トップ «前の日記(2009/07/13 [月] ) 最新 次の日記(2009/07/15 [水] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2009/07/14 [火] 

[野球] 久保 史上7人目の全球団勝利(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

おめでとう久保!凄いな久保!!

久保は毎回投球内容が良いのにココイチで失点して負けるor降りるまでずっといいのに味方が援護してくれなくて勝ちがつかないイメージだけど、何故かダメな失点をした日に限って勝つよな。

今日は(投球内容自体はいつもどおり良かったのに)まさにダメっぽい失点をしたわけだけど、そんな日に限って白星がつくんだから面白いというかなんというか。

まぁ、なんにしても勝ててよかった。

久保には来年以降も期待しているのでこの調子でどんどん投げて上にアピールしてくれ。


と、それはさておき。

今日は勝ったけど、あんなの偶然だよな。

何故この期におよんでオーダー固定で戦う。

何の工夫もなしに同じ手出し続けたらそのうち運が巡ってきて勝つとでも思ってんのか?

いや、オーダー固定ならまだいい。桜井をライトで固定して使い続けるのなら結果にも目をつぶろう。

なぜ相手ピッチャーの左右で下げる。桜井を潰したいのか?将来的にもこういう使い方しか想定してないってのか?

さらに、何故藤本を抹消して岡崎を上げる!?

藤本を抹消したのなら代えはそれこそ先日獲得した水田だろ。

あるいは期待の若手(柴田、上本、野原将あたり)をもってこい。守備固めでも代打でも代走でもとにかく一回この辺の若手を使ってみろよ。

つか、明日明後日にも矢野が上がってくるって話もあるじゃないか。捕手4人体制ってわけでもないだろ?何考えてんだ!?

あと、あれだ。ファームでやたらめったら評判の高い野原祐をさっさと支配下登録して1軍に上げて来い!!!

このまま育成枠で飼い殺しにして腐らせる気なんか!?アホか!!!!

[映画] プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!

今日amazonから送られてきた!!!!!!

結論から言えば凄く面白かったし、物凄く満足したのだけど、ここはあえて、残念なところから書いてみる。

・日常描写が殆どない。(戦闘以外での)キャラ同士の掛け合いもあんまり無い。せっかくみんな集まったのに、これは残念極まりない。映画の尺の問題もあるだろうし、仕方が無いのは重々理解しているが、それでも残念だ。OVAのシリーズで、というのは売り上げ的に苦戦しそうなので、据え置き機用のAVGゲームとかで本物のアニメのスタッフ使ってやってくれないものかね。無理か。

・制作時期の影響もあり、フレッシュ組の描写が弱い。主題歌が唯一流れない、クライマックスで回想シーンが入らない、必殺技がパッとしない、ダンスが酷すぎるなど、若干可哀想な扱いになっている。

・ちょ〜短編から思い切り使い回されている。よりにもよってセミファイナル(アクションシーンとしては実質ラストバトル)なのが、なんというか残念。一応構成を変えたり追加カットがあったりもするんで、いいんだけど。ミルキィローズの「そぉーい!」とか面白いし。

・満薫が1カットしか出ない。しかもモブ扱い。もちろん台詞もない。ムプフプ役で声優出てるんだから何か一言ぐらい台詞をあげようよ。さらに、アカネさんやシホリーナ、みのりや咲母は台詞つきで出ているのに、555からは準レギュラーが誰も出ていない。おタカさんか増子美香に「ナッツハウスは今日はお休みみたいよ」とか言わせるぐらいはできそうなもんなのに。フレッシュも(制作時期的に厳しい気もするけど)ミユキさんぐらい出してもいいのになぁ。

・のぞみ達やなぎほのはフュージョンと初遭遇した際「お前達プリキュアだな」と言われているのに、咲舞は言われない。何故言わんのだフュージョン!!!なめるな!!!!!


良かったところ。

・プリキュアが14人出てくる。

・アクション関係の作画が冴えてる。

・そしてとにかく戦う。上映時間の殆どを使って何を考える隙もないほどひたすら戦う。しかも動きがいい。特に5とフレッシュ勢の小気味良いアクションが素敵すぎる。黒白のパワフルさもいいね。S☆Sも恒例の精霊バリアの他に空を飛んだり水の上を滑ったりと特殊アクションを披露。咲の精霊パンチ(強)や咲とのぞみでダブルプリキュアパンチなどの見せ場もある。でも一番S☆Sっぽいのは例のカッコ悪い精霊パワーチャージポーズかもしれない。あのポーズがもう少しカッコいいか可愛いかすれば随分印象が代わるんじゃないかと今でも思う。

・舞台(背景)が街中ってのが良い。巨大なザケンナー/ウザイナー/コワイナー/ホシイナーがビルの間に良い感じにハマる。やはり怪獣は街の中に現れるべきなんだよ!

・プリキュア5史上かつてない程りんちゃんさん大活躍。ザコ戦でのりんちゃんさんの光りっぷりったらない。強いぞりんちゃんさん!

・ツインストリームスプラッシュが映画初登場。つかこの技のバンク凄く久しぶりに観たよ懐かしい。

・咲舞がナッツハウスにアクセサリーを買いに来る、というシチュエーションが良い。どうせならデザインも漫画版準拠だと良かったのに!あと、咲が「がくっ」っと口に出してうなだれるのが、いつぞやのorzを思い起こさせて良かった。


以下雑感。

・バンクはやはり555が圧倒的だな。今更ながらうららの変身シーンとか、おかしいだろ。

・のぞみの無敵っぷりは健在。大丈夫。なんとかなるなる。本当に何とかなるから始末におえない。

・ラブは打たれ弱いな。その分美希がスパルタンなキャラなので、バランスは取れているんだろうけど。

・ジャンボジェットザケンナーの登場シーンのサイズの適当さ吹いた。宇宙怪獣ガメラか。

・ミルキィローズが「そぉーい!」とか言いながら地面を殴って(ざっと見積もって半径20メートル超、深さも6〜8メートルはあろうかという)クレーターを作るシーンは何度観ても面白い。いくらなんでもミルキィローズ強すぎるだろ。

・レインボーミラクルライトでパワーアップ。パワーアップ中のシーンの絵が美しい、が、のぞみとラブぐらいかその恩恵にあずかってないのが残念。特にラブはやけにエロくていいのにな。あのクオリティでなぎほの咲舞も顔のアップをだな。

・あと、その後のシーン、どうパワーアップしているのかわかりにくい。その後出てくる技は全部一度もフュージョン相手に試してないし、ミラクルライトがあろうがなかろうが、そのとき出す技が今居るメンバーで出せる最強技だもんな。せめてこう、(MH映画1の金とか、S☆S映画のように)レインボーに光ってるとかやっても良かったんじゃないだろうか?。

・それと、エキストリームルミナリオのバンクの要約がおかしい。冒頭に一瞬映る地球は要らんだろ。

・エド晴美出番少ねぇ!しかも印象も超薄い。これは出す意味あったのだろうか?よくこんなのでOK出たな。


いやー、いいわー。観てる間中顔がニヤけて仕方が無いわー。

映画館行かなくて良かった。行ってたら立派な変質者だわ。

と、それはさておき

基本的に、ストーリーと呼べるものは殆どなく、

「人類補完計画をたくらむフュージョンという敵を、14人のプリキュアがフルボッコにする話」

で説明できてしまう。

ただ、もうコレでもかというぐらい盛り込まれまくった戦闘シーンと、ファン感涙のBGM、つかもうキャラが出てきて画面の中でなんかしてるだけで十二分に楽しい。それぞれの活躍シーンも、そりゃ多少の偏りはあるものの、この手の企画としては奇跡的にいい具合にバランスよく盛り込まれている。

変に理屈こねたりしてないのもいい。

お祭りはこうでなくてはいかん。

シリーズのファンなら楽しめること請け合い。

来年は是非パッションと満薫も加えて、って無理か。コレを恒例にしてしまうとあっという間に行き詰るのは目に見えてるしな。やるとしてもせいぜい戦隊みたいに前年度のチームと新年度のチームの共闘が限界だろうなぁ。


あと、特典の感想も書いとく

・ちょ〜短編ディレクターズカット

むぅ、比較しながら観ないとどこが変わったか判らん。敵(フュージョン)の影にザケンナーが映ってるところか?

ってな感じ。もう少し劇的に何か変化があればよかったのにな。

・予告集

お約束。

・DS版OP

ドリームフェスティバルのOPを収録。これは超嬉しい。このOPの映像とプリキュアモードの取り合わせは、やはりいいなぁ。

・映画特番

テレビで放送された映画の特番。プリキュアたちの紹介はもちろん、過去のプリキュア映画の紹介も兼ねていて結構見ごたえがある。うちのアナログチューナーで録画したものより全然画質がいいので嬉しい。

・CM

DS版ゲームの宣伝映像と、たまごっち映画のDVDの宣伝。


と実は映像特典はこれだけ。映画DVDのお約束のミニゲームや美術集、キャラ設定とかはない。残念。今回わらわら出てきてるザケンナー/ウザイナー/コワイナー/ホシイナーの図鑑とか背景美術設定とか欲しかったのう。

その代わりといってはなんだけど、プリキュアとその仲間を紹介するブックレットが同梱されている。ただ、絵は「まるごとブック」等で散々既出のこの映画の初期ポスター用の絵の使いまわしだし、説明も当たり障りが無いものでそれほど魅力的なものではないのが残念。