トップ «前の日記(2009/07/25 [土] ) 最新 次の日記(2009/07/27 [月] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2009/07/26 [日] 

[野球] 時事ドットコム:阪神、野原祐と支配下契約=プロ野球 [時事ドットコム]

富山のおかわり君キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

左打ちなので甲子園で長打力を発揮できるのかどうか疑問だったりしなくも無いけど、どんなのでもいいから夢が見たい今、とりあえずこの新たに加わった若虎の活躍に期待したい。

まぁ、その辺の話は野原祐に限らず野原将や柴田、上本にしてもそうなんだけどな。つか、怪我人の赤星を強攻出場させるぐらいなら柴田を使ってみるとか、なんかできないもんかのう。

阪神の育成下手具合からしても二軍でじっくりなんてやってると腐ること請け合いなんだから、一日も早く一軍登録して、特にW野原なんかはこの際新井さんと日替わりぐらいの勢いで(競わせるような形で)三塁手として使ってみて欲しいなぁ。

まぁ、真弓の言動見てたら絶対無理だろうけど。

競争相手が出てくれば新井さんも尻に火がついて変わってくるかもしれないし、来年ブラゼルの処遇がどうなるかにも寄るけど、やはり新井さんは(守備力や腰への負担を考えても)一塁手に戻るべきなので、来年以降の三塁手の育成も兼ねてみたいな感じで悪くないと思うんだけどなぁ。


つか、今年の競争相手や来年以降の三塁手は関本でもヒロシでもいいんだけど、本当にそろそろ新井さんの起用法は考えてくれんもんだろうかね?これはもう新井さんのためにも。

[特撮][真剣] 侍戦隊シンケンジャー#23「殿執事」

・黄が金の店の常連の金持ちのボンのニセ婚約者をやるという話。

・まぁなんか色々ある話ではあるのだが、感想を要約すると「黄は可愛いなぁ。」

・ボンの人はもう少し上手い人だと良かったのにな。背中にとり憑いたウラワダチと会話してるシーンとか正直酷いと思った。

[特撮][DCD] 仮面ライダーディケイド#26「RX!大ショッカー来襲」

・てつを祭り前編。流石に老けたが声に面影が残っててちょっと嬉しい。

・今回のもやしは「霞のジョー」役。なんとジャック・バウアーその人である。

・っつか、今は声優に転身してるんだし、どうせなら怪魔ロボットの声かなにかで小山力也も出せばいいのにな。そこまでするなら顔出しで出てくるか?

・放送当時RXのデザインは全部嫌いだったんだけど、今になってみると顔は案外悪くないよな。脚の緑のタイツはアレだけど。

・アギトにカメンライドするDCD。アギトも随分久しぶりだよな。

・秘密結社大ショッカーの尖兵アポロガイスト登場。なんか堂々と名乗ってるし。ああ、なんかこの展開だと本当に結末は劇場で!というパターンな気がしてきたなぁ(;´Д`)

・死神博士のマントにアイロン当ててる爺さん。思わせぶりな事を言ってるが、さて、どうなることやら。

・大ショッカーはディケイドに敵対している。でもどうやら鳴滝は大ショッカーとは別の存在らしい。大ショッカーの方は映画で決着つけてTVは鳴滝のほうの話を決着つけるのかね?っつーか、考えたらディケイドってあと4話ぐらいで終わるんじゃね?こんなノリでちゃんとオチつくのか?

・あれ、Xライダーはパーフェクター取られちゃったんだ?つかパーフェクターは他人の命を吸ったり出来るのか!Xライダー怖ぇな!!

・っつーか、再生アポロガイストの顔の白いパーツがパーフェクター扱いになってるのか。じゃあXライダーのとは別にもう一個パーフェクターがあるってことなんかね?

・次元を超えて逃げたアポロガイストを追ってDCDもRXの世界からBLACKの世界に移動、というところで次回に続く。

[アニメ][キュア] フレッシュプリキュア!#25「イース対パッション!?私は生まれ変わる!!」

・OPはまだ変わらんのか。まぁ、今となっては在りし日のイースの姿が拝める貴重な機会でもあるわけだが、タイミング的には今週ぐらいから変えておくべきだったんじゃないかのう。

・新しい生活に浮かれてはしゃぐせつなの前に、イース時代ナケワメーケ化してしまった犬(ラッキー)と、直にぶん殴った子供(タケシ)が登場。正体を知られないまま懐かれてしまうが、そのことが逆にプレッシャーになって良心の呵責に悩まされることに。真面目だなフレッシュプリキュア。

・追い討ちをかけるように南さん登場。イースの形をしたナケワメーケを召喚してせつなを追い詰める。このナケワメーケ、いつもの声で「我が名はイース」とか言ってるのも可笑しいが、程よく適当なデフォルメ具合もなんだか妙に可愛くていい感じ。

・四人揃っての変身シーン。並んでみるとパッションだけ異常に動いているのが際立ちすぎるなぁ。

・せつな=イースということに気がついているらしいラッキーの協力を得つつ、パッションをメインに据えてイースがトラウマになっているタケシ少年の見守る中、イースの姿を模したナケワメーケを退治。

・過去との決別を表すのに自らの手でイースを葬り去るというシーケンスは非常に判りやすい。また、結局せつなはタケシ少年たちに直接謝意を伝えることは出来ていないが、イースとしてもキュアパッションとしても正体を明かせない以上、今回の落としどころは中々上手かったのではないかとも思う。タケシ少年からイースを倒した礼をされた際、逆にこちらこそありがとうと言い返すパッションが中々イイね。

・それはさておき、南さんはまだせつなに対する精神的な責めを諦めてない模様。しばらくはイースネタでせつなを狙ってくるのかもしれない。

・すっかりキュアパッションのファンになったタケシ少年に「一番カッコいいプリキュア」と評されて照れるせつなが可愛い。

・次回、放置プレイ中のミユキさんがようやく登場。実は四人目は別に居ましたとか言う事情をどうやって説明するのだろう?

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
オダギリ (2009/07/27 [月]  02:02)

力也は霞のジョーのオファー来たけど断ったってラジオで言ってましたよ。

さんとお (2009/07/27 [月]  23:23)

ありゃ、そうなんですか。それは残念ですねぇ。つか、まぁ、気持ちも判らなくもないですけどね(^^;