トップ «前の日記(2013/04/26 [金] ) 最新 次の日記(2013/04/28 [日] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2013/04/27 [土] 

[野球] DeNA藤井11年ぶり完投星、阪神完敗 [デイリースポーツ]

新井が悪いよ新井が。

確かに難しいバウンドだったとはいえ、せっかくの西岡のファインプレーを台無しにしてしまったり

満塁で回ってきて見え見えの配球で攻められて三振したり。

まぁ新井が悪い。


っつーか、小嶋…(;´Д`)

やっぱりブレイクは無理か…。

なんてもったいない奴なんだ。とほほ。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ22・23号

「暗殺教室」渚の才能が判明する話。外見と能力の親和性が高く、かつキャラとのギャップが大きいのが大変イイ感じ。

「Moon Walker 〜金鉱採掘人と光る石〜」許斐剛の読み切り。なんというか、絵はともかく内容が非常にプロっぽくなく、アマチュアが漫研の部誌で発表してそうな感じ。そこが作者の魅力といえばそうかもしれないが。

「めだかボックス」最終回。最後は少年漫画らしく綺麗に終わった。ここ4年、ジャンプに載ってた漫画の中では面白い作品だった。異能バトルものは数あれど、さすがは西尾維新というか異彩を放っていたと思う。原作者、作画担当それぞれの次回作にも期待。

「食戟のソーマ」ソーマさんかっけえ。

「トリコ」節乃さん怖い。

「てとくち」原作:大崎知仁/作画:河下水希の読み切り。というか今度SQで始まる連載の前日譚らしい。原作者がついてるだけあって、非常にかっちりした構成の漫画だなぁという印象。そして、流石というか、絵が可愛い。そして連載本編が4年後ということは、ヒロインは人妻なのだろうか。ちょっと気になるね。

「ワールドトリガー」千佳ちゃんかわいい。

[アニメ] 探検ドリランド -1000年の真宝-#04「飛べ、雷蝶花フェイリン!」

・フェイリンが仲間になる話。

・温泉地に飛ばされてきたハガンたちは、そこで中居として働くフェイリンと遭遇。そのまま客引きされてフェイリンの務める宿に宿泊することに。

・フェイリンが務める宿は中居が美少女揃いでハガンとキバマルは有頂天でサービスを受けるのだが、金を持っていないことが判明。旅館で下働きをする羽目に。

・客の背中を流すという仕事を言い渡され、女湯をめぐって争うハガンとキバマル。こういうストレートなスケベさは今ではかえって新鮮だな。

・温泉町の温泉が枯れるという事件が発生。地脈を読んだハガンは原因を探りに出発。同行を申し出たフェイリンが実はハンターであることが判明。カードから復活したのは女神の雫が溶け込んだ温泉に浸っていたから。なお、旅館の女将や同僚もフェイリン同様温泉効果で復活したハンターで、現代では嫌われているハンターであることを隠し、真法力を封印して温泉旅館を営んでいるのだとか。

・フェイリンの変身バンクは変身シーンの描写がシンプルでいきなり変わってるのが残念。その分、名乗りシーンで異様に動くのはイイ感じ。

・フェイリンは雷属性のハンター。バリアーを張ったり、空を飛んだり、電気を使った治療もできる。使い勝手のいい能力だったんだな雷。

・源泉にたどり着いたハガンはそこで温泉のパイプに変なカエルが詰まっているのを発見。詰まりを解消し、無事村に温泉が戻る。ってか、パイプづまりが原因なのかよ!

・ちなみに温泉を詰まらせていたのは村の氏神。非常に雑なデザインのキャラだが、一緒についてきた。これもしかしてレギュラーなんだろうか?

・と思ってたら、ハガンたちと一緒に旅立つことになったフェイリンの帽子に変身してついてきた。マジでレギュラーだったか。