トップ «前の日記(2014/04/15 [火] ) 最新 次の日記(2014/04/17 [木] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2014/04/16 [水] 

[野球] 阪神岩崎6回3失点「要所で打たれた」 [デイリースポーツ]

大瀬良に打たれたのはいただけないけど、新人としてはまぁ十分にやれてたと思う。

問題は打つ方よ。

チャンスでマートン、新井良太が簡単にスライダーをひっかけて凡退した場面がどうにも気にかかる。

確変終了のお知らせかのう。

つか、なんでいい感じに連勝してるのに鶴岡外して藤井を先発させた。

1回表ノーアウト1塁で送りバントでアウトカウントプレゼントするのもいい加減やめろ。相手は未勝利の新人なんだし、とにかくアウトカウントが欲しい場面だったろうに、なぜそこで盗塁で揺さぶってみようとかそういう作戦を取れないのか。

そして、いつまで福留使ってんだ。チャンスで代打送る程度の信頼感なら結果を残してる俊介か田上を出せよ。

はぁ。

[アニメ] 金色のコルダ Blue♪Sky#01「じまりのパルティータ」[新]

・原作ゲーム未プレイ。前作アニメも観てない。

・一応観てみたけど、まぁ、これはもういいかな。視聴はここまで。

[アニメ] ブラック・ブレット#02「狂気の仮面」

・「呪われた子供」が社会的にどういう扱いなのかを説明する話。

・「呪われた子供」は人権を認められておらず、街の周辺のスラムでホームレス生活をしており、街に侵入するとそれだけで迫害を受ける模様。

・作中で盗みを働いて店主に捕まり、警官に戯れで殺されかける「呪われた子供」が登場するのだが、なんであの子は一般人の大人に押さえつけられたり、簡単に撃たれたりしてたのだろう?「呪われた子供」なら誰でも強いわけではなく、運動能力が人間並みの子もいるのだろうか?

・つか、警官があんなに簡単に発泡できるとか、怖い世界だな。

・前回登場の仮面の男は、対ガストレア用のサイボーグ兵士。サイボーグ兵士は存在自体秘匿されており、存在は都市伝説の類だと思われてるっぽい。

・殺されかけた「呪われた子供」を助けようとした蓮太郎の元に仮面の男が出現。仮面の男は今の社会体制を転覆させたいらしく、蓮太郎をスカウトにきたのだが、蓮太郎はこれを拒否。

・翌日、延珠が「呪われた子供」であるという情報が延珠の通う学校にリークされ、居場所を失った延珠は蓮太郎の元から姿を消す。延珠を探して元々延珠が住んでいた廃墟に向かう蓮太郎だが、会っては貰えず。次回に続く。

・呪われた子供たちの面倒を見ているのは「長老」と呼ばれる初老の男。子供たちが社会で生きていけるように教育を行っているらしく、子供たちからも懐かれていて善人なのかもしれないけど、風体や声が非常に胡散臭い。薄い本で出番多そうだ。

[アニメ] ソウルイーターノット!#02「女子寮あらかると!」

・3人が女子寮に入寮してキャッキャする話。

・寮長のミザリーは、そのまんまミザリー。アーニャ同様「庶民」の理想像があるらしく、その理想をつぐみに押し付けようと寝こみを襲って縛り上げ、鼻を折って低くしようとするなど、中々怖い。

・死武専から一週間の生活費を受け取っていた3人だが、つぐみはキムにカツアゲされ、アーニャは一日で散財、めめは紛失して無くしてしまい、喫茶店でバイトをすることに。

・前回もチラッと出てたイケメン男子二人組は、アーニャの護衛らしい。またアーニャはそのことを知らない模様。

・ポンコツお嬢様のアーニャが大変可愛い。バイトで一番役に立ってるのは意外だが、ハツラツと動いている様子も可愛い。

・めめのうっかりは日常生活をちゃんと送れるのか心配になるレベル。眠ったまま戦う「睡拳」は今後活かされるシーンがあるのだろうか。

・名前を呼び捨てにさせることで一気に距離を詰めにかかるつぐみだが、アーニャにはハードルが高く、照れまくって「つ…愚民」とか口走ってしまい、次回に続く。

・絶好のガガントスチャンスだと思ったのだが、ガチでカチンときたのか、眉をひそめるつぐみが残念。てか、ガガントスはそんなに使っていかないのかね?にゃんぱすみたいなもんか。

[アニメ] ディスク・ウォーズ アベンジャーズ#03「復活!アイアンマン」

・子供たちの活躍で人質の姉ちゃんは無事救出されるのだが、キャプテンアメリカを始めとするヒーローは皆ディスクに封印されてしまい、かろうじて封印を逃れたアイアンマンも大ダメージを負ってしまう。前回のサブタイトル「ヒーロー全滅」でここまでやっとくべきだったんじゃないか。

・子供たちが持って逃げていたアタッシュケースには、ディスクを扱うために必要なバイオコードをインストールするための機械が入っていた。この計画の首謀者とロキの目的は、世界中のヒーローとヴィランをディスクに封印した上でこの機械を破壊し、自分たち意外の人間がディスクを扱えないようにすること。

・残ったアイアンマンもディスクに捕らえられてしまうのだが、その時、壊れたと思われていたインストーラーが激しく発酵。その場に居た子供たちにバイオコードをインストール。同時に実はちゃっかり生き残っていたスパイダーマンが敵の手からアイアンマンのディスクを奪い返し、バイオコードがインストールされたアキラの手でアイアンマンが復活。

・一気に混戦状態となった戦場でディスクを奪い返そうとしたアキラのリストバンドとロキのディスクバンドが接触。全てのディスクは何処ともわからない次元の彼方に吹き飛ばされてしまう。

・ロキたちも撤退し、これでようやく一段落と思いきや、アキラの父親のいた研究室が爆発。父親は行方不明になってしまう。

・一度はディスクから開放されたアイアンマンだが、なぜか再びディスクに戻り、バイオコードをインストールした子供たちは、検査のためにシールドに身柄を拘束されてしまう。

・封印されたままの状態でアイアンマンが話しかけてきて次回に続く。

・ようやくキリの良い所までやった感じ。向こうではここまでで1話なんだろうかね。なんにしてもこれからテンポアップするといいなぁ。