トップ «前の日記(2013/04/07 [日] ) 最新 次の日記(2013/04/09 [火] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2013/04/08 [月] 

山中慎介の試合が超面白かったおかげで、昨日の亀田興毅の試合のグダグダっぷりが際立ってしまったな。
まさかそれを狙って日程くんだわけでもないだろうけど、これで亀田陣営が統一戦を拒んだら、いよいよ逃げたという印象が強くなるのは否めないよなぁ。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ18号

「ジェダの通学路」岩本直樹の読み切り。ど田舎暮らしの少年が超過酷な通学路を通って学校に行く話。正直うーん。なんかのテーマアンソロジーの中にあるとかならともかく、単体の読み切りで読むにはあまりに薄味すぎる気がする。

[特撮] ファイヤーレオン#01「ファイヤーレオン登場!」[新]

・ブシロード制作の特撮(?)プロレスヒーロー番組。ご当地ヒーローとのコラボやブシロード声優の顔出しもあるよ。

・とにかく安く、まさにご当地ヒーロー物そのまんまな作りなのだが、その生ぬるさとしょっぱさがいい味出してる。

・プロレスを題材にとっているから、というわけではないのだろうけど、戦闘シーンでは謎空間のリングに敵を引きずり込んで戦う。絵でこそないもののまさにカイザーイン。

・今更ネイガーが東京で話題とか言ってるのが可笑しい。何年前の話だよ。

・主人公はレスラー目指して日々トレーニングを重ねているらしいが、それにしては細い。向いてなさすぎだろ。

・敵の怪人ももちろんレスラー。初回の敵は、ブロディモチーフ。

・なお、敵の首領はタイガー・ジェット・シンモチーフで虎の被り物にサーベルが刺さっており、笑い声は「シーンシンシンシンシン」という素敵な脱力キャラ。

・敵の目的は怪人レスラーを使った地下プロレスを非合法カジノサイトで配信しての金儲け。うぅむ、わざわざ怪人まで作っといて、実にこじんまりとした組織だな。

・博士らしき人物の手によって街に解き放たれたブロディと主人公と遭遇。微妙に移民の歌っぽいフレーズの混じったBGMが聞こえてくるが、どうせなら本当に移民の歌流せよ。

・ブロディにぶん殴られて「あいつ多分人間じゃない」とか言い出す主人公に笑う。見ればわかるわ。あんな人間がいるか。

・ブロディにぶっ飛ばされて倒れた主人公は、謎の声に導かれて覚醒。どこからともなく現れたマスクでファイヤーレオンに変身。カイザーインしてブロディと戦うのだが、決め技のアックスボンバーのスロー再生(といいつつ役者がスローに動くだけ)がやけに可笑しい。頭悪くていいなぁ。

・自慢の怪人レスラーを倒した謎のマスクマンに興味をもったジェット・シンと女幹部がファイヤーレオンの調査を開始。女幹部は早速マスクマンのマスクの出処が自分たちの囲っている博士だと目星をつけ、直撃。どうもこの博士は主人公の父親らしい。


・実に馬鹿馬鹿しくてイイ感じ。視聴継続。

[アニメ] 絶対防衛レヴィアタン#01「絶対仲間にするもん!」[新]

・原作ゲーム未プレイ。グリーのソシャゲだということは知ってる。

・レヴィアタンというリバイアサン少女を主人公に、なんかダラーっとした日常を描くらしい多分。

・初回は主人公のレヴィアタンとレギュラーメンバーの出会い的な話。

・冒頭、レヴィアタンが目覚めるシーンがあるのだが、どうやらあれは全裸であったらしい(?)ことが後に判明。海棲モンスターの擬人化なので、普通に鱗が生えているんだな。っつーか、わかりにくいサービスシーンだ。

・正味の話、1話を観た時点で特にどうこういう部分は全くなかったのだが、まじぽかスタッフ作だとかで、言われてみればうそ臭いOPとかそれっぽい部分も散見されたので、一応念のため視聴継続。今のところキャラが薄いのが気になるけど、見続けてれば味が出る、んだったらいいなぁ。

[アニメ] 進撃の巨人#01「二千年後の君へ」[新]

・原作既読。

・人類の状況説明と超巨大巨人が出現。壁がやぶられ街に巨人が侵入。主人公エレンの母親がモグモグされるまで。母ちゃんがめっちゃ美人になってて辛い。

・作画クオリティが大変高く、動いていいるのをみるだけでも十分楽しい。音楽や演出も悪くない。テレビなので直接的な残酷描写は描かれてないが、安易な画面修正ではなく演出で見せてるのは素晴らしい。

・というわけで視聴継続。クオリティの高さがいの一番の視聴モチベーションなので、作画が落ちたら一気に見なくなるかもしれないけど。とりあえずは戦闘描写に期待。

・本編終了直後のアンガールズ田中のCMの空気の読めてなさっぷりが酷い。いや、わざとやってんだろうけど。

[アニメ] ジョジョの奇妙な冒険#26「神となった男」[終]

・最終回。

・「柱の男」の一族を滅ぼす前に、カーズは一回石仮面をかぶってるんだな。読んだはずなのに全く覚えてなかったわ。

・エイジャの赤石を使ってカーズの波紋を増幅したあたりから「ジョジョ〜その血の運命〜」が流れるのだが、この歌どう考えてもジョナサンとDIOの事を歌っているので、イマイチな気が。ここは「BLOODY STREAM」で良かったんじゃないのかのう。

・同様に老ジョセフがウォークマンで聞くという体のED曲は時代的にも無理のない「ROUNDABOUT」で良かったような気がする。

・そしてラストにDIOの棺の引き上げと、牢獄に囚われ中の承太郎登場で締め。まぁこれだけ盛り上がったんだから当然3部もあるよな。出来ればその先、4部や5部も見たいところだけど、3部だけで2クールは使いそうだしなぁ。


・「ジョジョの奇妙な冒険」は作り手のリスペクトがビシビシ伝わってくる実に素晴らしいアニメだった。ただでも原作付きアニメは酷評にさらされることが多いのに、ましてやジョジョのような歴史のあるコンテンツでここまで多くの人に支持されたアニメは相当な奇跡なのではなかろうか。是非とも3部以降も同じスタッフで継続してもらいたいね。

[アニメ] よんでますよ、アザゼルさん。Z#01「愚兄賢弟」[新]

・原作未読。前作のアニメは観てた。

・特になんの説明もなくヌルッと始まったがまぁ設定がどうのこうのいう作品でもないし、ノリが変ってないので何より。小野坂昌也の声を聞いてるだけで1クール普通に楽しめそうなので視聴継続。

[アニメ] 波打際のむろみさん#01「瀬戸際のむろみさん」[新]

・原作未読。概要も知らない。

・大宙声の少年が釣りをしてたら博多弁でしゃべる田村ゆかり声のハイテンションな人魚を釣ってしまい、そのテンションに巻き込まれるという話。

・OPが滅茶苦茶動く。本編もやけにテンションが高くしっかり動いて楽しい。方言も可愛くてイイね。

・というわけで視聴継続。

[アニメ] デート・ア・ライブ#01「四月一〇日」[新]

・原作未読。概要も知らない。

・「空間震」という謎の災害で多大な被害を被っている世界を舞台に、(世間的には秘匿されているが)その「空間震」を起こす原因である精霊を主人公がラブ的な意味で落とす羽目に。という話。

・絵はまぁ可愛い。話の強引さは、まぁそういう作品だと思えば割りきって観てられるレベル。

・初登場時には兄好きキャラなのに、中盤で再登場すると対精霊組織のドS司令官になってる主人公の妹。正直イマイチついていけていないのだが、ギャップ萌え…なのか?


・うーん、日曜深夜はこれ一本なので、一応視聴継続かなぁ?土曜が多いからすぐに見なくなるかも。

[アニメ] ムシブギョー#01「月島仁兵衛 いざ参る!!!」[新]

・サンデーを切った後に始まった漫画だが、クラブサンデーでちょこちょこ読んでたので概要は知ってる。巨大昆虫と戦う奉行所勤めの(はぐれ者)侍の話。

・初回は「蟲虫奉行所」勤めをするために江戸にやってきた主人公・月島仁兵衛が、人を襲う巨大昆虫「蟲」と遭遇。虫奉行所勤めの同僚の助けも借りて、なんとか撃退に成功するまで。

・月島仁兵衛の一本気な性格は悪くない。ヒロイン(?)のお春ちゃんの乳がでかく、エロい。

・虫奉行所の仲間の名前と特技を紹介し、活躍も見せてキャラ紹介編としてひと通りやるべきことはやっているのだが、なんというか今ひとつテンポが悪い。もっと尺詰めてアクション増やしてくれた方が嬉しいのだが。


・とりあえず、いいおっぱいだったので一応視聴継続。面白くなるといいなぁ。