トップ «前の日記(2013/04/06 [土] ) 最新 次の日記(2013/04/08 [月] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2013/04/07 [日] 

[野球] 【阪神】歳内昇格即登板で1回をピシャリ [nikkansports.com]

もう岩田は諦めて歳内を先発で使おうぜ。

はぁ。

岩田は本当に毎度毎度簡単に失点するのう。

なんだかなぁ。


あとやっぱり点取れなさすぎ。

今期はDeNAの攻撃力が尋常じゃないし、普通に負けるだろこれ。

こりゃ6位あるで。

はぁ。

[アニメ] 聖闘士星矢Ω#52「新たな聖衣!翔べ、新生ペガサス!」

・新章開始。

・なんぞ沙織が予知夢を見、星矢が「災いの女神・パラス」の降臨を目撃、幼女神パラスを殺そうとするところからスタート。敵対する神が非力そうかつ悪意のなさそうな幼女ってのは珍しい。聖闘士が暗殺なんて手段をとるのも珍しい。

・ところがどっこい当然というかなんというか、星矢は幼女を殺すことが出来ず、その隙を突かれて逆にパラスの使徒である「パラサイト・タイタン」の攻撃を受け、パラスを取り逃がしてしまう。

・一方そのころ、光牙の元にはアプスを倒し「神殺し」としてその筋で有名になった光牙を倒して名を上げようと、スチールセイントのスバルと、パラサイトの雑魚(タルヴォス)が襲来。

・ってスチールセイントって。そしてこの現代に水島裕に少年役って。なんかポーズや聖衣装着バンクも昭和味だし突っ込みどころ多すぎるだろスバル。

・マルスとの戦いで失われた黄金聖闘士や白銀聖闘士を振り返るキキ。シレっとパラドクスが行方不明になってるらしいことが語られているが、どこ行ったんだあのストーカー。

・威勢はいいけど所詮スチールのスバルは三級パラサイトにすら敵わず。聖衣を失ったうえ未だに自分の闇小宇宙におびえてやさぐれていた光牙も辰巳の体を張った説得で改心。壊れかけのクロストーンを小宇宙で強制修復。新型ペガサスの聖衣を生み出す。

・新型聖衣は先祖返りしてオブジェ形態が存在するのだが、なんというか顔が、微妙。

・復活した光牙が三級パラサイトを瞬殺して終了。次回に続く。ちなみに次回は、ソウマが復活したり、スバルがシャイナの特訓を受けたり、檄が名も無き鋼鉄聖闘士の特訓をしたりする話らしい。

・それにしてもパラスだのパラサイトだのパラドクスだのパライストラだの、パラの好きな番組だな。

[特撮][恐竜] 獣電戦隊キョウリュウジャー#08「ココドコ?めいろをぶっとばせ」

・ノっさんの家族話。

・ノっさんが今やってる何でも屋は元々妹の旦那がやっていたもの。旦那が死んで困窮する妹を助けるために、勤めていた商社を辞めて今の職についたのだとか。ノっさんはええ奴やな。

・家族サービスで遊園地にやってきたノっさんと妹と姪っ子は、「失った大切な人」の幻覚を見せるデーボモンスター・ココドーコの攻撃に巻き込まれる。ノっさんの妹も死に別れた旦那の幻影に惑わされることになるのだが、ヒーローであるノっさんや、幼いながらも「父親の死」を厳密に埋め止め、「死人が生き返ることはない」とシビアな世界観と確固たる自我をもつ姪っ子は幻影に惑わされない。

・ノっさんはともかく、姪っ子の強さに驚く。実はこの子が一番ブレイブなんじゃないのか。

・妹をオヤジギャグで癒し「悲しみの世界」から救いだしたノっさんは、そのまま反撃開始。姪っ子の活躍で遊園地に張られた結界を突破した他のキョウリュウジャーも合流し、デーボ・ココドーコを倒すことに成功。

・直後に出現したプテラゴードンの攻撃を受け、ココドーコと2体1の戦いで苦戦するキョウリュウジャーだが、逆にプテラゴードンの攻撃力を利用してココドーコの撃破に成功。

・キョウリュウブルーを毛嫌いする妹だが、今回助けられたことで若干態度が軟化。次回に続く。

・なんか来週の予告でもう「ドゴルドの正体が」とか言ってるんだが、ものすごい勢いで展開するなキョウリュウジャー。

[特撮][魔法] 仮面ライダーウィザード#30「魔法の消える日」

・ハルトのドラゴンが倒される話。

・ワイズマンによって幽閉されていたレギオンというファントムがグレムリンの手引きで脱走。レギオンは見境無く人を殺すため、ゲートも殺してしまいかねないということで、メデューサが追手を勝って出ることに。

・一方その頃ハルトは偶然知り合った兄妹に魔法を見せびらかし中。何をやってるんだ。

・人間の「美しさ」を求めて無差別に人を襲いまくるレギオン。途中ビーストと遭遇したり、メデューサと遭遇したりするもどちらも逃亡。先ほどハルトが魔法を見せびらかしていた兄妹の兄に目をつけ、襲撃。

・レギオンvsハルトのアクションがイイ感じ。こういうのできるならもっとやればいいのに。

・グレムリンの目的は、公然とワイズマンに逆らい、本人を釣りだして、サバトや魔法使いや賢者の石のことについて聞き出すことらしい。

・他人のために戦うウィザードに「美しさ」を見たレギオンは、ハルトの内面世界に侵入。ハルトの心を破壊し始める。エンゲージで後を追うビーストだが、救援虚しくハルトの内面に巣食うドラゴンがレギオンに倒されてしまい、次回に続く。

[アニメ][キュア] ドキドキ!プリキュア#10「転校生は、国民的スーパーアイドル!!」

・まこぴーが転校してくる話。と見せかけた百合ップル修羅場回。おいおい女児アニメ。

・アバン。唐突な百合夫婦宣言に吹く。

・マナ達のクラスに転校してくるまこぴー。突然現れたアイドルにクラスメイトは大沸きに沸きまくり。

・しかし、基本ポンコツのまこぴーは、日常生活は何一つ満足にこなずポカの連続。というわけで、マナと六花がフォローに走り回ることに。

・まこぴーを追って現れたパパラッチを華麗にあしらい出来る正妻をアピールする六花だが、ちょっと目を離した隙にマナとまこぴーの距離が急速に接近。まこぴーがマナの家にお泊りすることに。

・忙しい母親が帰宅する日だからと自宅に戻る六花だが、自分がいない間にまこぴーがマナの家に泊まってることが気になって仕方がなく、夜もろくに寝付けず、翌朝珍しく寝坊。いつものようにマナを迎えに行こうとしたところ、マナはまこぴーとともに先に家を出ていた。慌てて追いかける六花は、途中でアイちゃんをあやす二人を目撃。「まるで仲の良い夫婦のようだ」とか言い出すジョー岡田や、いつの間に現れたのか「新婚さんのようだ」とか言い出すありすに煽られ、順調に嫉妬心を育てることに。

・ってか、ありすは絶対監視カメラかなんかで事情を把握して、タイミングを測って煽るために出てきただろ。怖いわーありす怖いわー。

・同じようにまこぴーを観ていたまこぴー親衛隊の隊長のマナに対する嫉妬心が狙われ、ジコチューが出現。人のふり見てなんとやらで自身の嫉妬心を自覚する六花は、ありすに諭され開き直りに成功。戦闘終了後、なんかもうみんなで仲良くすればいいよねで締め。

・綺麗にまとめたようなそうでもないような。みんな同じだとか何とか言ってるが、ぼっちのまこぴーや、疎外感を感じていた的な事を言ってるありすは、「二人の関係が羨ましい」と二人と距離を詰めたい的なことを言ってるのに対し、六花のスタンスは明らかに独占欲からくる嫉妬だったよね。

・そして、ありすはどうやらこの機に乗じてマナと六花の二人だけで完結していた関係を崩して自分も輪にはいるために暗躍してたっぽい。直接そうと気取られず、状況をうまく操作して六花の心情を変化させるとか中学生の技じゃねぇ。流石やで。

[アニメ] 宇宙戦艦ヤマト2199#01「イスカンダルの使者」[新]

・冥王星海戦(メ号作戦)から古代たちが大和の残骸を発見するまで。一応前に見たことあるけど初めて見た体で見なおしてみた。

・メ号作戦での絶望的な戦力差がイイ感じ。描写が細かくなってそれっぽい雰囲気が出てるのもイイね。

・もとよりイスカンダルからの使者を迎えるための陽動作戦だったメ号作戦は、古代進たちがカプセルを回収したことで終了。撤退を開始するのだが、ゆきかぜは旗艦キリシマを逃がすための殿を務めるためにその場に残ることに。「戦って戦って」は無くなったが、これはこれでイイ感じ。決死の覚悟を決めた「ゆきかぜ」クルーの歌が泣かす。

・ところで、ガミラスの地球への直接侵攻を食い止めたという第二次火星沖会戦は、一体全体どうやって勝利したんだろうな?カミカゼでもやったんだろうか?

・「メ号作戦」が陽動作戦で、参加した艦艇が捨て駒にされたという話を聞きつけた古代は、沖田を直撃し問い詰めるのだが、素直に頭を下げる沖田を前にあっさりわだかまりを捨て、敬礼。今作の古代はそれなりに物の道理がわかる男らしい。

・と思いきや、敵襲の報を受け、整備中のコスモゼロを奪って勝手に出撃。やっぱりこういうアニメの主人公はこういうタイプだよね。

・整備中につき非武装だったコスモゼロで出撃した古代と島は、あっさり撃墜されて不時着。大昔に沈んだ大和の残骸を目撃し、終了。次回に続く。

・特にBGMで滅茶苦茶テンション上って見終わった直後に、TVアニメ用に新録されたという合唱主題歌がかかりテンションだだ下がり。なんだこのコレジャナイ感…。ちゃうねん、こういう学生の合唱コンクールみたいなんとちゃうねん。なんだかトホホ。

・でもまぁ、本編は大変面白かったのでもちろん継続視聴。2クールがっつり楽しむよ!

[アニメ] ガラスの仮面ですが#01「レディース編 勃発!女達の激しい抗争」[新]

・原作?未読。アニメは旧作も新作も見てた。

・最初の50巻(?)の宣伝からして酷すぎる。本編のレディース対決ももちろん酷い。EDも酷い。大変ひどい。

・さて、どうしたものか。何かの番組の後ろにくっついてるとかならまだついでに観れるけど、わざわざこれを単体で観るのは正直どうか。まぁ、見てもなんにも書かないことは確実か。