トップ «前の日記(2014/04/29 [火] ) 最新 次の日記(2014/05/01 [木] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2014/04/30 [水] 

アイカツのOP/EDのハイレゾ配信キター!と思ったらTVサイズだった…。
アイカツは配信はTVサイズしかやらんよなぁ。

[野球] 鶴岡 先発マスクで9勝1敗 [デイリースポーツ]

昨日の締まった試合とは真逆のgdgd感満載の乱打戦だったがまぁ勝っただけマシか。

それにしても藤浪はピリっとせんね。

味方が大量得点した直後に投手に四球とか。

まぁそれでも上本のエラーがなければあんな大量失点にはならんかったとは思うけどな。


と、それはさておき。

引用元のタイトルどおり鶴岡の勝率はすごいよな。

こんな調子で勝ちまくられたらいよいよ梅野の出番が減ってしまう。

藤井が鶴岡になった所で全然若返れてないのがなぁ。

痛し痒しだのう。

[アニメ] DIABOLIK LOVERS#03「Episode03」

・ビッチちゃんすっかり慰み者。

[アニメ] それでも世界は美しい#02「雨の公女」

・ニケが雨を降らせる話。

・晴れの大国の王が雨の公女を呼び寄せたのは雨を降らせるため。晴れの大国ではそもそも雨が降らないらしく、リビは雨を知らないらしい。それにしては晴れの大国は砂漠でも何でも無くそれなりに潤っているなぁ。

・雨降らしは雨を望む人が術者に「世界の美しさ」を実感させなければならないのだとか。理由は術者が雨を呼ぶための歌をその都度調合しなければならないから。

・次第にリビと打ち解け始めるニケだが、暗殺者からニケを守ったことで傷を負ってしまう。一端は心を開きかけたリビだがこの件をきっかけに再び心を閉ざし、自分の周囲は全て敵と反乱分子を粛清。ニケの身に類が及ばないように国に帰そうとするのだが、追い詰められた反乱分子によって城が出火。城に取り残されたリビを救うべく、ニケが雨を呼び、無事鎮火させて次回に続く。

・消火能力の高い雨だな。

・ってゆーか、この短い間に2回も暗殺されかけて、2回ともニケがいなければ危なかったわけだけど、リビはよく今まで生きてたな。

[アニメ] M3-ソノ黒キ鋼-#02「死神ニ抱カレ」

・月曜深夜はアニメが多いので、なんかうざいキャラばかりで見るのが面倒くさいこの作品は視聴終了。

[アニメ] 極黒のブリュンヒルデ#04「失われた記憶」

・前回、ネコを殺された良太だが、直後に背後から敵の魔法使いに致命傷を与えることに成功。魔法使いの能力で時間を巻き戻させることに成功。ネコは生き返り、時間を巻き戻すという大技を使った魔法使いはハングアップして魔法が使えなくなり、遠隔操作でイジェクトされて解けて死んでしまう。

・魔法使いには、謎の怪生物が寄生していることが判明。この謎生物が魔法の源っぽい。

・少ないながら薬を奪うことに成功したネコと良太は無事帰還。カナとカズミも残った一つの薬を分けあってかろうじて命をつないでおり、全員生存。

・ネコが研究所を逃げるときに預かった謎のアイテムが登場。ひとつは何かの端末で、もうひとつは「宇宙人の受精卵」。さっきの謎生物だろうか。

・カズミいわく、カナは動こうと思えば動けるらしい。じゃあ何故動かないのだろう?

・家を焼け出されたネコとカナにつづいて、カズミも天文台に転がり込んでくることに。

・逃げた魔法使いは全部で24人。うち8人は研究所に捕縛され、5人は薬切れで死亡を確認。残りの大半もすでに薬切れになっている公算が高いらしい。

・研究所は魔法使い(宇宙人?)の研究や管理だけではなく、何がしかの目的があって活動しているらしい。

・捕縛した魔女の一人からネコたちの居場所を聞き出した研究所の幹部は、良太たちのいる天文部に新たな魔女を投入。次回に続く。

・前回死んだ魔女と違い、ネコ達は誰も転校生が魔女だと気が付かないのだが、この子はネコ達と面識がないのかね?

[アニメ] ラブライブ!(2期)#04「宇宙No.1アイドル」

・ニコ回。

・当然ながらμ'sは予備予選を通過。本線に向けて意気上がるメンバーだが、なぜかニコだけテンションが上がらず、それどころか練習をサボってこそこそなにかをやっている様子。気になって後をつけたメンバーはニコを見失うものの、ニコの妹を発見。

・ニコには妹2人に弟一人がいるのだが、妹達には自分はスーパーアイドルでμ'sは自分のバックダンサーであると説明しており、妹達は完全に信じ込んでいる。理由はμ's結成前からスクールアイドルをやっていたニコが、家族の手前失敗したとは言い出せず、後発のμ'sに混ざった経緯を取り繕った結果、「μ'sはバックダンサー」ということになったらしい。

・ちなみに、ニコが練習をサボった理由は、親が出張で家を開けており、妹達の世話をしなければならないから。ってことは片親なんかね?

・ニコの事情を察したメンバーはニコの妹達のためにニコのステージを設置。このステージでニコは妹達の前でスーパーアイドル廃業と、これかっらはμ'sの一員として活動すると宣言して次回に続く。

・結局、嘘を突き通したのか。まぁ、変に改心するのもどうかとも思うけど、これでいいのだろうか。

[アニメ] 一週間フレンズ#04「友達とのけんか。」

・自分との記憶はなくなるのに桐生のことは忘れていない藤宮さんに嫉妬する長谷。つい売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまう。

・冷静に考えれば桐生のことはなんとも思ってないから覚えてて、長谷のことは友達だと思ってるから忘れるわけだし、長谷と共有できそうな話題が共通の知人である桐生の話だから桐生の話が増えるのだろうけど、まぁ、そりゃ二人でいる時に別の男の話ばっかりされりゃ気分悪いわな。

・長谷と喧嘩した藤宮さんは河原で自転車と接触した際、大事な日記を落としてしまう。折悪くその日は金曜日であり、しかも雨に打たれて熱を出して月曜日に学校を休んだせいで、藤宮さんが日記を失ったことが発覚したのは火曜日。すっかり長谷のことを忘れた藤宮さんは日記のことも覚えていない。

・桐生の助言もあって藤宮さんが日記を紛失したことに思い至った長谷は日記を探して街を徘徊。同じく桐生の助言を受けた藤宮さんも自分がなにか大切なことを忘れていることに気づき、情況証拠から記憶は思い出せなくても長谷との信頼感を取り戻していき、無事日記を発見したことで完全和解。めでたしめでたし。次回に続く。

・それにしてもこの期に及んで桐生との記憶が無くならないのはなんというか薄情な話だな。今回世話になったあとでもまだ知人の域を出ないのだろうか。

[アニメ] マジンボーン#05「魔神降臨」

・やたら偉そうなショタ・ギルバートが登場する話。

・翔悟やアントニオ、タイロンと違い、自ら志願してボーンファイターになったギルバートは強烈な使命感とプライドの持ち主で、自分はエリート他はカス。味方意外は全て敵で、敵は殲滅あるのみ。ぐらいの勢いのキャラ。たいそうムカつくガキなのだが、アントニオやタイロン、ルークは子供だからしょうがないてきな生暖かい目で見ている様子。

・敵は「始まりの魔神」とかいうのの手先で、翔悟たちのボーンを回収にきているのだとか。

・早穂は将来理数系の大学に進学したいらしい。今どき女子が理系なんてとか言い出す親もアレだが、それよりなにより早穂が真剣に進路を考えてたことに驚いた。もっとフワフワしたキャラだと思ってたわ。

・ギルバート(レオボーン)の戦闘スタイルはボクシング。ぱっと見でそれと判る動きはなかなかイイ感じ。

・敵の雑魚を圧倒するレオボーンだが、幹部らしき馬の敵に右足一本で軽くいなされKO。さらに敵雑魚がフォーメーションを組んで魔神を召喚。そのパワーで強化された(?)雑魚が翔悟達を含めた5人を圧倒。なぜか敵の大将である馬があえてとどめを刺さず撤退したことで、かろうじて生き延びることがき、次回に続く。

[アニメ] ブラック・ブレット#04「黒の銃弾」

・蓮太郎は仮面の男同様のサイボーグ兵であることが判明。なんでも居候先の天童木更の家がガストレアの襲撃にあった時、瀕死の重傷を置い、運び込まれた先でちょくちょく出てたマッドな医者に改造されたのだとか。なお、この際、木更の両親は死亡。木更は精神的なショックから腎機能がほぼ停止しているのだとか。

・仮面の男に瀕死の重症を負わされる蓮太郎だが、マッドサイエンティストから渡された「ガストレアから作られた薬」を使って大復活。その勢いで仮面の男の撃破にも成功する。この薬は結構な確率でガストレア化する可能性をもった劇薬なのだが、どうにかガストレア化は避けられた模様。ってそれは永続的に避けられたのだろうか?呪われた子供のようにじわじわ侵食されてる可能性もあるのだろうか?

・仮面の男を撃退した蓮太郎だが、時既に遅く、ステージ5が出現。切り札である超巨大レールガンを使うことになるのだが、肝心の弾丸が装填されておらずしかも電磁波の影響で遠隔操作ができないといった散々な有り様に。

・このピンチにレールガンに乗り込んだ蓮太郎は自らの義手をひっぺがして男装に装填し、レールガン内部から手動での射撃を敢行。いくら巨大な的とはいえ、空力特性もへったくれもない義手を遙か彼方の敵に手動で中てなければならない(外せば超加速された義手そのものが街に大災害を呼びかねない)というプレッシャーに押しつぶされかける蓮太郎だが、延珠の励ましもあり賦活。見事に命中させ、ステージ5の撃退に成功。

・殿を務めていた幼女は致命傷を負っており、生存のためにガストレアの侵食が進行。自ら懇願して蓮太郎にとどめを刺してもらい絶命する。

・この一連の騒動が、呪われた子供の人権を認める法案に反対する蓮太郎の養父が仕組んだ陰謀だと気づいた蓮太郎は養父と決別。

・ステージ5を呼び出すアイテムの正体は「壊れた三輪車」なぜそんなものがガストレアを呼びよせるのかは現時点では不明だが、聖天使はその理由を知っており、ガストレアの正体にも繋がる話なんだとか。

・延珠本人には知らせていないが延珠の侵食率は42%を超えており、形状崩壊寸前になっているらしい。

[アニメ] ソウルイーターノット!#04「迷って、走って!」

・もともと一般人だったつぐみは前回の死武専生狩りがトラウマになっているらしい。この路線引っ張るのか。

・EATならまだしも何故NOTクラスに職人が、とおいうのはつぐみにとっても疑問だったらしく、アーニャたちに訪ねるのだが、めめは忘れており、アーニャには話をはぐらかされてしまう。

・というわけで茜に訪ねてみたところ、死武専は超エリート校で死武専卒という肩書はキャリアとして世界中で通用するブランドになっていることが判明。また、世界の警察を自認する死武専に入って正義の為に働こうという者も多いのだとか。

・なお、茜は代々続く暗殺拳の家系の出であり、その血なまぐさい技術を世のために生かそうと死武専に入ったのだとか。当然EATに進むつもりらしい。

・なんのつもりがあるのか、つぐみに粉かける茜。すっかりその気になってしまったつぐみは、クレイから茜の本心を聞き出そうとするのだが、色恋話だと思わなかったクレイが、アーニャの護衛任務がバレたのかと慌ててごまかそうとして、昼メロのようなドロドロの恋愛関係をでっち上げてしまう。

・さすがにこのクレイの説明に不信感を抱いたつぐみはエターナルフェザーに相談するのだが、エターナルフェザーは恋話に全く縁がなく撃沈。どこまでも不憫なキャラだなエターナルフェザー。

・困り果てたつぐみは偶然であったマカに声をかけるのだが、相談する前に「ドンマイ」と打ち切られてしまう。と、それはさておき、このアニメでソウルイーターが喋ったのはこれが初めてじゃね?

・早朝何故か全裸でつぐみのベットに潜り込んでるめめ。全裸はともかく顔や体に汚れがついてるのはなんなんだろう?

・体力測定で圧倒的な成績を残すアーニャとめめを尻目にろくな成績が残せないことに凹むつぐみだが、茜にフォローされたりいつもと変わらないあアーニャやめめに癒やされたりして終了次回に続く。

[アニメ] ディスク・ウォーズ アベンジャーズ#05「マイティ・ソー降臨」

・マイティ・ソーが復活する話。

・ヴィランに追い詰められたアキラはディスクを差し出すという芝居を打つのだが乗ってきたアイアンマンとガチの言い争いになり失敗。しかし、そこで稼いだ時間でホークアイとヒカルが現場に到着。

・銀行の金庫に潜入するヒカルだが、そこにあったのはキングコブラのディスク。

・慌てて逃げようとしたヒカルはキングコブラの攻撃でビルから転落。間一髪でスパイダーマンに救われ、スパイダーマンが持っていたマイティ・ソーのディスクを託される。

・ソーの出現に呆然とするダイヤモンドバックの隙を突いてアキラは戦線離脱。ソーはその圧倒的な力でキングコブラを瞬殺し、ダイヤモンドバックの奇襲を物ともせず、これまた一蹴。ダイヤモンドバックの捕縛に成功する。

・前回からシールド潰しにきていた上院議員はロキの変装。アキラの父を捕らえ、ディスクの居場所を探すレーダーを作らせてその反応を負っているらしい。

・バイオコードをインストールされたヘッドホンの少年の前にスパイダーマンが現れて次回に続く。