トップ «前の日記(2014/04/20 [日] ) 最新 次の日記(2014/04/24 [木] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2014/04/23 [水] 

なぜか21日(月)の雑記を23日の日付で書いてしまったので、22日(火)と23日(水)の分も順次追記。
なんでこんなミスしてんだ俺…?いよいよボケたか?(;´Д`)

21日(月)

[雑誌] 週刊少年ジャンプ21号

「あばれ猿」打見佑祐の読み切り。鎬流だこれ。と、それはさておき、絵も話も悪くはないが、やはり薄味。刃牙とかケンガンアシュラのようにもう少し濃い方が好みだが、今のジャンプでそれは受けなさそうか。

「こち亀」サンテレビのキラーコンテンツはアニメではなく阪神戦中継。だからアニメよりも阪神戦が優先される。開局45周年記念特別番組と銘打って阪神戦を中継するような局だぞ。

[アニメ] キャプテンアース#03「アルビオンの虹」

・魔法少女ことアカリが登場したり、ダイチ達が一つ屋根の下で生活することになったり、ハナをとられたロリコンがキレてダイチを亡き者にしようとしたり、テッペイが敵のロボに似たロボで出撃したり。

・軟禁状態にあったダイチたちだが、司令の尽力でリードギアは撤廃。

・アカリは司令の娘。別れた嫁に引き取られていたが、嫁も家を空けており、一人で家に篭もっている内に凄腕のハッカーに成長。腕を見込まれてGlobeで働くことになったのだとか。

・別れた子どもと久々に会うはずの日に、女と会っててすっぽかした司令サイテーすぎる。

・アカリはもちろん、テッペイやハナ、ダイチは基地を離れて司令の家で共同生活を送ることに。

・男の方のキルトガングが襲来。この敵が9年前ダイチの父親が特攻で食い止めたものと同一の個体であることに気付いたメガネは、ダイチを排除すべくあえてこの情報をダイチにリーク。ダイチをけしかけ、抹殺を謀る。

・ダイチを援護すべく、ドイツの迎撃機をハッキングして迎撃に当たるアカリだが、キルトガングの足止めにもならず。整備も万全ではないアースエンジンでの迎撃は不可能と撤退を促す司令だが、ダイチは亡き父の命がけの行為を無にする訳にはいかないとこれを拒否。

・ロクに動けもせず絶体絶命のアースエンジンの前に、突如新たなキルトガングが登場。ハナが起動させ、テッペイが乗るこの機体は敵を瞬殺。敵の言い分からして、元々敵方のロボであることは間違いなく、乗組員であるテッペイや起動させたハナもそちら側の人間っぽい?と含みを持たせて次回に続く。

[アニメ] ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース#03「DIOの呪縛」

・ホリィにスタンドが発症し、ダウン。元凶であるディオを倒すために旅立つ話。

・これまでどおり、ディオがハーミット・パープルを使うシーンはそのまま。

・肉の芽は波紋で消滅するが、なら刺さったままで花京院の体に波紋を流せば良くね?とか、太陽光で露出してる部分が死ぬんじゃね?とか思わなくもないが、まぁそれも良し。

[アニメ] selector infected WIXOSS#03「この平穏は戯言」

・一衣は実は初心者。にもかかわらず晶に勝負を挑み、痛い目を見たところなのだが、にもかかわらずるう子に勝負を挑んできたのはるう子が弱そうだから。何も学んでいない…。

・当初、一衣の願い事のためにわざと負けようとするるう子だが、その意図に気づいた一衣に「そんなことして買っても意味が無い」と拒否られ、ならばと全力を出し、あっさり勝利。タマに見初められただけあってるう子も実は戦闘大好きっぽい。

・「友達はきれいなもの」だから八百長はダメだという一衣だが、無限少女になって強制的に誰かを友達にするのは八百長で友達作るのとあんまり変わらん気がするのだが、その辺はいいのだろうか?

・戦闘後、無限少女とか関係なく友達にならないかと提案するるう子に対し、返答を保留する一衣が酷い。友達欲しいんじゃなかったのかっつーか、そんなだから友達できないじゃないのか。

・晶に勝負を挑んだ遊月だが、「願い事」を盗み見られた挙句、煽られて冷静さを(元々ないがさらに)失い自滅して敗北。近親相姦言うなし。

・勝負に負けた遊月は弟から優しくされて癒やされるのだが、勝った晶は何度勝っても一向に無限少女に近づく実感が無いこと、目の上のたんこぶである浦添伊緒奈が絶好調であることに苛つき、荒れる。とてもカードゲームの販促アニメとは思えないむき出しの悪感情がなかなかひどい。

[アニメ] ヒーローバンク #03「めざせ100億円¥ ヒーローウォーズ開幕!!」

・優勝賞金100億円のヒーローバトル大会「ヒーローウォーズ」の開催が告知される。渡りに船とカイトもエントリーすることに。

・ヒーローウォーズの予選はエントリーした者同士が戦い合い、早く10勝したものから順番に抜けていくのだとか。ただし、勝ち数に数えられるのは一日一勝のみ。また、一度負けた相手にリベンジできるらしい。

・このルールは学生など時間を拘束される人が不利にならないようにと設けられたらしいのだが、一日一勝限定だとしても、10日目に対戦相手を探して徘徊できる暇人が有利には違いないような。

・エントリー代がなくヒーローウォーズにエントリーできないカイト

・ミツオが何者かにヒーローバトルへの関与をやめるよう脅されていることを知ったカイトは、犯人がクラス担任であることを知り、対決。

・担任は普段気弱な男なのだが、ヒーローバトル中は尊大。ミツオを脅したのは、ミツオがヒーローバトルにかまけて学業を疎かになり、自分の授業を聞かなくなるのではと危惧したから。

・対戦中にバトルマネーが尽きて、自らのリアルマネーを湯水のようにつぎ込む担任の大人気なさに吹く。

・あんだかんだあって観客の支持を得たカイトたちは、どっさりバトルマネーをあつめ、逆転勝利。ファイトマネーでヒーローウォーズにエントリーも済ませ、担任とも和解する。

・「ヒーローウォーズには参加しない」と言っていたナガレだが、どうやらカイトたちに隠れてこっそり参加しているらしいことを匂わせて次回に続く。

22日(火)

[野球] 藤浪 七回に崩れて降板、勝利逃す [デイリースポーツ]

どうも藤浪は100球or7回を超えられないな。

まぁ、言ってもまだ高卒二年目なんだし、仕方がないっちゃー仕方がないのかもだが。

それにしても、連続四球からの自分の悪送球でノーヒットで失点ってのはいただけない。一人相撲にも程がある。

ってゆーか、3点負けてる中日が7回ノーアウト1、2塁で送りバントという謎采配をして

2点しか要りませんよと言ってくれているのに

エラーだ何だでノーヒットで3点くれてやるとか、サービスしすぎだろ。

こういうのでイップスとかにならなきゃいいけどなぁ。

[アニメ] DIABOLIK LOVERS#02「Episode02」

・ビッチちゃんがただひたすらにレイプされる話。とか書くと毎回そうなりそうだなこのアニメ。

[アニメ] それでも世界は美しい#01「晴れの大国」[新]

・原作未読。概要も知らない。関西ではようやくスタート。しかも日テレ系列のよみうりではなくサンテレビで始まるという。

・弱小国家「雨の公国」の第4公女のヒロイン・ニケが、覇権国家「晴れの大国」の暴君の元に嫁いでみたら、相手はショタで。という話らしい。

・OPはなんか凄く淡白。絵もニケしか出てこないし、アバン→CM→OP→CMという入り方も変でなんかすごい違和感があるな。

・ニケは公女とはいえ、貧乏な国なので晴れの大国の一般市民と比較しても金を持っていない様子。そのせいもあるのか一般人相手にも偉ぶったところもなく実に庶民的なキャラで、カラッとした性格が好印象。

・晴れの大国の「太陽王」は即位から3年で世界征服を成し遂げたとかで、他国からは恐ろしい王として知られているが、雨の少ない晴れの大国にあって、上水道を整備したり治安を立てなおしたり国内では好意的な評価を得ている模様。

・ニナは空気(風?)を操ることができ、さらに雲を呼んできて雨を降らせたりもできるっぽい。すげえな。

・晴れの大国の中には、小国である「雨の公国」の自治を認め、公女を嫁に取ることを快く思っていない一派がいる模様。

・すったもんだの後、ようやく太陽王に謁見してみれば相手はショタでした。で次回に続く。

・ED。本編映像をつかってのキャラ/キャスト紹介は大変わかり易くてイイ感じ。だが、それはさておき、ショタの生ケツで終わるのはどうなんだ。

・本編開始直後にはゴツいオッサンばっかり出てくるし、「雨の公国」の公女の紹介を兼ねた回想シーンが何故かお色気サービスだったり、小悪党が「男性視聴者のために」少女を襲おうとしたり、あんまり少女マンガらしくない。

・視聴継続。よみうりは日テレアニメをやらないし、ガッチャマンクラウズとか一歩もサンテレビでやってくれ。

[アニメ] M3-ソノ黒キ鋼-#01「降星ノ夜」[新]

・極端に事前情報が少なかったので、本当に全くどんな話かしらない。ロボが出てくるのも本編見て初めて知った。

・なんだかよくわからないが「無明領域」とかいう何かに侵食された世界で、少年少女が戦ったりする話らしい。

・「無明領域」に取り残された人は、「イマシメ」とかいう怪物に変化する。イマシメは日が落ちた後なら無明領域の外にも出没するらしく、夜間外出は危険なんだとか。まぁコンビニは営業してるみたいだけど。

・主人公を含む幾人かの少年少女は、無明領域探査隊の第一期性に選抜されることに。アバンを観る限り、子供の頃に「ムクロ」とかいうロボット?と遭遇したメンバーらしい?

・訓練校の教師が頭が悪く暑苦しくて大変ウザい。ヒロイン?のエミルもウザい。主人公のアカシもスカシててあんまり好感度は高くない。うむ。

・イマシメやムクロ、主人公たちが乗るロボはCGで、まぁ普通。

・「イマシメ」は無明領域で死んだ人間が変化したもの。人間としての意識は微かなりとも残ってるらしい。という情報が与えられ、次回に続く。

・まぁ一応視聴継続。面白くなればいいけれど。

[アニメ] 極黒のブリュンヒルデ#03「鎮死剤」

・魔法使いは定期的に鎮死剤を投与しないと30時間で皮膚が裂け、35時間で内蔵が溶けて死ぬ。逃亡者であるネコ達は薬の補充ができず、節約のために体が裂けるまで我慢していたのだが、それでももう残り5日分(10錠)しかのこっておらず、さらに悪いことにネコの不注意から火事を出してしまい、残った鎮死剤も全て焼失してしまう。

・良太は映像記憶の持ち主であることが判明。一度だけ見た鎮死剤の包装とかつて見かけた薬剤知識から、鎮死剤の製造メーカーと製造工場を特定してしまう。そりゃまたなんというか、都合の良い。

・製造工場を割り出した良太達は、ネコの仲間の魔法使いで天才ハッカーのカズミを頼り、工場のセキュリティを無効化し、薬の強奪を画策するのだが、実行前にカナがネコが敵に殺される未来を予知。

・魔法使いの首につけられたハーネスとには3つのボタンが有り、ひとつは前回の殺すボタン。もう一つは魔法を使えなくするボタン。最後の一つはとても恐ろしい事が起こるらしいとかで誰も押したことがなく、したがって何が起こるかわからないボタンなのだそうな。なんだそりゃ。

・ネコの正体はやはりクロネコ。良太のことを全く覚えていないのは、魔法を使うたびに記憶が失われるからという事が判明。

・ネコは最初から自分が囮になることで良太に薬を発見させ、カナとカズミを救おうとしていたのだが、ネコの真意を知った良太はネコ救出を優先。結果、予知はより悪い結果(良太も死ぬ)に変化し、良太の眼前でネコは真っ二つにされてしまうのだが、良太にはまだ何か勝算があるらしいことが示され次回に続く。

[アニメ] ラブライブ!(2期)#03「ユメノトビラ」

・μ'sがA-RIZEに一目置かれていることが判明したり、アライズのお膝元で予選用のライブ映像を撮影することになる話。

・A-RIZEの長髪キャラの演技が。なんというか、前にカンペでも出てて、それを読んでいるかようだ。

・A-RIZEのダンスは2D。作画も演出も良く、μ'sのCGダンスよりも明らかに見栄えする。A-RIZEがディフェンディングチャンピオンで作品内の評価でもA-RIZEの方が格上なので、あってるといえばあってるのだけど。なんか釈然としないな。いやまぁμ'sでこれをやろうと思うと人数が多いのが凄いネックになりそうだが。

[アニメ] 一週間フレンズ#03「友達の友達。」

・藤宮さんがクラスで孤立していることが気になり始めた長谷くんは、協力者を増やそうと提案。まずは自分の親友である桐生翔吾を巻き込むことに。

・話してみたはいいものの、桐生の歯に衣着せぬ物言いと横柄な態度で空気は悪化。自分のせいで長谷と桐生の仲が険悪になったことに責任を感じる藤宮さんだが、長谷と桐生はそれぞれ大して気にも止めていない様子。この程度の衝突は日常なんだろうか。

・普段無口キャラで通している藤宮さんはクラスの女子の受けが悪く、普段から陰口の対象になっているらしい。

・週明け月曜日。いつものように記憶を失った藤宮さんだが、ふとしたきっかけで長谷に卵焼きを作ったことを思い出す。

・また、友達だと認識していない桐生のことは忘れなかったらしい。でもそうすると誰が桐生と引きあわせたのかという当たりで記憶の齟齬が発生しそうな気がするのだが。

・部分的であれ記憶が戻ったことや、秘密を共有できる人間が一人増えたことで、これからうまく行くのではないかと楽観視する長谷だが、ナレーションによるとそう上手くは行かないらしい。とりあえず桐生に関しては今以上に親しくなったらコロッと忘れそうだわな。

[アニメ] マジンボーン#04「戦士の覚悟」

・ドラゴンボーンに選ばれ、戦いに巻き込まれたことに苦悩する翔悟だが、タイロン、アントニオ、ルークの説得を受けて吹っ切れ、ドラゴンボーンに変身する話。

・「自分たちのいる世界がほうっておくと足元から崩れていく」という話を潮干狩りから思いついたというルークに笑う。イイキャラしてるな。

・今回作画が怪しいのだが、3DCGを使ったアクションシーンは素晴らしい動きで大変イイ感じ。3Dの恩恵だなぁ。ドラゴンボーンの空手アクションはカッコイイな。

・変身して敵を倒すドラゴンだが、倒した敵に「裏切り者」呼ばわりされて困惑。アントニオやタイロンも事情を把握していないのだが、ルークに尋ねようとしたところで早穂が入ってきて有耶無耶になり次回に続く。

23日(水)

[野球] 神4連勝でストップ 竜・川上1勝 [デイリースポーツ]

まぁ打てなきゃ勝てん。

2回満塁作って(しかもその内一回は四死球3つで満塁もらって)無得点だからな。

そりゃ無理よ。

まぁ、2回とも2アウト満塁で回ってきた梅野は残念だったけど

最後まで守ってたことといい、良い経験が出来たから良し。

今日はどっちかというとまるでタイミングあってなかった今成と

未だに調子を上げてくる気配がまるで見えない福留の方が悪い。

つか、いつまで福留使ってんだ(;´Д`)

もうそろそろ諦めろよ。

[アニメ] ブラック・ブレット#03「運命の子供たち」

・前回逃亡した延珠だが、自力で帰還。覚悟を決めて登校するのだが受け入れられず、結局はじき出されてしまう。(元)友人に拒絶されても人間のために戦う延珠が健気でイイね。

・サイボーグ仮面にフルボッコにされる蓮太郎だが、どう見ても助からない怪我から即回復する。回想シーンで女医に改造されてるっぽいシーンが入るし、蓮太郎もサイボーグなんかね?

・ガストレアはその進行具合から5つのステージに別れており、ステージ5になると超巨大な体躯を持つ上、バラニウムも効かないらしい。バラニウムが効かないガストレアなんてどうやって倒すんだ。

[アニメ] ソウルイーターノット!#03「女子寮の魔女!」

・アバン。悪夢にうなされるキム。いきなりホラーテイストで何事かと思った。

・エターナルフェザーはキムに勝手につけられた芸名。本人もこの名前は恥ずかしいと思っているらしい。

・つぐみ達は死武専の非戦闘科(NOT)所属らしい。武器のつぐみはともかく、非戦闘員の職人ってなんのためにいるのだろう?

・どうにも間が悪く、つぐみとペアを組めず拗ねるアーニャが可愛い。

・死武専生を狙った闇討ちが横行。単独行動していたアーニャが狙われるのだが、ここの戦闘シーンがイイ感じに動いててかっこいい。そしてロイヤルカラテとは一体。

・襲撃者はつぐみ達や護衛の兄ちゃんの乱入で無事撃退。キムに盗られたお小遣いはオックスがバイトで稼いだ金で返却。襲撃者に毒を受けていたアーニャだが、その傷もキムが(こっそり魔法で)治癒し、全て元通り。授業でアーニャを仲間はずれにしてしまったことをわび、めでたしめでたし。

・次につぐみとペアになるのはアーニャであることを忘れないように腕に「次はアーニャさん」と書いためめだが、案の定腕を見ても「次」が何の次か忘れている、というオチで終了。

・どこまでガチか分からないけど、めめの記憶力のなさはちょっと怖いな。なんか深刻な病気なんじゃないのかっつーか。

[アニメ] ディスク・ウォーズ アベンジャーズ#04「助っ人ホークアイ」

・子供たちにインストールされたバイオコードは不完全なため、ディスクに閉じ込められたヒーローたちを開放できるのは333秒だけ。一度開放すると6時間のブランクが必要らしい。

・ロキと組んでディスクを奪った科学者がシールドの所属であったことを理由に、フューリーはシールドの長官職を解かれ、シールドは無期限の活動停止を言い渡される。どうも命令してきたロバート上院議員ってのもロキと繋がってるっぽい?

・街に出現したリザードをシールドに代わって迎撃するためにアキラとアイアンマンが出動。先に現場に着ていたスパイダーマンと共闘してリザードを撃退するのだが、それはさておき。

・ディスクに特殊なコードを入力することで必殺技が使えるのだが、元々囚人を収容するための装置になぜそんな裏ワザを仕込んだのか。

・リザードの撃退に成功するも、活動限界時間がきてアイアンマンはディスクの中に戻ってしまうのだが、敵の増援が現れアキラとスパイダーマンが大ピンチに。この危機を察したシールドのエージェントが、ヴィランが狙っているディスクを横取りするために必要だとして、ヒカルを現場に引っ張りだそうとし、次回に続く。

・助っ人ホークアイというサブタイトルなのに、まだ助っ人してねえ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
通りすがり (2014/04/23 [水]  00:25)

肉の芽と聞くとニンニクの芽と肉の炒め物が食いたくなります ささったまま波紋流すと残骸が脳に残って良くないのでは?とかこじ付けたくなりますがまあ荒木先生はそんな瑣末な事は気にされていないのでしょうな笑

通りすがり (2014/04/23 [水]  00:30)

それよりもスタンドって呼び名がなんで共通認識になっとるんでしょうな ジョセフが名付けたんじゃないのか? また律義にタロットの名前を各自名乗ってるのはなぜだろう? しかもかぶらないし

通りすがり (2014/04/23 [水]  00:30)

まあそれもよし

さんとお (2014/04/23 [水]  02:09)

3部序盤は設定が固まってない感というか、後から見ると不思議なシーンが続出しますよね。
まぁそういうところもジョジョらしくていいと思いますけどね。