トップ «前の日記(2013/04/20 [土] ) 最新 次の日記(2013/04/22 [月] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2013/04/21 [日] 

[野球] 藤浪お立ち台「必死のパッチで頑張る」 [デイリースポーツ]

藤浪は普通にいいなぁ。

球が荒れてるのも結果的に藤井の配球の裏をかいて、相手を翻弄する結果になってる気がするよ。

そして、なんといっても図太いのがイイね。

ピンチで一々キョドらないのはもちろん、お立ち台で一回り以上年上の新井さんに臆すること無くブッコンでいける図太さがイイわ。

実に頼もしい。

このまま順調に成長していってくれればいいのだけど。

[アニメ][キュア] ドキドキ!プリキュア#12「マナの決意!あたし弟子をとります!」

・マナの男らしさに憧れて弟子入りを志望する少年・ジュンが登場。六花によると、こういうことはよくあるらしい。

・そしてマナはあっさり弟子入りを承諾。なんであれ頼まれごとは断らないのがマナ。購買前で焼きそばパンが欲しいという少年がいれば買ってきてやるといい、購買のおばちゃんが大勢の生徒を捌ききれずに困っていると店員としてすべての客を捌ききる。さらに、転んだ生徒を見つけては保健室に連れて行き、保健の先生の頼み事を聞いて生徒の揉め事を解決、生徒会の用事に掃除に帰り道では老夫婦の道案内、さらに帰宅後は赤ん坊の世話までこなす。

・そんなマナにぴったり付き従うジュン。マナの圧倒的な能力に果たして自分がマナのようになれるのだろうかと弱気になったりもするのだが、そんなジュンにジョー岡田がキュアラビーズを。意外と誰にでもあげてるのか、あるいはまさかとは思うがジュンも仲間になるのか。

・ところで、ごく普通に隣にいる国民的アイドルのまこぴーに全く感心が行かないのはどうなんだジュン。てか、まこぴーのアイドル補正はもう切れてしまったのか。

・意外と頑張りやでマナの弟子を続けるジュンだが、続ければ続けるだけマナとの実力差に打ちのめされることに。特に体の小さいジュンにとって、身体能力の面でマナに全く及ばないのはきつく、次第にコンプレックスに発展。その隙を突かれて、ジコチューにされてしまう。

・今回はイーラがジコチューと合体するのだが、ジコチューは黄色いファンシーな象の姿をしており、やっぱり可笑しな格好に。その可愛らしい姿をみて「可愛い」とか言ってるまこぴーやダイヤモンドが可愛い。

・マナの表層的な強さに憧れるジュンに、「マナの強さはそういうところではない」と褒めちぎるソード、ダイヤモンド、ロゼッタに対し、「褒めすぎ」とか言い出すハートが可愛い。精神力でイーラの動きを制限するジュンもイイ。

・象を持ち上げるために力んでるソードとロゼッタの変顔がイイね。どっちも変顔とは無縁そうなのにな。

・事件後、マナの元に来なくなったジュンだが、「マナのような人間になろうとする」ことを断念して、趣味の園芸を活かして中庭の花壇を美化するなど「自分に出来ること」で皆に貢献しようとし始め、終了。

・ラストに敵の新幹部の少女・レジーナが登場し、次回に続く。

[アニメ] 宇宙戦艦ヤマト2199#03「木星圏脱出」

・初ワープ&初波動砲。

・合唱OPはやっぱりイマイチ。せめて女性ボーカルを抑えるとか、パート分けするとか出来なかったのか。

・初ワープ。ワープ空間でぐにゃらないのはさておき、森雪を脱がしたのとBGMは素晴らしい。ワープっつたらあの曲だよな。

・シュルツの娘、ヒルデ・シュルツ登場。実にあざと可愛い。初めてBD観た時は、あまりの衝撃に即巻き戻して見返した覚えがある。

・初波動砲。その無茶苦茶な破壊力にしびれる。やっぱり波動砲はいいなぁ。無茶苦茶で。