トップ «前の日記(2013/04/17 [水] ) 最新 次の日記(2013/04/19 [金] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2013/04/18 [木] 

1ヶ月ほど縮小更新予定。当面アニメは1日1本が限界かのう。日曜はプリキュアとヤマト観たいけどなぁ。

[野球] 阪神打線爆発で完勝!マートン5打点 [デイリースポーツ]

打線の爆発もだけど、ここまで榎田を好リードしている日高をメインで使うというのはどうだろうか。

藤井と違って打つし。

あるいは、日高を新井さんの代わりにファーストで使うとか。

あと、坂がいるんだし、関本2軍に落として、伊藤隼太とか上げてこようぜ。

こういう大差の試合で福留の代わりに守らせたり打たせたりできるし。

つか、良太はまだ守れないんだったら上げてくんなよ(;´Д`)

一軍枠をなんだと思ってんだ阪神は。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン20号

「バチバチ」まともにやりあったら天雷の方が強いのか。いや、結局、技で王虎が勝つ気がするけど。

「実は私は」獅穂がエロければエロいほど、なんか微妙な気分になるな…。

「いきいきごんぼZ」新連載。単行本の表紙のイマキマキが大変可愛い。しかし、表紙詐欺かといわれると、実にこの作品らしいと言えなくもなくて、詐欺とは言い切れないような気もしてくるな。

「ブラックジャックREAL」わたべ淳。これまた非常にブラックジャックっぽい話で大変イイ感じ。あいかわらずブラックジャックは傍観者だけど、そこがあんまり気にならない作りなのは上手い。

「バーサスアース」深柱少年のディープキスというか、イラマチオというかが。真っ二つから自力で復活するシーンもだが、なんだか急にマニアックな香りがしてきたな。

「マーニー」メカニック話。どうやらメカニックは遠回しにマーニーを追い込もうとしているらしい。こちらも転び方によっては酷いことになりそうだのう。

「まるみこ天然小学校」蓮古田二郎の集中連載第一回。常識の欠落した児童を集めたクラスと熱血教師のギャグ作品。意外性と毒のあるネタで勢いもあって悪くない。おじさんは人間として生きていける…かなぁ?

「ブゲイモノ剛矢」友利卓司の読み切り。特異な肉体を持つ主人公のバトルマンガ。絵というかデフォルメの仕方に個性があり、ここを味にまでもっていければ悪くないと思う。あるいは、キャラのシルエットはこのままに、絵柄をもう少しリアルな感じに寄せてみると面白いかもしれない。話の方は主人公の特性を解説しただけで終わっているので、なんというかイマイチ。

[アニメ] アイカツ!#28「フレッシュガールズカップ美月チャレンジ!」

・学園の女王・美月へ、他の全校生徒が挑戦するという穏やかじゃないイベント「フレッシュガールズカップ」が開催されることに。1対全校生徒とか、スターライト学園の女王のハードルめちゃくちゃ高いな。

・ちなみに、美月は入学直後のフレッシュガールズカップで、当時の女王を下し、女王の座についたのだそうな。

・フレッシュガールズカップを前に、教師とマンツーマンの特訓に精を出すさくら。この時期、教師の競争倍率は異常に上がっているのだが、さくらの場合、兄のグッズを目当てに教師の方から声をかけてきたのだそうな。って、それ不正なんじゃね?大丈夫かさくら。

・今年のフレッシュガールズカップでは、美月の提案で、ステージ中いつ出るかわからないジョニーの指示を受けて即スペシャルアピールを決めなくてはならないらしい。しかも3回。以前、いちごが美月のライブに出ることになった回での話を踏まえると、限りなくムチャぶりだが、美月にしてみればそうやって雑魚をふるい落とさないと体力が持たんというのも分からないでもない。

・フレッシュガールズカップを前に、好物のにんにくラーメン断ちを決意するユリカ様。たかだか数日我慢できないほど好きだったのか。よく今までバレなかったな。

・体力づくりにエンジェリーマウンテンで山篭りを開始するいちご・あおい・蘭。おとめは誘わないのか、と思ったら、なんと先回りしていた。しかも、車で送り届けてもらった3人と違い、自分で走って山に入ったらしい。おとめってそんなに体力あったのか。

・そんなこんなで必死になって特訓するいちご達だが、その様子を見つめる美月は「みんな大事なことを忘れてなきゃいいけど」と浮かぬ顔。

・同じ頃、やるべき特訓はやってるはずなのに、と何か釈然としないものを感じ始めるいちご。自分でも理由を把握できていないのだが、らいちからかかってきた電話で、自分が全くアイカツを楽しんでいないことに気が付き、あおいや蘭を巻き込んで意識改革という名のキャッキャウフフ。

・それはさておき、いちごのモノマネで自分のあおいフェチっぷりを自ら指摘してみせるらいちさんが色んな意味ですげえ。

・気を取り直してステージに向かういちご達。緊張とは無縁のマイペースで、初めて出会った時と同じく虹をつかもうとして噴水に落ちているおとめ、その様子を見て緊張を解かれたユリカ、さくらと合流。CGの都合で6人まとめて一つの組みになり、美月との対決に挑むことに。

・美月も加えて7人でのダンスシーンになるのだが、改めて勢揃いしてみると、CGは本当に可愛くなったなー。

・あ、スペシャルアピールじゃなくていいのか。そりゃそうか、1ステージで3回スペシャルアピールだと、美月しかできないって話だったもんな。

・と、それはさておき、ただのアピールでも相当難しいのらしく、おとめ、ユリカ、さくらは失格。合格したいちご、あおい、蘭は次のステージに進出することに。次回に続く。

・予告編のインパクトに吹く。なんだあれ。