら何故かこの国では超能力者(ミュータント)が次々と生まれてきているらしく、その超能力者は「危険な存在」として、処分されたり研究素材にされたりしているらしい。そんな中、両親と共に脱走をはかった幼女を追跡する部隊に帯同するというのが今回の姐さんのお仕事。

・といっても、今回姐さんは全く何もしない。追跡時にも申し訳程度に逃走経路を発見しただけだし、非人道な超能力狩り部隊の隊長が幼女の能力(殺意を返す)で殺されたあとも、何の気なしに幼女を見逃しているだけ。全編に流れる寂寥感もあって、物悲しい話にはなってるが、第2話にこの話?ってのはちょっと思うな。

・希望的観測だと、姐さんもミュータントでって感じで、後半の話に繋がってくれるんじゃないかなぁとか思わなくも無いけど。1番目のサイボーグだし。

[アニメ] Gift#03「初恋の人」

・昨日の砂沙美2#03のサブタイトルが「初恋の人」でgift#03も「初恋の人」か。いま流行なのか「初恋の人」

・3話目で(おそらく本命の)妹に告白してふられた! Σ(゜Д゜)ガーン スゲエ、どんなハイペースだ!そして、お隣の幼馴染怖ぇ!盗聴でもしてるんじゃねぇのかってタイミングで水を差しやがる((((゜Д゜;)))ガクガクブルブル

・まぁ、最終的には妹の方とくっつくと思うのだけど、それ以前に今後同居している妹と気まずい感じで進んでいくのだろうか?あるいはいったん幼馴染とくっついて、クライマックス付近で修羅場展開?うーむ。

[アニメ] ときめきメモリアル#03「ときめきの放課後」

・先週いきなり主人公に告白した春日つかさ。やっぱり朝日奈っぽいが、周りの見えてなさが凄まじいというか、輪をかけてバカっぽい。流されるままに付き合ってる主人公も、善い奴というよりも優柔不断なだけなのが、なんともなんとも。

・春日の友人の娘は、何気に主人公を気にかけているような素振りがあるような無いよな。まさかとは思うが、今後なんかそういう展開になるんだろうか?

・バレー部を早退する際に「サボります」と宣言して帰る春日はスゲエ。

・一度作った弁当が失敗作だと知って、家政科の先生に師事し、料理の特訓をする春日。主人公のほうも(特訓の間)春日の付きまといが無くなって寂しく思いだしてたりして、切っ掛けはともかくなんかいい雰囲気になりつつある。ときメモなのに、こんな序盤でカップルが固定されてしまうのだろうか?しかもメインヒロインを差し置いて?

・と思ったら、雨宿りに入った屋根つき駐輪場で、別の少女(弥生水奈)とフラグを立ててしまう主人公。うわ、同時攻略なのか。ギャルゲーでは同時攻略はアリだけど、アニメでその展開はヤバくないか?いや確かに春日つかさは「彼氏がモテるのはいい」的な事言ってたけど、完全に彼女のつもりになってるので、気が移ったりしたらえらい事になりそうだぞ?

[アニメ] ギャラクシーエンジェる〜ん#03「伝説!食材サバイバる〜ん」

・ザビ家とかライディーンとか(まぁレイダースはお約束なのでいいとして)哭きの竜とかトップ(?トップの事だから、更にその元ネタがあるのかも)とかのパロディと、うさだ、「伝説の鍋」とかいう前作のロストテクノロジー的なアイテムを出す事でテコ入れが計られているのかもしれないが、如何せんテンポが悪い。この内容なら15分でオチまで持っていかないと。

・鍋争奪のバトルも、この前の「銀魂」の方が圧倒的にレベル高かったし、鍋奉行のキャラクタ性もオチも激烈に弱い。

・先週までと比べても今回は酷かった。センスが無いとしか言いようが無いので、下手にギャグ方向に傾倒しないほうがいいんじゃないだろうか。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

てんぐどー [ヤマト裁判のこともあって過敏になっているのでしょう<松本零士]

さんとお [ヤマトに関しても、宇宙戦艦のビジュアルの著作権はあるかもしれませんけど、作品としてのヤマトは松本零士が参加する前に概..]


2006/10/22 [日]  タロウ! ウルトラマンNO.6!

アニメ特撮、土日分全部観ると7時間分もあることに気がついたので、とりあえず、土曜分だけ。ヒデェ量だなぁ(;´Д`)

[特撮][メビウス] ウルトラマンメビウス#29「別れの日」

・地球に迫る尋常ならざる脅威を前に、(未熟ゆえ)帰還を命じられるメビウス。しかし、地球を愛する彼はウルトラの父の命に背き、戦いに敗れ例え命を失う事になろうとも地球に残り脅威を迎え撃つ決意をするのだった。というアバン。中々に熱い。熱いが、タロウのサポートとしてメビウスが地球に残って悪いこともあるまいに。だいたい万が一命を落したとてウルトラ族は軽々しく命を補填するじゃないかとかいう気もしたりしなかったり。イカン。冷めてちゃ楽しめねぇ。

・決死の覚悟で決戦に挑む前に、別れの挨拶とばかりにGUYSの隊員一人一人のプライベートをサポートしてまわるミライ。渡して回っている「お守り」は特に曰くのある特殊なアイテムではなく、素でミライが自作した手作りの一品なんだな。なんかちょっといいぞ。

・アイハラリュウ相手の挨拶はまんまデートです。そーいうノリは止せ(;´Д`)

・突如出現したインペライザーを見て、出撃命令前に「無理はするな」と呟くサコミズ。インペライザーが尋常ならざる相手だと言うことを知っている素振り満点だなぁ。やっぱゾフィか。

・街と仲間の危機を前に、勝ち目が無い事は承知の上で(五代雄介みたいなことを言いつつ)リュウの眼前でメビウスに変身するミライ。って、完全にウルトラシリーズの最終回付近の展開ですよ?ってか、普通、ヒロイン(か子供)に告白するけどね。その辺はクウガっぽいのか。トホホ。

・タロウ出現。明らかに到着が遅れたくせに、先に戦っていたメビウスを責めたり、共闘するというオプションは無しで問答無用で帰れとかいうなんだか納得行かない人になってたが、そんな事は戦闘開始直後の例の無意味な連続空中回転ジャンプで消し飛びましたよ?やるなぁ。

・ストリウム光線もすげーそれっぽい。声が石丸博也なのがなんか違和感だけど、メビウスブレイブでもどうにもならない敵を一発で(上半身だけだが)吹っ飛ばす破壊力はなかなか爽快だ。

・今週は、敗れたメビウスがミライにもどって倒れている所をリュウに発見されるが、そこにビルの崩落が。という所で次回に引き。でも予告編を観るとミライもリュウもピンピンしてて引きに意味無いにも程があるわけです。この辺もうちょっと考えた方がいいのになぁ。

・どうやら来週以降、ミライは正体バレの状態でGUYSに残る模様。あくまでウルトラマンと人類の共闘をテーマに掲げるシリーズならではというか。

・あ、ウルトラダイナマイト。

[アニメ] 天保異聞 妖奇士#03「華江戸暗流」

・倒した妖夷を「美味い美味い」といって食う奇士の面々。こりゃすげえ。陰惨な風でもなんでもなく、ただ普通に鍋つっついてるのがまたなんかインパクトでかいっちゅーか。

・「あと10年もすれば黒船ってのが来て云々」とか言ってる古道具屋の女将。何者だろうか?「鎧を捨てている」という話を視聴者にしてるとすれば、ナレーションの擬人化とも取れるけど。

・今回は、ボケたお武家のご隠居が戦場の夢に毒されて異界と繋がり妖夷を呼び込むという話。相変わらず妖夷のデザインはちょっと面白いし、主人公とご隠居の問答も中々イイ感じだし、巫女の人も微妙に地味だがイイ感じ。異界と関わる事を拒み1話で知り合った親子と安穏と暮らそうとしていた主人公が、突如逃げる事を拒み戦う道を選んだのはなんとなく説得力に欠けるような気がしないでもないし、てっきりこのまま父親役やるもんだと思ってた母子が早々に退場したのはちょっと意外だったが、まぁ概ねイイ感じかなぁ。

[アニメ] 史上最強の弟子ケンイチ#03「力と勇気!正義を貫くために」

・デフォルメの崩し方が全然ケンイチらしくないが、案外可愛い感じになってるし、前2話に比べて動きが生き生きしてる気がしていいね。

・ケンイチの父ちゃんが郷里大輔で母ちゃんが折笠愛か。このアニメ、本当に声優は金かかってそうだなぁ。

・ってゆーか、週刊版では超陰が薄い新体操部のザコキャラが久川綾ですよ?超ザコの空手部副主将も梁田清之だし。なんだその無駄すぎる豪華キャスティングは。

[アニメ] ゴーストハント#03「悪霊がいっぱい!?(3)」

・結局やっぱりめがねっ娘が犯人かー。長々と3話も引っ張るネタじゃなかったよーな気がするなぁ。1話ではなんだとしても、2話で収めておくべきだったと思うな。

・まぁ、なんかヒロインが可愛いからいいかー。最終話までに「おお!」って話が出ればいいなぁ。

[アニメ] はぴねす!#03「オアシス」

・作画が崩れると更に額のグラデが気になる。なんか心なし濃くなってる気もするし。もはや不安を表現する演出なんじゃないかとさえ。

・弁当ブームで客足が落ちたカフェの人気を取り戻そうとツインテールが弁当を動物に変える魔法を使うという話。とりあえず、その件について誰も何も非難しないのがなんだか。

・主人公のお母さん若っ!

・ウエイトレスの色仕掛けで男子生徒をゲットした後は、魔女先輩に嘘の占いをさせて半分脅しのような方法で女子生徒をゲット。だからその方法論はどうなんだお前ら(;´Д`)

・客が増えすぎて手におえなくなったツインテールは魔法で分身を作り出してウエイトレス業務を分担。簡略化さたデザインの量産型ツインテールがバタバタ動き回る様は結構可愛いし、その後のドタバタも案外イイ感じ。ただ、オチ方が綺麗にしすぎなのが気にいらない。あれだけ周囲に迷惑を掛け捲って、完全にお咎め無しってどうなのよと。

[アニメ] 地獄少女ニ籠#03「愛しのけいちゃん」

・電波が来まくりのツインテールめがねが、少女漫画に出てくるような幼馴染の少年をストーキングしてその幼馴染の彼女(二股女)を地獄送りにするという話。

・好きな男が嫌いな女と一発やれるように自分の部屋(ベットメイク済み)を貸してやり、女がハワイでやりたいとか言ってると聴けば旅費をくれてやり、二股女が正体を明かして男を傷つけたら、傷心の男の求めるまま体をくれてやり、かと思えば男との距離が近づきすぎたと感じるや否や「ふられる事を怖がって」男を拒絶して(過失だが)死に至らしめ、挙句の果てに相手の女を逆恨みして地獄送りにするという電波女の怪進撃もさることながら、あまりといえばあまりにもひ弱で自分勝手な男も、二股とは言え付き合っていた男が(自殺かもしれないような)死に方をしても気にもかけない二股女も、まぁ、そろいも揃って駄目人間ばっかりで酷い話だったね。骨女の方がよっぽど人間らしいつーか常識的っつーか。

・あいは今週の依頼人に全く興味が無いようで、縁側で足の爪切って深爪したぐらいしか出番が無かった。いや可愛かったけど深爪。

[アニメ] BLACK BLOOD BROTHERS#01「黒き血の兄弟」[新]

・冒頭、武装ゾンビ(吸血鬼?)軍団vs主人公。主人公の出鱈目な強さが中々気持ちイイ。曰くありげな美女との一騎打ちも、別の少女を巡って因縁があるんだろうけど、まぁ現時点では何言ってんだかサッパリわからないけど、まぁ、そのうち判るんだろうって事でスルーしてたら、いきなり「10年後」とかなって度肝を抜かれた。

・さっきの回想に出てきた少女と似た容姿と同じ声の少年(?)が登場。無邪気に兄を呼びながら棺おけを殴打し、棺おけから延びた手でぶん殴られて地面にめり込む様はなかなか可愛い。目覚めた兄(冒頭の主人公)に超能力で折檻を受けてあちこちにめり込む様とそのやり取りもまた可愛い。

・とりあえず、吸血鬼は社会に認知された存在で、人間と共存に近い状態にあるんだな。で、「吸血鬼特区」というのがあって、一見吸血鬼が優遇されている場所に見えて実は人間と協定を結んでいる血族以外は入れない場所であると。そこが舞台になるんかね?

・初回は、弟が海に落ちてそれを助けに兄が海に飛び込んで(吸血鬼は流れる水を渡れないから?)ダメージを受ける、という描写で終了。兄にボコボコに殴られても平気だった弟だが、太陽光も海に落ちても全く平気ということは、吸血鬼でもないということだろうか。別の何かのモンスターなのか?

・とりあえず、まだ全然どんな話かも判らないが、一応継続。

[野球] 日本シリーズ1戦目&2戦目

中日川上エースの粘り、52年ぶり快挙だ [nikkansports.com]

【日本ハム】ヒルマン監督タイにし手応え [nikkansports.com]

むぅ、盛り上がってますなぁ。

例年シリーズ緒戦を制したチームが日本一になっているとはいえ、今日の試合で日ハムは札幌ドームでの優勝の目を残したわけで、ここで一気にモチベーションが上がりそう。

明後日の札幌初戦が肝になりそうっちゅーか、日ハムが勝てばそのままイケイケで日本一に、逆に中日が勝てば地元優勝の目が消えた日ハムのテンションが下がって、中日が押し切りそう?かも。

[格闘技] PRIDE32“THE REAL DEAL”

毎度毎度お世話になってる路下さん家でスカパー観戦。

結果を見るとなんにも波乱が起らない大会だったけど、テンポが良かったのでそれほどダレずに観れた。

ただ、これといって目玉になるカードがなかったのは残念。

アメリカ勢vsその他の地域。というマッチメイクなら、バーネットvsヒョードルだろ。

いや、今日のバーネットだとヒョードルに瞬殺されてた気もするが。


以下ネタバレ。

勝者が左。


・ロビー・ローラーvsジョーイ・ヴィラセニョール

最近膝で決まる試合が多い気がする。


・中村和裕vsトラビイス・ガルブレイス

ドンペン君が出なかった。いや出なくていいけど別に。


・フィル・バローニvs西島 洋介

入場シーンからなんか暗い顔した洋介山が何も出来ずにあっさり敗北。

洋介山は総合無理だと思います。


・ダン・ヘンダーソンvsビクトー・ベウフォート

本日唯一の判定勝負。ダンヘンが3R試合を支配して3−0で勝ち。


・バタービーンvsショーン・オヘア

バタービーンが中途半端な突っ込み方をしたオヘアの頭部をボカスカ殴って勝利。

グランドのテクニックの無い相手にバタービーンは倒せないよなぁ。

だからこそ、マーク・ハントがどう戦うのか見たかったのに。残念無念。


っちゅーか、曙だって本来ならそういうタイプのはずなのに。

あれだけ脂肪を蓄えながら痛みに弱いってのがなぁ。ハート様を見習え。


・ジョシュ・バーネットvsパウエル・ナツラ

ナツラは想像以上に上手くて強い。

今回バーネットが妙にやつれて動きに精彩を欠いていた、というのもあると思うが、2R中盤まで完全にナツラのペースだった。

結局(恐らく足関節を知らなかったんじゃないだろうか?なんか完全に無防備なまま)バーネットに簡単に足を取られて一瞬で極められてしまったが、プライドに慣れてくればあるいはまだ上が狙えるかも。


それにしても、最後のタップは驚くほど早かった。足関節を極められた経験が無い?ナツラがあまりの激痛に驚いたのか、劣勢だったバーネットが一発で折るぐらいのつもりで極めにいったのか。

おそらくあの試合はアメリカで受けが悪そうだなぁ。


・マウリシオ・ショーグンvsケビン・ランデルマン

「倒れた相手に対して足での攻撃は駄目」というショーグン殺しの特別ルール。

さてどうなるかと思ったら、結果は足関節(アンクルホールド→膝十字)でショーグンの圧勝。

いや、ショーグン上手いわ。

まぁ、相手のランデルマンが病み上がり(なんでも命に関わる感染症で9回ほど手術したとか)で、見た感じ勢いはあったけど、本当のところどの程度調子を戻していたのか不明なので厳密にはショーグンが凄いと言い切れない部分もあるのかもだけど、それにしても上手い。

まだ若いし、これからもっと期待できそうなかんじですなぁ。


ところで、ランデルマンだが、右胸の所(手術跡?)にまだガーゼらしきものをつけてたり、足関節とられて変な方向に曲がっているのに我慢したりと、見てて大変ヒヤヒヤさせられた。お前は頑張りすぎだ(;´Д`)なんかこう冷や汗でたっちゅーの。


・エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・コールマン

コールマンが予想以上に頑張った。

頑張ったと言っても、耐えて粘っただけでヒョードルに全くダメージを与える事も出来ない一方的な戦いだったんだけど、それでも頑張った。

どんな感じかというと、「さようなら、ドラえもん」ののび太みたいに頑張った。

もちろんそんな事で根負けしてくれるほどヒョードルは優しくないので、右脚にすがりつくコールマンを情け無用に殴り倒して二目と見れない顔にしてしまったわけだけど。

ヒョードル怖ぇ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


それはさておき、アレだけモロに「ロッキー4」な形になってたんだから、入場前のVとか、コールマンの入場テーマとか、もっとロッキー押しでやればよかったのにな。

まぁ、今時ロシアはアメリカの敵ではないのかもだけど。


あと、年末に向けてタイソンのマイクとかあるかなーと思ったけど、どうやら別の場所でイベントに出てた?らしく、こなかった。残念。

高田のマイクは正直寒かった。英語喋れないなら、挨拶程度にしておいて後は通訳さんにやってもらえよ。


2006/10/23 [月]  エルダー軍を打ち負かし 星の平和を取り戻すため

またもや光学ドライブがおかしくなって来た気がする。この前入れ替えた所なのに(;´Д`)これはもうドライブが原因ではなく、ケーブルかマザーボードに問題があるのかもしれんなぁ。うーむ。

[特撮][龍剣道] 魔弾戦記リュケンドー#42「魔法のレシピ」

・あけぼの町で頻発する細かい事故の裏に魔物が絡んでいると踏んだ不動が刑事っぽく聞き込み捜査をする話。町人からマイナスエネルギーを集める為に、てんぷら屋をやってるレディゴールドと女遣い魔の和服姿が大変イイ感じ。

・油満載の巨大鍋を凍らせて叩き斬るリュウケンドーだが、あの後振ってる雪はようするに油な訳で、後で町じゅうベタベタになりそうだなぁ。

・レディゴールドと縁を作った不動のオッサン。リュウケンドーの事だから、最終的には和解しそうな気がしないでもないなぁ。

[特撮][冒険] 轟轟戦隊ボウケンジャー#34「遼かなる記憶」

・菜月奪還作戦に真墨が頑張る話。菜月はツインテールよりもストレートの方が可愛いよなぁ。

・ゴーゴーボイジャー(ダイボイジャー)は明らかに行き過ぎな戦力だよね。「レムリアの太陽」なんて危険極まりないプレシャスを上回る出力をどうやって得ているんだ。防衛力として用意していたとは到底思えん。そもそもダイボウケンでも十分に過剰な戦力だけど。

・菜月の父ちゃんどっかで見た顔だと思ったら、キリンレンジャーか。そして母ちゃんはメガイエローか。こっちはあんまり判らんかったなぁ。

[特撮][甲斗] 仮面ライダーカブト#38

・学園編その2。この時期にこんな話を挟む意図がはっきり言って判らない。3月4月(あるいは8月の番外編用)ならともかく、今時分ならもっとつっこんだ話、ネイティブの話とか、ZECTの話とかあるだろう。実は尺が余ってしまったとかそんな話だろうか?

・パーフェクトゼクターとか、ハイパーゼクター暴走(?)で変な異次元に一瞬だけ入ってすぐ戻ってくるとか、なんかこうイマイチ。もう少しなんか見せ方なかったのか。

[アニメ][キュア] ふたりはプリキュアSplashStar#37「みんな仲間だ!明日にジャンプ!」

・文化祭の話の続き。旧来のパターンどおり文化祭の最中にキントレスキーが攻めて来て「この大事な時に」とかいう台詞を吐くプリキュアにガッカリ。やっぱこのパターンなのか。

・漫才の舞台を前に「両親にも話してないし」としり込みする宮迫くん。だったら普通最後のシーンの観客席には両親がいるはずだろう。なんだこのおざなり感は。

・そしてやはりアニメやなんやで漫才を表現するのは無理があるなぁ。せめてもっとビジュアルに訴えかけるようなネタにしておけば良かったのに。

[アニメ][マイメロ] おねがいマイメロディ〜くるくるシャッフル!〜#30「ピンクの森に行けたらイイナ!」

・魔法対決中「負け犬ビーム」を食らってしまいバク化してしまった歌ちゃんを元に戻す為に、マイメロ美紀ちゃん真菜ちゃん奏姉ちゃん小暮潤がマリーランドの外れにあるピンクの森にある「虹の花」を取りにいく、という話。

・司会進行のハリネズミくん「CMは観てくれましたか?」はDVDではどうなるんだろう?このアニメの事だから、その回だけDVDにもDVDのCMを挟んでおくとかはやりそうだなぁ。

・今回のお助けキャラはマイメロ自身。結局何もしなかったが、真菜ちゃんとのやり取りは結構面白かった。

・それはさておき、マイメロを助けにマリーランドに現われた歌ちゃんは、容姿もほぼ完璧にバクだったが、かてて加えて空も飛んでいた。それを元にもどしたということは、もしかしなくても、普通に存在するバク族も「虹の花」を使えばバク以外の何者かに戻ったりするのかも。

・ところで、冒頭の魔法対決の犠牲者「一度タコヤキになってみたかったんだー」どういう夢なのか。

・今週のEDは歌ちゃんでした。が、曲は「シアワセの羽」ではなく「ドリーム!ドリーム!ドリーム!」。まぁ、今回の話で「シアワセの羽」ってのもなんだし、そもそも「ドリーム!」の方がドリームパワー値が高いみたいだから、これでいいのか。

[アニメ] RED GARDEN#03「ほんとうの私」

・ゾンビ少女戦隊誕生秘話。何らしかの事件に巻き込まれて死んだ少女を生き返らせて戦いに使役する謎のお姉さん(とその組織)。戦う意志の無いゾンビは犬っぽいオッサンに殺される定め。

・むー。未だサッパリわかんないね。

・っちゅーか、今回歌わなかったなー。なんだアレ毎回やるんじゃないのかよ。葬儀のシーンとか、犬っぽいオッサンに殺される別動のゾンビ戦隊が歌いながら殺されたりしたら面白かったのになぁ。

[アニメ] 夜明け前より瑠璃色な#03「お姫様 料理対決!」

・ギャルゲー系のアニメがこの作画ではどうにもならんと思うのですよ。いや、作画だけならまだしも、内容も演出も部分的にGUN道レベルに達しているように見えます。大丈夫かこのアニメ。

[アニメ] 乙女はお姉さまに恋してる#03「おとめが乙女を選ぶ時」

・エルダー(学園中の女生徒全てのお姉さま的存在。生徒会長とは別に存在。象徴天皇みたいなもんか?)選挙。主人公の瑞穂(男)と生徒会長の貴子(ツンデレ)の一騎打ち。

・歴史の授業中の瑞穂と貴子のやり取りはなんかいいなぁ。瑞穂の完璧すぎるお嬢様っぷりがなんとも言えん。そして、台詞は厭味っぽいのになんか悪い人に見えない貴子もイイ感じだ。

・エルダー選挙は圧倒的な支持を得て瑞穂が選出されるのだが、ここで貴子が「学園の伝統を体現する者をこそ選ぶべき選挙を、容姿を元にした人気投票のようなものにしてしまうのはいかがな物か」と苦言を呈する。言ってる事は大変もっともらしいし、真面目なキャラクタが出てるといえるのかもしれないが、だったら、選挙前に言えって話だよな。負けてから言い出すのは明らかにカッコ悪いぞ。

・一連の騒動は、学園の陰の人気者、紫苑の乱入(「学生に支持される事のみが唯一無二の資格である」という演説)と、壇上で倒れた紫苑を抱えて走る瑞穂の雄姿をもって一同納得の上で一件落着。瑞穂は無事エルダーに。っちゅーか、最初から瑞穂有利と言われて、本当にその通りに進んで、何の波乱もなく当選して、ライバルがみっともない真似してまで異議を唱えたけど、誰一人賛同しませんでした。って、なんのドラマにもなってないような気がするなぁ。

[アニメ] N・H・Kにようこそ!#16「ゲームオーバーにようこそ!」

・ネトゲ廃人化してヒキコモリが悪化した佐藤を表に引き摺りだそうとネコミミ&尻尾をつけて佐藤宅を訪問し、テレながらニャーニャー言ってる岬が可愛い。

・佐藤がネトゲで知り合った(ドラゴン退治を手伝ってもらった)キャラを使っていたのは、度々回想に出てきた委員長の兄(ヒキコモリ)だった。今度はこの委員長がリアルで佐藤に絡んでくるのだろうか?

・ミアの正体は山崎。佐藤に現実を教えるためにとかいって、最悪のタイミングで正体を明かし、散々っぱら現実を突きつけて佐藤を打ちのめす。言ってる事は全部(ゲーム作ろうとか言い出す以外)正論だが、凄まじいショック療法だ(;´Д`)酷すぎる

・ってゆーか、想像の「50代の佐藤」が酷すぎる。というかガチで怖い。アレは、俺がたどりうる中で2番目に可能性が高い姿だ((((;Д;)))ガクガクブルブル ちなみに、1番目はテント生活者だが、どっちがマシだろうか。

・まぁ、佐藤は物語の主人公なので、そんなどん底でもリアルの女の子に気にかけてもらえてるわけだけどな。岬ちゃんとか委員長とか。ちっ。

[アニメ] DEATH NOTE#02「対決」

録画失敗した(;´Д`)呑気に昨日の分の「夜明け前より瑠璃色な」とか観てる場合じゃなかった。トホホつД`)・゜・。・゜゜・*:.。..。.:*・゜

・えーっと、Lが出てきたのかな?無念orz

[アニメ] らぶドル#04「引退ですか?」

・先輩のアイドル声優の仕事を見学したり、主人公の妹がマネージャーの真似事したり。

・ここまで見てもさっぱりキャラクタを覚えられないし、その他の部分でひっかかる所も無いので、視聴はここまでということで。


2006/10/24 [火]  じわじわ go ワーラー かたちなき ワーラー ぶくぶく do ワーラー どこまでも ワーラー

[雑談] 「ただの水なんてのみたくないよ。 金魚じゃあるまいし。」

買い置きの茶がなくなって、ふと、そういえば随分長い事水道水を飲んでなかったなぁと思い立つ。

いや、コーヒーや茶を入れたり、カップ麺に(いや普通の料理にも)使っているので、全く飲んでないわけではないのだけど、普通にジャーっと水道から出してコップに入れた水を飲んでないなぁと。

俺がガキの時分なら考えられなかったことだが、通常摂る飲料水は全部買ってるって事だ。それこそ、水ですら買ってる。

むぅ、贅沢になったもんだなぁ。

と思って久しぶりに水道水で喉を潤してみたら、冒頭の台詞を思い出した。

やっぱ素の水じゃ満足いかねぇ(;´Д`)

コーヒーでもいれるか。

[野球] 日本ハムが初の北海道開催で快勝 [nikkansports.com]

日ハムが勝ったか。むぅ、何気にこの勢いで札幌優勝してしまいそうな感じかのう?

それはさておき。

ヒーローインタビューで小笠原が(インタビュアーの意図を無視して)「(明日も)勝ちます」とか「(札幌で)優勝します」とか一言も言わなかったのが何気に印象的だったなぁ。

そういうことを言うと必ずと言っていいぐらい結果が裏目に出るからなのか、素で謙虚なのか。

[格闘技] PRIDE大みそか男祭りで地上波復活? [nikkansports.com]

まだ決まったわけではないのだろうけど、これは嬉しいね。

PRIDEは今日本で見れる中でぶっちぎりにレベルの高い選手をそろえているし、やっぱり主要民放局で放送して安定した資本のバックアップと新規視聴者の開拓が可能な体制において、長く存続しておいて貰いたいもんなぁ。

交渉中の3社ってのは、日テレ、テレ朝、テレ東のどこかという事になるのだろうけど、どこでもいいのでパーっと買っちゃってくれ。アホのフジに煮え湯を飲ませたれ。

そして、DSEも男祭りを確実に買ってもらうためにも、(試合内容は全く期待できないが、一般やテレビ局受けを考えて、客寄せパンダとして)タイソンの出場を確定するように頑張ってくれ。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ47号

「ネウロ」ネウロの頭が吹っ飛んだ?

「BABY DEBILエビルくん」読みきり。タルるートくん系漫画。幼年誌っぽいが、すっとぼけた悪魔と従者のキャラはなかなか面白いかもしれない。

[アニメ] BLACK LAGOON The Second Barrage#04「Green back Jane」

・偽札編。先週のセンチメンタル(そうか?)な展開が嘘のように馬鹿馬鹿しい暴力教会の銃撃戦だけでAパート終了。それはいいんだけど、この銃撃戦、単調でイマイチ詰まらない。もうちょっと尺を詰めるか変化が欲しかったなぁ。

・Bパート。殺し屋大集合で終了。コントもイマイチピリッとしないし、なんちゅーか、ネタフリの回だとしても、もうちょっとなんか見せ場が欲しかったなぁ。

[アニメ] 金色のコルダ#03「匿名希望のショパン」

・決して面白くないわけではないし、ヒロインは結構可愛いのだけど、そろそろアニメの数を減らしていこうと言う事で、ここまでに。ヤマトナデシコみたいにどっか吹っ飛んでれば続けたのだけど。

[アニメ] パンプキン・シザーズ#04「ヒビ割れた肖像」

・冒頭、伍長の悪夢を断ち切るアリス少尉。戦争の悪夢と、少尉の真っ直ぐなキャラクタの眩しさが実にイイ感じの対比になっていてステキだ。しかし、少尉のこのキャラクタはこの手の作風では必ず現実とのギャップに晒される事になるはずなのがちと気にかかる。それでも最後まで子のキャラクタ性を維持してくれればいいのだけど。

・今回は、初回に出てきた戦車の来歴と伍長の来歴を語る話。どうやらあの戦車の出所が本作の敵(?)になる模様。

・ドア・ノッカーの開発思想は明らかにおかしいよね。普通に考えれば、(キャタピラや装甲の薄い背面を)狙撃する方向に流れると思うのだが。据え置き型で2名以上で運用する事を考えれば、ドアノッカーよりも大口径にも出来るだろうし、あたら錬度の高い歩兵を失う危険性も減ると思うのだが。あるいは地雷&工兵の組み合わせか。

・戦車の機密を守るために別の装甲車両を奪って襲ってきた連中と、伍長のバトルがイイ感じ。伍長の強烈な怪物性に当てられながらもまだ真っ直ぐ向き合おうとしているマーチス准尉は意外と肝が据わっているなぁ。

[アニメ] ヤマトナデシコ七変化#03「ああ、懐かしの暗い青春」

・恭平のキラキラさ加減に耐えられなくなったスナコがついに恭平殺害を計画。殺して美しい死体を手に入れようという邪悪さ加減ステキだ。

・どうでもいいが、バスローブでワイン片手にスナコを待ち伏せしている恭平がキモすぎる。

・ちょっと化粧を施され着物を着せられたぐらいで「美しい」と周囲から絶賛されるスナコ。振る舞いもどうにいったもので、全く美化する必要も修行する必要も感じない。なんだかなぁ。

・それはさておき、普段のスナコ→着物のスナコ→SSなスナコでの演じ分けにちょっと感心した。

・あ、ナベシン。

[特撮] ライオン丸G#04「闇忍者シャドー出現!獅子丸URAGIRI状態!」

・なんかこう、慣れてきて腹が立たなくなってきたら、本当にどこを観ればいいのか判らなくなってきた。とりあえず今回の見所は金砂地が鎌に変化した所ですか。でも戦闘シーンはイマイチ面白くない立ち回り&ピリッとしない動きだったしなぁ。

・ライオン丸GのGは豪山ジュニアのGだろうか。なんかこの番組の主役じゃないのかってぐらい出てるし。

・そうかライオン丸GのGはゴキブリ寿司のGだったのか。

[アニメ] すもももももも#03「動物園でつかまえて」

・巳屋本いろは登場。怪しげな薬でシロクマを凶暴化させて孝士暗殺に挑むが、もも子に敗れる。脳を蝕みとかなんとか、えらく非人道的な薬使ってたよなぁ。

・どうでもいいけど、エロコメなんだから、シロクマの攻撃でもも子の服が破れるとか、濡れた後、服が濡れ透けててもいいんじゃないかと思うわけです。


2006/10/25 [水]  あの“兄弟”がやらなきゃ 宇宙船(スペースシャトル)もない でっかい青空は 21世紀(いま)でも鳥亜網(とり)のもの

[野球] 【日本ハム】監督、本拠地胴上げ約束 [nikkansports.com]

俺もこのまま一気にいくんじゃないかと思ってたが、この発言はあるいはNGワードかもよ?

まぁ、この発言でホームゲーム効果はさらに増しそうだし、今年の日ハムはプレッシャーを感じている風でもないようなむやみやたらな勢いがあるから、あながちそうともいえないかもしれないけど。

はてさて。

[NEWS] 技術試験衛星:「きく8号」と命名−−JAXA−科学 [MSN-Mainichi INTERACTIVE]

ついにキクちゃんが!

日本の技術恐るべし<違います。

[NEWS][アニメ] ライディーンがリメイクされるようです。[REIDEEN公式ホームページ]

ガイキングLOD」が大変素晴らしかったので、あんな感じだったらいいのになぁ。

と、思ったのもつかの間。

プロダクションI.Gで

本郷みつるで

CGメカ

と聞いて、それじゃ「IGPX」じゃねーか(;´Д`)

とガッカリ。

いやまだ判らないけど。

公式のヴィジュアル見ても、「ガイキングLOD」っぽい路線ではなさそうだなぁ。

ライディーンっちゅーか、ラーゼフォンのリメイクなんじゃねーのかぐらいの勢いかも。かも。

[アニメ] ねぎま!?#04「先生…私初めてなんです…」 byのどか

・生徒キャラクタのチュパカブラ研究会コントや、今回登場の魔法学校からの使者キャラ、端々に挿入される妙なアイキャッチなど、今回何気にぱにぽに色が強かった気がするなぁ。

・本編(?)の方はちょっとシリアスな感じで、アクションホラーっぽく進んでいるが、こっちはこっちで割とイイ感じ。ネギやタカミチ、エヴァンジェリンあたりと、生徒のパートを完全に分けてしまっているのは、本編に全員絡めるのが難しいからとかそんな理由だろうか?まぁ、明日菜は両方関わっているけど。

・あ、ED変わってら。話の内容で変える?って風でもないか。気分で変えるとか、1エピソード終了で変えるとかか?

・バカレンジャー終わってるし。哀れバカピンク。

・そして、飛び出せチュパ研。ちょっと笑ってしまったじゃないか。

[アニメ] 武装錬金#04「もう一つの新しい命」

・蝶野の似顔絵が原作のままだったのにちょっと驚いた。

・やはりランスの特性は判り難い。なんだってランス本体ではなく「飾り布」を特徴にしたのだろう?しかも、今回のアニメ版の描写では飾り布をどう使ったのかサッパリ判らない有様だったし。

・どうもイマイチ戦闘が盛り上がらない。そんなところは原作を踏襲しなくてもいいと思うんだが。

[アニメ] スーパーロボット大戦OG#03「三人目の男」

・あの爆発で死なないライは元から人間じゃなかったんじゃないかと思います。

・戦車対人型ロボットとか、普通に考えれば戦車の方が強いよね。遮蔽物が多くて起伏が激しい地形ならまだしも、平坦で開けた場所ならロボなんてただのデカイ的だ。絶対無敵の超絶装甲のスーパーロボットとか、最低限空を自由に飛べるロボでないとなぁ。

・アイビス出たよ。期待にたがわぬヘタレっぷり。ツグミも出たけどまだメガネかけてないしαと違ってアイビスとコンビじゃないのでどーでもいいです。スレイはちょっとイイ感じ。

・あとテンザン(゜゜)イラネ。全何話あるのか知らんが、こんなので話数食ってる場合なのか?


2006/10/26 [木]  平和守って今日も飛ぶ ゼロ戦 ゼロ戦 今日も飛ぶ

[野球] 日本ハムが44年ぶり日本一 [nikkansports.com]

うーむ。あっさり優勝しちゃったなぁ。

福留ウッズがさっぱりだったのが敗因かのう。

なんにしても、これで4年連続パの勝利か(;´Д`)

いや、その間、阪神と中日しかセの代表になって無いんだけど。しかも、去年阪神はコテンパンで最悪な負け方してるんだけど。

うぅむ(;´Д`)来年こそは日本一をセ界に。


後、新庄だが、たしかに感動的な場面だし感極まるのも判るけど、まだ勝ってもいない8回裏の攻撃や9回表の守備で既に泣いてるのは、敵チームに失礼じゃございませんか?

確かにあの時点で中日の逆転はありえなさそうな流れが出来ていたけど。


とまぁ、それはさておき。

今日の札幌ドームは凄かったなぁ。あるいは全開時の阪神甲子園球場を上回っていたやもしれん。なんかもうドーム自体が揺れてるんじゃないかって具合だったし。

去年のロッテも結構なもんだったし、全然野球人気下がってるようにはとても見えんよな。

ちょっと巨人人気が落ちたからって「野球人気が落ちた」とか嘘ついて、いかにも野球が流行ってないみたいな情報操作する日テレと追従マスコミはこの中継を観て心を入れなおせ。


ところで、もう完全に「新庄お疲れ様でした」という感じだったが、新庄はアジアシリーズには出ないんだろうか?

それともアレはあくまでエキシビジョンとして捉えていて、そこは軽く流すような感じなんだろうか。

[プロレス] 元プロレスラーの大木金太郎さん死去 [nikkansports.com]

流石に大木金太郎は世代的にクるレスラーではないのだけど、見知った名前が消えていくのは寂しいものです。

ご冥福をお祈りいたします。

[NEWS] 松本零士さん、槙原敬之の盗作騒動収束へ [nikkansports.com]


松本さんも「もともと著作権を争うつもりはなく(歌詞は)私の作品のセリフだと主張したかった。これで終わりにしたい」と話した。

じゃああんなに大騒ぎすんなよ(;´Д`)

[雑誌] 週刊少年サンデー47号

「ハルノクニ」榊首相の言う事はもっともだが、その理屈だと俺は真っ先に殺されるのでもちろん反対だ。っちゅーか、あの理屈だと人口が1割ぐらいまで減ってしまいそうだ。そして、労働力不足で豊な国にはなれなさそうだ。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン48号

「スクール人魚」吉富昭仁の短期集中連載ホラー。「深夜の学校に現われる人魚の肉を食べると恋が叶う」という噂話に惹かれた女子高生が包丁片手に深夜の学校に潜入。どうみてもスク水少女にしか見えない(でも床にめり込んで泳いだりしているので人間ではない)人魚を殺して肉を食おうとかそんな話。スク水少女がワラワラと現われ笑ってる絵は、吉富昭仁らしい独特の色気(?)があってちょっとイイ。なんだか凄惨なことになりそうな前フリもイイ。さて、どうなりますか。

「ドカベン」なんか小笠原を故障させてますが、水島進司の呪いも北海道までは届かなかったようで、日ハムはあっさり優勝をきめてしまいましたなぁ。

「サルの子ペペ」「おやこ涅槃ロープ」笑った。

「魔剣士ZANN」最終回。最後は随分駆け足だった。まぁ、あからさまに打ち切りなので仕方がないかもしれない。とりあえず、ザンの能力が地味すぎたのが敗因かなぁ。いっそ戦うのをヒロインの方にして、毎回ボロボロになりながらブレイドの超回復能力で戦うゾンビ漫画みたいにした方が面白かったんじゃ有るまいか。引きちぎった腕で攻撃とか体に爆弾抱えて特攻して爆発四散したあと回復とか、そーゆーバカホラー系の。

[アニメ] 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2#04「夏のおわりに」

・魔女界への扉を封じてしまった鷲羽に猛反発する美紗緒。漠然と胡散臭い空気を感じているものの具体的に何がいけないのか説明できない鷲羽に対する不満をぶつけ、部を離脱してしまう。

・攻撃的な魔法を全面禁止し、魔法少女クラブを魔法少女料理クラブ(実質料理クラブ)に変更する鷲羽。真琴、司、アンアンはそれぞれ軽く不満をこぼすものの、特に魔法に固執するわけでもなくすぐに通常の活動に馴染むことができたが、いつのまにか魔法がアイデンテティになっていた美紗緒は鷲羽とぶつかって以来、部に顔も出さない。

・なんかもう、このまま喧嘩別れしてしまいそうな勢いだが、モン太考案の花火大会で無事仲直り。

・と、見せかけて直後に魔女界から衣斗紀が襲来、皆を襲うが、その際に魔女の仕業だという他のメンバーに反発する形で再び美紗緒が孤立。というところで、次回に引き。

・頑なな態度をいったん軟化させ、一度仲直りしたように見せておいて、やはり魔女側に感情移入をしている美紗緒。かなり根深い所まで魔女の思想に感化されているようだ。やはりメンバーを離脱して対立するような形になりそうかなぁ。

[アニメ] 護くんに女神の祝福を!#04「私だけの王子様」

・文化祭で演劇をすることになった生徒会の面々がそれにかこつけて絢子と護くんをからかう話。なんだかんだで絢子が可愛い。あと、なにかとちょっかいをかけてきてはぶっ飛ばされる会長副会長の兄妹がなんかちょっと面白くなって来た。文化祭のカウントダウンしてる髪型とか、まったく捻ってなくて逆に笑ってしまったというか。

・本番目前に絢子が体調を崩してぶっ倒れるところで次回に引き。ありゃ、文化祭ネタ続くのか。

[アニメ] コードギアス#04「その名はゼロ」

・ルルーシュが仮面を被りゼロと名乗ってカレンたちレジスタンスに接触するという話。テロは嫌がらせに過ぎない、民間人を相手にするな、戦争を仕掛けろ、正義を行え。と、ナニな台詞が実にナニな感じ。

・ついでにそのことを伝える為に、山手線の電車の先頭車両(から何車両か?)にいた人間全員にギアスを使って先頭車両を無人に仕立てているが、とにかく一人に一回しか使えない能力をそんなにバンバン使っていいのか。もしかしたら今後の作戦で使える人材が混ざっているかもしれないのに。しかも、一度使った相手かどうかは、ルルーシュが一々全員の顔を覚えていない限り、使ってみないと判らないんだから、リスクがデカイことこの上ない。潜入した先で鉢合わせてギアスをかけたつもりがかからずに窮地に陥ったりしたらどうすんだ。あまり先のことを考えて判断していないように見えるのはマイナスだなぁ。

・なんでもいいけど、日本人の大規模レジスタンス。右翼センス丸出しなのは、内容を考えれば仕方がないことかもだけど。

・スザクの護送に乱入にしてハッタリで渡り合う様は(博打要素が大きすぎてあまり頭が良さそうには見えないが)中々。カレンのビビリ具合とか緊張感を出しててよかったね。しかし、切り札であるギアスを敵司令官(と側近の姉ちゃん)に使用済みにしてしまったのは、かなり致命的なんではあるまいか。後腐れ無い様に、あそこは敵司令官を乱心させて同士討ちを狙うべきだったんじゃないか?誰にも(レジスタンスの連中にも)ギアスのことを伏せておくためには、それはちょっと難しいか?

・そこまでしてせっかく助けたスザクは、結果オーライのゼロのやり方に反発し、再びブリタニアに。ゼロの出現で容疑が晴れて無事復隊できる模様だが、それはいくらなんでも甘すぎやしないか。ゼロの首でも持って帰ったんならまだしも、ゼロとグルだと考える方が普通だと思うのだが。いやまぁ、今回の事件がきっかけで、ランスロットの博士の証言とかが見直されたのかもしれないが。

・なんか一話で死んだ娘さんがルルーシュの家に居るんですが。まさかとは思うが、あのキャラクタで能力のリセット(一度使った相手に再び効くように出来る)とかあるまいな。まぁ、それをやっちゃうと興ざめもいいところだから、ないか。

[アニメ] くじびきアンバランス#03「きょうだいがたいへんだ。6点」

・千尋の姉ちゃんマジエロス(*´д`*)DVDだとオールヌードだったりとかするのかなぁ?<しません多分

・今回は千尋の姉ちゃんが大暴れ。生徒(特に千尋)の前での猫っかぶりモードとヤンキー丸出しモードの落差と、むやみやたらな動きが面白い。そしてマジエロス。

・今回は逃げたパンダを探し出すという仕事と、姉ちゃんが千尋を誘惑する為に用意した惚れ薬で起こすパニックが重なって、という話。惚れ薬にやられた時乃が(*´д`*)ハァハァしいてる顔とかもいいが、千尋の姉ちゃんを追いかける時の動きが実にいい。このアニメのアクションはいつも何気にステキだなぁ。そんなに凝っているわけではないんだけど、タイミングとかやたらと気持ちイイ。

・今回の山田はなんだかイマイとからへんのプラモデルみたいな人型起動兵器。今回出番少なかったなぁ。


2006/10/27 [金]  ツキのあるやつぁスキもある 運のいい時ぁ恐い時 踏み越え乗り越えオーバー・ザ・レインボー 鳴かせてみせよう ほととぎす

[雑談] どうでもいい話

ふと

女陰ショップ

という単語が思い浮かんだ。

確かにここ2年間ぐらいウチのphotoshopはそんな有様かもしれないなぁとか。

下品でスマヌ。

[雑談] どうでもいい話2

何気につけていたテレビで秋葉原特集をやっていて、「ツンデレ喫茶」を紹介する場面になった。

出演者が

「え、なんですか?ツンデレ喫茶って」

と言った瞬間、

「009-1」を観る為に設定しておいた録画予約の関係でチャンネルが切り替わり、

「日本のマナーが心配です」AC〜♪

と公共広告機構のCMと絶妙なつながり方をして思わず笑った。

確かにツンデレ喫茶の接客はマナーがなってなさそうだ。

[アニメ] 009-1#03「ハードボイルド」

・美学に拘る殺し屋エッグvs9-1姐さん。やたらと厳密に自身の美学に拘り仕事をするエッグと、それらの拘りを一笑に伏すルール無用の9-1姐さん。男はロマンチストで女はリアリストとかゆー奴だろうか。

・どんなに狙っても当たらないエッグの弾と、いくら弾をかわしても何故かエッグに接近できない9-1姐さん。幾日かそんなことが続くうちに奇妙な連帯感が。とかそんな話かと思ったらそうなってるのはエッグだけで、9-1姐さんは騙まし討ちかまして、しかもわざわざ一発で殺さずに「(流儀とか言ってる)貴方はハードボイルドなんかじゃなく半熟卵よ」とか言って相手を見下してから頭を一発。姐さんマジ外道。冷徹な瞳が((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルですよ。

・ちうか、倒されたエッグがマケボノっぽかったのに笑った。

[アニメ] Gift#04「すれ違う夏」

・先週先走って告白してふられてしまった事で妹と大変気まずい状態に陥る主人公。いつのまにか周囲にも知れ渡っていたようで、これまたなんちゅーかな感じだ。

・なんか突然夏になって皆で海に。というわけで水着の回だが、なんかあんまり嬉しくない。妹とお隣さん以外の女性キャラの印象が薄くて思い入れが全く無いので、それが原因なのかも知れん。まぁ作画が原因かもしれないが。

・「生涯一度しか使えないGift」を凄くつまらないことに使ってしまう魔女っ娘。いや魔女っ娘なぐらいだから何度でも仕えるのかもしれないが。ってゆーか、この町の消えない虹とかGiftとか全部コイツの仕業って線が濃厚っぽいけど。

・肝試しで主人公がお隣さんと抱き合っているのを見て、「やっぱりお兄ちゃんのことが好きなんだ」とか今更自覚したような事を言い出す妹。なんだそりゃ。今このタイミングなら、そんな事は先刻承知の上であえて拒否してた、って線じゃないのか?何で今更気がついた風なんだよ。

[アニメ] ときめきメモリアル#04「ときめきの水面(みなも)」

・早速フタマタに走る主人公。

・キバヤシヘッドは無差別ストーカー。しかし、(彼の力説する)濡れ透けの魅力はガチ。理解できないその他2名こそが理解できない。

・光学迷彩が施されていると信じ込んで全身タイツで水泳部に潜入するキバヤシヘッドとその連れがアホすぎる。意外と活躍するなぁ。

・そして水泳部の部長、乳もだが背もデカすぎやしないか。

・主人公に近づこうと一杯一杯になってる弥生水奈は中々可愛いが、これでは完全にフタマタルートじゃないか。っちゅーか、今週春日つかさガン無視したっきりってのはどうなのよ。

[アニメ] ギャラクシーエンジェる〜ん#04「誘惑!3時のカフェテーブる〜ん」

・先週は鍋で今週はクッキーか。このシリーズは食べ物で押すのだろうか。

・それはさておき、今週作画がもの凄いな(;´Д`)美少女が(妖怪人間)ベロみてぇな顔してますよ?

・そして相変わらず、というか、むしろどんどん平坦で密度が薄くになってゆく本編のネタ。戦闘シーンは意外と面白い動きがあったり、謎の生物を用いたリアクティブアーマーはちょっと面白かったけど。やっぱり本編戦闘メインにした方がいいんじゃないだろうか?

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

てんぐどー [なんというか、お約束のコール&レスポンスがわかってないと激怒することになりそうな気が。<ツンデレ べ、別に行ったりな..]

さんとお [なるほど、確かに店側も客もマナーを厳守してるといえますね。そうでなければ成り立たない世界ですし。 むぅ、奥が深い。 ..]


2006/10/28 [土]  君は木でできた ふしぎな人形 しゃべれるし おなかもすくし なみだもこぼれる

Firefoxをver2.0にアップグレードしたら、いくつかの拡張機能が使えなくなって微妙に使い勝手が落ちた(;´Д`)まぁ、そのうち(今まで使っていた拡張機能が)対応してくれると信じて待つか。

[玩具] MICROSISTER UNI アウラ[amazon]/クロア[amazon]

アウラ

クロア


今年の3月に注文したのが今日届いた。

っちゅーか、注文したの忘れてたよ(;´Д`)

えー、本の方は小説の文章部分以外の殆どの素材が同一で、正直相当ガッカリな出来上がり。

これだけ発売が延びたのだから、漫画の内容ぐらい別々のものを用意しておいて欲しい。

内容も、小説はまだ読んでないのでまだなんとも言えないのだけど、漫画はもの凄いダイジェスト具合で前後のつながりが怪しく、正直言って面白いとは言えない。残念無念。


で、ミクロマンの方だが、こちらは割とイイ。

塗りも成形も、絶賛できるレベルではない。が、納得できるレベル。なんか汚れてる部分が多いような気がするのが気になるが、個体差の問題な気もする。

両者共にシルエットが大変可愛らしく、オプションパーツが豊富なのはイイ。

今までのミクロマンと比べて固定パーツが少なく、分解して組換えが聞く構造なのも面白い。

アウラの方は、メガネっ娘ヘッドとミトン状のグローブアーム、別素材で作られて本体に着せる形のブラックコスチュームが可愛らしくてイイ感じ。

クロアは、眼帯ヘッド、首輪に手錠と何気に病んだオプションがステキだ。手錠をはめていると使えないが、巨大アームパーツも可愛くてイイ。

まぁ、元々こっちが目的だったんだから、これはこれでいいのかもなぁ。

[特撮][メビウス] ウルトラマンメビウス#30「約束の炎」

・タロウの切り札ウルトラダイナマイトを食らっても復活する難敵インペライザーを前に、皆にその正体を明かしたミライ=メビウスと、GUYSの絆により、メビウスがバーニングブレイブにパワーアップするという話。初期のころから拘ってきたファイヤーパターンをメビウスの体の模様に取り入れるなどしてて、そこはいいんだけど、盛り上がりとしてはなんかアッサリした感じだったなぁ。

・ウルトラダイナマイトでも中途半端にしか倒せなかったインペライザーを一発で蒸発させる威力のメビウスの新技。いくらなんでも強すぎやしないか。

・来週は新種の円盤生物(というか、メカっぽかったが)。前回のノーバから一応円盤生物シリーズが続いていたのか。ということは現在地球に迫る脅威というのは、ブラックスターがらみの侵略ってことなのだろうか?ってかブラックスターってレオにビーム一発で破壊されたんでなかったっけか。

[アニメ] 天保異聞 妖奇士#04「生き人形」

・見世物小屋で働く異人の少女を巡って人悶着。妖夷と疑わしき馬と共にいる異人の娘に対して、弱い立場の人間に感情移入し同情する主人公だが、弱いものだから正しいものだとは限らないと諌める巫女さんの言葉や、自分らが異物だからって上から物見て安い同情してんじゃねぇとかいう異人さんの台詞が中々イイ。

・人はそもそも全員違う、全ての人間は異人だから、(外人の少女を)助けたいとか、アヤガミを使う自分も化け物だとかいう主人公の理屈は、なんかもう僻み根性丸出しでウザイ。孤独だとか特別だとか言って気持ちよがってるのは最悪だ。中学生男子や可愛らしい女の子ならまだしも、40前のオッサンが何言ってんだ。人は馴れ合って生きていくもんだ。

[アニメ] ケンイチ#04「ケンカ地獄!やるかやらないかだ」

・相変らずどうも動きが弱い。というか、描こうともしていない。秋雨が投げられ地蔵に足払いかましたシーンとか、ちょっとありえない有様だったと思うな。

・キサラは高山みなみなのか(;´Д`)つくづく無駄に豪華だなぁ。

・山突きは理屈では判らなくも無いのだけど、実践的かどうかというとどうも疑問が残って仕方がない。クリーンヒットしなさそうだし、体勢も悪い。ちゃんとクリーンヒットしてもダメージが十分でなければ、反撃されてえらい目にあいそうだ。

・武田が矢尾一樹な。もっと安い若い声優使ってもいいと思うんだが、何故こうも一昔前の主役級で固めてるのか。初めから絵でみせるのは諦めてて、ラジオドラマで楽しんでねって事なのか?

[アニメ] 地獄少女ニ籠#04「秘密」

・嫁の入院費を稼ぐ為にATM強盗を働いた男が、仲間を裏切って金を独り占めしたホストを呪い殺しましょうという話。

・針仕事に精を出すあい。誰ぞにプレゼントするつもりらしいが、なんだろう、今期のあいは妙に柔らかくなってるね。柴田親子の功績だろうか?

・あいの部屋にパソコンがあるのはなんか意外だ。いや、考えてみれば当たり前なのかもしれないが、なんか似合わねぇ。

・謎の幼女が本格登場。依頼人の嫁の周りをチョロチョロしたり、あいの姿を見て逃げ出したり、骨女の邪魔をしたりと不審な行動を繰り返した挙句、ラストにあいの元(いつも依頼人と最初に会う夕焼けと木の風景)にフラっと現われるという意表をついた展開に発展。あいの方も事前に相手の存在を認識していたらしく、冒頭作っていた袋とビー玉はこの幼女にあげるつもりだった模様。さて、あの幼女は何者なのだろうか?あいと似た経緯で地獄少女の役目を負うことになった(なってる)2代目とかだろうか?

[アニメ] ゴーストハント#04「人形の家(1)」

・科学の力で霊現象を解明するナルの事務所にヒロインが入所しての初仕事。ややこしい家庭環境の家に起るポルターガイストに挑む。

・第一エピソードに登場したイケメン坊主と巫女さんは引き続き登場&相変らずの無能っぷりを披露。正直尺を間延びさせる役割しかないこのキャラクタは不要だと思うのだけどどうだろうか。

・うつ伏せになった西洋人形が(恐らく霊に)足を引っ張られるような形でズルズル動いてゆく様はじんわり怖い。というか、暗がりで見るアンティーク人形はそれだけで十分にホラーだよな。

[アニメ] はぴねす!#04「消えたタマちゃん」

・占い研究会の先輩のマジックワンドの先についている玉、通称タマちゃんを皆で作ったり、タマちゃんが爆発したり、アイデンテティに悩んで家出をしたりする話。使い捨ての弾丸に自我があるってのは、なんともいえず惨たらしい話だなぁ。集合意識とかではなく一つ一つに個性が存在するみたいだし。今回爆死したのが984番目だから、それだけの数の自己を殺してきた訳か。なんと恐ろしい。

・タマちゃん製作時の♪ひとっつこねてはタマちゃんのため〜がなんか妙に面白かった。

[アニメ] BLACK BLOOD BROTHERS#02「調停員(コンプロマイザー)」

・冒頭、雪山で訓練か何かをしてるジローとその師匠(?)、コタロウと姫様(?)のシーンから。あれ?確か先週海に落ちたんじゃなかったっけか?とか思ってたら、回想なのな。先週の冒頭もだったが、毎回最初に過去の話をしてから本編とかいうフォーマットなんだろうか?

・流れる水に当てられたのか太陽に当てられたのかはたまたその両方なのか、骸骨のような状態で海岸に現われるジロー。一方コタロウは観た感じノーダメージ。やっぱり吸血鬼ではないのだろうか?

・海岸にたどり着いた兄弟にフォローを入れる調停員ミミコ。なかなか勢いがあっていい感じ。

・ジロー曰く、自分は流水や太陽に弱く、コタロウはそうではない。吸血鬼にもいろいろ居るってことか。

・さらに曰く、「招かれなければ入れない」自分は由緒正しい血統なので、伝承に忠実なのだ。でも、それだとコタロウがそうでないのは何故だって話なんじゃないのか。

・カンパニーの襲撃部隊に襲われ、コタロウと離れ離れになったジローが、ジャンプの目測を誤り噴水の中に落ちてダメージをおって捕まってしまう所で次回に引き。ミミコがなんか頑張って助けるんだろうけど、


2006/10/29 [日]  私を忘れないで いつでも そばにいるわ もいちど あの日のようにね あなたの前に立つわ

[特撮][龍剣道] 魔弾戦記リュケンドー#43「わたしのヒーロー」

・ちゃっかり生きていたブラッディによって多脚戦車みたいにされたあけぼのタワーに閉じ込められた鈴を頑張って助け出す話。リュウケンドーのCGは、何気にテレビ特撮ものとしてはかなり頑張ってるよなぁ。今回の多脚戦車も一昔前なら劇場版か年1〜2回特に気合を入れた回に登場するレベルの代物ですよ。東宝は超星神を終わらせてしまったが、松竹は頑張ってリュウケンドーの後もヒーロー続けて欲しいなぁ。

・剣二を信じて決死の覚悟で多脚戦車から飛ぶ鈴と、落下中に空中で変身して鈴を救う剣二はイイ感じ。ラストシーン付近で素直に感謝しない鈴も大変いい。微笑ましい作品だなぁ。

[特撮][冒険] 轟轟戦隊ボウケンジャー#35「神の頭」

・2ヶ所同時に行われるダークシャドウのプレシャス取引現場に踏み込んで取引を妨害する話。

・シズカのメガネスーツ姿がイイ。顔や声と格好のアンバランスさとか、ミニスカートから覗く脚とか。

・ヤイバが久しぶりに真墨と絡んだ。それはいが、フェイスオープンは随分安い扱いになってるな。

・ヤイバの取引相手(あからさまに不審人物風。正体はゴードム戦闘員)が、アラビアンな格好をしているのは拙くないのか。

・明石に変装してシズカとボウケンジャーを欺く牧野さん。スゲエ(;´Д`)その後も変身ポーズを取ってみたり、「アタック」とかやってみたり。なんだ今回は斉木しげるえらく頑張るじゃないか。

・マモリガミにアッサリと制御を奪われるゴーゴーボイジャー。アレだけの超兵器があんなに簡単にハッキング(?)を許しちゃ駄目だろう。

[特撮][甲斗] 仮面ライダーカブト#39

・パーフェクトゼクターでワームの女をぶっ飛ばしたら(ワームとしての記憶だけ)記憶喪失になっちゃってとかいう話。ふむ、剣もこんなような経緯で記憶喪失中なんだろうか?

・この期に及んで樹花の恋人ネタでコメディ路線に走る天道。ってか、大介も出てるって事は今日は井上敏樹か?ってマジでそうなのか(;´Д`)

・ひよりが消えてから随分経ったと思うのだが、その間よくあのオウム生きてたな。

・記憶喪失ワームの前に別のワームが現われて曰く「お前はワームの心を失った。処刑する。それが掟」一時的な記憶喪失ではなく、不可逆な現象ということだろうか?

・敵との戦闘中、さり気なくパーフェクトゼクターを使っている天道だが、大介はどうなったんだろうか。パーフェクトゼクターを使う直前にワームの攻撃を受けて画面から消えていたが、あのあとゼクターを強制徴収されて、人間に戻っているのだろうか?

・渋谷隕石の破片(?)を媒介して、ひよりの居る謎空間に再びたどり着く天道。だが、ひよりは天道と同じ顔した鉄仮面の男と一緒にいて、その鉄仮面の男が、黒いカブトに変身して襲い掛かってくる。というところで引き。正直この展開なら前回異空間についた時にそのままこの展開になっていいだろ。なんでこうグダグダと展開を引き伸ばすかなぁ。

・スーパーヒーロータイムでズバーンにアフレコする天道。結構それっぽい声が出ててちょっと面白かった。

[アニメ][キュア] ふたりはプリキュアSplashStar#38「アイドル誕生 日向咲!ってマジ!?」

・ドラマの撮影の見学に行った咲が芸能事務所の社長にスカウトされて、まさかの芸能人デビュー?という話。もうアバンを観た時に既にネタバレてるというか、実はは社長のお目当ては咲が落した鞄から見えたムープとフープというオチ。

・先代だと町を去るのはほのかの役割だったが、今回は咲。周囲が浮かれていく中で、意外に冷静な咲のリアクションがちょっと吃驚。まぁ、芸能人に興味が無いのだろうけど。

・アクダイカーンにいつまでプリキュアを倒せないんだと問われて、「今はプリキュアを鍛えている最中です」とかいうキントレスキー。対等に戦える相手ということは、負けることもありえるわけだが、アクダイカーンはあっさり納得。なんて呑気な奴らだ。

・咲のアイドル姿の妄想。なぜ羽モチーフなのか。

・ニュースキャスター姿の咲。頑張って原稿読んでる所も含めて大変可愛い。あまりシリアスなニュースではアレだが、軽いニュースぐらいならこれでいいんじゃあるまいか。

・既に一年で退場という目が濃厚になってきた咲舞。ちょうど新プリキュアの噂が飛び交い始めたこの時期に「これからもずーっと私たちはプリキュアだもの!」は、なんか哀れみを誘うなぁ。

・そして、この噂の新プリキュア。ネタ画像でなければ、かなり末期的だよなぁ。なんかこうセーラースターズ臭(どっか〜ん臭でも良し)がするというか。まぁ、ここは思い切って改革した方が、今期のようなマイナーチェンジよりも支持を得られる可能性もないとは言えないかもしれないが。

[アニメ][マイメロ] おねがいマイメロディ〜くるくるシャッフル!〜#「もう一度踊れたらイイナ」

・魔法対決の結果、キャンディを貰えずに元に戻れないウサミミ仮面が柊の部屋に入った事で、クロミの中で「ウサミミ仮面=柊」疑惑が浮上。確かめる為に再び人間の姿になってウサミミ仮面と踊ろうと言う話。

・クロミの誕生日ケーキを作るために、魔法対決を早く終わらせたいマイメロの「早くやっちゃってね。お願い」笑った。

・クロミを再びクルミの姿にするために、決死の覚悟でマリーランドの城に潜入し、昔のメロディキーを奪取して来るバク。相変らず爆破カッコいいなぁ。

・そしてクルミ。外観もだが内面の葛藤が可愛いにも程がある。一年に一度だからだろうか、やたらと可愛らしさを強調されていてなんかもうたまらん。

・好意から(には到底見えないが)タイムリミットの蝋燭を消して回るマイメロの仕業でバク化してしまうクルミ。どうなることかと思ったが、冒頭の魔法対決でコンプリートしていたピンク音符の魔法で無事元のクロミの姿へ。ああ、言われるまで冒頭のネタフリ忘れてた。

・ここのところ、歌ちゃん、クロミと立て続けに「バク化からの回復」をしているが、ついに来週バクが元の姿になろうとする話の模様。でも、バクの場合、父ちゃんも母ちゃんもバクでバクの姿で生まれてきたんだろうから、元の姿ってのはちと違うような。さらに言うならマリーランドの住人なんだから、人間な訳ないと思うのだが。まぁ、悪夢魔法でイケメンになるって話なんだろうなぁ。

[アニメ] 夜明け前より瑠璃色な#04「戦う!お姫様」

・ちょっと吃驚するぐらいSD絵を多用しているが、先週の作画が嘘のように持ち直している。いっそのこと全編SD絵でやってしまえばいいんじゃあるまいか。

・風呂場にカメラを仕掛けて盗撮する辻親八。それはどこの臭作ですか。

[アニメ] RED GARDEN#04「 私たちは、どこへ?」

・ゾンビ少女戦隊が捨て鉢になったり友達になったり犬サラリーマンを金属バットで撲殺したり。

・犬サラリーマンを殺すために生きてる人生なんて嫌だとかもっともな事をいうレイチェルだが、まぁそれはそれとしてせっかく生きてるんだから青春を楽しみましょうとか言ってるケイトとローズぐらい鈍感な方が人生は楽しいと思います。そうでないと、前任のゾンビ戦隊みたいに皆殺しにされちゃうよ?いやもう死んでるけど。


2006/10/30 [月]  あいつもこいつも 忙しいね what you doin' ネズミたちのレースだよ まるで 朝の街

[NEWS] 「必修逃れ」謝罪2日後に不明、茨城県立高校長が自殺 [YOMIURI ON-LINE]

最近、「イジメを苦に」とかいうウェルテル効果丸出しの理由で子供の自殺が相次いでいるが、先生までこんなひ弱な理由で死んじゃうんじゃしょーがねーなって気がするな。

まぁ、死にたい奴は死ねばいいさ。俺も死にたくなったら死ぬよ。多分ならないけど。怖いし。

[NEWS] 「ゲームのデータ消えた」 長女らに暴行の父逮捕 [Sankei Web]


香月容疑者は酒に酔っており「子供が離婚した妻の家にゲーム機を持って遊びに行き、帰宅したら自分のデータが消えていて腹が立った」などと供述している。

コレは酷い(;´Д`)

親としてとか言う以前に、30過ぎの大人としてまずありえないだろ。

いや、大人でも腹は立つけど、そんな事で人を殴るな。

なんというか、これぞまさにゲーム脳だな。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ48号

先週今週と「エムゼロ」の順位が高い。以前目次コメントであった「今更影響も無い」というのが打ち切りレースのことだったとすると、密かに劇的な影響があったということなのかもしれない。だとすると、今後エロ方面強化は必至だろうか?

一方「エムゼロ」と掲載位置を入れ替えられるような形になってきた「ToLaveる」は、一足お先にエロ強化を敢行。少年ジャンプはどこまでが限界なのか、ちと興味が沸いてきたのでこの勢いでガンガン攻めてもらいたい。

[アニメ] 乙女はお姉さまに恋してる#04「開かずの扉の眠り姫」

・寮の瑞穂の部屋に住んでいた幽霊の新キャラが登場する話。どうやらその幽霊の件について瑞穂の祖父はなんらしかの心当たりが有った模様。部屋の指定などしてるあたり、そもそも瑞穂はその幽霊をどうこうするためにこの学園に送り込まれたのだろうか?

・エルダーと認めたとたん何気に丁寧な対応になったり、怪談話を聞いてビクつく貴子が大変可愛い。

・それにしても、瑞穂の女の子っぷりは異常だ。女の子が部屋に泊まりに着ても全然平気なのか。かと思えば、Bパート冒頭のアイキャッチ(朝方ヒゲが浮いているのに気がついて焦る瑞穂)みたいなネタがあってちょっと面白い。

・幽霊の娘の想い人であるところの当時のエルダー。シルエットしかわからなかったがあからさまに瑞穂と同じシルエットだった。まぁ、ほぼ間違いなく瑞穂のお母さんなんだろうなぁ。

・幽霊の娘、一子のテンションはスゲエな。ものすごい勢いだ。

・ところで、カップには触れなかった一子。瑞穂に触れるのはいいとして、シーツに触れるのはいいのだろうか?まぁ、シーツからはみ出してたら絵にならん事甚だしいが。

・まりやの寝起きコント、完全に使いまわしだが、大変イイ感じ。今回はむやみやたらなテンションとお約束がバッチリきまっててちょっと面白かったなぁ。

[アニメ] N・H・Kにようこそ!#17「はぴねすにようこそ!」

・佐藤が高校時代の委員長にマルチに勧誘される話。負け犬に寄ってくるのはハイエナだけだつД`)・゜・。・゜゜・*:.。..。.:*・゜

・マルチ団体の名前「マウスロード」とか、そのポスター(組み体操の人間ピラミッド)が、もうまんま過ぎて笑った。

・昔の知りあいが己をカモろうとした事に激昂する佐藤。気持ちは痛い程よく判るぞ。ああよく判るとも。詳しくはこの辺を参照だ。

・と思ったら、あっさり委員長の泣き落とし&口車に乗ってる佐藤。アホだお前はアホだ(;´Д`)

・ちなみに、俺は件の一件直後からあのバカとは断交中です。風の噂にもうマルチからは足を洗ったと聞きましたが、あんなのと付き合っていたら、必ずまた同じような事をやらかすので、とばっちりを受ける可能性をなくす為に一生断交する予定です。まったく。

[アニメ] DEATH NOTE#03「取引」

・DEATH NOTEはよく出来ているけどアニメならではの新鮮な驚きが無いので、なんか書きにくい。ので、ここまで。視聴は続けるのでサプライズか思うところでもあればなんか書くかも。


2006/10/31 [火]  サイコキネシス!テレパシイ! 超能力を使うとき バビル2世の瞳は燃える

気分転換に見た目のマイナーチェンジを実行中。前よりは見やすくなった気もするが、五月蝿くなった気もする。
うーむ。
まぁ、もうちょっと弄ってみるか。

[NEWS] 70年代「超能力少年」大麻譲り受けの疑いで逮捕 [YOMIURI ON-LINE]

清田少年(;´Д`)

スプーンどころか自分の人生まで曲げちゃったか<ありがちネタ

[NEWS] 上町断層直下型地震で死傷者16万人 大阪府が想定改定 [asahi.com]

俺の行動範囲はまさにこの上町断層に沿った形になってるわけだが(;´Д`)

まぁ、ここに書いてるような規模の地震になった日にゃ大阪市内のどこに居ても大差ないと思うけどな。

地震は怖いなぁ。

[NEWS] 公取委が「通話0円、メール0円」宣伝で事情聞く [YOMIURI ON-LINE]

まぁ、「実は他社携帯と話す際にかなり割高」という部分をあんまりしっかり宣伝していないという事をさっぴいても


あからさまに嘘価格(月額9,600円)を公示して、「今なら70%OFFの2,880円ポッキリで!」とか言ってたり、実はSBに払う使用料で月々ちびっとずつ返済していくローン式なのに「携帯端末0円」(ローンの支払の途中で契約解除か機種変更した場合、残ったローンを支払い続けなければならない)とか宣伝で全然聞いたことないもんなぁ。


もう、詐欺商法みたいな話だよなぁ。

[アニメ] BLACK LAGOON The Second Barrage#17「he Roanapur Freakshow Circus」

・偽札編続き。この世の果ての悪党天国で既知外達が仲良く殺し合いをするという話。チェーンソーで銃弾を受けるゴスロリ咽頭マイクとか、手っ取り早く火炎放射器で事務所ごと焼いちゃえ的な大雑把で強引な攻め手がステキだ。

・なんでもいいけど、コメディ調の話なのに、EDに繋げる為だろうか、ラストのロックがやたらと深刻そうな声色なのが、もの凄い違和感だ。そもそもブララグ結構コメディっぽい要素も強いんだから、こういうときの為にアップテンポなEDも用意しておけば良かったのに。

[アニメ] パンプキン・シザーズ#05「あさはかな者(おとこ)達」

・入院中の伍長の相部屋のオッサンがリストラされて飛び降り自殺しようとする話。前回の続きでマーチス准尉が伍長の過去を探ろうとしたり、仲間意識を再確認したり。

・伍長の小便を摂ろうとして、尿瓶の入り口と伍長のナニの大きさの問題に悩む看護婦さん。ノーマル状態でそのビッグマグナムさ加減はシャレになってねぇ。恐るべし伍長((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル。っちゅーか、そんなブツを拝んで動揺すらしねぇ看護婦さんもまたスゲエ。

・CMの間に姉ちゃんをコマして情報を聞き出すオレルド准尉。こいつもスゲエ(;´Д`)

・20年朝から晩まで働いて、1週間病欠したらリストラ、退職金は鞄1個。そりゃ絶望もするよ(´;ω;`)ウッ…

・戦闘では怖いもの知らずな伍長だが、「自殺」にビビって飛び降りようとするオッサンを止めるために飛び出すことが出来ない。その後の言い分だと、いつもつけてるランタンは、精神と肉体(傷み)をマヒさせるような効果があるのかもしれない。

・オッサンを救って変わりに転落しそうになった伍長。間一髪W准尉につかまる事が出来たが、あまりに重くて持ち上がらない。そういう絶体絶命のピンチに駆けつけ、さり気なく助けた後、悟られないように去っていく。アリス少尉は本当にヒーローなんだな。

・標準サイズの尿瓶に入らない伍長のチンコに負けるものかとLサイズの尿瓶を取り寄せリターンマッチに挑む看護婦。だが、あろうことか伍長のナニはその(見た感じ看護婦さんの手首ぐらいはあるサイズの入り口を持つ)尿瓶にも収まりきらず、割ってしまうのだった。というところで今回終了。流石の看護婦さんもその暴挙には驚愕の色を隠せなかったようだ。っちゅーか、どんなサイズなんだ伍長(;´Д`)なにその凶器

[アニメ] ヤマトナデシコ七変化#04「スナコ、およびです」

・文化祭でスナコがお化け屋敷をやる話。途中から賞金目当てで男どもが加勢に入ったため、それ目当てに女子が大量流入して無事出し物、ミスターコンテストで一位になったものの、ブ男の乱入でグダグダの乱闘騒ぎに発展。最後はスナコが任侠キャラになってバスっと決めて終了。

・正直、タカノの超ナルシストっぷりがムカツク上に、スナコの暗黒パワーが低かったので、イマイチ。タカノはそんなに美形が嫌ならスナコでも見習えばいいんじゃねーか?一発で普通に働けるようになるぞ。

[アニメ] すもももももも#04「仁義なき暗殺計画」

・巳屋本いろはが落ちる話。勘違いで振り回されるいろはが大変可愛い。そして、あの忍者衣装は太もも近辺がエロいな。

・ウマ仮面もちょっと登場。ちゃんとビットギャグを噛んでたのはちょっと驚いた。まだ大半がシルエット状態だったが、コスチュームはどの程度再現されているのだろう?

[特撮] ライオン丸G#05「ライオン丸VSタイガージョー決風! 鋭くなって状態!」

・なんだ「鋭くなって状態」って。

・獅子丸が「人身売買( ゜Д゜)マズー」とか普通に善い子な事言って、変身して「ライオン丸見参」って言った。さらにタイガージョーと戦って敗北し、悔しい思いをして強くなりたい的な気持ちが生まれたらしい。思ってたより全然早いな。っちゅーか、時期的に中途半端すぎだ。それともこの話、全7話とかなんだろうか?

・ライオン丸vsタイガージョー。剣戟の速さや体裁きは大変いい感じだが、組み立てと見せ方が面白くない。ケレン味がまるで無いというか。

・あと、タイガージョーは黒がベースで締まってみるからイイとして、ライオン丸はなんかこうボヤンとした印象だなぁ。顔だけカブいて体がやたらとプレーンな配色なのが問題なんじゃないだろうか。

・まぁ、とりあえず、マントをとっちゃうと、顔がデカくて格好悪いので、マントは付けっぱにしておいた方がいいと思う。