トップ 最新 追記

でんでん雑記ver2.0


2009/07/01 [水] 

[野球] スイスイの福原…6回突如グラグラの福原に(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

一人ランナーだしたぐらいでグラグラしやがって。

ブランコに投げた球全部浮いとったやないか。2球ぐらい見たところで、「こらHR打たれて試合終わりやな」とかゆったとたんホンマに打たれてんじゃねーよ!!!!!

だから福原はダメだとアレだけ言ってるのに!どうせ今日の負けも清水のせいだとか思ってんじゃねーのか?

ああ、なんだかなぁ。このまま3連敗しそうだなぁ(;´Д`)

もうなんちゅーか、負けてもいいからどっかしらいいとこ見せろよ!!!

TFリベンジとエヴァ破を見てきた!
ついでに大ショッカーとサマーウォーズの前売り券も買ってきた。
で帰ってきたら、amazonからドロッセルお嬢さまが届いてたのでいじって遊んでた!!
久しぶりに凄くオタクっぽいぞ俺!

[玩具] お嬢さまが我が家にやってキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

お美しゅうございます!お美しゅうございますお嬢さま!

白く輝くボディもさることながら目がイイ。目の輝きが素晴らしすぎる。

造形的にも文句なしで飾って眺める/手にとって遊ぶ分には100点満点と言っていい。

この値段でこの完成度は超満足。

いやもうなんつーか、ありがとう!ありがとう!

ああ、早くDVDの付録のゲデヒトニスとシャーデンフロイデもこないかなぁ。わくわく。わくわく。

[映画] TFリベンジ

とりあえず、サムがマスターフォースに変身してゴッドオンしてしまうんじゃないかとハラハラしてたが、当たり前のようにそんなことはなかった。ほっとしたような残念なような。


えーっと、面白かった。内容はまぁあんなもんだろう。

とにかくずーっとドンパチやっててテンポが良く、2時間半も観てた気がしない。

映像は言わずもがなの超高クオリティ。あーゆー基地GUYじみた手間隙のかけ方は本来なら日本人のお家芸だったと思うのだけど、CGに関しては完全に置いてけぼりを食らってる感じだなー。残念。

[映画] エヴァンゲリヲン破

死亡フラグ立てまくりか!と心の中で思ってたら当たり前のように死んで、マジか!と思ったら死んでなかったでござるの巻。

まぁ、TV版で乗ってたのも死ななかったしな。


こちらも面白かった。

TV版のライブ感(行き当たりばったり感)が消失し、きちんと構成された映画になってて普通に面白い。つか、こっちの方が面白い。

ちなみにこっちはTFの逆で108分しかなかったとは思えないぐらい密度が濃く、軽く3時間ぐらい観てた気になった。かといって途中でダレた訳でもなく、詰め込みすぎで窮屈な印象を与えるわけでもなく、ごくごく自然におなかいっぱい楽しめた。つくづく見事な構成だったと思う。

「新約」を謳ったZガンダムの体たらくにくらべて、こちらは非常に丁寧にリビルドされてるといえよう。

ところで、個人的には真っ当にエヴァンゲリオンだと思ったが、終わったあと語りながら劇場を出る若い人の話を聞くとはなしに聞いていると、彼らにとっては物凄く「破」だったらしい。若いのに頭固いな。若いから頭固いのかもしれんが。

映像のクオリティは流石の劇場版。手描き部分はもちろんだが、(パンフを買って初めて知ったが)結構な割合でCGも使われていたらしく、そこに吃驚。日本のアニメも中々やるな。


とりあえず、Qも観よう。


ところで、庵野は着信音にキングギドラを流行らせたいのか?ハニーで不発だったからこっちでもやってみました的な?

あと、自社のロゴ出す時に帰りマンの音とか、やりたい放題だな!なんて羨ましい!!!

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

絹崎 [予約しておいたものを身請けに行った日、別の店では八千円以上の値段がついていて驚きました。お嬢様に相応しいと言えない事..]

絹崎 [実は、正直に言いまして、前作よりも理屈をつけた分だけTFリベンジは中盤で少しだれてしまいました(^_^;) ただ、ベ..]

絹崎 [仰るとおり『破』は一つの作品になっていたと思います。映像の印象の方が強い前作に比べて叙情的な部分が多かったので、歌が..]

さんとお [>お嬢さま 発売日に八千円はボリすぎですね(;´Д`)figmaは比較的再販も良くかかるのになぁ。ちなみに、お嬢さま..]

さんとお [>TFリベンジ 中盤というと最近のハリウッド映画でよくある「それって謎なんか?」みたいな謎を解いてお宝を探すみたいな..]

さんとお [>エヴァ破 歌は反則でしたよね。ただ私は心が汚れているので「今日の日はさよおーなーらー」と歌われてちょっと笑ってしま..]


2009/07/02 [木] 

生まれて初めて同じDVDを2枚買う羽目になった!コンチクショー!!

まぁ、figmaが4,000円だと思えば全然納得っすよ!冬季仕様お嬢さまカッコ可愛いしな!!むしろ嬉しい!!!

さっきテレビで言ってたが、真弓の名字の由来は、その昔ヌエ退治をした隠岐次郎左衛門広有の弓の腕を「真に弓を射るもの」と称えた後醍醐天皇が、褒美として授けたものなんだそうな。ヌエといえば、「サルの顔タヌキの胴体トラの手足を持ち(以下略)」、というキメラで、(テレビで紹介されてた奴なんかまさにそうだが)絵によっては胴体までも虎で描かれたりして、虎のイメージを持つ妖怪なのだが、そうか、真弓は虎を退治する家系だったのか。道理でなぁ。

一瞬納得しかけたが、真弓の公式ページを見たら同じ話が載っていて、よくよく読んだらヌエはヌエでも虎とか猿とかの方じゃなく、怪鳥の方だった。だよな。虎の方のヌエは確か源の某とかいうのが退治したはずだし、時代も平安時代だった気がするもんな。テレビはいい加減な絵を使うなと。

[野球] ブラゼルがドッカン!ボカン!中日を止める(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

久々の勝利なのに、テレビ中継終了直後に逆転とかな!

カンテレのアホ!!もう5分中継せんか!!!

ラジオつけたらブラゼルが打ったところで鼻水噴いたわ!!!

まぁ、正直今日の試合もあんまりいいところなかったけど、最後の最後でブラゼルが帳尻合わせてくれたな。

ブラゼル様様だ。

試合のムード関係ナシにガンガン長いのが打てるってのは本当にありがたいなぁ。

ここ数年(十数年)の阪神にはない見事な大砲っぷりだ。

ありがとうブラゼル!今後も頼むぞブラゼル!!

[雑誌] 週刊少年サンデー31号

「MAJOR」女キャラ増えたと思ったら、一応そういう感じのネタも。このまま恋愛話にシフトする、ってことはないだろうとは思うけど。

「MY SWEET SUNDAY」吉田聡。吉田聡というと湘爆のイメージだが、そういえばちょっとヨロシク!もあったなぁ。絵というより手描き文字の感じがなんか凄く懐かしかった。そうそうこんな感じっちゅーか。

「金剛番長」剛力番長強すぎる。前回やられたサソリ番長はただの無駄死にだったんじゃね?

[雑誌] 週刊少年チャンピオン31号

「範馬刃牙」トリケラトプス拳……。

「プラレス3四郎」何気にプラレスラーVANは無かった事になってるのか全く触れられてないが、それはさておき、懐かしくていい。そしてやはり桜姫はエロい。アニメにも出てくればよかったのに。もちろんこのままのデザインで。

「アフロボマー」渡辺義彦。新人賞の入選作品。大変面白い。絵もいいしキャラもいいしテンポもイイ。特に画面のこなれっぷりは新人離れしている。レイラの人もそうだったが、チャンピオンは意外と即戦力新人をたくさん抱えているのかもしれない。


2009/07/03 [金] 

[野球] ドカ〜ンとブラゼル弾!虎がヤクルト戦の連敗止める(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

ブラゼル!凄いぞブラゼル!連日連夜の大活躍だな!!

まぁ、なんちゅーか、正直なところピッチャーがもう少し頑張ってくれれば言うことなかったんだがな。

それにしても今日はブラゼル以外もよく打った。鳥谷は復調の兆しが出てるのかな?いいことだ。


…ただなぁ、新井がなぁ。

とりあえず、選球眼をどうにかするのと、護摩行とか訳のわからないのじゃなくて、もっとちゃんとした方法でメンタル面を鍛えた方がいいんじゃないかのう。

つか、金本離れする意味でも護摩行はやめとけ。

けいおん!の最終回(番外編)を観た。初めて唯が主人公らしいと思えた回だった。唯の存在価値を知らしめる話だったというか。なのに何故この話が番外編なのか。普通に最終回でいいんじゃね?

[アニメ] うみねこのなく頃に#01「Episode- opening」[新]

・原作未読。漫画も読んだことない。どんな話なのかという概要すら知らんし、キャラすらわからん。

・なんでこの作者は時代設定を昭和にしたがるのだろうか?少なくとも「ひぐらし」は物語的に昭和である必然性は全くなかったし、衣装や風俗、キャラの性格的なものも含めて全く昭和らしくなかったのにな。携帯電話が邪魔なのか?いや、そんなこともなさそうだけどなぁ。

・登場人物の名前がヒデェ。特に主人公。バトラってなんだ。戦闘型モスラか?

・とりあえず、1話全部みてもこれがどういう話なのか全く判らない。孤島で金持ちの一族が集まってドロドロした遺産相続の話とかしてるので、この後連続殺人事件でも起こりそうな感じではあるか。で、バトルタイプモスラが探偵役で、真相を探る、みたいな?

・正直面白いかどうかもさっぱり判らないが、一応しばらくは見てみよう。


2009/07/04 [土] 

[野球] 阪神投手陣踏ん張れず…ローテ入れ替えも(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

まぁ、昨日ポカスカ打ったから今日は打たんと思ってたよ。

それはいいんだけど、今日は点の取られ方が最悪だったな。

能見。点とってもらった直後に先頭打者四球とか、無いわ。

5回も先頭打者四球からの失点だし。

能見だけじゃなく、ようやく1点差に追いついたと思ったら、8回関本のエラーから一気に2失点とかな。

とにかく点の取られ方が悪い。こりゃ勝てねーよ。

今期初登板の桟原も、ランナー出すまではピシッと投げてたのに、ピンチになったら制球ガタガタで、結果的に失点しなかったとはいえとてもよくやったとは言えない出来だったし。

金本のHRがせめてもの慰めだろうか。

ただ、なんとなくだが、今期、金本のHRは勝利に結びつかないイメージだなぁ(;´Д`)

4番がHR打ったら勝つように周りの連中も頑張ってくれよ。

[アニメ] エレメントハンター#01「異世界へ!」[新]

・事前情報まるでナシで観たら、OPに韓国人らしき名前が並んでた。日韓合作とかそんなんだろうか。

・キャラクタデザインはラノベっぽい。作画は丁寧。主人公の声は素人っぽいが、調べたらキャリアのある本職(子役)だった。つかリズムくん(マイメロの弟)だった。ああそういえばそうだわ。

・OPは石川智晶で、いつもの調子なのでまた鬱っぽいアニメなのかと思ったら、なんかユルユルだった。いや、今後鬱っぽくなるのかもしれないが。

・なんか、世界中のいたるところで何故か突然ある特定の元素が消失(消える元素は場所によって違うっぽい?)する事件が起こるようになったとかで、世界人口は激減、エリートはコロニーに逃げてるらしい?そんな感じの世界で、何故か突然現れた幽霊屋敷を探検してた主人公たちが何故か突然「エレメントハンター」にスカウトされて、「ネガアース」とかいう異世界に飛ばされて「キューエックス(QEX)」とかいう怪物と戦うことになりました。という話。

・とにかく話が唐突で、荒い。公式ページ観て情報を補完しないと、どういう話なのかさっぱり理解できない。おそらく化学啓蒙番組なのだろう、地球から消えた元素はネガアースでQEXに吸収されてるらしく、それを奪還するのがエレメントハンターの役割で、戦闘中になんかゴチャゴチャ言ってるのだが、ずーっと喋りっぱなしな上、内容も情報の羅列で全然聞き取る気にならない。これで化学に興味もてってのは無理じゃね?

・で、面白くないのかというと、主にキャラのユルイ感じが意外とちょっといいかもしれない。ちなみに歌はOP/EDともにイイ。OPとうって変わってユルユルのEDを見る限り、内容も鬱化したりしなさそうだし、脚本が荒川稔久なので、もしかすると面白くなるかもしれないという期待も込めて、しばらくは様子見。


ちゅーか、公式ページ見に行ったら、漫画版の連載は中島諭宇樹だって書いてあった。切法師好きだったんでちょっと気になる。でもVジャンはちょっとなぁ。単行本でたら見てみようか。


2009/07/05 [日] 

[野球] “赤星の代役”バルディリスが先頭打者弾(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

よくやったヒロシ!やったぜヒロシ!

今日も新井さんはアレだったけど、全般的には安心して観られる試合だったな。

普通に勝った。って感じの試合だった。こういう安定した試合運びがここ数年の阪神の良さだったんだよなー。

こんな感じの試合が増えてくれればいいのだけどなぁ。


無理だろうなぁ(;´Д`)

[特撮][真剣] 侍戦隊シンケンジャー#20「海老折神変化」

・黄のピンチと海老折神稼動開始の巻。

・人間の魂を食う外道衆ウタカサネ。即死させるわけではなく、食われても1日は生存できる(食われて1日後に死ぬ)という特性が、人々のFUKOゲージを上げるのに中々イイ味出している。さらに、食った後三途の川に引き篭もり、反撃の機会を与えない、という作戦も陰湿でイイ。

・三途の川に打って出る方法もちゃんとあり、それを示唆する為に十臓が登場するのもイイ。

・生きたまま外道に落ち、三途の川に打って出ようと悲壮な覚悟を固めかけるシンケンジャーの前に金登場。実は先の戦闘で海老折神を作る時に使った文字をウタカサネに刻み込んでおり、海老折神を完成させることで(海老折神の一部になっている?)ウタカサネを海老折神の元に引きずり出すことに成功する。

・つくづく万能キャラだな金。なんであのタイミングでウタカサネにそんな文字打ち込もうと思った?

・最近キングギドラが流行ってるのか?海老蔵は金色でハサミを合わせると3つ首っぽく見えるからキングギドラなのか?

・それはさておき、ダイカイオーとナナシ連中、巨大ウタカサネの戦闘はアオリ構図で中々イイ感じにカッコイイ。

・次週、シンケンジャーはお休みなのだが、その隙を埋めるようにディケイドに乱入。なるほど、何の企画なのかと思ったら、上手いタイミングだったんだな。ただ、今週のディケイドのサブタイトルが「エンド・オブ・ディエンド」なのに、ディエンドが終わらないことをネタバレしてしまってるよね。つか、シンケンジャーの世界が舞台なんだから、休みなのはシンケンジャーじゃなくてディケイドの方じゃないのか?あとそのエピソードはシンケンジャーのDVDには収録されないんだろうか?

[特撮][DCD] 仮面ライダーディケイド#23「エンド・オブ・ディエンド」

・ディエンド編後編。劇場版ブレイド編後編というか。

・黒田勇樹の胡散臭い笑顔はちょっといいな。

・つか、海東はどうやってディエンドの力を手に入れたんだ。ディエンドはどう観てもディケイドと同じ技術体系のライダーだと思うのだが、その辺はスルーなのか?後々語られるのか?案外映画で明かされるのか?

・14の映像は中々頑張ってる。

・14の作った善意の世界を地獄呼ばわりするディエンド。「地獄への道は善意で舗装されている」ってやつだな。違うか。

・なぜ14を響鬼で倒す!?あれは魔化魍なのか!?CGの巨大怪獣だから響鬼で倒すのか?実はアンデッドは音撃で清められるのか?

・次回シンケンジャーの世界。うん、まぁどうせ壊すんならこれぐらいやった方がインパクトはあるわな。どうせならシンケンジャーの時間も使ってスーパーヒーロータイムぶち抜きで、とかだと面白かったのだけど、そういうわけではなかったのはちょっと残念。

[アニメ][キュア] フレッシュプリキュア!#22「せつなとラブ あなたがイースなの!?」

・せつなとラブシリーズ第3弾。ついにせつなの正体がバレる話。

・アバン。今までの3人が3人ともナケワメーケに襲われた際ピックルンが現れてプリキュアになったという経緯を踏まえ、ミユキもナケワメーケに襲われればいいという提案をするタルト。その理屈は実はこの4人の中で最初にナケワメーケに襲われたのはミユキだった(ラブはナケワメーケとミユキの間に割って入った)という事実を無視してると思うのだがどうだろうか。つかミユキとラブはその辺気付け。

・トリニティのボディガードの為にコンサート会場に潜伏するラブたち。ミユキさんはともかく、周りの人間にはどう言い含めてるんだろうか。つか、今回本編の内容が重いせいか、序盤は妙に軽いノリだな。

・能天気なプリキュアサイドに比べてテンパりまくりなせつな。このギリギリ状態で白昼夢にうなされるほどにメビウスを崇拝するせつなが次回にはパッションになるのだが、そう簡単に切り替えがきくもんなんだろうかのう?まぁ、その辺は脚本のお手並み拝見って感じかのう。

・本当にミユキがピンチになったら「やっぱり危ないから逃げろ」と言い出すタルト。基本的にいい奴だな。

・ふたご版ではシフォンの謎パワーとラブの愛の力で一発浄化していたが、アニメでは必殺技も使ってた。まぁ、そこは仕方がないのか。

・ナキサケーベを倒されたイースがラブたちの前で変身を解き、正体を明かして次回に続く。そして来週には早くもパッション登場。予告編を観る感じ拳断でもやってそうな勢いだけど、あの時点ではまだ寝返ってはいないんだろうな。まさかピーチにのされて改心するなんて展開ではないだろうし、さて、どういう展開になりますやら。

S.H.フィギュアーツ キュアドリームの予約はじまてた!!

ちなみにホビーショーに参考出品された時の写真。ハナの残念っぷりに比べて、予想外に良く出来ている。つかめちゃくちゃ可愛い。
フィギュアーツはライダーだとマイナーなもの(ゼクトルーパーとか)まで発売されているので、プリキュアも全部出るといいなぁという期待を込めて即予約。
コレが爆発的に売れて、シリーズ続行、ブルーム/イーグレットはもちろん、通販限定でもいいんで満薫も!ってな展開にならないかなぁ。つか、なってくれ!是非!!

「くるねこ」はスルー。5分番組を録画すると、HDDレコーダーの断片化が進みそうであんまり嬉しくないんだよな。タイトル数制限にも優しくないし。

[アニメ] 化物語#01「ひたぎクラブ 其の壹」[新]

・原作未読。概要もCM見て西尾維新の原作なのか、ということと、OP見て新房&シャフトなのかということを知ったぐらい何も知らなかった。

・それにしても、新房昭之は大人気だな。毎期コンスタントに監督作品が放送されてるじゃないか。今期は絶望先生もあるし。つかこっちの主人公も神谷浩史かよ。絶望した!

・アバン。いきなりパンモロからスタートで吹いた。無闇な規制のない世界は心地いいな。

・作画クオリティは高く、演出もいつもの感じ。まさに新房+シャフトといった按配。安定してるなぁ。

・なんぞ妖怪話らしく、かつて吸血鬼だった(今は治った?)主人公が、蟹に体重を盗まれたヒロインを助けるとかそんな展開でスタート。

・作風は落ち着いた画面で基本低いテンションでシリアス調に構成されているが、すっとぼけた登場人物がいい味を醸している。西尾維新っぽくもあり新房昭之っぽくもあり、いい感じに相乗効果が出ている気がする。ちょっとセンス走りしすぎてる感も無きにしも非ずだが。

・暴言のどこに銅や亜鉛やニッケルが必要なのか。むしろこう脳を活動させる糖分とか声帯を振るわせる窒素/二酸化炭素/酸素とかが必要なんじゃないのか。

・まぁ、とりあえず観る。

[アニメ] NEEDLESS#01「アダム・ブレイド」[新]

・原作既読。一時期UJ読んでなかったので抜けはあるけどな(神父と敵ボスの決戦の辺りでUJ買うの止めて、はやてXブレード移籍で再び読み始めた時には山田が女装して少女部隊の養成学校?に潜入してた。そういえばそれから今まで一回も神父でてきてねぇな。)

・作画は良好。なのだけど、なんかイマイチ。演出はベタというか若干古臭い?なんかテレ東の夕方枠で90年代中期から10年ぐらいの間にやってたような感じというか。あと声の方も遠藤綾や子安武人、喜多村英梨など名のある声優陣が揃っているのになんとなく画面から声が浮いているような気もしなくもないのも。原作の方は独特の間のギャグが持ち味なので、そんな感じが出てくるといいのだけど、どうだろうかなぁ。

・EDがヒデェ。化物語のパンモロで吃驚してる場合じゃなかった。凄いぞNEEDLESS。今のご時世ここまで自重しないのは凄いとしか言い様がないな。


2009/07/06 [月] 

[アニメ] 懺・さよなら絶望先生#01「落園への道/春の郵便配達は二度ベルを鳴らす/晒しが丘」[新]

・TV3期。新房昭之は大回転だなぁ。

・安定してアニメ版絶望先生。見た目も内容もいつもの通りの絶望先生。目新しさはまるで無いが、普通に期待できそう。多分シリーズ中最低一回はアレな回もあるだろうしな。というわけで、視聴継続。

[雑誌] 週刊少年ジャンプ32号

「あねどきっ!」河下水希の新連載。相変わらず画面が華やかでいい。内容も「らしい」し、安定していつものような連載になると思う。初恋限定に比べると男子読者に受け入れられやすい設定にはなってると思うが、結局のところ長く続くか短命に終わるかはこの漫画の出来ではなく、周囲の連載陣の好不調に左右されそうな気がする。

「黒子のバスケ」ねーよ。もうバスケにならんだろ。

「ピューと吹くジャガー」何故今更ミザリーなんだ。

今週は「SKET」「バクマン」の掲載順位が急上昇。

「AKABOSHI」は新連載補正が切れたのか急下降。

「銀魂」も物凄い勢いで下降。

バクマンで順位云々言い出すようになってから、掲載順位がみょに乱高下するようになった気がするのだが、気のせいだろうかね?


2009/07/07 [火] 

[野球] 阪神5失策じゃ…広島に突き放される(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

うんこみたいな試合だったな。

負けは仕方が無いけどエラーは減らせ。

今期の阪神は記録に残らないのも含めてミスが多すぎるだろ。

まぁ、本来の守備位置じゃない場所を守ってたり、狩野のように多少のミスには目をつぶってもここで経験を積んで成長してもらわないと困る選手がいるのも事実だけど、それにしてもな。

そもそも真弓は就任当時「守りの野球」とか言ってたじゃねぇか。なんだこの体たらくは。いい加減にしろ。

[アニメ] GA 芸術科アートデザインクラス#01「えがいてあそぼ」[新]

・原作未読。「ひだまりスケッチ」とか「けいおん!」みたいな漫画なんだろうな、と思ったら掲載誌が全部「まんがタイムきらら」の姉妹誌で驚いた。路線特化しすぎだろまんがタイムきらら。

・主人公?の眼鏡っ娘が酷い。もう老眼鏡とか言う次元じゃない。目に見える部分は実は目ではなく、その下にある頬の赤みに見える部分が本物の目なのかもしれない。あるいは眼鏡に見えるのは実は眼鏡ではなく、あーゆー形のアクセサリとか。

・この眼鏡っ娘、アバンでぱっと聴いた感じ能登麻美子かと思ったら戸松遥だった。アイドルを見分けられないオッサンになった気分だ。

・それはさておき、本編。作画その他は問題なし。

・4コマ漫画をそのままダラーっと繋げてるような構成で、そのネタがまた萌え4コマらしいこれといってパンチ力の無いほのぼのしたノリで山も谷もオチも大きなふり幅が無く、会話メインで始終テンションが低め安定になっており、さらに特にコレと言って演出のメリハリがあるわけではないので、本当にダラーっとした感じになっている。特にAパート。もちろん、それが萌え4コマらしさなので、好きな人には特に問題ないと思うけど、ちょっと30分は長すぎる気がする。ちなみにBパート冒頭は4コマの体裁のままネタを一本やってみたり、ありがちな戦隊ネタ(妄想)をやってみたり若干動きがあったが、冒頭部分だけだった。まぁ、全部この調子でもアレだが。

・一つ特徴的なのは、ネタがなんというか、うんちくとその応用になってて、なんとなく教育テレビを見ているかのような気分になるところ。本当にNHK教育で美術やデザインの番組にくっついてる10分のアニメコーナーだったらもっといい感じに楽しめた気がしなくも無い。

・視聴は、うーん、どうしようか。とりあえず3話ぐらいまでは観るか。

[アニメ] うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜#01「海の心 空の心」[新]

・原作、というかパチンコ海物語は10年前から幾度と無くやってる。が、このアニメとは欠片も関係ないので、そこはどうでもいい。マリンという名前と金髪ポニーテールぐらいしかあってない。

・海の底で暮らす少女マリンとその妹ウリンは、空から落ちてきた美しい指輪を持ち主に返すため空の世界(人間の住む世界)に。首尾よく落とし主(夏音)を発見するも、失恋の痛手から指輪を捨てた夏音にとっては大きなお世話であり、今度は指輪を山の中に投げ捨ててしまう。指輪を探しに山に入ったマリンとウリンだが、その際ウリンが何かの封印を解いてしまい、悪霊っぽいなんかが復活してしまう。というのが第一回のあらすじ。海物語の欠片もありゃしねぇ。まぁ、パチンコ準拠の内容のアニメなんかできるわけが無いんだけど。ストーリーとか無いし。逆にこのアニメ準拠のパチンコ台は出るかも知れんけどな。つか出そうだ。

・作画は良好。背景や音楽を含めた画面のトータルイメージがきれい。コメディパートのキレもいい感じ。キャラが可愛い。ワリンまで可愛い系。サムが細マッチョに。アニメ版オリジナルヒロインのウリンや夏音も可愛い。デザイン面もだけどキャラ自体が。ウリンはちとあざとい気もするけど。夏音はなんか黒っぽいのがいいね。あと、夏音のお母さんがとんでもない若さでこれも可愛い。沖縄弁は俺に素養が無いので断言できないが、全般的に微妙な感じ?EDがめちゃくちゃ可愛い。

・視聴は継続。SANYOがどこまで本気かわからないけど、仮にも看板タイトルだしなにせパチンコ屋のすることなので、予算的にも潤沢である可能性もあることだし、全編通してクオリティが維持されることを期待したいところ。


2009/07/08 [水] 

[野球] 淡々……阪神 3回以降は走者出せず(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

ついに新井を6番降格してまで臨んだ一戦。

3番に抜擢された葛城が初回いきなりいきなりタイムリーを放つなど、出足は良かった。

が、1回裏杉山があっさり栗原に2R浴びて逆転を許し、その後は打線が全く機能せずにあっさり、本当にあっさり押さえ込まれてまたもや借金10に逆戻り。

正直、ここまで弱いともう笑うしかない。

いや本当に弱いな!あっはっはっは。手も足も出ないとはまさにこのことだよ。

もう中途半端に5位とか止めて懐かしの定位置に戻った方がいいんじゃねーか?

その方が危機意識も高まるだろ。それとも、もうそんな程度じゃダメか?

いっそ、フルイニングかかってる金本以外先発メンバーを全員2軍と入れ替えてみるとかどうよ?

案外、野原とか上本とか高濱とか柴田のがいい仕事するかも知れんぞ?

投手にしても石川とか小嶋とか白仁田とかジェンとかショウとか試すいい機会じゃないか。

捕手も小宮山とか橋本とか。

3年後の阪神タイガースにご期待くださいみたいな感じで。いやもうマジで。

[雑誌] 週刊少年サンデー32号

「結界師」良守覚醒。得体の知れない怖さ(黒さ)みたいなのが出ててちょっといい。

「電脳遊戯クラブ」今まさにエロゲーが弾圧を受けようとしているこのご時世にこういう題材を選んだ作者は物凄く間の悪い人なんじゃないのかと思わなくも無い。判っててあえてやってるのなら、それはそれでたいした勇者っぷりだが、なんとなくだが、そういうわけでもない気がする。エロゲー愛がみなぎっているようにも見えないし。

「AUSDYN」村枝賢一。サンデー&マガジンの企画モノ。タイトルはSUNDAYのアナグラム。同様に今週のマガジンには「MINZAAG」ってのが載ってるらしい。とりあえず両誌で活躍する作家がデザインしたヒーローのバトル漫画なのだけど、企画色が強く、単独の漫画として面白い、とは断言できない。元の作家の「らしさ」はデザインにもあまり出ていないし、作品の内容に活かされてるともいえないし。あと、絶望先生がサンデー方のキャラ(ミズ・サンデー)に声援を送っているのはどうだろうか。むしろミズ・サンデーが絶望先生やジエンドにそっちの水は甘いのかと問いかけるべきなのではないのだろうか。無理か。

「金剛番長」文学番長の背中に鬼の面が。

「MIXIM☆11」主人公が死亡フラグ立ててて笑った。まさか本編で主人公が死んだりはしないだろうが、連載の死亡フラグになってたりして。

サンテレビの「おジャ魔女どれみ」の再放送が終了。無印から歴代全部、まさか「ナ・イ・ショ」までやってくれるとは思わなかったのだが、おかげで全部フォローできた。本放送当時はまだVHS使ってたので、もう見れなくなってたしな。ありがとうサンテレビ!
でもできればそのままナージャやプリキュアに移行してもらいたかった。あるいはクレヨン王国とか。フランダースの犬って何回目の再放送なんだよ。

「かなめも」は「宙のまにまに」「CANAAN」(来週からは「東京マグニチュード8.0」とも)と時間が重なっててW録でフォローできなかったので、断念。考えてみれば原作読んでる「まにまに」を切って読んだこと無い「かなめも」録っときゃ良かった。が、まぁ、多分どっちにしても途中で見なくなる気はしてるので、良し。

[アニメ] 宙のまにまに#01「天文部へようこそ!」[新]

・原作既読。

・作画も演出もいい感じに安定感のある作りで安心して観てられる。違和感は江戸川の声が女子っぽすぎるところぐらいだろうか(いや女性声優なんだが)。外見はともかく女性に対してガツガツしたタイプなので、もっと男子っぽい声をイメージしてた。

・アニメの出来に関わらず、多分3〜5週ぐらいで自然に見なくなるような気はしているけど、一応継続の方向で。

[アニメ] CANAAN#01「洪色魔都」[新]

・スピンオフ元?の428(だっけ?)は未プレイ。どんな話なのか知らないし、このアニメについてもTYPE-MOONが関わってるぐらいしか知らない。

・中国を舞台に、女スナイパーとか女カメラマンとかが、マフィアの抗争かなんかと絡んでいったりする話?多分だけど、「共感覚」を超能力の一種的に描いて、その能力を人工的に発現させるドラッグか外科手術みたいなのがあり(のたれ死んだかぶりものの男はその辺の技術で人口覚醒させられた中の失敗作で、視覚をなんか別の感覚に結び付けられたのだけど、その刺激に耐えられなかった、とかそんな感じ?で)、その辺の事情を巡っての戦いがメインになる?っぽい話なんじゃないかと思う。違うかもしれない。

・作画は大変良好。

・初回なのに(日常的にあまり馴染みの無い)いろんな立場の登場人物が次々に出てくる上に台詞が多く、そのわりにそれぞれの立ち位置や関係性があまり明確ではなく、なんか散漫な印象になってて入り込みにくい。

・あと、普通の人っぽいキャラのカメラマンが、いきなり血を吐いて倒れた男を見ても驚きもしない(後に引きずらない。感情に起伏が起こらない)こととか、なんかこう微妙に募っていく違和感が(元になったゲームやってれば普通に納得できるものなのかもしれないが)やってないので気になって仕方が無い。モノローグに騙されてるだけで、あのカメラマン、実は人が変死するシーンなんか別にどうとも思わないような類の人なのかもしれないけど。スナイパーなんかやってる人間と友人みたいだし。

・あるいは「人が目をそらしている部分をナンダカンダ」とか演説ぶっといて、「いきなり人が血吐いて変死した」という事実から目をそらしたのかもしれないけど。まさかな。

・とりあえず、レベル高い作画やいい感じのアクションなど、視覚的な良さで1話は楽しめた。入り込みにくい部分はしばらく見て人物関係や背景が見えてくれば解消されるだろうから、そこまで我慢できれば面白くなってくるかもしれない。我慢できなければ視聴終了、という感じか。まぁ、放送枠が「東京マグニチュード8.0」と「仮面の忍者 赤影(根来編)」に挟まれているので、(「マグニチュード」次第だが)どっちにしてもダラダラ見続けることになりそうな気はするけどな。なんとなく。


2009/07/09 [木] 

[雑誌] 週刊少年チャンピオン32号

「範馬刃牙」バキはふしぎなおどりをおどった!ピクルはこんらんしてしまった!

「号外!!新撰組カズエ」最初の短期集中掲載の頃にあったクセの強さみたいな部分が最近の掲載分には殆ど見られない気がする。なんかこう残念な感じだ。

「クルクルくりんfeat.るんるんカンパニー」とりみき。ギャグの間がとてもとりみきで非常に懐かしい。絵はイメージ変わっちゃってるけどそこはしかたないのか。

「ファランクス」吉田創のシリーズ連載。伝奇アクション漫画だろうか。一話では主人公は最初の数ページと最後にしか出てこないのだけど、およそ主人公らしからぬ奇抜なのに地味な風貌と悪い顔、冒頭のバトルの特異さでツカミは成功している気がする。実際にその能力や戦いっぷりが描かれるであろう次回に期待。

[アニメ] プリンセスラバー!#01「馬車と姫君」[新]

・原作ゲーム未プレイ。概要も知らない。

・主人公の母ちゃんがめちゃくちゃ若くて可愛い。が、主人公のモノローグを聴く限り、アバン(とスポンサー表示のバックの絵)で出番終わりっぽい。残念。とか思ったら、本編が始まるなり両親共に死んでた(;´Д`)そんな、唐突すぎるだろ(;;;´Д`)

・Aパート。暴漢に襲われる馬車に乗ったお嬢さま。何だこのシチュエーション(;´Д`)

・とそれはさておき、この襲撃シーン、見ごたえは中々。主人公も中々に男らしくていい奴だし、何より秋元洋平の爺さんがかっこよすぎる。

・どうやら主人公の死んだ母親の爺さん(若本規夫)は超がつく金持ちらしく、両親を亡くした主人公はそこに引き取られることになってるらしい。ついでに主人公の両親は何者かに殺されたんだそうな。なんかこう第一印象とは随分違う話になるっぽい?

・作画はとても良好。キャラも美しいし表情も細かいし、動きもいい。女の子は可愛いしオッサン含めた男キャラもいい感じ。このクオリティを維持できるなら画面観てるだけで十二分に楽しめそうだが、流石にそれはなさそうか?まぁとりあえず視聴継続で。


2009/07/10 [金] 

[野球] 阪神ワーストの借金11 自力V消滅の危機(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

序盤にミス連発で相手に点を献上し、相手のミスには付け込めず、たびたび訪れる得点機にはどんだけ頑張っても同点どまり。

挙句にあと1回抑えたら負けは無い、というところで痛恨の失点。負け。

5時間も頑張って何一つ得ることの無い試合だったな。

地力の差がモロに出た感じだ。

本当にもうどうしょうもない感じだのう。

自力Vとか眠たいことゆーてる場合ちゃうやろ。

足元ちゃんと見とかんと、こら3タテあるで。

[アニメ] うみねこのなく頃に#02「Episode- first move」

・幼女が魔女(錬金術師)から手紙を貰ってきて騒動開始。

・DQNネーム一族の隆盛の発端になった「魔女から貰った金塊」は正確には「魔女から貸与された金塊」であり、契約満了に伴って金塊の返却、および利子としてその時点で一族が保有する全財産を魔女に支払わなければならない。ただし、救済策として、隠し金塊の在り処を突き止めた者が一人でも現れた場合、この契約は無効となり、金塊も財産も一族の元に残すことが出来る、のだとか。

・というわけで、金塊探しの推理ゲームになるのかー、と思ったらやっぱりちゃんと殺人事件も発生。それも相続上位の長男を含め一気に6人が死亡。死体の顔が死後に破壊されているのは、偽装、というのがありがちな話だけど、親族相手に顔だけ潰しても誤魔化せる可能性は薄そうな気もするな。バレれば偽装されている死体の人物が犯人だと言ってるようなものだし、そんなリスキーな真似はしないか?死因を誤魔化すためって方がありそうか。大の大人6人を一斉に殺すなんて相当難しそうだし、なんぞ特殊な方法で殺害したその跡を隠すために顔を破壊しとく必要があった、とか?

・というか「魔女」は「知的で優雅な夜を」とか言ってたが、いきなりこんな事件が起こった日にゃ知的に黄金探しとかやってる場合じゃないだろ、と思うのだが。黄金探しを持ちかけた「魔女」と殺人犯は別にいるということだろうか。それとも、黄金探しに関しては(今宵はとか言ってたぐらいだから)猶予は一晩のみで、結果を出せなかったプレイヤーが始末されたということなんだろうか?

・話し合いに参加して殺された人間の中に殺されることを予見していたかのような発言をしていたのが居るが、してみると、例の手紙はその文言の中に判る人間には判る符号が隠されていて、それに気付いた人間をひとところに集めるのが目的だった、とか言う線もアリか?

・というか、ひぐらしのこともあるから、こっちも普通にそのままな意味の魔女が居て、理由も理屈も関係ナシに、動機も魔女なりの理由、それこそ生贄だとか魔術の実験してるとかなんとなく暇つぶししてるだとか、そんなどうしょうもない理由でやってるだけなのかもしれないけどな。

[アニメ] 大正野球娘。#01「男子がすなるという、あれ」[新]

・原作未読。漫画版は読んでるが、あれは多分、伊藤伸平風に相当アレンジされてるような気がする。もちろん原作読んでないので想像だけど。

・作画は良好、内容は動き始めたばかりなのでまだなんとも言えず。キャラは可愛いが、時代設定をよく考えると現在100歳前後で生存している可能性を想像させてちと微妙な気もしなくもない。まぁ、それを言い出すと、「はいからさんが通る」とかがやってた時代だと、その辺によくいるお婆さんと紅緒さんが同じ歳ぐらいだったわけだけどな。

・冒頭の大正風俗紹介歌が非常に楽しい。

・洋装(セーラー服)に憧れる小梅だが、女学生は袴にブーツのがいいに決まってるだろ!

・視聴継続。

[アニメ] 狼と香辛料II#01「狼とふとした亀裂」[新]

・原作未読。アニメ第一期は観てた。

・相変わらず二人のやり取りが実に微笑ましい。ベタベタしつつも超えられない壁から生じる微妙な距離感もいいね。

・それにしてもやはりホロのリアクションは可愛いなぁ。世に獣擬人化キャラ数あれど、ここまで耳と尻尾を有効活用してるアニメはそうそうないだろ。いや絵的なことだけでなく、内面的なキャラもかなり可愛いけどな。

・視聴継続。


2009/07/11 [土] 

[野球] 9回、藤川打たれ…イライラ募る引き分け(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

連日連夜の延長12回。

9回2アウトまで勝ってたのは阪神だが、正直な感想を言えば「何故勝てなかった」というよりも「よく負けなかったな」だ。

それぐらい全く勝つ気のしない試合だった。特に安藤が降板して以降。

まぁ、この調子だと明日も勝てんだろ。

この期におよんで自力優勝がどうのこうのとか寝ぼけた事を書いてるマスコミのウザイ記事を黙らせるためにもさっさと負けて諦めつけろ。

あと、流石に明日も延長なんてことになると誰ぞ怪我人でも出かねないぐらい両軍共に疲労してそうなので、明日はさっくり終わるといいな。

[野球] 阪神・藤田、西武・水田のトレード成立(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

なんだそりゃ。

内野手てどこ守らす気やねん。

新井か鳥谷見切るんか?

まさかブラゼル関本を下げるわけでもあるまいに。

そうでなくても平野とか藤本とかバルディリスとか内野手余らせてるくせに。

将来的なことを考えても下に自前の若いのが居るだろ。上本とか野原とか高濱とか。

何でそんなポジションの補強で太陽を放出するんだ。

投手は何人居ても困らんだろ。

赤星が怪我がちなので少し前に飛ばしであった赤田ならまだ判るけど

今更堅守が売りの内野手とか

本当になに考えてんだ。

ああ、なんかもう。ああ。

[野球] 「水田さんのために勝ちましょう」西武は燃えた(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

ああ、水田は愛されてるんだな。西武はいいチームだな。

太陽も愛されて、今度こそ期待され続けた潜在能力が開花するといいなぁ。


そして、すまない。阪神の水は多分、水田に甘くない。

守備固め要員すら余ってる現状を考えれば、良くて代走、悪けりゃファームで塩漬けだ。

もちろん、俺が思ってる以上に水田がいい選手で、藤本を蹴落とし守備固め要員の座を、いや、もっと良くて関本や鳥谷を蹴落としてレギュラーの座を射止めないとも限らないけどな。


てか、そうなったらなったで下で出番を待ってる若手をまたも2軍で賞味期限切れにしてしまうような気がして、嬉しくないんだよなぁ。

本当に一体誰が得するんだこのトレード。

なんかもう。ああ、なんかもう。


2009/07/12 [日] 

今日の昼過ぎ辺りから右腕上腕部の広範囲にわたって謎の発疹が(;´Д`)今のところ痛みも痒みもないし、その他の部分には全く出てないのだけど、まるではしかか風疹のような見た目と密度で非常に不気味だ(;;;´Д`)なんかのアレルギー?でもなんで右腕だけに?特に右腕をなんか特殊な状況に置いた覚えもないし??2〜3日前から続く頭痛となんか関係があるんだろうか?ううむ。

[野球] 山口、越智“ホリデー”…内海責任果たす完投4勝目(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

クルーンを欠く巨人の生命線と言って差し支えない山口/越智の飛車角コンビをあえてベンチから外し休養に専念させる原采配に感動した。

(またその采配に応えて結果を残す内海の力投にも。)


どこぞの眠たい顔したオッサンが去年まだ余裕のあった時期にそういう采配が出来ていれば、あるいはなぁ、という気もするだけに。

まぁ、そんなのですら今年の監督の謎采配に比べれば、明確な意図が理解できただけマシだったなぁとか思えるわけだけど。

[特撮][DCD] 仮面ライダーディケイド#24「見参侍戦隊」

・シンケンジャー前編。前後編に割れるのならやっぱりスーパーヒーロータイムぶち抜きで1時間SPとかにしておいてほしかったところだなぁ。放送時間の関係から言えば、次週シンケンジャーが通常の話に戻ってて、次のディケイドがシンケンジャー後編ってのは失敗だと思うし。先週のシンケンジャーのヒキを考えても、どうせなら先週シンケンジャー前編を流すべきだったんだよな。あるいは来週のシンケンジャーがディケイド編になってるとか。

・OPは普通にディケイド。シンケンジャーのOPが流れたら面白かったのに。さらにgacktがシンケンジャーのOP歌うとかだったら大爆笑できたのに。企画モノとしてはその辺頑張ってもらわないとなぁ。

・シンケンジャーの面々が登場。なんだろう?何故か青を筆頭にシンケンジャーの面々の演技に違和感があるような気がするんだが。スタッフが違うのでやりにくいとかだろうか?それとも気のせいだろうか?

・三途の川の場面、シタリは出るけどドウコクや太夫は出ないのか。細かい部分だけど、声優の予算の節約かね?

・金vsシザース&ライア。プチスーパー靖子大戦だな。

・そしてディケイドは電王にカメンライド。さらに、コンプリートも電王。露骨すぎる。

・ディエンドライバーを奪った外道衆チノマナコがディエンドに変身。シンケンジャーの世界にライダー(チノマナコディエンド変身態)が誕生したところで次回に続く。ああ、あのディエンドパワーアップ後の姿とかじゃなくて、別のライダーだったのか。禍々しすぎるとは思ってた。

・予告編を見ると、次回、久しぶりにブレイドが登場するっぽい。だが、外道衆=妖怪相手なら響鬼だろ。和風モチーフだし。モヂカラと音撃という取り合わせもなかなか面白そうなのに。なぜ14の相手が響鬼で妖怪の相手がブレイドなんだ。いや、絵的に烈火大斬刀とブレイドブレードを並べるという発想はわからんでもないけど。

・そういやチノマナコの二の目は出るんだろうかね?つか、ちゃんと出ても折神使わずにブレイドブレードで斬ってしまいそうな気もしなくもないが、そこはちゃんとシンケンオー使って勝負して欲しいところだな。DCDは龍騎ドラグレッダーあたりを使って参加するとかで。

[アニメ][キュア] フレッシュプリキュア!#23「イースの最期!キュアパッション誕生!!」

・アバン。自宅でだだ凹みするラブからスタート。正体を明かしてそのまま一気に進展、というわけではなかったのか。

・イースの正体を掴んだことで、敵の本拠地(占い館)を特定できたとして、早速打って出ようとか言い出す美希たん。駄々凹み中のラブに向かって「せつななんて人間はいなかったのよ!」とか言い出すクールさというか、スパルタンさというかが、なんとなく古式ゆかしい戦隊の青っぽい。G2とかアオレンジャーとか。

・悩みに悩んだラブだが、カオルちゃんの助言「罪を憎んで人を憎まず」で覚醒。せつなをぶん殴って更正させるべく、せつなとのタイマンに向かう。なんて漢らしい。口で説得しようとした咲舞や、本当に口で説得できてしまうのぞみとは一線を画する漢らしさだ。

・拳で語り合ってすっきりさっぱりわだかまりを解消し、お互いを分かり合うラブとせつな。今や少年漫画でもそうそう見かけない昭和の番長漫画展開だな。つか、先週の予告で拳断と書いたが本当に拳断そのものだったとは。

・ラブと和解を果たしたせつな。だが、まさにその時、作戦失敗による制裁措置で書き換えられたイースの寿命が尽き、その場に崩れ落ち死亡してしまう。

・「寿命すら管理される管理国家ラビリンス」という設定は放送前からあった。が、例えば設定された寿命が来たら殺される、とか、自殺を強要される、とかいう感じなのかと思っていたら、「寿命」という言葉の意味そのままに問答無用でいきなり死んでしまうんだな。怖ぇ!怖ぇよラビリンス。そりゃ誰もメビウスに逆らえねぇわ。

・イースの寿命が尽きたことで、悪い力に遮られてせつなに近づけなかったアカルンがせつなの元に出現。新たにキュアパッションとして蘇ることに。そこはまぁ規定路線なので、いいんだけど、アカルンが普通に喋ったことに驚いた。いや、作中でそれぞれ自分のピックルンとは話せてるという描写もあったし、驚くことでもないのかもしれないけど。

・蘇ったせつなに対し、管理データに不備があったのだろうとしてラビリンスに戻ろうという西さんだが、「私はもうイースではない」とすげなく断られることに。まぁ、そりゃ帰ったら問答無用で殺されるんだから当たり前という気もするが、絶対服従が基本のラビリンスの人間としてはおかしな行動なのかもしれない。

・ラビリンス復帰を断ったせつな。西さんに対する余りにもそっけない態度からして、そのままプリキュアに合流して西南をぶっ飛ばすのかと思いきや、流石にそれは節操無さすぎるということでプリキュア入りも否定して一人その場を立ち去ることに。適当に処理されないでホッとしたような、幼児受け悪そうなウジウジした展開になって番組的に苦戦したりしないだろうかと不安になったような。

・立ち去るパッションに対し、「せつな!」と声をかけるラブはもちろん、地味に「イース!」と声をかけてる西さんがいいね。この人の今後の処遇がどうなるのかも気になるところではあるなぁ。

・次回予告を見る限り、せつなはラブと同棲することになりそう?パターン的にてっきりカオルちゃんが引き受けるのだと思っていたのだが、ちょっと意外な展開だな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

猫森しのぶ [シンケンの演技が違う感じなのは、シンケンジャーの世界を強調するための演出だと思いました。もっともブログ見ると、ライダ..]

さんとお [強調とか言う意図はなくて、普段シンケンジャーを撮ってない監督が演出するからどうしても違いが出てしまってるんじゃないか..]


2009/07/13 [月] 

昨日DCDの感想で「前後編に割れるのならやっぱりスーパーヒーロータイムぶち抜きで1時間SPとかにしておいてほしかったところ」と書いたが、どうやら来週やる模様。先週のシンケンジャーの予告見ると、そんなそぶりは無かったけどな?どうなっとんだろう?

右腕の発疹は随分収まった。やっぱり痛くも痒くもないままなのだが、結局なんなんだろうこれ?

[雑誌] 週刊少年ジャンプ33号

「鍵人」田中靖規の新連載。荒廃した世界に異物として残る文明の跡のイメージは悪くない。地下鉄とか。文字通り物語のキーとなる「鍵」とそれを使う「鍵人」のイメージはイマイチ。正直なことを言えば余り長生きしそうな気はしないが、そこはこちらの予想を覆して面白くなってもらいたいところ。

このところラス位置固定だった「ToLOVEる」の掲載位置が急上昇。例の騒動の余波だろうか。いや、ここ数週の「銀魂」の乱高下っぷりを見るに、今のジャンプに載ってる漫画は全部どんぐりの背比べ(得票数の差が殆どない)状態になってる可能性もあるのかもしれないけど。

[テレビ] ビートたけしの禁断のスクープ大暴露!! 超常現象マル秘Xファイル

土曜日に阪神戦の裏でやってたのを観た。

が、コレといった新ネタがあるわけでもなく、ツッコミも繰り返しにしかならないので感想はなし。

とりあえず、韮沢画のウンモ星人製ロボットのセンスの古さと、流石と言うかな半田のツッコミ笑った。

[野球] 阪神に移籍の水田が会見 [デイリースポーツ]

今日藤本が2軍落ちしたんで、多分いきなり1軍登録されるんじゃないかね。

正直、今の阪神に欲しいのは打てるバッターなので、諸手を上げて歓迎、とはいかないが、来た以上は応援するので頑張ってくれ。

つか、もうマジで誰でもいいから来年以降のシーズンに夢見させてくれ。


2009/07/14 [火] 

[野球] 久保 史上7人目の全球団勝利(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

おめでとう久保!凄いな久保!!

久保は毎回投球内容が良いのにココイチで失点して負けるor降りるまでずっといいのに味方が援護してくれなくて勝ちがつかないイメージだけど、何故かダメな失点をした日に限って勝つよな。

今日は(投球内容自体はいつもどおり良かったのに)まさにダメっぽい失点をしたわけだけど、そんな日に限って白星がつくんだから面白いというかなんというか。

まぁ、なんにしても勝ててよかった。

久保には来年以降も期待しているのでこの調子でどんどん投げて上にアピールしてくれ。


と、それはさておき。

今日は勝ったけど、あんなの偶然だよな。

何故この期におよんでオーダー固定で戦う。

何の工夫もなしに同じ手出し続けたらそのうち運が巡ってきて勝つとでも思ってんのか?

いや、オーダー固定ならまだいい。桜井をライトで固定して使い続けるのなら結果にも目をつぶろう。

なぜ相手ピッチャーの左右で下げる。桜井を潰したいのか?将来的にもこういう使い方しか想定してないってのか?

さらに、何故藤本を抹消して岡崎を上げる!?

藤本を抹消したのなら代えはそれこそ先日獲得した水田だろ。

あるいは期待の若手(柴田、上本、野原将あたり)をもってこい。守備固めでも代打でも代走でもとにかく一回この辺の若手を使ってみろよ。

つか、明日明後日にも矢野が上がってくるって話もあるじゃないか。捕手4人体制ってわけでもないだろ?何考えてんだ!?

あと、あれだ。ファームでやたらめったら評判の高い野原祐をさっさと支配下登録して1軍に上げて来い!!!

このまま育成枠で飼い殺しにして腐らせる気なんか!?アホか!!!!

[映画] プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!

今日amazonから送られてきた!!!!!!

結論から言えば凄く面白かったし、物凄く満足したのだけど、ここはあえて、残念なところから書いてみる。

・日常描写が殆どない。(戦闘以外での)キャラ同士の掛け合いもあんまり無い。せっかくみんな集まったのに、これは残念極まりない。映画の尺の問題もあるだろうし、仕方が無いのは重々理解しているが、それでも残念だ。OVAのシリーズで、というのは売り上げ的に苦戦しそうなので、据え置き機用のAVGゲームとかで本物のアニメのスタッフ使ってやってくれないものかね。無理か。

・制作時期の影響もあり、フレッシュ組の描写が弱い。主題歌が唯一流れない、クライマックスで回想シーンが入らない、必殺技がパッとしない、ダンスが酷すぎるなど、若干可哀想な扱いになっている。

・ちょ〜短編から思い切り使い回されている。よりにもよってセミファイナル(アクションシーンとしては実質ラストバトル)なのが、なんというか残念。一応構成を変えたり追加カットがあったりもするんで、いいんだけど。ミルキィローズの「そぉーい!」とか面白いし。

・満薫が1カットしか出ない。しかもモブ扱い。もちろん台詞もない。ムプフプ役で声優出てるんだから何か一言ぐらい台詞をあげようよ。さらに、アカネさんやシホリーナ、みのりや咲母は台詞つきで出ているのに、555からは準レギュラーが誰も出ていない。おタカさんか増子美香に「ナッツハウスは今日はお休みみたいよ」とか言わせるぐらいはできそうなもんなのに。フレッシュも(制作時期的に厳しい気もするけど)ミユキさんぐらい出してもいいのになぁ。

・のぞみ達やなぎほのはフュージョンと初遭遇した際「お前達プリキュアだな」と言われているのに、咲舞は言われない。何故言わんのだフュージョン!!!なめるな!!!!!


良かったところ。

・プリキュアが14人出てくる。

・アクション関係の作画が冴えてる。

・そしてとにかく戦う。上映時間の殆どを使って何を考える隙もないほどひたすら戦う。しかも動きがいい。特に5とフレッシュ勢の小気味良いアクションが素敵すぎる。黒白のパワフルさもいいね。S☆Sも恒例の精霊バリアの他に空を飛んだり水の上を滑ったりと特殊アクションを披露。咲の精霊パンチ(強)や咲とのぞみでダブルプリキュアパンチなどの見せ場もある。でも一番S☆Sっぽいのは例のカッコ悪い精霊パワーチャージポーズかもしれない。あのポーズがもう少しカッコいいか可愛いかすれば随分印象が代わるんじゃないかと今でも思う。

・舞台(背景)が街中ってのが良い。巨大なザケンナー/ウザイナー/コワイナー/ホシイナーがビルの間に良い感じにハマる。やはり怪獣は街の中に現れるべきなんだよ!

・プリキュア5史上かつてない程りんちゃんさん大活躍。ザコ戦でのりんちゃんさんの光りっぷりったらない。強いぞりんちゃんさん!

・ツインストリームスプラッシュが映画初登場。つかこの技のバンク凄く久しぶりに観たよ懐かしい。

・咲舞がナッツハウスにアクセサリーを買いに来る、というシチュエーションが良い。どうせならデザインも漫画版準拠だと良かったのに!あと、咲が「がくっ」っと口に出してうなだれるのが、いつぞやのorzを思い起こさせて良かった。


以下雑感。

・バンクはやはり555が圧倒的だな。今更ながらうららの変身シーンとか、おかしいだろ。

・のぞみの無敵っぷりは健在。大丈夫。なんとかなるなる。本当に何とかなるから始末におえない。

・ラブは打たれ弱いな。その分美希がスパルタンなキャラなので、バランスは取れているんだろうけど。

・ジャンボジェットザケンナーの登場シーンのサイズの適当さ吹いた。宇宙怪獣ガメラか。

・ミルキィローズが「そぉーい!」とか言いながら地面を殴って(ざっと見積もって半径20メートル超、深さも6〜8メートルはあろうかという)クレーターを作るシーンは何度観ても面白い。いくらなんでもミルキィローズ強すぎるだろ。

・レインボーミラクルライトでパワーアップ。パワーアップ中のシーンの絵が美しい、が、のぞみとラブぐらいかその恩恵にあずかってないのが残念。特にラブはやけにエロくていいのにな。あのクオリティでなぎほの咲舞も顔のアップをだな。

・あと、その後のシーン、どうパワーアップしているのかわかりにくい。その後出てくる技は全部一度もフュージョン相手に試してないし、ミラクルライトがあろうがなかろうが、そのとき出す技が今居るメンバーで出せる最強技だもんな。せめてこう、(MH映画1の金とか、S☆S映画のように)レインボーに光ってるとかやっても良かったんじゃないだろうか?。

・それと、エキストリームルミナリオのバンクの要約がおかしい。冒頭に一瞬映る地球は要らんだろ。

・エド晴美出番少ねぇ!しかも印象も超薄い。これは出す意味あったのだろうか?よくこんなのでOK出たな。


いやー、いいわー。観てる間中顔がニヤけて仕方が無いわー。

映画館行かなくて良かった。行ってたら立派な変質者だわ。

と、それはさておき

基本的に、ストーリーと呼べるものは殆どなく、

「人類補完計画をたくらむフュージョンという敵を、14人のプリキュアがフルボッコにする話」

で説明できてしまう。

ただ、もうコレでもかというぐらい盛り込まれまくった戦闘シーンと、ファン感涙のBGM、つかもうキャラが出てきて画面の中でなんかしてるだけで十二分に楽しい。それぞれの活躍シーンも、そりゃ多少の偏りはあるものの、この手の企画としては奇跡的にいい具合にバランスよく盛り込まれている。

変に理屈こねたりしてないのもいい。

お祭りはこうでなくてはいかん。

シリーズのファンなら楽しめること請け合い。

来年は是非パッションと満薫も加えて、って無理か。コレを恒例にしてしまうとあっという間に行き詰るのは目に見えてるしな。やるとしてもせいぜい戦隊みたいに前年度のチームと新年度のチームの共闘が限界だろうなぁ。


あと、特典の感想も書いとく

・ちょ〜短編ディレクターズカット

むぅ、比較しながら観ないとどこが変わったか判らん。敵(フュージョン)の影にザケンナーが映ってるところか?

ってな感じ。もう少し劇的に何か変化があればよかったのにな。

・予告集

お約束。

・DS版OP

ドリームフェスティバルのOPを収録。これは超嬉しい。このOPの映像とプリキュアモードの取り合わせは、やはりいいなぁ。

・映画特番

テレビで放送された映画の特番。プリキュアたちの紹介はもちろん、過去のプリキュア映画の紹介も兼ねていて結構見ごたえがある。うちのアナログチューナーで録画したものより全然画質がいいので嬉しい。

・CM

DS版ゲームの宣伝映像と、たまごっち映画のDVDの宣伝。


と実は映像特典はこれだけ。映画DVDのお約束のミニゲームや美術集、キャラ設定とかはない。残念。今回わらわら出てきてるザケンナー/ウザイナー/コワイナー/ホシイナーの図鑑とか背景美術設定とか欲しかったのう。

その代わりといってはなんだけど、プリキュアとその仲間を紹介するブックレットが同梱されている。ただ、絵は「まるごとブック」等で散々既出のこの映画の初期ポスター用の絵の使いまわしだし、説明も当たり障りが無いものでそれほど魅力的なものではないのが残念。


2009/07/15 [水] 

ねんどろお嬢さま来てたー!!!!!!!

気付くの遅れたがもちろん即予約。おしゃれユニット(オブルチェフ)が可愛すぎてもうね。

ガ・キーンが再放送などの機会に恵まれないのは「イザール」星人という名称がNGだ、って話を昔聞いたのだが、ガセだったんだな。と今週のロボットガールズ4コマを見て思った。いや、放送コードとWEB4コマでは基準も違うだろうけど。

[野球] 福原 投手の小笠原に打たれて崩れる(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今日も誰かが言ってたな。ベンチレポートだったか解説の吉田義男 だったかは忘れたけど。

「調子は悪くない」「球は切れてる」

何度でも言うぞ?

調子悪くなくて球が切れてるのに、投手の小笠原に2点タイムリーを打たれるような先発投手は要らん!!!!!

丁度明日久保田が上がってくることだし、金村暁も1軍に帯同してるらしいから、その辺の変わりに下げとけ。

つか、ショウイッケツを上げて来いと。岩田でも石川でも小嶋でもジェンカイウンでも上園でもいいから。

同じ負けるなら未来のある若者に経験を積ませて負けようぜ!!

[雑誌] 週刊少年サンデー33号

「ジオと黄金と禁じられた魔法」桐幡歩の新連載。線が細く頼りなく、背景が見辛い印象。アクションも不得手に見えるので、魔法の効果とかちょっと辛くないかなぁという気が。向いてない題材選んじゃったんじゃないかなぁというか。

「神のみぞ知るセカイ」ヒロインの気持ちはさておき、恋愛系のギャルゲー(エロゲー)の場合は本当に殺す必要があるのかとか、殺さなきゃ伝えられないことなのかとか、殺してでも伝えるべきことなのかとか、その辺は考えてもらいたいよな。「加奈」みたいなのは本当に100本あるうちの1本程度でおなか一杯ですよ。伝奇ものとか猟奇ものとかはまぁ、死んでナンボなのであれだけど。

「金剛番長」…金剛類……?ピクルの子孫とかそういうこと?

「月光条例」物差しが間違ってない人はそれでもいいけど、えてして間違えた物差し持ってる人ほど自分の物差しで行動するよね。

「やおよろっ!」単行本の宣伝に一週間だけ復帰。デビュー作やコミケで売った同人誌で水増ししてるのに総ページ数が通常の単行本より少なく、なのにお値段据え置きという情報しか伝わってこないが、正直というかなんと言うか、あえてこういう自虐ネタに走る辺りはこの作者の持ち味か。ただ、やっぱりこの内容じゃこの作者のファンの人以外は買う気にならんと思うなぁ。

[アニメ] 東京マグニチュード8.0#01「お台場、沈む」[新]

・事前情報は「そういうアニメが始まる」ということぐらいしかしらない。東京がマグニチュード8.0の地震に襲われるんだろうなぁ。ということは想像できる。

・OP。震災後の東京の情景だろうか。中々いい感じ。俺が東京民だったらもっとインパクトあったろうけど、地方民なので馴染みのある光景ではないのがちと残念。

・いつもながらノイタミナ枠は作画クオリティは高い。題材はなんというかまぁ、学校の防災講習とかで使われてそうな感じという見方も出来なくはない。OLに見せるというよりも子供に見せるべきなんじゃないのかというか。NHKはエレメントハンターとかやってずにこーゆーのやれ。

・弟と二人でお台場に遊びに出かけたヒロインが、大地震にあうまでが第1回。といっても震災の描写はラストの一瞬だけで、大部分はヒロインを取り巻く状況とヒロイン自身のキャラの描写に終始しており、現時点でこのあとどんな展開が待っているのかとかはさっぱりわからない。あるいは関東平野が本州から切り離されて、筋肉はゴリラ!牙は狼!燃える瞳は原始の炎!の巨人が暴れまわる無法の大地が誕生するかもしれない<いや、それはない

・それはさておき、十分に期待の持てそうなクオリティだったので、視聴継続。

・ところでお台場が壊滅してるのに、滝クリはどこからニュース流してんだ?


2009/07/16 [木] 

[野球] 久保田5年ぶり先発も通じず…中日が2位浮上!(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

久保田、桟原、ウィリアムスとことごとくストライク取れないんだから勝てるわけはないわな。アッチソンと渡辺も四球出してたし。

特にウィリアムスは酷かった。多分1球ぐらいじゃないか?岡崎のかまえてる所に投げたの。

なんであんなになるまで投げさせた。二人目に四球出した段階でもう見切れてただろ。二軍落ちる前と全く変わってなかったじゃねぇか。

朝倉も悪かったので僅差の試合になってるけど、内容が悪すぎる。

朝倉降りたとたんピタっと攻撃止まったし。

今、横浜も調子いいし、こりゃいよいよ懐かしの指定席に返り咲く時がきそうだな。

つか、もうさっさと最下位に転落すればいいのに。

そうすればこの期におよんでCS進出がどうとか言ってる連中も黙るだろうし、いくらなんでも戦い方を見直すだろ。いやもうマジで。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン33号

「元祖!浦安鉄筋家族」えー。

「号外!!新撰組カズエ」久しぶりにちょっといい感じ。1ページ目めくった時の意表の突かれ方とか、覚醒した時の濃さとか。

「本気!雑記」40年記念の今までの作品のように連載当時のまんまな読み切りではなく、本気!裏話というどっちかというとサンデーの「MY SWEET SUNDAY」みたいな感じ。しかも、読みきりではなくシリーズ連載で続くらしい。単行本出すつもりなんかな。

[アニメ] うみものがたり#02「指輪の心 巫女の心」

・マリンと夏音が変身して敵と戦う話。

・正義の変身ヒロインなのに会う相手会う相手に邪悪な気を纏っていると指摘されまくる夏音がおかしい。また、夏音のリアクション、例えば最初に変身アイテムを見た際「あんたたち霊感商法でそれを売りつける気ね!」とか言い出したりする様も逐一面白い。変顔も沢山あるし。

・夏音の母ちゃんのいい加減さも可笑しくていいね。

・アクションシーンの動きは非常にいいのだけど、見せ方がイマイチな気がする。バトルメインというわけでもなさそうなので、それは高望みしすぎというものだろうか。

・序盤からマリンの抱きつき魔っぷりが目立ってたが、それがマリンの基本アクションなんだな。

・最初の敵はタコ。ということは次はフグだったりするのだろうか?と思ってたら予告を見た感じヒイラギらしい。どこまでも海物語と関係ないんだなうみものがたり。


2009/07/17 [金] 

24シーズン7のCMが酷い。♪ジャックバウアー キレた 突然怒鳴った 少し反省 でもまたキレた♪

[野球] 阪神ファン歓喜!9回3発逆転(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

勝ったのは嬉しい。勝ち方も溜まった鬱憤を吹き飛ばす爽快な勝ち方で実に気持ちよかった。

心底喜べない。

何故か。


その1.金村暁がまたしても好投しながら勝てなかった。

なぜ援護してやれない。

金村は若手とは言いがたく、既に勝ち負けがさほど重要でなくなってしまった今期、個人的にはあまり重用して欲しい選手ではないのだけど、それはさておき、去年移籍してきてからいくら好投しても一向に援護してやれてないのは心苦しい。

久保もそうだが、一日も早く阪神に馴染んでもらうためにも、というか、チームを好いてもらうためにも、ガツンと大量援護してやれよ!

もう手遅れな気もしなくも無いけど。


その2.真弓のバカ采配

今日の勝利はタダの運。9回表にHRが3本飛び出すなんてのは、必然ではなくただの偶然、「勝ちに不思議の勝ちあり」の不思議な勝ち方だ。

が、試合を振り返ってみれば実力で勝ちをもぎ取れるチャンスはあった。

7回表の攻撃、ノーアウト1塁2塁の場面。

点差は一点。打順は9番。常識的に考えてここは送りバントだ。

ランナー23塁にして、最悪ゲッツーを防ぐ場面だ。

1番バッター平野に代打を出す気があったのならなおの事。

な の に な ぜ

代打桧山で強硬策に出る!?

どうしても桧山を使いたいとしても、送りバント決めてから平野に代打桧山でいいだろ。

この前2点差のゲームで終盤ランナー2塁の時に送りバントさせたこともあったが、つくづく真弓の采配には驚かされる。

勝てる方法を考えて采配してるとは思えない。

むしろ僅差で負ける方法を模索しているのではないか?と疑ってしまうぐらいだ。

まったくどうなってんだ。

[アニメ] うみねこのなく頃に#03「EpisodeI-III dubious move」

・犯人探しスタート。

・使用人と幼女はベアトリーチェの実在を主張。殺人犯もその魔女であると確信している様子。これが真相だともうどうしょうもないので、一旦保留。

・殺人の動機について、一族の子や孫、使用人もベアトリーチェが与えた黄金を元手に爺さんが築いた財産であるとして、回収の対象になっているのではないか、との推理。さらに本当の目的は、回収を免れる方法として黄金の隠し場所を探させることにあるのではないか。との事。ふむ、理屈は通ってる。

・消えた爺さんの行方。爺さんは明らかにこの事態が起こることを知っていたので、バトラの言うこと(自ら姿をくらませた)が一番筋が通ってる。となると、一連の犯行で一番怪しいのは爺さんその人ということになるが、それは単純すぎるな。

・バトラの叔母さんとその旦那死亡。いわゆる密室殺人。これで爺さんの子供は全滅か。

[アニメ] 大正野球娘。#02「春の長日を恋ひ暮らし」

・仲間集め。本当は小梅の仲間になりたいのに変なプライドが邪魔して自ら「混ぜてくれ」と言い出せない姉が可愛い。姉が小梅に執心なのが気にいらなくて割って入る妹もいい。矢鱈と無邪気な晶子さんんも可愛いし、人付き合いが下手でツンを気取りつつツンれないヘタレの環も可愛い。うむ、みんな可愛いな。


2009/07/18 [土] 

[野球] 巨人2ケタ得点の猛攻、阪神は投手陣崩壊 [デイリースポーツ]

今日は見事に何一ついい所なかったな。

点取る度に、かつ、取った直後に同じかそれ以上の点を献上してりゃそりゃ負ける。

初回の亀井のタイムリーはともかく、その他は守備の乱れ(稚拙さ)がきっかけになってたりするのも酷いとしか言い様が無い。

リード面ではともかくとして、打撃と守備で矢野が結果を出して、狩野がミスをかましたのも最悪だ。真弓のことだからこれで明日から矢野固定決定だ。

折角上げてきたジェンと石川を意味も無くリリーフ登板させたのも最悪だ。いくらジェンが好投しても、先発で使う気ないんだろーなーとかいうのが透けて見えて萎え萎えだよ!!!!!!!

6回のブラゼルのヒットを足に当てた金本も最悪だ。避けろ!!つか走り出すの遅いねん!!!

葛城をセンターの守備につけたのも意味がわからない。今日も調子のいい平野を下げてまで普段センターなんか守ってない葛城を残す必要があったとは思えない。わざわざ守備力を下げてどうする!!

さらに内野のユーティリティプレイヤー水田をライトで使うとかどういう了見か。使う気があるのなら前の回の関本の代走でだしてセカンドの守備に付けろよ。どうせもう関本までは回らないし、仮に回ってもそんときゃお得意の代打桧山/高橋光/桜井でいいだろ。その後の守備には大和が残ってるし。

とにかく、なんちゅーかもう明るい未来が見えません。見えませんよ!

ああ、もう!ああもう!!!!!

[アニメ] 真マジンガー#16「発掘!戦闘頭脳ケドラ!」

・石川賢の読み切りを元にした話。

・OPが変わってた。前の歌もどうかと思ってたが、新しいのもイマイチかのう。

・冒頭のあしゅら男爵のデビルマンパロディはどうなん?

・石川賢お得意の自立マシン、もっと言えば機械を取り込んで進化する機械ケドラ登場。心なし取り付かれたマジンガーZも石川賢ライクにデブ化ボリュームアップしてるような気もするね。気のせいかもだが。

・マジンガー奪回法も原作と似た感じなのだけど、流石に甲児は石川賢ライクな体型にはなってなかったな。

・光子力の暴走でダンテ化するマジンガー。イメージ映像かと思ったが、もしかすると、ケドラの触手で本当にそういう形になってたのかもしれない。

・新EDテーマは、なんというか、うーん。歌自体が酷いわけではないけど、絵が全く合わす気ないのな。大人の都合で採用されたけど的な感じがして仕方が無いのう。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

てんぐどー [>冒頭のあしゅら男爵のデビルマンパロディ そこだけ見ると面白いんですが詰め込みすぎの内容にこういうのが付加されるか..]

さんとお [おそらくですが、50話で構成するとダレまくる気がしなくもないです。 今川演出はスピード感命だと思うんですが、同時に人..]


2009/07/19 [日] 

[野球] 巨人打線、能見にお手上げ…12三振喫す [SANSPO.COM]

今日はもう能見に尽きるね!素晴らしいピッチングだった!!

よほど腕が振れていたのだろう、面白いぐらいにチェンジアップに釣られてバッタバッタと三振していく巨人打線が実に爽快だったよ。

さらに、唯一迎えたピンチの場面で小笠原に投げたストレートの美しさはもはや感動的ですらあった。

いや本当にいい物を見せてもらった。ありがとう能見!次も頑張ってくれ!

問題は攻撃陣のふがいなさ。

特に新井が酷い。5打席中4打席で得点圏にランナーを置く場面に登場して全タコ。

打つとか打たないとか言う以前に、新井自身、打席に立った瞬間から既に悲壮感を帯びており、観てる方がツライ。

どう考えてもこのまま使い続けて復調するレベルじゃないだろう。

何故下げない真弓!?マジで新井を潰す気なんか!?

あと、10回表のチャンスの場面、何故桜井に代打を送る!!

3番と見込んで使ってる若手をココイチの場面で使わないことになんの意味があるんだ。左右病もいい加減にしろ!!!!!

そして、どうしても勝たなければならない、そのために非情な選択をした、として、速球が売りのクルーン相手に代打を送るのなら、ベテランで最近調子の悪い桧山より、速球に強く最近調子が良い林だろ。

ココイチの場面でどうしてもベテランに頼ってしまうその心根がある限り、阪神に未来はこないと何故判らない!!!!!!

[特撮][真剣] 侍戦隊シンケンジャー#21「親子熊」

・緑のC調な父親が出てくる話。一見適当でだらしないが、本当は地力もしっかりしてる、というのはお約束だがいい感じ。と、それはさておき、何が驚いたかって父親がめちゃくちゃ若いのに驚いた。30代ぐらいに見えるが、設定はいくつぐらいなんだろう?

・先週DCDのHPに次回は1時間ぶち抜き、みたいなことが書いてあったが、エピソードはそれぞれ独立していて、ちょこちょこDCDの登場人物が顔出す程度だった。残念。まぁ、DCDの路線変更を考えてもこのコラボは当初から予定されていたものではなさそうだし、急に入れたとすればこれでも頑張った方かもとも思わないわけでもないけど。

・伊吹吾郎と石橋蓮司の絡みはいわゆるジャリ番としては破格の高コスト俳優同士の豪華競演だな。

・そういえばダイカイオーはなんで東西南北なんだろうな?海老と四方になんか関係が?

[特撮][DCD] 仮面ライダーディケイド#25「外道ライダー、参る!」

・シンケンジャー後編。

・出だしがシンケンジャーの直接の続きになっているが、そう見るとついさっきスカして消えたばかりの鳴滝がすぐに戻ってきたことになり、なんだか微妙な感じだね。

・写真館に爺が居たりするのは続いてる感じがしていいな。シンケンジャー観てない人にはさっぱりなのは難点だが。

・ディエンドライバーでファンガイアを召喚するディエンド変身態。ディエンドの召喚能力はライダーに限ったことではないのか。ってことは同じカードを使えばディケイドは怪人にもカメンライド(?)出来るんだろうかね?まぁ、そんなの考えてないと思うけど。

・お、久々にユウスケクウガがちゃんと戦ってる。まぁ、雑魚扱いだけど。

・夏海の幼少時に爺さんとの思い出があることに軽く驚いた。爺さんや夏海の正体に裏はないんだろうか?映画のキャスティングはブラフ?

・ディエンドが召喚したブレイドを横取りしてブレイドブレードを作るディケイド。さらに烈火大斬刀を構えた際にはシンケンレッドのアタックライドカードまで出現。もう本当になんでもありだな。

・そして次回、ついにRXの世界に。いや、アポロガイストとか言ってるので、大ショッカーの世界に突入、ということだろうか。これで一番怖いのは結末は映画に、というパターンだよな。電王の前科があるだけに無いと言い切れないのがまた恐ろしい。今回は映画観にいく予定なので個人的には困らないけど、やっぱりそれは邪道だろって感じだし。

[アニメ][キュア] フレッシュプリキュア!#24「せつなの苦悩 私は仲間になれない!」

・アバン。公園で一人座り込むせつなに声をかけるラブ母からスタート。短いシーンだが、今回の演出は座古明史じゃないか!と一発で判るノリ。今回作画も良いし、こりゃ勝ったも同然だな。<何にだ

・行方不明のせつなを心配するラブたち三人。せつなラブのラブはさておき、美希ブッキーもすっかりせつなをアリだと思ってるんだな。先週のタイマンを見て水に流したということだろうか。どいつもこいつも男らしいな。

・イースの裏切りに激昂する西さんと、どうでもいいという南さん。真正直な西さんはさておき、ラビリンスに生きた者はラビリンス以外で生きることは出来ないと語る南さんは、なんぞ諦観のようなものが見えるのだが、本当はラビリンスにあまりいい感情を持ってない?だとすると、ラビリンスを抜けて幸せゲットしたイースを見てなんらかのリアクションを起こしたりする可能性もあったりするのだろうか?南さんもラビリンスを抜けるってのはなさそうだけど、自分に出来ないラビリンス抜けを果たしたイースを猛烈に憎みだしたりとか。

・町中を探し回り、ようやくせつなを発見したラブたち。シーン切り替わり、「頑張ってね!」と手を振りながら去る美希ブッキー。続いてラブの両親登場。桃園家の月に一度の外食にせついなをご招待、ということなんだけど、その後の流れを見ても嫁に両親を紹介してるようにしか見えない。大体「頑張ってね」ってなんだよ美希。

・桃園家の幸せな食事に衝撃を受けるせつな。屈託の無い桃園一家の様子と物悲しいBGMがいい感じに感情を盛り上げてる。

・イースをおびき寄せるため、街を攻撃し始める西さん。よほどイースの裏切りに腹立ったのか、いつになくガチな悪役っぷりでFUKOゲージ溜めまくり。実はやればできる子だったんだな。

・パッションの変身&必殺バンク。物凄い勢いで動いてて驚いた。ラブが飛んで美希が滑ってブッキーが落ちて、せつなはどうするんだろうと思ったら潜る、というのも意表をつかれた。赤いのに水属性なのか。まぁ、それを言い出すと赤いのにクローバー担当とか、クローバー担当なのに頭にひし形&ハートの意匠があるとか、とにかくフレッシュはその辺あまり気を使ってなさそうなんだけどな。

・あと、「幸せのラプソディ」は無いんじゃないかなちう気がしなくも無い。おそらくパッションのデザインモチーフはフラメンコなので、そっちから持ってくるべきなんじゃないのだろうか。フラメンコの曲をなんていうのか知らんけど。

・結局、せつなはラブの家に貰われることに。犬猫の仔じゃあるまいし、中学生を詳しい事情も聞かずにホイホイ預かるラブの両親は常識的に考えてどうかという気もしないではないけど、ラブ母の台詞を聞いてると普通にほだされて、アリだなと思えるので良し。成長したなぁ愛天使。

・せつなの口癖は「精一杯頑張るわ」。これで「(あわせゲットだよ)(たし完璧)(たし信じてる)(いいっぱい頑張るわ)」が完成。だが、既に「幸せ」と言ってる奴が居たり、「あたし」「私」と同じ意味の言葉の頭文字を拾ってたり、イマイチ完成度低いよな。まぁ、完成度なんか誰も求めてないのでいいんだけど。

・次回予告、以前イースが張っ倒した子供とナケワメーケ化した犬が絡む話らしいと知ってちょっと感動した。ちゃんと贖罪するんだ?そんなの殆どの子供はもうおぼえてないと思うけど、丁寧にフォローする姿勢は素晴らしい。やるなぁフレッシュプリキュア。


2009/07/20 [月] 

[野球] ヤクルト逃げ切り、阪神は借金最多13 [デイリースポーツ]

今日の納得行かなかったシーン!どんどんどんどんぱふっ!

1.2点負けてる6回裏、矢野の消極走塁!

3塁コーチの判断ミスか去年も(1アウト3塁にいる時にゴロゴーせずに得点できずなど)散々やらかしてた矢野自身の消極性か知らないが、あそこはホーム突入する場面。

な ぜ 3 塁 で 止 ま る !?

というか、あの場面、矢野が2塁に到達した時点で代走に大和or水田or守備のことを考えるなら狩野を送ってよかった。いやさ送るべきだった。


2.同じく6回裏、左のスリークォーターの李恵践相手に赤星をそのまま打席に立たせた!

もう絶対ショートゴロ打つと思ったね!予想が外れるとしたら三振か四死球しか考えられないぐらいに!

なぜそこで代打(高橋光とか)を出さない!?

ただでも打球がセンターラインより左側にしか行かない赤星に、さらに打ちにくい左の変則投球投手が打てるわけ無いだろ!!!もうショートゴロ打たせてくださいと言ってるようなもんだよ!!!なんだかなぁ。


3.7回裏の新井の2盗企画(もちろん憤死)!!!!!!!!!

もう本当にコレだけはありえないとしか言えない。

昨日の続きで今日もことごとくチャンスで打席が回ってきて(4打席中3打席に得点圏のランナー)前2打席を凡退していた新井だが、3回目のチャンスでようやくタイムリー!実に17試合ぶり、7月初の打点をマークして、ああ、良かった!本当に良かった!と胸をなでおろした直後の奇行に開いた口がふさがらなかった。

新井の独断なのか、ベンチの判断なのかは判らない。

もし、新井の判断なら、今日二回試みたヘッドスライディングも含めて、正常な判断が出来なくなっているとしか思えない。早急にカウンセラーをつけてメンタルケアとかしてやるべきだ。

もし、ベンチの判断なら本気で新井を潰しにかかっているとしか思えない。早急に首謀者を割り出して(それが真弓だとしても)処罰するべきだ。

いや、もしかしたら、真弓は本当に僅差で負けるための采配を行っていて、同点に追いつく可能性を摘み取ったのかもしれないが、だとするとそれも大問題だ。早急に解任して監督代行を立てるべきだ。

なんにしてもアレは無い。

こんな状態のまま何の手も打たず続けていたら新井は本当に駄目になってしまう。

今岡みたいに手遅れになる前に一刻も早く問題点を洗い出して修正するべきだ。

いやもうマジで。


4.8回裏、1点差でノーアウトで鳥谷が出塁した際、8番矢野に強攻策

これはここだけ見れば一概に悪いとは言えない。

が、3回裏、先頭の赤星が出塁した際、次打者関本に送りバントをさせたこととあわせて考えるとどうしても腑に落ちない。

どちらかといえば逆だ。

なぜ序盤のチャンスにチマチマ張って流れを殺して、逆に終盤苦しい中ようやく掴んだチャンスで大きく張って博打を打つ!?

つか、自動バントなら自動バントに専念すりゃいいのに、なんで裏目に張るのかな。勝負勘がないというかなんというか。

いや、運とか流れとか別にしてもだ。

例え終盤であれ点差が2点3点あるなら強攻策の一手だが、1点差、ましてやホームゲーム(後攻)なんだし、まずは同点にしておけばこちらが有利になるんだから、どう考えても1点を取りに行く場面だろ。


なんかな、どーもな、やっぱり真弓は「僅差で負けるための采配」をしてるんじゃないかという気がしてしかたがない。

ほら善戦したでしょ?みたいな。

本当にな、なんとかしてくれマジで。

とりあえず新井さんだけでも早急にフォローしないと本当にやばいような気がしてきたぞ(;´Д`)

[雑誌] 週刊少年ジャンプ34号

「わっしょい!わじマニア」わじまさとしの新連載。最近のジャンプのギャグ漫画らしいギャグ漫画だが、小さいネタをとにかく連打していくそのテンポが良くてちょっといい感じ。


2009/07/21 [火] 

シーズン中は野球が雨で中止になると、なーんか肩透かしな感じだのう。

チャンピオンRED9月号の「真マジンガーZERO」にデビルマンパロ(誕生シーン)が。確かに永井豪といえばデビルマンだが。たまにはへんちんポコイダーパロとかやればいいのに。

チャンピオンREDといえば付属の「フランケンふらん」のドラマCDを聴いて「ふらん」はビジュアルの締めるウエイトが大きい漫画なんだな、と改めて思った。絵がないと正直つまらん。つか、絵がないと金田さんの可愛さも、ふらんに無理やり生かされたハイカーの惨状もまるで伝わらないと思うんだがのう。エピソードの選択を誤ったんじゃないのか?

[アニメ] うみものがたり#03「近づく心」

・夏音のキャラ掘り下げ話。

・邪悪オーラのせいで人付き合いが上手くいかず、周囲に対して壁のようなものを作ってしまってる夏音。しかし、ふられたとはいえ一時は彼氏もいたわけだし、心配して様子を見に来るスズキさんという子もいたりしたので、多分に本人の思い込みとかがあるような気もしなくは無い。

・当初巫女として戦うことを拒否していた夏音だが、本心では人に嫌われたくないという傾向が強いため人が嫌がることを率先して引き受ける傾向があり、なんだかんだで巫女を続ける決心を。

・無条件に好意を向けてくるマリンに早くもほだされ気味な夏音だが、なんとなく、こういうキャラ配置だと終盤クライマックス付近でマリンに裏切られたと思い込むような展開がまってそうな気がしなくもないよね。

・前回の予告でヒイラギの話をしていたので今週の敵はヒイラギなのかと思ってたらフグ(ハリセンボン)だった。やっぱり海物語の図柄基準の敵が出てくるのだろうか。つかそうすると次は亀だが、亀は味方に居るしどうするんだろうな?


2009/07/22 [水] 

[野球] 阪神拙攻11安打…ヤクルト館山4年ぶり完封(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

11安打2四球1死球と塁上を賑わせながら、0点。

まさに拙攻無双。

もう怒るとか呆れるとか通り越して純粋に驚きだわ。

こうも二桁残塁が頻発するのは、なんかもう「拙攻」という言葉では言い表せない何かが作用してるんではあるまいか。

野手全員が「得点圏にランナーがいると凡打/三振してしまうイップス」にかかってるとか。

つか、この深刻な得点力不足のさなか、チャンスに強い関本をスタメンから外す(それどころか一試合通して出場さえさせていない)あたり、今の阪神は「あえて得点しない」という方針で戦っているのかもしれない。

なぜそんな方針を採っているのかはサッパリ理解できないけど。

いやもう本当にサッパリ理解できないんだけど。


でもまぁ、今日の試合、ワンサイドゲームでボロ負けだけど

・セカンド平野のスーパーファインプレー(野球ゲームかよ!ってな超美技っぷりだった)が見れた。

・鳥谷デッドボールの影響で真弓がしぶしぶ使わざるを得なかった大和のプロ入り初安打が見れた。

・(2失点したものの)ジェンカイウンの中々に力強い投球が見れた。

と3つも楽しめるポイントがあったのはいい感じ。


平野は現状がどうであるとか一切関係なく常にテンションが高い。他の選手がイマイチパッとした表情を見せなくなってる今、特に目立って張り切ってるように見え、見てて癒される。そこにもってきて今日のような美技を見せられた日にはもうね、応援せざるを得ない。問題は平野をセカンドで使うと(真弓基準では)関本がスタメンから外されてしまうことだ。痛し痒しというか。いや新井を下げて関本をサードで使うとかやりようはいくらでもあると思うんだけどな。


大和の初安打は当たり損ねのポテンヒットだが、次打席には3塁線を破る2ベースも打ってる。こういうフレッシュな若手が活躍するのを見るのは本当に楽しい。さらにこの結果(打撃を評価されてない右の大和が右の館山から2安打)を見て岡田や真弓が病的なまでに拘る左右の相性とやらがさして意味が無いということに気がついてくれれば言うことないんだがな。無理だろうなぁ。更に言えば若手を信用しない(信用しないだけなら当たり前だが、使って育てるという発想がまるで無い)というこれも阪神伝統の最悪の病気が治ってくれれば大和に感謝状を送りたいぐらいだが、それはもっと無理だろうな。そこまで劇的に活躍したわけでもないし。


ジェンは飯原にHRを打たれた後、次打者宮本に対する投球が全般的に制球できてなかった印象だが、これが経験不足から来る弱さならこれからどんどん経験を積んで克服していくといい。是非後半戦辛抱強く使って来年に備えてもらいたい。逆に球宴明けに2軍落ちしてたらマジで絶望ものなので、そういう真似だけは自重してもらいたい。けど、やらかしてそうだよなぁ(;´Д`)


まぁ、なんだ、今日はスタメンの選抜意外はこれといって不思議な采配が飛び出したわけでもない(飛び出す隙も無かった)し、こういう日はな、何をやっても勝てない日なので将来を担う若者(平野は若者じゃないけど)を見れただけで満足って感じ?

こんな感じで後半勝ち負けを差し置いても若手を積極起用してくれればちょっとは楽しみようもあるってもんなんだけどな。

いや、今日も岩田が誤算だったり鳥谷がアクシデントにあったりしなければこういう展開にはならなかったわけで、そう考えるとあんまり期待できない気もするけど。

あ、そういえば岩田は残念だったな。まぁ、こういう日もあるさ。次頑張れ!

[野球] 虎 競合覚悟で152キロ左腕菊池1位指名 [デイリースポーツ]

伊東勤前西武監督 来季阪神入閣売り込み [デイリースポーツ]

もう完全にストーブリーグ突入やな(;´Д`)

しかし、この二つの飛ばしには夢があるなぁ。

阪神はドラフトに弱いというか、そもそも多数の球団の競合が見込まれる目玉選手を最初から避けるような逃げ腰ドラフトが続いていたから、ここらで一発大物ルーキーにアタックかけてみて欲しいのは事実。

投手なら菊池、野手なら筒香あたりを積極的に狙ってもらいたいね。

あと伊東入閣も大賛成。とにかく今の阪神に必要なのは野球のセオリーを知ってる人だ。

あとOBはしがらみがあるのかなんなのか妙な采配で自滅するケースが多いので、外部から、それもある程度の格を備えた(発言を軽視されない)人間を招聘するというのは非常に魅力的な案だと思う。

その点伊東ならバッチリ。欲を言えばかつての仙一のような「怖い人」が欲しいところだが、まぁ贅沢言っても始まらない。

元記事がどの程度の真実を含んでいるのかは知らないが、本当に伊東にやる気があるのなら、是非きてもらいたい。

出来ることならヘッドコーチなどといわずに監督がありがたいのだが。まぁ、それはシーズン終わってから考える事だわな。


ちなみに、もう一つこんな記事も。

阪神・山田久志監督で虎党・大暴動 [内外タイムス]

山田久志も悪くないと俺は思うけどな。

つか、なんで暴動なんか起こるんだ。去年岡田が辞めるの辞めないのと言ってた時期、ファンサイトで普通に次期監督候補(願望)の一人として語られてたぞ?

そりゃ阪急の経営陣が口出して来てるってのがガチなら気に食わないことこの上ないが、阪神電鉄の制服組が口出してくるもの気に食わないことには違いが無いし、阪急組が口出したからってそれこそ暴動確定な身売りなんて自殺行為をするわけでもあるまい。

あと、WBCで球児を使わなかったことについて物凄い言いがかりをつけているが、正直球児の状態は全盛期と比べてとても万全とは言いがたく、かてて加えて2007年終盤に見せたような気持ちの強さも見受けられない状態で、もしあの場面、球児が出てきたら俺は怖くて画面観れなかっただろう。仮に負けた場合の国民感情としてもあそこはダルビッシュで間違えてないよ。(ダルビッシュで負けたのなら仕方が無い、と思ってくれそうっつーか)


てか、あれだ。この際山田も伊東も呼び寄せればいいんじゃね?

それこそWBCみたいで豪勢だしな!

もし万が一真弓続投なら、この二人を参謀につければ原みたいに一皮むけんとも限らんじゃないか!!!


って、この二つの飛ばし記事の人選の発想はきっとその辺もあるんだろーなー(´・ω・`)

[雑誌] 週刊少年サンデー34号

「電脳遊戯クラブ」ケータイでエロゲー遊ぼうとかするな。つか中高生に喜ばれるような方向性を目指すな。一応欄外に注釈が書き加えられてはいるが、それはそれとしても、この漫画、攻撃的なのか天然なのかは判らんが、どこに向かっているのか自覚してるのだろうか?まだなんともいえないけど、この漫画は実は俺達の敵なんじゃないのかという疑念を晴らすことができない昨今です。

「金剛番長」相変わらず男女平等だな。

[アニメ] 東京マグニチュード8.0#02「壊れる、世界」

・震災発生。破壊の跡は凄まじいが、それほど人々がパニックになっていないのはちと意外。最初のダメージがデカすぎて気力が萎えてるということなのかもだけど。

・どうやらフジテレビは健在で倒壊の危険もなさ気な模様。局に対する配慮なのか、放送局はその性質上、耐震強度が他に比べると高いということなのか。

・つかフジテレビが健在なのなら外で雨宿りしてる連中を収容してやるとか、まだ倒壊の恐れがあるというのなら、せめて毛布なり食べ物/飲み物ぐらい用意してやりゃいいのにな。

・あと、最初の避難シーンもそうだったけど、ここの雨宿りのシーン、主人公格の3人以外の避難民が背景並なのはちと残念やもしれない。まぁ、ガヤガヤされてても主人公達の演技の邪魔になるだけなんだけど、でもなぁ。


2009/07/23 [木] 

[NEWS] 独特の迫力で魅了する「金田パース」の開発者でアニメーターの金田伊功氏、心筋梗塞のため死去 [GIGAZINE]

昨日このニュースに気がついてなかった。不覚。

金田伊功といえば、アニメが盛り上がってきた頃にその特異な作風で一世を風靡した偉大なアニメーター。

フォロワーも続出し、一時期は金田風の画が世の中にあふれかえった時期もあった。

個人的には、最初に引っかかったのはザンボット3のスタジオZ回(変な絵、と思ってた)、かっけーと思ったのは009のOP、はっきりと名前を知ったのはアニメ誌で特集されてたバースあたりだろうか。

あの頃は金田エフェクトも金田パースも金田ポーズも実はあんまり好きではなかったので熱心に追いかけたりはしなかったものの、それでも(フォロワーがやってたのも含めて)氏の独特の作風はアニメ観てれば自然と目に入ってくる状態で、70年代後半〜80年代のアニメは氏の影響を抜きにしては語れないというような状況だったと認識している。

その後、90年代に入って世のアニメから金田色が抜けてくると、今度は何だか寂しい感じになってきて、(ラッキーマンのOPとかで)たまに見かけると妙に嬉しくなったりしたものだった。

近年でもポポロクロイスやガイキングLODでいかにもな絵を見かけるたびになんだか嬉しくなっていたものだけど。


ご冥福を追い折いたします。

[野球] 阪神に明るい兆し!2投手が好投/F球宴 [SANSPO.COM]

ラジオで聴いてたんで実際にどんな投球だったのかはよくわからないのだけど、ショウイッケツも西村も良かったみたいだよね。

こういうニュースを待ってたんだよ!

1軍上げても結果出すとは限らないとかいう意見も聞くが、2軍で結果出してる若者を1軍に上げないでどうやってそれ以上育てるんだと。

1軍で使って、失敗してもそれは将来のための経験になるだろう。それよりも2軍でいくら活躍しても1軍昇格しない、なんて状態でモチベーション下げられる方が怖いっつーの。

もうぶっちゃけCS進出の目もないんだから、今こそこういう未来ある若者に経験を積ませる時だろう。

球宴明けには是非1軍昇格を!

今日のフレッシュオールスターで結果出せなかった柴田や野原将も含めて!

つか、報道では野原祐もなんとか支配下登録されそうだから、そっちも見せろ!

いやマジで。


2009/07/24 [金] 

[雑談] 結石の悪夢再び

生まれて初めて救急車乗ったよ!

やっぱ結石の痛み方は半端ねぇな。昔の俺はよくこんなの我慢しきったな。

そんなにコミケ行きたかったのか、すげえなお前(;´Д`)


病院で打ってもらった麻酔が切れる前に石が膀胱に落ちたのか、今は違和感程度で痛みは無いけど、どうかこのまま自然に出てくれますように(;人;)

[野球] 球宴第1戦はセが競り勝つ!MVPは青木(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

調子が悪かろうがなんだろうが、やはり青木はスター選手だな。

WBCのイチローじゃないが、光る場面を持っていく運をもってる。

こういう選手が阪神からも出てくればなぁ。それも生え抜きの若手で。

なんつーか、こう、夢が見たいわー。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン34号

「範馬刃牙」5tの相手を吹っ飛ばすほどの速度で体当たりして勝つためには、その体重差を埋めてしまえるほどの強度が必要だと思うんだが、ピクルの骨格や筋肉、皮膚の強度はどれほどだというのか。鉄を人型に鋳固めて同じ事をやっても、(トリケラトプスはしとめられるとしても)ぶつかった鉄の塊とて破損(変形)を免れないだろうに。

「バチバチ」虎城Jr.の見事な悪役っぷりがイカス。このまま前座の小物で終わったりせずに互いに成長しつつ終生のライバルになって欲しい。

「男旗」石山東吉。90年代にこの漫画を載せて、しかも長期連載できていたのがチャンピオンの凄いところだと思う。他誌では70年代までで終わっていた流れの漫画だ。なんだかんだで現在も独自路線を進んでるチャンピオンではあるけれど、最近は読者層も変わったのかすっかりマイルドになってきて、こういう濃いのはあまり望めなくなってるのはちと残念だなぁ。

ところで、全然関係ない上にどうでもいいんだけど、石山東吉というと、「正村ゲージ」を思い出す。

バキの「猪狩完至」みたいなノリのパチモン(村正ゲージとかそんなの)が出てきてたのかもしれないけど、とにかくそういうものの存在を初めて知ったのは、同氏の「ジャンジャンバリバリ」だったような気がするんですよ。「ジャンジャンバリバリ」自体ほとんど覚えてないし、手元に単行本も無いので確かめられないけど。

つか、そもそも少年誌でパチンコの漫画とかありえないよね。昔のチャンピオンは自由すぎる。素敵だ。


2009/07/25 [土] 

結石の痛みは無いのだけど、昨日一日の間に2回も麻酔打ったからなのか、異常発汗(脂汗ってあんなに出るんだね!)で体力を消耗したからなのか、血尿で血を失ったからなのか、何気に一日中フラフラしっぱなしだった。うーむ。

[野球] 全パ“球宴花火”4発!松中2打席連発MVP弾! [スポニチアネックス]

まぁ、なんとか金本もヒットでたし、良かった良かった。

おかわり君の特大HRと松中の2本目のライトスタンドに入ったのはかっこよかったね。

あと、スタンドの客にHRを打ち落とされた栗原、運が無いというかなんというか。


というわけで、後半戦ですよ。

今のところ明るい要素は何一つ見えてないけど、なんとか何か一つでも未来に夢を持たせるような展開があるといいなぁ。


2009/07/26 [日] 

[野球] 時事ドットコム:阪神、野原祐と支配下契約=プロ野球 [時事ドットコム]

富山のおかわり君キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

左打ちなので甲子園で長打力を発揮できるのかどうか疑問だったりしなくも無いけど、どんなのでもいいから夢が見たい今、とりあえずこの新たに加わった若虎の活躍に期待したい。

まぁ、その辺の話は野原祐に限らず野原将や柴田、上本にしてもそうなんだけどな。つか、怪我人の赤星を強攻出場させるぐらいなら柴田を使ってみるとか、なんかできないもんかのう。

阪神の育成下手具合からしても二軍でじっくりなんてやってると腐ること請け合いなんだから、一日も早く一軍登録して、特にW野原なんかはこの際新井さんと日替わりぐらいの勢いで(競わせるような形で)三塁手として使ってみて欲しいなぁ。

まぁ、真弓の言動見てたら絶対無理だろうけど。

競争相手が出てくれば新井さんも尻に火がついて変わってくるかもしれないし、来年ブラゼルの処遇がどうなるかにも寄るけど、やはり新井さんは(守備力や腰への負担を考えても)一塁手に戻るべきなので、来年以降の三塁手の育成も兼ねてみたいな感じで悪くないと思うんだけどなぁ。


つか、今年の競争相手や来年以降の三塁手は関本でもヒロシでもいいんだけど、本当にそろそろ新井さんの起用法は考えてくれんもんだろうかね?これはもう新井さんのためにも。

[特撮][真剣] 侍戦隊シンケンジャー#23「殿執事」

・黄が金の店の常連の金持ちのボンのニセ婚約者をやるという話。

・まぁなんか色々ある話ではあるのだが、感想を要約すると「黄は可愛いなぁ。」

・ボンの人はもう少し上手い人だと良かったのにな。背中にとり憑いたウラワダチと会話してるシーンとか正直酷いと思った。

[特撮][DCD] 仮面ライダーディケイド#26「RX!大ショッカー来襲」

・てつを祭り前編。流石に老けたが声に面影が残っててちょっと嬉しい。

・今回のもやしは「霞のジョー」役。なんとジャック・バウアーその人である。

・っつか、今は声優に転身してるんだし、どうせなら怪魔ロボットの声かなにかで小山力也も出せばいいのにな。そこまでするなら顔出しで出てくるか?

・放送当時RXのデザインは全部嫌いだったんだけど、今になってみると顔は案外悪くないよな。脚の緑のタイツはアレだけど。

・アギトにカメンライドするDCD。アギトも随分久しぶりだよな。

・秘密結社大ショッカーの尖兵アポロガイスト登場。なんか堂々と名乗ってるし。ああ、なんかこの展開だと本当に結末は劇場で!というパターンな気がしてきたなぁ(;´Д`)

・死神博士のマントにアイロン当ててる爺さん。思わせぶりな事を言ってるが、さて、どうなることやら。

・大ショッカーはディケイドに敵対している。でもどうやら鳴滝は大ショッカーとは別の存在らしい。大ショッカーの方は映画で決着つけてTVは鳴滝のほうの話を決着つけるのかね?っつーか、考えたらディケイドってあと4話ぐらいで終わるんじゃね?こんなノリでちゃんとオチつくのか?

・あれ、Xライダーはパーフェクター取られちゃったんだ?つかパーフェクターは他人の命を吸ったり出来るのか!Xライダー怖ぇな!!

・っつーか、再生アポロガイストの顔の白いパーツがパーフェクター扱いになってるのか。じゃあXライダーのとは別にもう一個パーフェクターがあるってことなんかね?

・次元を超えて逃げたアポロガイストを追ってDCDもRXの世界からBLACKの世界に移動、というところで次回に続く。

[アニメ][キュア] フレッシュプリキュア!#25「イース対パッション!?私は生まれ変わる!!」

・OPはまだ変わらんのか。まぁ、今となっては在りし日のイースの姿が拝める貴重な機会でもあるわけだが、タイミング的には今週ぐらいから変えておくべきだったんじゃないかのう。

・新しい生活に浮かれてはしゃぐせつなの前に、イース時代ナケワメーケ化してしまった犬(ラッキー)と、直にぶん殴った子供(タケシ)が登場。正体を知られないまま懐かれてしまうが、そのことが逆にプレッシャーになって良心の呵責に悩まされることに。真面目だなフレッシュプリキュア。

・追い討ちをかけるように南さん登場。イースの形をしたナケワメーケを召喚してせつなを追い詰める。このナケワメーケ、いつもの声で「我が名はイース」とか言ってるのも可笑しいが、程よく適当なデフォルメ具合もなんだか妙に可愛くていい感じ。

・四人揃っての変身シーン。並んでみるとパッションだけ異常に動いているのが際立ちすぎるなぁ。

・せつな=イースということに気がついているらしいラッキーの協力を得つつ、パッションをメインに据えてイースがトラウマになっているタケシ少年の見守る中、イースの姿を模したナケワメーケを退治。

・過去との決別を表すのに自らの手でイースを葬り去るというシーケンスは非常に判りやすい。また、結局せつなはタケシ少年たちに直接謝意を伝えることは出来ていないが、イースとしてもキュアパッションとしても正体を明かせない以上、今回の落としどころは中々上手かったのではないかとも思う。タケシ少年からイースを倒した礼をされた際、逆にこちらこそありがとうと言い返すパッションが中々イイね。

・それはさておき、南さんはまだせつなに対する精神的な責めを諦めてない模様。しばらくはイースネタでせつなを狙ってくるのかもしれない。

・すっかりキュアパッションのファンになったタケシ少年に「一番カッコいいプリキュア」と評されて照れるせつなが可愛い。

・次回、放置プレイ中のミユキさんがようやく登場。実は四人目は別に居ましたとか言う事情をどうやって説明するのだろう?

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

オダギリ [力也は霞のジョーのオファー来たけど断ったってラジオで言ってましたよ。]

さんとお [ありゃ、そうなんですか。それは残念ですねぇ。つか、まぁ、気持ちも判らなくもないですけどね(^^;]


2009/07/27 [月] 

科学くん惜しい!チクショウなんで雨なんか降ってたんだろうなぁ。つか、「次の皆既日食では成功させてみせる」って外国まで出張ってやってくれるってことなん?それとも26年後まで待てってことか!?

[雑誌] 週刊少年ジャンプ35号

「明治百機八匣譚DENGI」芝田優作。金未来杯エントリーNo.1。デンジならDENJIかDENZIじゃないのかとか思わなくも無いが、それはさておき絵も話も悪くない。十分に誌面を飾れるレベルの漫画だと思う。が、仮にコレが連載されたとして長期連載になれるかどうかというと厳しい気はする。もう少しあざとい部分がある方がウケはいいんじゃないかなぁというか。

その点今週の(今週も)「あねどきっ」「めだかボックス」はあざとい。が、今のジャンプの読者層に対してアピールするあざとさなのかというとちょっと疑問だったりして。

[アニメ] 狼と香辛料II#03「狼と埋まらない溝」

・純粋でバカ正直な若者からイカサマまがいの出来レースでごっそり金を巻き上げようとする主人公コンビ笑った。斬新なアニメだなぁ。

・ものすごい鉄板っぷりだったロレンスとホロだが、ホロの故郷が既に無い(らしい)という事実の発覚で亀裂が発生。ホロであれば冷静になりさえすれば言いがかりだと気付くであろうレベルの行き違いなので、(予告を見てなお)大事には至らないであろうことは想像できてしまうわけだけど、まだ3話目なので案外しばらく引っ張るネタなのかもしれない。


2009/07/28 [火] 

[野球] 関本が決めた!阪神サヨナラ勝ち(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今日は横浜の気持ちの弱さに助けられた感じだな。

1.9回裏1アウトランナー2塁(鳥谷)から新井が執念のライト前、の場面。

ホームのタイミングはアウトだった。以前矢野を止めたことで周囲からボロクソ言われた山脇が壊れたのか、完全にアウトのタイミングなのに鳥谷を突っ込ませた。

しかし、送球が3塁側に多少逸れ、非常に難しい場所に返球されてきたため、武山は勝負に行かず、逆転のランナー新井を2塁に行かさない方を優先して鳥谷を完全に無視した。

実際、鳥谷をアウトにするには追いタッチにいかねばならず、タイミング的には厳しかった。

が、9回裏のあの場面、勝負に行くべきではなかっただろうか。

横浜は9回までに既に4人の投手をつぎ込んでおり、8回2/3からは抑えの山口が投げているような状態だった。

延長に入れば苦しくなるのは目に見えていたのに、そこで勝負しないでいつするんだという気がする。

逆に阪神はあの場面での暴走気味のホーム突入は完全に博打。ただ、打線の当たって無さっぷりを考えればあそこで博打を打ちたくなる気持ちは良く判る。

結果オーライに過ぎないが、そこで博打に行った積極性は買いたい。

2.10回裏1アウトランナー2塁の場面。赤星敬遠で関本勝負

木塚が右投げだから右打者の関本勝負、とか、今日赤星が3安打してるから敬遠、とかそんなところだろうけど

ないわ

常識的に考えてその作戦は無いわ。確かに今日赤星は良く当たっていたが、赤星ぞ?ここまで今日打ったの入れても7打点の赤星ぞ?チャンスに赤星がタイムリーなんか殆どありえない。今日の6回に出たのが何試合ぶりだったんだって感じだし。

逆に関本はこういう場面にめっぽう強い。試合後のコメントでも「(赤星が敬遠されてチャンスで自分に回ってきて)ありがとうと思った」とか言ってたろ。今の阪神でチャンスで回ってきた時に平常心を保てるのは関本だけなんだよ。

石橋を叩いて壊すとはまさにこのこと。弱気の虫が用心させすぎて自ら負けを呼び寄せたな。


あと、なんか横浜はピンチになるとなんでもかんでも外野手が後ろに守ってる気がする。

長打なんか出るわけ無い赤星の打席でも深く守ってる。

その辺もなーんかこう弱気すぎる気がするな。


ちなみに今日の阪神は不調にあえぐ赤星・鳥谷が揃って打った。しかも赤星は2度も走った。

前半戦の試合では到底考えられないことで、そこは高く評価したい。

新井さんは相変わらずの様子だったが、9回裏の執念のライト前はよく打った。

関本のサヨナラ打直後の猛烈なタックルもそうだが、画面観てて本当に真剣に頑張ってて勝利を渇望してる様は非常に良く伝わってくる。

が、しかし、やっぱりなんか見てて普通じゃない。

とにかくもう少し楽に野球をやって欲しいし、今のままの起用法で生真面目すぎる新井さんがそういう気持ちになれるとは到底思えない。

休ませれば楽になるというものでもないだろうけど、本当にプロのカウンセラーをつけてメンタルケアとかしてあげた方がいいんじゃないだろうか。いやもうマジで。


ところで、ヒロインを受ける関本の表情が心なしいつもより硬かった気がしてるんだけど、まさかとは思うが新井さんのタックルでどっか痛めたとか言わんよな?

大丈夫だよな?感激しすぎて泣きそうだったとか、そんなんだよな?

[アニメ] うみものがたり#04「試される心」

・冒頭空の世界に出て行ったっきり帰ってこないマリンを心配してあたふたしてるワリン。そんなキャラだったのか。そしてサムのボンヤリっぷりもなんか凄い。見た目から性格から濃さの欠片も見当たらない。あえて正反対のイメージで作ったのかもしれないが、地中海のCMで出まくってるマッチョと比べると物凄いギャップになってる。

・豪雨の音を聴きながら「水の音が一杯」とか言ってるマリン姉妹だが、海中では雨が落ちる音というか水が滴る音とか絶対聞けないと思うんだ。

・先週のゴス風も思ったが、夏音は私服がキメキメすぎるよな。あんな離島でこんな服どうやって手に入れてるんだ。

・マリン達が陸に居られる(陸でも呼吸が出来る)のは「メルカトルリング」というアイテムのおかげなのだそうな。ということはああ見えてマリン達は肺呼吸してないのかもしれない。リングの下に鰓とかあるんだったりして。

・再会するなりマリンに抱きつき、夏音に敵愾心むき出しで噛み付くワリン。そういうキャラなんだ。

・夏音を見るなりチャラいノリで口説き始めるサム。夏音の邪悪オーラで復活した敵の女海賊(元は骸骨)も同様に口説きだす。そういうキャラなんだ。

・ところで、女海賊役ならそれこそワリンじゃないのかと思うんだがなぁ。いつも倒さずに浄化してるんだし、ワリンが邪悪オーラで悪者になるって展開で良かったんじゃないのかのう。

・マリンたちはメルカトルリングをつけてると水の中で呼吸できないらしい。やはりリングの下(手首の位置)に鰓があるんだな?

・なんだかんだあって夏音とワリンはお互いを認め合い、和解して終了。ただ、ウリンだけは相変わらず夏音の事が認められないらしく、どんどん黒いものを溜めていきつつある様子。そのうちセドナの影響下に入るのは間違いなさ気かのう。


2009/07/29 [水] 

[野球] 復調の兆しだ!新井27試合ぶり一発(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今年は何試合かに一回はこういう勝ち方をするよね。そうそう何度も騙されないぞ!

と、それはさておき

まぁ、今日も鳥谷、新井が打って勝ったのは非常にイイ感じ。

鳥谷の方は明らかにバットが軽く出てる感じで、ちょっと好材料。

新井さんは今の新井さんならココしかない、というポイント(真ん中高め)にピンポイントで緩い球(最近速い球には振り遅れてる)が来ての結果だけにまだ楽観は出来ないけど、気持ちは随分楽になったのではないかと思う。良かった良かった。

あと、初回のバスターエンドラン。アレは良かったね。今期初めて作戦らしい作戦を見た気がするよ。

あーゆーのもアリなんだ、という所をもっともっと他球団に見せ付けてやってくれ。


しかし、それはいいんだけど金本。

前も工藤からHR打ってたろ。なんでいつも工藤ばっかりジャストミートさせてんだ(;´Д`)

つか阪神打線は工藤にだけは鬼のように強いよな。前も、滅多打ちだったし(;;;´Д`)

正直、可哀想だろ。いやその感想は工藤に対する侮辱に他ならない訳だけど、それにしても可哀想だろ(;´Д`)

まぁ、打った金本自身ニコリともしてなかったのは、やはり何がしか思うところがあったってことなんだろうけど。

なんだかなぁ。

[雑誌] 週刊少年サンデー35号

「お茶にごす。」最終回。続けようと思えばまだまだ続けることも出来たとは思うけど、まぁ、無難といえば無難な落とし所か。ただ、ここが着地点だと新入生の件は特に必要なかったような気もしなくも無く、そうするとやっぱり急遽終了が決定したのかなぁとか思わなくも無いよね。ちと残念。

[アニメ] 東京マグニチュード8.0#03「燃える、橋」

・姐さんがいい人なのは良く判るが、まだ幼い子供が居ることを考えるとちょっと落ち着きすぎな気はするな。それとも語られてはいないけど子供を心配しなくていいような事情がある?携帯(伝言ダイヤルとか)で既に安否を確認できてるとか、実は今、何らしかの事情で子供は関東圏内にいないとか。

・乳母車が亀裂に落ちて動けなくなっている若奥さんを助ける姐さん。それはいいのだが、姐さん以外の通行人がガン無視なのが物凄く違和感だ。姐さんの隣歩いてる人がトラブったのならまだしも、そういうわけでもないし。#02の時も思ったが、このアニメ、物語に絡む以外のモブが背景になりすぎてやしないだろうか。それとも東京もんはこういう対応がデフォってことなんだろうか。

・避難民の間で弟とはぐれるシーンなんかは心理描写も含めて群集が無表情で不気味な背景になっててもそれはそれでアリだと思うけどな。

・っつーか、このアニメ、はぐれてばっかりだな。それもすぐに合流できてるし。

・橋の崩落は超怖いな。というか、基本は余震が収まるまではお台場に残った方が安全だった気がするよね。特に緊急の危機が迫っていたわけでもないし。どっちかというと、ビルが多く道が狭い都心にもどった方がビルの倒壊に巻き込まれる危険性は高そうだし、火災が多発してるようなので火災旋風に巻き込まれる可能性も否定できないしな。水辺のお台場に残って怖いのは津波ぐらいのものだけど、その危険があれば、それこそフジテレビにでも逃げ込めばいいわけだし。


2009/07/30 [木] 

[野球] 今季最短2時間11分!久保スイスイ4年ぶり完封!(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

今季初の同一カード3連勝やっとキタ━━(゜∀゜)━━ヨ

遅ぇ!という気もするが、ここは素直に喜ぼう。

昨日岩田、今日久保と二日連続で完封勝利してるってのは(横浜相手とはいえ)かなりイイ感じだしな!!

今年は阪神完封多いよなー。岡田時代では考えられない事だよ。

ここだけは真弓采配を褒めていい。

今日も久保を下げてもおかしくない場面はあったけど、よく我慢した!

初回の速攻も中々イイ感じだったしな。


あとは明日からの巨人戦でこれが出来んのか、ってとこだよなー。

[NEWS] ナックル姫・吉田えり投手休養へ 監督解任にショック [asahi.com]

昨日、中田が解任された理由が

「選手をイベント等に駆り出したいオーナーの以降を、練習に専念させたい中田が拒否したため」

というなんだかアレなモノだったため、広告塔として一番利用価値が高そうな吉田えりは今後イベントに引っ張りだこになって練習量が減りそうだなーと思ってたら、まさかこんな展開になるとは。

稀有な有望女子選手だったので、万が一つの可能性で将来のNPB入りを期待していたのだけど、これはもうダメかもわからんね。

「客寄せパンダにされちゃかなわないので、退団して今秋トライアウトを受けて他球団への入団を目指します。」とかいうぐらいの心積もりでやってるのなら別にいいんだけど、多分違うよなぁ。

[雑誌] 週刊少年チャンピオン35号

「GAMBLE FISH」オバマのキャラ濃いなぁ。そしてこのオバマが1回戦でアビィの当て馬にされるのは残念でならないなぁ。

「特攻天女」ぐっと新しくなったが、それでもやっぱり懐かしい。連載で描いてると黒い方向に傾きがちな作者だけど、特攻天女は(週チャンでやってた後続の連載に比べて)こういうほのぼのしたノリが随所にあって上手くバランス取れてた気がするな。

「トンボー」突然最終回。最終ページみて吃驚した。確かにいつでも終われるような体裁の漫画ではあったけど、それにしても突然すぎだ。クンクンカムカの頃に比べて明らかに上達してると思うのだが、打ち切りだとしたらちょっと残念な話だなぁ。

「ファランクス」短期集中最終回。画力の高さもキャラ造形の濃さも話の纏め方も十分連載で通じるものだったと思う。ただ、短期集中連載だったことを考えると、もう少し判りやすい盛り上がりを持ってきた方が良かったんじゃないかというか、キャッチーなエピソードにしといた方が良かったような気もしなくもないかなぁ。


2009/07/31 [金] 

[野球] 巨人2発!でも勝ったのは1発の阪神!(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

この所の能見のピッチングの良さは異常。

いや、異常ではなく、ついに覚醒したのかもしれない。

だとするととてつもなく嬉しい。今日の堂々とした投げっぷりといったらもう。

頑張れ能見!来年は開幕投手いただいてしまえ!

[野球] “痛っ”虎の関本が負傷退場(野球) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース [スポニチアネックス]

この前のサヨナラの日のヒロインで違和感感じたけど、やっぱり元々痛めてたんだな(;´Д`)

言われてみれば前半戦終盤に一度試合に出てなかったよな。

真弓の謎采配の一環だと決め付けてたが、あの頃からガチで悪かったのかもしれん。

決め付けて文句垂れたりして悪かったm( __ __ )m

[アニメ] うみねこのなく頃に#05「EpisodeI-V fool's mate」

・1順目終了。そして終了後キャラが集まって反省会。魔女が二人出てきてリセット。

・一見尋常の方法では解決できない事件を「魔女の仕業」として全員が納得すれば魔女ベアトリーチェの存在が確定され、ベアトリーチェの勝利。魔女の存在をバトラが否定し続ける限り(ベアトリーチェが存在しない確率が1%でもある限り)古手梨花似の魔女が延々とリセットをして、推理のチャンスをくれる、という構造になってるらしい。

・メタメタしいにも程があるが、ゲームの構造としては悪くない。ひぐらしもそうだが、前フリは上手いよなこの原作者。

・ただ、この話、ちゃんと推理可能になってるんだろうな?いや、ひぐらしの例があるので、またぞろどこぞの秘密部隊とかが島に潜入しててとか、人を錯乱させる実在しない奇病が存在したりとか、犯人は別に居るけど魔女も居てトリックの手助けしてましたとかいうトンデモ展開かもしれないし、最後の最後まで不可能犯罪で、魔女の実在が確定されましたとかいう台無しにも程があるオチだってありえないとは言えないけど。

・あと、犯人は失踪した爺で、頭首が持ってるマスターキー使って犯行してましたテヘ、とかいうくだらないオチでも困る。ここは一つ「おお」と思うようなオチを見せてもらいたいところ。