トップ «前の日記(2013/04/04 [木] ) 最新 次の日記(2013/04/06 [土] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2013/04/05 [金] 

[野球] 【阪神】福留延長V弾「何とかしたかった」 [nikkansports.com]

まぁ、勝ったのは良かったよ。

グダグダの試合だったけど、だからこそ勝って良かったよ。

ただ、やっぱり今日の試合も酷い。

何が酷いって、9回で決められなかったのが酷い。

おかげで抑えの久保は4イニングも投げてしまったし、

無駄に新井良太が負傷してしまった(;´Д`)

あれ大丈夫だろうな?肉離れとかやってそうだよな(;´Д`)

いやもうどうなってんだ今年の阪神(;;´Д`)

[アニメ] 銀河機攻隊マジェスティックプリンス#01「出撃」[新]

・ロボットアニメだということ以外何も知らん。「プリンス」とかいうタイトルだし、平井絵だし、てっきりホモアニメだと思ってたら主人公グループ5人中に女子が2名も混じってて驚いたぐらい何も知らん。

・なんぞロボで宇宙人(?)と戦っているらしい人類。のパイロット養成校?らしき場所で、落ちこぼれ5人組・通称「残念ファイブ」を主人公に、戦ったり戦わなかったりするアニメっぽい。

・個々の能力こそ低くはないものの、チームプレイになると互いの良さを相殺しあって全く成果を残せない落ちこぼれ残念ファイブことチームラビッツが、何故か突然専用機を与えられて実戦(友軍の撤退戦の援護)にかり出され、時間稼ぎどころか敵を撤退に追い込むという予想外の大戦果をあげ、軍に見捨てられた民間人の救出に成功。そのポテンシャルを見せつける、という話。

・平井絵アニメとは思えない大胆なデフォルメ顔に驚く。そしてこのデフォルメ顔が微妙にチープで今風でないのも、なんというか、気になる。作画崩れってわけでもなさそうだけど。

・何かというとスケブに落書きしてる主人公の声はシンケンブルーこと相葉裕樹。メガネ男子の声はゴーカイシルバーこと池田純夫なのだが、二人共全く違和感を感じさせない。上手いもんだなぁ。

・とりあえずコレは!という感じではなかったけど、思ってたのとはちょっと方向性が違うっぽいし、これなら観れる。2クール作品らしいけど、最後まで楽しめればいいなぁと期待しつつ視聴継続。

[アニメ] はたらく魔王さま!#01「魔王、笹塚に立つ」[新]

・原作未読。電撃大王の漫画版は読んでる。

・異世界エンテ・イスラで勇者に敗れ、彼の地を追われた魔王が、現代日本で安アパートに住みつつマクドナルドのアルバイト店員をやる話。

・漫画版ではすでに現代に対応して普通に生活しているところから始まったような記憶があるが、アニメではエンテ・イスラでの決戦→初めて日本に現れたところからスタート。この辺全く知らない部分なのでちょっと嬉しい。

・突然日本に現れ、にっちもさっちもいかない状態だった魔王たちだが、残されたかすかな魔力で警官から情報と金銭を得、区役所の職員を操って戸籍と住民票を捏造、警官からくすねた銭で口座を開設し、不動産屋で身元の不確かな人間にも貸してもらえる安アパートを紹介してもらう。保護してくれて飯まで奢ってくれた親切な警官から金パクるとはさすが魔王。非道極まりないな。

・Aパートはそんな感じで生活の基盤を気付くまで。Bパートではすっかり現代の貧乏生活に馴染み、すっかり所帯染みてしまった魔王達からスタート。そのあまりといえばあんまりな転落っぷりが非常に可笑しい。

・すっかり善良な市民になり、バイトの労働で労働の喜びに目覚めた魔王。バイト先の売上貢献のために残された貴重な魔力を使おうとしたり、A級クルーに昇格(=時給アップ)に大はしゃぎする様子が可笑しくていい。

・魔王と同じく日本に来ていた勇者エミリアと再会して終了。次回に続く。


・世界征服を企む魔王が善 良な小市民になるまでを素晴らしいテンポで一気に描いてて大変面白かった。ノリもよかったし、これは面白い。視聴継続。

[アニメ] 妖狐×僕SS#13「御狐神くん変化/スイッチ/おままごと」

・なんか突然やってた。りりちよ様可愛い。御狐神のドSっぷりや全般的にすっとぼけたノリも可笑しくてイイね。そしてりりちよ様可愛い。

[アニメ] DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION#01「憂鬱の日曜日」[新]

・原作ゲーム未プレイ。シリーズ通して全くやったことがない。

・なんぞ「死に顔サイト」とかいう「登録者の死を予言するサイト」が流行ってるらしい世界で、自分たちが電車の事故に巻き込まれて死ぬという予言を知ってしまった主人公たちが、予言通りに事故に巻き込まれ、その後同サイトから「チャンス」と称して「悪魔召喚プログラム」を与えられ生還。事故現場に現れた悪魔と戦うことに。

・なんとか悪魔から逃げて事故現場から出ることができた主人公たちだが、電車事故の原因になった地震のお陰で街は大混乱。交通機関も麻痺し、徒歩で帰宅を試みるのだが、道中またもや悪魔と遭遇。無差別に人を襲う悪魔と戦うべく、再び悪魔を召喚して戦闘。その際、友人の死(実は死んでないのだが)に激高した主人公が「白虎」を召喚。敵悪魔を葬るも、その戦いを政府の対悪魔特務機関に目撃されており、身柄を押さえられて次回に続く。

・死に顔サイトへのアクセスや悪魔の召喚に使ってるのは携帯電話なのだが、全員ガラケーなのが何気に気になる。ゲームは2011年夏発売らしいが、そんなに急速に普及したのかスマホ。


・まぁ、まだなんとも言いがたいけど、岸誠二だし、ペルソナ4みたいになるといいなーという期待を込めつつ視聴継続。

[アニメ] 僕は友達が少ないNEXT#12「僕は友達が……」[終]

・一応最終回まで観てみた。のだが、「はがないNEXT」は…なんだこれ(;´Д`)酷すぎるだろ。

・ハーレムラノベの主人公の業を煮詰めて悪意で盛りつけたような小鷹のヘタレっぷりとクズっぷりに壁壁せざるを得ない。

・終盤突如発生した「ハーレムジャンルで近年流行りのインポ主人公の業を糾弾する」というジャンルを殺しにかかってるかのような展開はしかし、ハーレムラノベを求める層に円盤売るのが商売の今のアニメで許されるはずもなかったのか、そもそもガチで糾弾する気もないヘタレなのか、結局のところ明確には何も解決しないまま、賑やかしのピエロからヒロインからデウス・エクス・マキナまで「なんでもあり」キャラの理科に、一方的に小鷹を救わせるという超ぬるま湯展開で逃げた後、夜空の失踪という想像の埒外かつ誰も得をしない謎展開に発展。そのまま投げっぱなしで終幕を迎えてしまった。

・そこで結論を逃げるなら喧嘩売るような真似すんな。と言いたい。そして、最終回で変な引き方をすんな。むしろここから最終章が始まるって構成だろこれ。いい加減にしろ。


・なんだかなぁ。