トップ «前の日記(2015/07/22 [水] ) 最新 次の日記(2015/07/24 [金] )» 編集

でんでん雑記ver2.0


2015/07/23 [木] 

なんか今週全く余裕がなくて、先週末に出たジャンプも今日出たチャンピオンも読めてないし、アニメもずいぶん絞ってしか見れてない。
特に何が忙しいというわけでもないのに、なんでこんなことになっているのだろうか。
うぅむ。

[アニメ] オーバーロード#03「カルネ村の戦い」

・ナザリックが転移した世界にはモモンガ達以外にも人間(かどうかは不明だが、石を持つ人型)が存在し、社会を形成している。そんな世界を監視していたモモンガは、完全武装の騎士に襲われる村を救うため行動開始。

・何処とも知れない世界において、自分の戦闘能力が如何程のものなのかを試すモモンガだが、どうやら元いたゲームの世界同様の圧倒的な力を持っているらしく、敵対する騎士を瞬殺。なお、ここであっさり人間を殺したモモンガだが、姿形に精神が引っ張られており(あるいは現実味を感じられないせいで)、人間味が失われているらしく、人を殺しても特に気に病むこともないらしい。

・殺した敵に悪霊を乗り移らせ「デスナイト」とし、敵を掃討するモモンガ。一変の容赦もなく軽々と敵を屠るデスナイトが中々えげつない。

・モモンガはこの世界で「アインズ・ウール・ゴウン」と名乗ることにしたらしい。モモンガだと締りがないからだろうか。

・敵騎士を圧倒的な力で蹴散らし、あえて生き残らせた敵を逃がすことで、「アインズ・ウール・ゴウン」の名とその圧倒的な力を知らしめたモモンガは、ついで救った村の村長からこの世界の知識を吸収。

・ちなみに、素顔の骸骨顔では怖がられるので、変な仮面をかぶっているのだが、この仮面(しっとマスク)はクリスマスにログインするともらえるアイテムだったそうな。なんて悪意のある運営なのか。

・この世界にはなんとか王国となんとか帝国があって、村を襲っていたのは帝国兵らしい。遅れてやってきた王国の戦士団とモモンガが遭遇し、挨拶を交わしていたその時、帝国の兵隊?が村に戻ってきたっぽい報告が入り、次回に続く。

[アニメ] アイカツ!#143「戦慄!?サマーアイランド」

・あかり達が突如湧いた夏休みを満喫する話。

・突然あかり達のスケジュールが全てキャンセルされるという事態が発生。訝るあかり達だが、これは織姫学園長が用意した「夏休み」であることが判明。降って湧いたオフに浮かれるあかり達だが、すでに知名度のあるあかり達が人の多いところに出かけるのはためらわれる、ということで、涼川直人の口利きで、穴場的スポットに向かうことに。

・特に浮かれていたあかりだが、いざ出発の段になって、見覚えのある波止場や島を目撃。往時の記憶が蘇り、一気にテンションが下がってしまう。

・夏のリゾートに浮かれたり、ブートキャンプの記憶に打ちのめされたり、持ってきたはずのビーチボールを紛失し、泣き出したり、ここのところ落ち着いていたあかりだが、今回はなんだかいい具合に砕けててイイね。「ダメダメ時代」の記憶のせいだろうか。

・突然降りだした雨をやり過ごすため、テントで楽しく語り合うあかり達。スミレの堂に入った怪談話「無人島原人チュパチュパチュルボメガ」にビビりまくる凛が可愛い。てか「チュパチュパチュルボメガ」ってなんだ。どういうネーミングセンスなのか。

・この雨の中、繋留しておいたボートと引率の涼川直人が行方不明となり、焦ったあかり達は党内を探索することになるのだが、チュパチュパがいることを前提にいい事占いを実行し、「出逢えばもう逃げられない。せめて美味しく食べられよう。」とか言い出すスミレが可怪しい。チュパチュパの話の出処を聞かれた時もそうだったが、今日のスミレはなんでこんなにノリノリなのか。いつぞやのドラマ回もそうだったが、オカルト担当キャラではあるのだろうけど。

・島内で荷物を散らかしていたのは猿。消えたボートと涼川は、あかりのためにビーチボールを調達に一時的に本土に戻っていたことが判明。貴重な夏休みを満喫して次回に続く。